須賀川 市 浸水。 住宅浸水が1085棟 過去最大の規模 須賀川市 /福島

台風19号 想定上回る最大規模の被害 : 阿武隈時報社

須賀川 市 浸水

13 日未明に浸水した館取町地内の住宅、1階部分が濁流の下に(13日午前2時頃撮影) 13日未明に本県を直撃した台風19号は須賀川・岩瀬地方に甚大な被害を及ぼし、須賀川市と鏡石町は釈迦堂川・阿武隈川流域を中心に多数の建物被害、農作物被害などが報告されている。 14日朝に市内館取町で高齢男女2人の死亡報告があり、被害全容は現在の調査結果がまとまってから明らかになる見込み。 台風に伴う風は12日夕方から急激に強まり、午後9時過ぎに阿武隈川と釈迦堂川の水位が氾濫危険水位を超えた。 13日午前0時前後から下江持橋下流、滑川中町、岩渕地区などで水があふれ出し、市内各所で浸水被害が報告され始めた。 市は自主避難者対応の市武道館をはじめ、各学校体育館や公民館など18カ所に避難所を開設、保健センターや介護施設(やまゆり、エルピス、愛寿園)に福祉避難所、滑川公民館など5カ所に各地区の自主防災組織が避難所を設け、最高で427世帯1059人が身を寄せた。 濁流が道路を遮断し、水田や畑に流れ出す(鏡石町成田地区) 15日午前8時半現在の市の被害状況は、建物の床上・床下浸水は各地区で多数に及び被害件数の把握には至っていない。 土砂崩れによる被害報告は無い。 浸水被害は江持、浜尾、中宿、下宿、滑川、丸田町、岩渕、館取町、卸町など広範囲に及び、14日午前11時に阿武隈川浜尾地区で堤防の決壊が確認された。 農地被害調査は15日から本格的に始まるが、東部・浜尾地区はじめ多くの浸水地域で果樹や水田に泥が流れ込むなど深刻な被災情報がある。 浸水地域の工場やコンビニエンスストアなども多数被害を受け、関係者の話では営業再開の見込みが立たない事業所も少なくない。 一部情報によると、今回の台風は須賀川市ハザードマップで想定した最大浸水被害とほぼ同じレベルで、近年発生した台風被害(平成23年や8・5水害)をはるかに超える、最大規模の洪水被害をもたらしたと見られる。 一面が水没した浜尾地区の水田 釈迦堂川や阿武隈川上流など当地域を含む広範囲で猛烈な雨が降り続き、尋常ではないスピードと水量が一度に川に流れ込んだため、内排水処理能力を超え一部地域で浸水被害が深刻なものとなった。 鏡石町は成田地区で13日午前1時過ぎに阿武隈川が氾濫し、多数の農地と住宅が浸水する被害が発生した。 一時80世帯が孤立したとの情報もあり、成田保健センターが避難所として開設し、46人が避難した。 15日午前8時現在で建物被害は床上81世帯、床下4世帯、主要道路の通行は復旧しているが、阿武隈川に通じる農道など数カ所が通行不能。 法面崩れなど多数報告があり、成田地区の広範囲において水田が浸水し被害状況の把握までには至っていない。 天栄村への影響は、一時的に通行止めなどが発生したが、15日現在ですでに解消し、大きな被害は出ていない。 農作物は水田へ土砂が流れ込むなどの被害が発生しているが、全容は現在調査を進めている。

次の

洪水避難地図(洪水ハザードマップ) 福島県須賀川市 : 有限会社不動産リサーチ 公式サイト

須賀川 市 浸水

阿武隈川では有史以来幾度となく、大規模な洪水被害に見舞われています。 戦後最大の出水を記録した昭和61年8月の台風による洪水では死者4名、災家屋20,216戸、浸水面積15,117ha という甚大な被害を受けました。 それを契機に支川広瀬川等では激甚災害対策特別緊急事業により引堤等の改修が行われましたが、阿武隈川中上流部の完成堤防割合は、約3割程度にとどまりました。 その後、約5日間で計画高水位を2回も超過するほどの大雨であった平成10年8月洪水では、死者負傷者20名、被災家屋3,659戸、浸水面積3,631ha に達する被害が生じ、社会及び地域経済に大きな損害を与えました。 中上流部ではこの洪水に対する改修事業を「平成の大改修」と称し、無堤部の築堤を中心とした治水対策が実施されました。 しかし、阿武隈渓谷などの狭窄部や集落が分散する地域など、連続堤による治水対策が困難な箇所や、暫定堤防までの整備であった旧本宮町では、平成14年7月においても浸水被害が発生しました。 昭和61年洪水による岩沼市市街地付近の浸水状況 発生日 発生原因 被災市町村 被害状況 1938年(昭和13年) 台風 本宮市、伊達市 他 死者・負傷者25名 全半壊79戸 床下浸水2,918戸 床上浸水1,068戸 1941年(昭和16年) 台風8号 郡山市、本宮市、福島市、岩沼市、角田市 他 死者・負傷者69名 全半壊208戸 床下浸水16,582戸 床上浸水17,708戸 1947年(昭和22年) カスリン台風 郡山市、福島市、岩沼市、角田市 他 死者・負傷者38名 全半壊209戸 床上床下浸水合計 33,470戸 1948年(昭和23年) アイオン台風と低気圧 福島市、岩沼市、角田市 他 死者・負傷者95名 全半壊737戸 床下浸水24,558戸 床上浸水18,834戸 1950年(昭和25年) 台風11号 福島市、岩沼市、角田市 他 死者・負傷者115名 全半壊686戸 床下浸水17,097戸 床上浸水8,414戸 1958年(昭和33年) 台風21号 伊達市 他 死者・負傷者68名 全半壊707戸 床下浸水29,233戸 床上浸水9,549戸 台風22号との合計 1958年(昭和33年) 台風22号 伊達市 他 死者・負傷者68名 全半壊707戸 床下浸水29,233戸 床上浸水9,549戸 台風22号との合計 1966年(昭和41年) 台風4号 玉川村 他 死者・負傷者0名 全半壊0戸 床下浸水0戸 床上浸水0戸 1966年(昭和41年) 台風26号とその温帯低気圧 須賀川市、郡山市、福島市 他 死者・負傷者0名 全半壊338戸 床下浸水0戸 床上浸水1,935戸 1971年(昭和46年) 台風23号 福島市、白石市 他 死者・負傷者0名 全半壊1戸 床下浸水357戸 床上浸水37戸 浸水家屋394戸 1981年(昭和56年) 台風15号 福島市、伊達市、角田市 他 死者・負傷者0名 全半壊0戸 床下浸水176戸 床上浸水24戸 1982年(昭和57年) 台風18号 本宮市、福島市、角田市 他 死者・負傷者0名 全半壊23戸 床下浸水4,204戸 床上浸水675戸 1986年(昭和61年) 台風10号とその温帯低気圧 郡山市、福島市、伊達市、岩沼市、角田市 他 死者・負傷者4名 全半壊111戸 床下浸水11,733戸 床上浸水8,372戸 1989年(平成元年) 台風13号 福島市、岩沼市、角田市 他 死者・負傷者0名 全半壊16戸 床下浸水668戸 床上浸水412戸 1991年(平成3年) 台風18号 郡山市、福島市 他 死者・負傷者0名 全半壊1戸 床下浸水273戸 床上浸水79戸 1998年(平成10年) 停滞前線と台風4号 須賀川市、郡山市、福島市、岩沼市、角田市 他 死者・負傷者20名 全半壊69戸 床下浸水1,713戸 床上浸水1,877戸 2002年(平成14年) 台風6号 郡山市、福島市、岩沼市、角田市 他 死者・負傷者0名 全半壊0戸 床下浸水886戸 床上浸水605戸 2011年(平成23年) 台風15号 須賀川市、郡山市、本宮市、岩沼市、角田市 他 死者・負傷者0名 全半壊0戸 床下浸水873戸 床上浸水1,665戸 昭和61年8月1日にフィリピンのルソン島の東で発生した台風10号は、進路を北東に取り、4日朝には本州の南海上に達しました。 その後、伊豆半島石廊崎の南海上で温帯低気圧に変わったものの、台風時と変わらぬ強い雨と風を伴ってさらに北東に進み、房総半島を縦断して鹿島灘に抜け、6日朝には宮城県沖に達し次第に東北地方から遠ざかっていきました。 福島県内に4日午前6時頃から降り始めた雨は午後4時頃から本降りとなり、午後6時には県内全域に大雨洪水警報、強風波浪注意報が発令されました。 降雨量は、浜通り地方が一番多く、次いで中通り地方、会津地方の順になっており、もっとも多いところでは500mmを記録しました。 それに伴い阿武隈川の水位は上昇の一途をたどり、堤内堤外の区別が判然としないほど一面濁流に覆われました。 さらに、谷田川や逢瀬川では堤防が決壊、沿岸の住宅、田畑、道路などに深い爪痕を残しました。 この記録的な豪雨による被害総額は、約867億3,400万円にのぼり驚異的な数字を示しました。 平成10年8月末、東北地方に停滞していた前線と台風4号の影響により26日から9月1日にかけて阿武隈川上流の福島県南部を中心に記録的な豪雨となりました。 福島県内の雨量は、阿武隈川上・中流域にある真船、須賀川、二本松、福島の各雨量測候所で既往最大日降水量を更新。 また、各水位観測所では軒並み警戒水位を突破、須賀川水位観測所では計画高水位7. 915mを超える8. 17mを、二本松水位観測所では過去最高水位に並ぶ11. 31mを記録しました。 この洪水により、死者・負傷者20人、全壊家屋49戸、半壊家屋20戸、浸水家屋3,590 戸など、2次的な損害を含めて多大な被害を受けました。 このため浸水被害に対する再度災害防止のため、阿武隈川の著しく低い河川整備率を向上すべく、事業費約800 億円をかけ「総合的な河川改修」と「改良型災害復旧」を集中的に行う「阿武隈川平成の大改修」が進められ、平成12年度に概成しています。 平成23年3月11日14時46分、三陸沖を震源とするマグニチュード(M)9. 0の地震が発生し、宮城県栗原市で震度7、宮城県、福島県、茨城県、栃木県の4県37 市町村で震度6強を観測したほか、東日本を中心に北海道から九州地方にかけての広い範囲で震度6弱~1を観測しました。 また、この地震に伴い、東北地方から関東地方北部の太平洋側を中心に、北海道から沖縄にかけての広い範囲で津波を観測しました。 東北地方太平洋沖地震は、東北地方の太平洋側に甚大な被害をもたらし、自然災害では戦後最大の被害規模となりました。 なかでも阿武隈川の左右岸に位置する岩沼市及び亘理町では、死者・行方不明者461名、全壊・半壊の建物被害は、両市の全世帯数の2割程度にまで及ぶ未曾有の被害となりました。

次の

緊急情報 :: 福島河川国道事務所

須賀川 市 浸水

5段階の警戒レベルのうち、最も高いレベル5にあたる氾濫発生情報を発表し、最大限の警戒を呼びかけています。 福島県の阿武隈川では、すでに須賀川市の江持や鏡石町、郡山市、本宮市、それに伊達市で氾濫が発生しています。 引用: 阿武隈川 阿武隈川は、福島県および宮城県を流れる阿武隈川水系の本流で、一級河川。 水系としての流路延長239km。 東北地方で北上川に次ぐ長さの川です。 福島県須賀川市の氾濫場所、被害状況 氾濫が発生した場所 13日午前10時20分、阿武隈川上流の須賀川市和田で氾濫が発生したと発表 がありました。 江持や鏡石町でもすでに氾濫がおきています。 恐ろしい。 参考にして下さい。 — ニャンコ先生 (2019年版) nyankoTecher00 阿武隈川が氾濫!本宮市の被害状況 現在取材中のFNNヘリからの画像 午前10時すぎ 本宮市市街地 — 【公式】福島ニュース 福テレ《報道スタッフ》 teamkishoudai 水没事故による停電のため、本宮3区、4区、5区の一部について、本日の午前11時40分より停電となります。 なお、復旧については東北電力が現在対応しております。 伊達市では12日に阿武隈川が氾濫し、梁川町東塩野では阿武隈川の堤防南側に立つ住宅の1階部分が水没。 近くの駐車場に並ぶ… — 災害ニュース速報 saigainews 阿武隈川が氾濫 住宅多数が浸水 福島県伊達市 午前8時40分ごろの映像です。 広い範囲で浸水の被害が出ています。 阿武隈川須賀川市の 阿武隈川郡山市の 阿武隈川本宮市の 阿武隈川伊達市の 阿武隈川(須賀川市)の避難場所とハザードマップ 台風第19号に対する須賀川市の避難所情報 【開設避難所】須賀川市内に11ヶ所の避難所を開設しています。 詳しい状況は須賀川市でご確認ください。 下記サイトでも避難場所を確認できます。 福島県須賀川市の(Yahoo! 天気・災害) 福島県須賀川市の(NAVITIME) 福島県須賀川市のハザードマップ 福島県須賀川市 阿武隈川(郡山市)の避難場所とハザードマップ 台風第19号に対する郡山市の避難所情報 【開設避難所】郡山市内に多くの避難所を開設しています。 随時追加や閉鎖があるので、 詳しい状況は郡山市でご確認ください。 下記サイトでも避難場所を確認できます。 福島県郡山市の(Yahoo! 天気・災害) 福島県郡山市の(NAVITIME) 福島県郡山市のハザードマップ 福島県郡山市 阿武隈川(本宮市)の避難場所とハザードマップ 台風第19号に対する本宮市の避難所情報 【開設避難所】本宮市内に現在9ヶ所避難所を開設しています。 詳しい状況は本宮市でご確認ください。 下記サイトでも避難場所を確認できます。 福島県本宮市の(Yahoo! 天気・災害) 福島県本宮市の(NAVITIME) 福島県本宮市のハザードマップ 福島県本宮市 阿武隈川(伊達市)の避難場所とハザードマップ 台風第19号に対する伊達市の避難所情報 【開設避難所】伊達市内に現在18ヶ所避難所を開設しています。 詳しい状況は伊達市でご確認ください。 下記サイトでも避難場所を確認できます。 福島県伊達市の(Yahoo! 天気・災害) 福島県伊達市の(NAVITIME) 福島県伊達市のハザードマップ 福島県伊達市 阿武隈川の氾濫 福島県 まとめ 阿武隈川上流(福島県)の氾濫情報についてまとめました。 河川がすでに氾濫した場合は、外に出て避難をすると危険な場合あります。 建物のできるだけ高いところに避難するなど注意をしてください。

次の