き し かい せい ポケモン。 まのかいいき

とくせい一覧

き し かい せい ポケモン

Slideshare uses cookies to improve functionality and performance, and to provide you with relevant advertising. If you continue browsing the site, you agree to the use of cookies on this website. See our and. Slideshare uses cookies to improve functionality and performance, and to provide you with relevant advertising. If you continue browsing the site, you agree to the use of cookies on this website. See our and for details. ポケモン系統樹かいてみた• ポケモン系統樹かいてみた 〜考え方とその背景〜 2015. 22 フリートーク Nishimu• ポケモンについて 1. 背景 ポケモンとは 1. ゲームとその世代について シリーズ全25作品の一覧とポケモン総数 世代 本編ソフト 対応ハード ポケモン総数 新規 第一世代 赤・緑・青・ピカチュウ ゲームボーイ 151種類 151種類 第二世代 金・銀・クリスタル ゲームボーイカラー 251種類 100種類 第三世代 ルビー・サファイア・エメラルド ファイアレッド・リーフグリーン ゲームボーイアドバンス 386種類 135種類 第四世代 ダイヤモンド・パール・プラチナ ハートゴールド・ソウルシルバー ニンテンドーDS 493種類 107種類 第五世代 ブラック・ホワイト ブラック2・ホワイト2 ニンテンドーDS 649種類 156種類 第六世代 X・Y オメガルビー・アルファサファイア ニンテンドー3DS 719種類 70種類 *「世代」によって,タイプやわざなどの仕様が異なる• 背景 ポケモンとは 1. ゲームの概要 主人公が ポケモンを仲間に 旅をして 戦ったり 捕まえたポケモンを 図鑑に記載したり 大きな流れはどの世代も共通• 背景 ポケモンとは 1. ポケモンとは? 公式見解は不明だが, シリーズ内においては「生物」と考えられている。 死ぬこともある タマゴがかえって生まれる (第二世代以降)• 背景 ポケモンとは 第一世代 151種類(種族) 現在までで 718種族 がゲーム内のポケモンずかんに用意されている 進化:同じ個体が,レベルや特定の条件で姿形を変えること 種族:進化する系統においても,それぞれの姿に対して名前が与えられる 鶏の子どもを見て『ひよこ』と呼ぶようなものだと思う• 背景 ポケモンとは 各種族にさまざまな性質が設定されている。 タイプ:ほのお たかさ:0. 4m おもさ:2. 5kg 分 類:ひよこポケモン とくせい:もうか 隠れ特性:かそく タマゴグループ:りくじょう 各種族二つまで。 基本的には不変• チルタリス ドラゴン/ひこう バンギラス いわ/あくデデンネ でんき/フェアリー 背景 ポケモンとは 1. タイプとは? アチャモ ほのお くさ/じめん ドダイトス アイアント むし/はがね ゴルダック みず/エスパー ゲンガー ゴースト/どくノーマル ラッキー コジョンド かくとう 各種族には「タイプ」と呼ばれる属性がある(現在18種類)• 背景 ポケモンとは ポケモン各個体にもステータスが与えられている アチャモ (ある個体A) 1. ポケモンの が持つ値と性質個体 もっているわざ: ひっかく なきごえ きあいだめ ひのこ Lv :15 HP:50 こうげき:30 ぼうぎょ:20 とくこう:45 とうぼう:14 すばやさ:23 とくせい:もうか せいかく:いじっぱり• 背景 ポケモンとは ポケモン各個体にもステータスが与えられている アチャモ (ある個体A) 1. 背景 ポケモンとは ポケモン各個体にもステータスが与えられている アチャモ (ある個体A) 1. 1倍 とくこう 0. 種族値は種族によって固定 HP:20 こうげき:10 ぼうぎょ:230 とくこう:10 とうぼう:230 すばやさ:5 HP:108 こうげき:130 ぼうぎょ:95 とくこう:80 とうぼう:85 すばやさ:102 HP:45 こうげき:60 ぼうぎょ:40 とくこう:70 とうぼう:50 すばやさ:45 とくこうが強そう バランス悪いけど 守りがすごい 速いし強い!• 背景 ポケモンとは ポケモンは一度に4つまでのわざを覚えていることができる。 アチャモ (ある個体A) 1. ポケモンの についてわざ ひっかく なきごえ きあいだめ ひのこ ラッキー (個体A) ひかりのかべ うたう たまごうみ はたく ・レベルが上がって覚える場合 ・道具を使って覚える場合 ・イベントで覚える場合 などがある 覚えられるわざのセットは 種族ごとに定められている。 どの場合でも 道具を使っても...... レベルが100になっても...... ラッキーは「ひっかく」は使えない アチャモは「うたう」は使えない• 「威力」「お互いの能力値」「自分のタイプ」「相手のタイプ」を基に ダメージ量は計算される。 ポケモンの についてわざ• 背景 ポケモンとは アチャモ ほのお ひのこ (ほのお) 自分のタイプと わざのタイプが同じ 威力が少しあがる みずタイプは ほのおタイプに相性がいい ゴルダック みず/エスパー 威力がさがる 1. ポケモンの についてわざ わざには特定の効果があり,使うポケモンによって効果は変わらない [特殊] 「とくこう」が高いほど ダメージ大 「とくぼう」が高いほど ダメージ小• 系統樹を書くにあたって 2. 背景 系統樹を書くにあたって 2. 背景 系統樹を書くにあたって 2. 1 ポケモンは祖先を同一とするか? 現代生物学においては,現生の生物の祖先は共通の1種 もしくはごく少数と考えられている。 根拠:核酸を遺伝物質として持つ(他の物質でもいいのに!) 核酸からタンパク質への翻訳時の暗号がほぼ普遍的。 (mRNAとtRNA-アミノ酸の関係)• 背景 系統樹を書くにあたって 2. 1 ポケモンは祖先を同一とするか? 現代生物学においては,現生の生物の祖先は共通の1種 もしくはごく少数と考えられている。 根拠:核酸を遺伝物質として持つ(他の物質でもいいのに!) 核酸からタンパク質への翻訳時の暗号がほぼ普遍的。 (mRNAとtRNA-アミノ酸の関係) ポケモンの遺伝物質なんて誰もしらない! 当然遺伝暗号も不明! でも系統樹が書きたい。 背景 系統樹を書くにあたって 2. 1 ポケモンは祖先を同一とするか? 現代生物学においては,現生の生物の祖先は共通の1種 もしくはごく少数と考えられている。 根拠:核酸を遺伝物質として持つ(他の物質でもいいのに!) 核酸からタンパク質への翻訳時の暗号がほぼ普遍的。 (mRNAとtRNA-アミノ酸の関係) ポケモンの遺伝物質なんて誰もしらない! 当然遺伝暗号も不明! でも系統樹が書きたい。 全ポケモンに共通する特徴を探せ!• 背景 系統樹を書くにあたって 2. 1 ポケモンは祖先を同一とするか? 「全ポケモンに共通する特徴」 ・モンスターボールにて捕獲できる! ・同じ「わざ」を使う ・「わざ」の性質はみな同じ 「本能」によるものらしい 同じ「かみつく」 威力60 を 使うなんて信じられない!• 背景 系統樹を書くにあたって 2. 1 ポケモンは祖先を同一とするか? 「全ポケモンに共通する特徴」 ・モンスターボールにて捕獲できる! ・同じ「わざ」を使う ・「わざ」の性質はみな同じ 「本能」によるものらしい 共通祖先をもつとしよう• 背景 系統樹を書くにあたって 2. 背景 系統樹を書くにあたって 2. 2 ポケモン中に「種」を作る 現代生物学における種といえば エルンスト・マイヤーにおける種概念が適用される場合が多い 「種は実際にあるいは潜在的に相互交配する自然集団のグループであり、他 の同様の集団から生殖的に隔離されている」 ポケモンの生殖について考える• 背景 系統樹を書くにあたって 2. 2 ポケモン中に「種」を作る ポケモンにおいてはタマゴグループという考え方が存在する。 育て屋にポケモンの組を預けると,タマゴが見つかることがある。 タマゴが見つかる組み合わせを表しているのがタマゴグループである。 背景 系統樹を書くにあたって 2. 2 ポケモン中に「種」を作る ポケモンにおいてはタマゴグループという考え方が存在する。 育て屋にポケモンの組を預けると,タマゴが見つかることがある。 タマゴが見つかる組み合わせを表しているのがタマゴグループである。 タマゴグループ=種か? NO!! 背景 系統樹を書くにあたって 2. 2 ポケモン中に「種」を作る 2つのタマゴグループに属すこともある。 背景 系統樹を書くにあたって 2. 2 ポケモン中に「種」を作る 仮定 同一の変態系統としか自然状態では交配しない。 背景 系統樹を書くにあたって 2. 2 ポケモン中に「種」を作る アチャモ ワカシャモ バシャーモ 3種族を1つの「種」として扱う。 代表として最終変態系を対象にしよう。 バシャーモ種• 背景 系統樹を書くにあたって 2. 背景 系統樹を書くにあたって 2. 背景 系統樹を書くにあたって 2. 4 何を元に系統推定するか? ポケモンの DNAがわかれば苦労しない。 背景 系統樹を書くにあたって 2. 4 何を元に系統推定するか? ポケモンの DNAがわかれば苦労しない。 背景 系統樹を書くにあたって 2. 4 何を元に系統推定するか? ポケモンの DNAがわかれば苦労しない。 背景 系統樹を書くにあたって 2. 4 何を元に系統推定するか? ポケモンの DNAがわかれば苦労しない。 背景 系統樹を書くにあたって 2. 4 何を元に系統推定するか? ポケモンの DNAがわかれば苦労しない。 背景 系統樹を書くにあたって 2. 顎が強そう。 顎が左右に開く ツノがある 歩脚は3対 左右相称• 背景 系統樹を書くにあたって 2. 顎が強そう。 顎が左右に開く ツノがある 歩脚は3対 左右相称 水中生活を優先させるか? ツノか? 細長い体か? 体節性か?• 背景 系統樹を書くにあたって 2. 4 何を元に系統推定するか? ポケモンの DNAがわかれば苦労しない。 背景 系統樹を書くにあたって 2. 4 何を元に系統推定するか? ポケモンの DNAがわかれば苦労しない。 背景 系統樹を書くにあたって 2. 4 何を元に系統推定するか? ポケモンの DNAがわかれば苦労しない。 6項目 体サイズで分類... 背景 系統樹を書くにあたって 2. 4 何を元に系統推定するか? ポケモンの DNAがわかれば苦労しない。 6項目 体サイズで分類... 系統樹をかいてみた 3. 方法 系統樹を書いてみた 3. 方法 系統樹を書いてみた 3. 1 手法の問題 最節約法による系統推定 二足歩行 肺呼吸 ヒト サル イヌ キジ 翼 哺乳 手を使う コイ 二足歩行 肺呼吸 哺乳 ヒト サル イヌ キジ 翼 コイ 哺乳 手を使う 手を使う 形質の獲得・消失を もっとも少なくする• 方法 系統樹を書いてみた 3. 1 手法の問題 最節約法による系統推定 二足歩行 肺呼吸 ヒト サル イヌ キジ 翼 哺乳 手を使う コイ 形質の獲得・消失を もっとも少なくする こっちの方がいい。 結果:書けました 4. 汚泥綱 速星綱 怪力綱 居合吸収ポケモン 超吸収ポケモン 伝説鳥ポケモン 神速飛翔ポケモン 砂飛行ポケモン 純炎ポケモン 純雷ポケモン 純水ポケモン 古高水圧ポケモン 角怪力ポケモン 速星愛玩ポケモン 鋏角怪力ポケモン 岩崩怪力ポケモン 純粋格闘ポケモン 怪光格闘ポケモン 光壁格闘ポケモン 金縛格闘ポケモン 超氷格闘ポケモン 水圧格闘ポケモン 重格闘ポケモン 子守妖精ポケモン 暴食ポケモン 伝説格闘ポケモン 変身ポケモン 健忘ポケモン 気合虫ポケモン 雷鼠ポケモン 汚泥ポケモン 共通祖先• 考察 5. 同じ「ハサミギロチン」でいいんですか。 1 相同と相似 同じ「あやしいひかり」でいいんですか。 同じ「ハサミギロチン」でいいんですか。 1 相同と相似 同じ「あやしいひかり」でいいんですか。 技に着目した以上,いいとします。 2 解せぬ リザードン,そこでいいのか。 3 初代以降のポケモンについて イーブイの仲間,ドーブル,なんか合体するやつ フォルム... タイプまで変わるやついるし... タマゴつくらないやつもいるし っていうか神様みたいなやついるし.

次の

カポエラー育成論 : トップに刺さるテクニカポ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

き し かい せい ポケモン

ポケモンが『ポケモンX』と『ポケモンY』それぞれに対応した2種類の形を持つことがある。 『ポケモンX』ではXの、『ポケモンY』ではYのメガストーンを入手できる。 ポケモン X版 Y版 リザードナイトXで進化 リザードナイトYで進化 ミュウツナイトXで進化 ミュウツナイトYで進化 Xのメガストーンは『ポケモンX』で、Yのメガストーンは『ポケモンY』でしか入手できない。 しかしポケモン交換のときポケモンにメガストーンを持たせることで、バージョン限定のメガストーンを別バージョンに送ることができる。 【例】 リザードンのメガストーン「リザードナイトX」をポケモンに持たせてY版と交換し、「リザードナイトX」をY版ソフトに送る。 そこでで「リザードナイトX」を持たせたリザードンをバトルに出すと、Y版ソフトでもリザードンをメガリザードンXにメガ進化させることができる。 上記以外にも『ポケモンX』と『ポケモンY』では入手できるが一部異なる。 入手場所は同じでも、対になったメガストーンが手に入る。 入手場所 X版 Y版 リザードナイトX リザードナイトY ミュウツナイトX ミュウツナイトY カイロスナイト ヘラクロスナイト ライボルトナイト ヘルガナイト バンギラスナイト ボスゴドラナイト ちなみに『ポケモンX』単体ではライボルト、バンギラスは入手できない。 また、『ポケモンY』単体ではヘルガー、ボスゴドラは入手できない。 そのため、メガストーンは手に入っても、肝心のメガシンカさせるポケモン自体は手に入らないということになる。 これらのポケモンをメガシンカさせるには、『ポケモンX』と『ポケモンY』でポケモンまたはメガストーンを交換し合う必要がある。

次の

とくせい一覧

き し かい せい ポケモン

はじめに みなさまは第五世代環境で流行したいのちのたまハッサムをご存じでしょうか。 ステルスロックやあくびなどのお膳立てがあった上で、 ハッサムがつるぎのまいを積み、テクニシャン補正が乗ったバレットパンチやでんこうせっかで全抜きを狙う型で広く知られています。 ハッサムの種族値と特性と覚える技、ステルスロックとの相性、これら全てが噛み合って対戦環境内で広く蔓延しました。 特に先制技で相手を縛れるという点に強みがあり、いわゆるフィニッシャーという役割を確立したポケモンであると考えられています。 今ソードシールドにおける対戦環境では、新たな要素としてダイマックスが追加されました。 いずれのポケモンについてもHP倍増による耐久上昇、ダイマックス技による火力増強が見込め、それを前提とした育成や対戦時の立ち回りが求められるようになりました。 一方で、ダイマックス前提のポケモンとダイマックスを想定しないポケモンを合わせてパーティを構築する風潮が強くなってきました。 特に、非ダイマックスポケモンが如何に相手の非ダイマックスポケモンを処理できるか、また、相手のダイマックスポケモンをいなせるかが重要になってきました。 種族値 : H50 A95 B95 C35 D110 S70 特に高い防御や特防や特性いかくによる打ち合い性能や繰り出し性能の高さが評価されるポケモンです。 一方で、かくとうタイプのポケモンらしからず攻撃種族値が低く、相手に負担をかけるためには工夫が必要とされてきました。 カポエラーにはいかくの他に優秀な特性があり、それが先述のハッサムと同じくテクニシャンです。 加えてねこだましやバレットパンチ、またタイプ一致のマッハパンチなどの先制技が充実しています。 ハッサムほどの火力は出ずとも、一致格闘打点を取れる点で差別化されます。 また、一致マッハパンチ持ちとして比較に上がるのがこんじょうまたはてつのこぶしローブシンですが、そちらとはバレットパンチによる対フェアリー打点や、ふいうちによるゴーストけん制ができる点で差別化ができます。 低いHPは後述のかいがらのすずと相性がよく、相手のHPを削った量に応じて回復ができます。 特にダイマックス相手のHP増加分も計算されるため、たべのこしなどの回復アイテムと比較しても想像以上の回復量が見込めます。 この型を採用する目的 環境に多いドリュウズ、サザンドラ、ヒヒダルマ、バンギラス、パルシェンを縛る技になります。 以下、 こちらビルドアップ1積み、相手ステルスロックダメージ込みの状態における与ダメージ計算です。 ステルスロック+与ダメ+その他 :かいがらのすず回復量 注 : H実数値157におけるたべのこし2ターン分の回復量が18 H185-B81 B4 ドリュウズ 3. また、かいがらのすずの回復量も高い頻度でたべのこしの回復量を上回ることがわかります。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 無効タイプのない先制技として撃つことがあります。 基本的にミミッキュピンポイントになります。 ローブシンとの差別化にもなるため確定です。 他フェアリーにも一矢報いることができます。 ダイマックス時、ダイスチルとして防御を強化することもできます。 以下、 こちらビルドアップ1積み、相手ステルスロックダメージ込みの状態における与ダメージ計算です。 ステルスロック+与ダメ+その他 :かいがらのすず回復量 注 : H実数値157におけるたべのこし2ターン分の回復量が18 H131-B100 H4 ミミッキュ 12. 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 基本的にドラパルトピンポイントになります。 他に打つ相手は皆無ですが、トップメタに撃てる上にローブシンとの差別化になるため準確定枠です。 最近はおにび持ちのドラパルトが増えてきたので安定しない点には注意しましょう。 以下、 こちらビルドアップ1積み、相手ステルスロックダメージ込みの状態における与ダメージ計算です。 ステルスロック+与ダメ+その他 :かいがらのすず回復量 注 : H実数値157におけるたべのこし2ターン分の回復量が18 H163-B96 B4 ドラパルト 12. リベンジ サッポロ一番様提案 かくとう物理 威力60 テクニシャン補正により90、被ダメージ時テクニシャン補正無し120 そのターンに相手の技のダメージを受けると威力が2倍になる。 必ず後攻になる 優先度:-4。 ビルドアップを積まずとも同等か、それ以上の火力が出る技です。 積む隙がない場合に撃ちましょう。 被ダメージ時に限り高威力が出るので、役割対象以外のポケモンにも負荷をかけられます。 じならし 炊き込み淡水様提案 じめん物理 威力60 テクニシャンにより90 自分以外全員が対象。 テクニシャン適用で追加効果が優秀です。 不利な相手がはっきりしているカポエラーが起点になることを防ぎますが、ダイジェット持ちの前には効果がないことが多いのがネックです。 ぶんまわす 炊き込み淡水様提案 あく物理 威力60 テクニシャンにより90 自分以外全員が対象。 通常攻撃。 テクニシャン適用でカポエラーのあくタイプ最大打点になります。 特にドラパルトの技は大抵耐えることができるので後攻から倒すことができます。 おにび持ちドラパルトにも多少抗えるようになると思います。 被ダメージ計算 役割対象であるドリュウズ、サザンドラ、ヒヒダルマ、バンギラス、パルシェン、ドラパルト、ミミッキュについて絞って被ダメージ計算を行います。 計算は全て 能力上昇がない場合について行っています。 あわせて 本育成論で繰り返しステルスロック込みの与ダメージ計算を行ってきましたが、具体的に相性の良いステルスロック撒きポケモンの紹介をしたいと思います。 まじかる様、うぃん様指摘 ただし、以下に挙げるものは全て特定の例でしかなく、構築次第で如何様にも変わりますのでご了承ください。 きあいのタスキくだけるよろいイワーク 実際に本投稿者がカポエラーと合わせて使っているポケモンです。 最速70族から繰り出される ちょうはつにより相手の展開を許さず、こちらの ステルスロック展開を通せます。 がんせきふうじでカポエラーのビルドアップが先攻するように補助ができます。 カポエラーが苦手とするダイジェット持ちなどにも がんせきふうじ連打で起点となることがないので、相性の良い一匹であると思います。 くだけるよろい発動時の最速イワークの素早さ実数値は268になります。 その一方で、無補正特化の攻撃実数値が97です。 バンギラス イワークと同様にステルスロック撒きにしては速い素早さと ちょうはつを持ちます。 高い数値によって一回の行動は保証できるうえ、 特性すなおこしのスリップダメージにより、ステルスロックダメージの入らない対面しているポケモンの確定数をずらせます。 こちらも がんせきふうじを撃つことができ起点を作れます。 カポエラーに強い相手に強く出れ、またバンギラスに強い相手にはカポエラーが強く出れます。 その点の相性が素晴らしいと思います。 さいごに 本育成論のカポエラーが環境上位にいる高速低耐久アタッカーに強いことが伝わったかと思います。 また、従来あまり使われてこなかったかいがらのすずのメリットも多少なりと見い出せたのではないかと思います。 しかし、考察では述べませんでしたが、役割対象以外のポケモンには滅法弱く、 例えば、 受けポケモン : ドヒドイデ、アーマーガア、ヌオーなど ダイジェットポケモン : トゲキッス、ギャラドスなど その他のダイマックスポケモン : すべてのポケモン に対しては役割を持てません。 特に、ダイマックスされると役割対象のポケモンについてでも役割遂行が難しくなり、返り討ちに合うこともあります。 そのため、相手のダイマックス切りのタイミングをよく見切った上での運用に限られます。 しかし、ダイマックスができるのはこのカポエラーも同様で、ビルドアップの代わりにダイナックルやダイスチルを撃つことも可能です。 いろいろ挙げ出すときりがないので与ダメージ計算は割愛しますが、本育成論に書いてある以上に柔軟な動きが可能であり、それについてはこの育成論を見たみなさまが開拓してくださると幸いです。 以上、長文になりましたが読んで下さりありがとうございます。 コメント欄での指摘や活発な議論を歓迎します。 どうぞよろしくお願いします。 例えば壁張りなどの補助技が嫌なら挑発が欲しい、 いきなりダイマ技で積まれるのが嫌ならあくびで流してほしい、 登場時に先制技圏内に入れておきたいならのろいや爆発などで退場しながら削ってほしい、 上からビルドアップがしたいなら麻痺等ですばやさ低下かトリルがほしい、 などなどステロ役にも色々いるので、このカポエラーと相性が良いのはどれか、それは必須なのか出来ればでいいのかなど考察があるとより良いと思います。 先制技主体の本育成論ですが、後攻技のこの技で緩急付けながら戦う、というビジョンも見えて展望が広がりました。 もしかしたらかいがらのすずとも相性が良い技なのかもしれないです。 先程、別の方から提案があった「インファイト」と比較しても柔軟な動きが出来そうだと思いましたので、そちらと差し替える形で追加しました。 本投稿が初めてなもので、何を基準にどこまで記載してよいのか分からずに、ステルスロック撒き要因の説明を省いていました。 しかしいろいろご指摘があったので、簡単ですがご紹介の項目を新しく追加しました。 本投稿者が愛用しているイワークについても記載をしましたので、目を通して頂けると幸いです。 カポエラーは耐久ペラペラなイメージがありましたがドリュウズの攻撃とか意外ときれいに耐えるものですね。 強そうなので今度丁寧に育ててみたいと思います。 該当箇所の修正を行いました。 しかし、本論の積んで抜いていく、耐えて回復していくというコンセプトとは相いれないと判断し除外しました。 本育成論とは別に、対面性能を高めたいのちのたまカポエラーというものを新しく考察されると良いと思います。 また「フェイント」について、高い優先度であってもノーマル打点を特に撃ちたい相手がいないのでこちらも除外させていただきました。 お手数でなければコメントお願いいたします。 覚えさせたエビワラーを親にしてバルキーを孵化すれば遺伝します。 「オボンのみ」による39ダメージの回復量は、おっしゃる通り「かいがらのすず」において相手に312ダメージ与えた時の回復量になります。 対戦における全ポケモンの平均的なHP実数値を175とした場合、選出3体のうち2体のHP総量は350程になります。 しかし現実的な話をする場合、カポエラーの得手不得手というものがあるために、そこまで都合よく2体抜きすることができない場合も多いと考えています。 かといって、刺さりに刺さった場合 例えば相手がバンギラスドリュウズの並びの選出をした場合、HP総量は無振りで360あります 、かいがらのすずによる回復量が上回ります。 長々と書きましたが、結論としましては、かいがらのすずが好ましい場合もあれば、オボンのみが好ましい場合もある、です。 積んで全抜きすることを謳っている育成論の本投稿者としては、かいがらのすずによる回復の噛み合いの良さを推していきたいところですが、吟味した結果、オボンのみを持ち物の候補に新たに加えさせていただきました。 ステルスロックイワーク自体の着想は次の育成論から貰いました。 特性がんじょうにより一発耐えて、速い素早さからちょうはつやステルスロック撒きを遂行する型です。 しかし、実際に使ってみると、先発に多いドリュウズのかたやぶりじしんでがんじょうが貫通されてしまうことが多く、一度も行動できず落ちていくことがありました。 そのためきあいのタスキを持たせました。 きあいのタスキによりがんじょうが腐ったために、他の特性を見ていたところ、夢特性のくだけるよろいに目が留まり、使用に至りました。 育成個体は陽気AS極振りで、技構成は「ステルスロック」「ちょうはつ」「じしん」「がんせきふうじ」です。 くだけるよろい発動時には素早さ実数値268にもなり、環境に多い、ドラパルトやスカーフヒヒダルマ ガラル 、スカーフドリュウズの上をとれるようになります。 例えば、1ターン目にステルスロックを撒いて、相手の物理攻撃を受けて、2ターン目にがんせきふうじS補助やじしんによるきあいのタスキ潰しが行えます。 もしくは、じしんやがんせきふうじを2発撃ちこむことで、ドリュウズとヒヒダルマ ガラル をだいたい倒すこともできます。 倒したあとに生き残ったイワークでステルスロックを撒くこともできました。 つまり、行動回数を2回稼ぐことができるケースが多かった、ということです。 参考までに与ダメージ計算を載せておきます。 A97 A252 イワーク じしん H185-B81 B4 ドリュウズ 72. ざっと軽くまとめましたが、他にも何かあればコメントしていただけると幸いです。 是非カポエラーと組み合わせて運用してみようと思います。 ありがとうございました。 上記の様に書いてますが他の型ですがカポエラーを使用しておりました。 マスターランクシングルシーズン2においてはミミッキュ後出しされた事など無く、それより陽気ミミッキュの一致抜群の珠じゃれつくで落とされますよね?Sも種族値的に相手の方が早いですし。 その部分は実用的ではないかと思います。 ミミッキュ後出しの件については、まいせん様は後出しされたことがない、ということですが、本投稿者が使用した際はそういったケースは少なくありませんでした。 「マッハパンチ」読みで透かそうとミミッキュが繰り出されることは十分あり得ると思います。 おそらく、本文の記載があまりにも具体的・限定的であったためにそういった意見が出たものと思いますので、「バレットパンチ」の項目に少しだけ追記をしました。 ご確認頂けると幸いです。 中々面白そうなので今度カポエラー育てて使う時の参考にします。 「かいがらのすず」のメリットが少しでも伝わったようでよかったです。 相手の行動を読み切ってビルドアップ積むと先制技なのに恐ろしい火力でますね・・・実際に使ってその強さが十分にわかりました。 3ヶ月前に投稿したこの育成論が未だに読まれていることを嬉しく思います。 それ以上に、カポエラーがイワークと共に実際に活躍をしていると聞けて何よりです。

次の