焦げ 落とす。 鍋の焦げ付きを落とす6つの裏技。洗剤なしでもピッカピカ!

コゲ落としの新常識!超強力焦げ落としクリーナー「ソコフ」

焦げ 落とす

鍋の焦げ付きを落とす方法 それでは、早速鍋の焦げ付きを落とす方法についてお伝えしていきます。 何の道具もいらない方法から、普段なら捨てるものを使った驚きのアイデアまで目白押しとなっています。 鍋の天日干し 最初は焦げた鍋を天日干しにする方法です。 「鍋を天日干しにして何の意味があるんだ!! 」 と思うかもしれませんが、実はかなり効果的な焦げ落としの方法なんです。 やり方は• 焦げた場所以外をきれいに洗う• 日の当たる場所に鍋を置く• 1週間ほど待つ• カラカラになった焦げを優しくこする これで焦げがきれいに取れます。 多少時間がかかってしまいますが、太陽に当てるだけなので他に何も道具はいりません。 」 という方は、ドライヤーで使って素早く焦げを乾かすことも出来ます。 ドライヤーをしばらく当てていると焦げが乾いていき、最後にはポロポロと崩れるようになります。 後は、ゴムべらや木べらで優しくこすって焦げを落としてしまいましょう。 タマネギの皮を入れてゆでる タマネギを料理で使う際、周りの茶色い皮は取り除きますよね。 あの、 普段ならゴミにしかならない部分を使った焦げの落とし方です。 鍋に水を張り、そこに玉ネギの皮を投入• 20~30分ほど沸騰させる• 鍋の中の焦げが柔らかくなったのを確認後、湯を捨てる• スポンジで優しくこする これで完成です。 水を張り、タマネギの皮を入れて、焦げた鍋で煮る。 たったこれだけなのに、嘘のように簡単に鍋の焦げを取ることが可能です。 鉄鍋を20分ほど空だきする• 鍋より大きなボールやシンクに水を張っておく• 空だきした鍋を水の中に漬ける 熱した鉄鍋を水に漬けると、気持ちが良いくらいペロッと焦げを取ることが出来ます。 ただし、 この方法はテフロン加工の鍋では鍋自体が焦げてしまう場合や、土鍋の場合最悪鍋が壊れてしまう可能性もあります。 鉄鍋のみに使用可能な方法だということをお忘れなく。 水を沸騰させる方法 空だきの次は、水を入れて沸騰させる方法です。 この方法、焦げた鍋と水さえあればできる簡単かつ費用の一切かからない方法です。 焦げた鍋に水を張る• 10分ほど沸騰させる たったこれだけです。 短時間で、しかも道具が一切要らないというのが良いですね。 ちなみに、 この方法では少し焦げが取れにくいと感じる方は水を沸騰させたのち1日おいてみてください。 鍋に水を張り、その中に重曹を入れます。 10分ほど重曹入りの水を沸騰させる• 湯を捨ててなでるようにスポンジでこする スポンジでこする際は、力は一切いりません。 重曹の働きで焦げがとても取れやすくなっていますので、スポンジを当てるだけでも取れてしまいます。 鍋に入れる重曹の目安は、お湯1カップ(200cc)に対して、大さじ1杯となります。 ただし、アルミ鍋の場合はアルミが重曹で反応して黒く変色してしまうので、こちらは使用しないで下さいね。 万が一誤って重曹のせいで黒く変色した場合には、• リンゴの皮• レモン• このとき、小さく切っておくと力が入れやすいので磨きやすくなります。 ナイロンたわしならこすっても鍋の表面が傷つきませんし、確実に焦げを落としていけます。 ですが、 この方法では時間がかかりすぎてしまうのが唯一の難点・・・ そこで、先ほどの重曹を用いた焦げ付き落としの方法と一緒に用いてもらいたいと思います。 重曹水を沸騰させるだけでは、強烈な焦げ付きを落とすことは出来ません。 しかし、ナイロンたわしでこすりあげることで、文字通りぴかぴかの鍋に生まれ変わるのです! お酢を使って焦げを撃退 料理の定番調味料『酢』も、焦げを落とす際に活躍してくれます。 焦げた鍋に水を張る• 大さじ2杯ほどのお酢を投入• 火を付け、しばらく沸騰させる ひどい焦げ付きでない場合、沸騰させるだけで自然と焦げが取れ、浮かんでくるはずです。 ただし、 ひどい焦げの場合は必ずしも取れるわけではありません。 その場合、ゴムべらや菜箸などでやさしく表面をこすってあげてください。 すると焦げが取れお湯の表面に浮かんでくるようになります。 台所洗剤を活用する 台所用洗剤を水に入れて煮るのも効果的です。 焦げた鍋に水を張る• 少量の台所用洗剤を入れる• 沸騰させる これだけでかなり焦げが落ちやすくなっているのですが、頑固な焦げ付きはこの方法だけでは取れないことも・・・ その場合、 お酢と洗剤を一緒に入れて沸騰させてみて下さい。 それぞれの効果と相まって、みるみるうちに焦げが取れていくのを実感できるはず! 卵の殻でこすって落とす 卵の殻には、卵の中身を守る以外にも凄い効果があるんです。 それは、 『研磨作用』です!! 簡単に言いますと、鍋などをピカピカに磨き上げてくれる作用になります。 使用方法はとっても簡単で、• 卵の殻を細かく割る• スポンジを押しつけからの破片をつける• 殻付きスポンジで焦げた鍋をこすりあげる これだけです。 卵の殻が表面からどんどん磨いていき、焦げ付きを落としてくれるんです。 ちなみに、 この方法はテフロン加工した鍋などを傷つける心配はありませんので安心して下さい。 これは駄目! 焦げを落とすときのNG行為 上で紹介した方法以外で最も多く行われている焦げ付きをとる方法、それは 力いっぱい金たわしでこすって落とす!! というものです。 確かに、力を入れてこすれば一見焦げが取れているように見えます。 しかし、 そのせいで大切なお鍋に傷が入ってしまうだけでなく、目に見えないくらいの小さな傷の中に焦げや汚れが入り込み、洗っても取れなくなってしまうことも・・・ 更にテフロン加工した鍋のテフロンを剥がしてしまうのも力任せにこすってしまったときなんです。 金だわしなどでゴシゴシこするのは絶対にNGです! きれいにならないし、鍋は傷付くしで良いことは一つもありません。 絶対にやめておきましょう。 鍋の焦げとはさようなら いかがだったでしょうか? 今回は鍋の焦げ付きを落とす方法ということで、厳選した10個の焦げの取り方について説明させてもらいました。 ほとんどの方法は家にあるもの、あるいは捨てるはずのものを用いているので費用はほとんどかかりません。 にもかかわらず、その効果は折り紙付きな訳ですから嬉しい限りですよね。

次の

鍋の焦げの落とし方!スルッと落とせる方法は4通り!

焦げ 落とす

鍋の焦げ付きを落とす方法 それでは、早速鍋の焦げ付きを落とす方法についてお伝えしていきます。 何の道具もいらない方法から、普段なら捨てるものを使った驚きのアイデアまで目白押しとなっています。 鍋の天日干し 最初は焦げた鍋を天日干しにする方法です。 「鍋を天日干しにして何の意味があるんだ!! 」 と思うかもしれませんが、実はかなり効果的な焦げ落としの方法なんです。 やり方は• 焦げた場所以外をきれいに洗う• 日の当たる場所に鍋を置く• 1週間ほど待つ• カラカラになった焦げを優しくこする これで焦げがきれいに取れます。 多少時間がかかってしまいますが、太陽に当てるだけなので他に何も道具はいりません。 」 という方は、ドライヤーで使って素早く焦げを乾かすことも出来ます。 ドライヤーをしばらく当てていると焦げが乾いていき、最後にはポロポロと崩れるようになります。 後は、ゴムべらや木べらで優しくこすって焦げを落としてしまいましょう。 タマネギの皮を入れてゆでる タマネギを料理で使う際、周りの茶色い皮は取り除きますよね。 あの、 普段ならゴミにしかならない部分を使った焦げの落とし方です。 鍋に水を張り、そこに玉ネギの皮を投入• 20~30分ほど沸騰させる• 鍋の中の焦げが柔らかくなったのを確認後、湯を捨てる• スポンジで優しくこする これで完成です。 水を張り、タマネギの皮を入れて、焦げた鍋で煮る。 たったこれだけなのに、嘘のように簡単に鍋の焦げを取ることが可能です。 鉄鍋を20分ほど空だきする• 鍋より大きなボールやシンクに水を張っておく• 空だきした鍋を水の中に漬ける 熱した鉄鍋を水に漬けると、気持ちが良いくらいペロッと焦げを取ることが出来ます。 ただし、 この方法はテフロン加工の鍋では鍋自体が焦げてしまう場合や、土鍋の場合最悪鍋が壊れてしまう可能性もあります。 鉄鍋のみに使用可能な方法だということをお忘れなく。 水を沸騰させる方法 空だきの次は、水を入れて沸騰させる方法です。 この方法、焦げた鍋と水さえあればできる簡単かつ費用の一切かからない方法です。 焦げた鍋に水を張る• 10分ほど沸騰させる たったこれだけです。 短時間で、しかも道具が一切要らないというのが良いですね。 ちなみに、 この方法では少し焦げが取れにくいと感じる方は水を沸騰させたのち1日おいてみてください。 鍋に水を張り、その中に重曹を入れます。 10分ほど重曹入りの水を沸騰させる• 湯を捨ててなでるようにスポンジでこする スポンジでこする際は、力は一切いりません。 重曹の働きで焦げがとても取れやすくなっていますので、スポンジを当てるだけでも取れてしまいます。 鍋に入れる重曹の目安は、お湯1カップ(200cc)に対して、大さじ1杯となります。 ただし、アルミ鍋の場合はアルミが重曹で反応して黒く変色してしまうので、こちらは使用しないで下さいね。 万が一誤って重曹のせいで黒く変色した場合には、• リンゴの皮• レモン• このとき、小さく切っておくと力が入れやすいので磨きやすくなります。 ナイロンたわしならこすっても鍋の表面が傷つきませんし、確実に焦げを落としていけます。 ですが、 この方法では時間がかかりすぎてしまうのが唯一の難点・・・ そこで、先ほどの重曹を用いた焦げ付き落としの方法と一緒に用いてもらいたいと思います。 重曹水を沸騰させるだけでは、強烈な焦げ付きを落とすことは出来ません。 しかし、ナイロンたわしでこすりあげることで、文字通りぴかぴかの鍋に生まれ変わるのです! お酢を使って焦げを撃退 料理の定番調味料『酢』も、焦げを落とす際に活躍してくれます。 焦げた鍋に水を張る• 大さじ2杯ほどのお酢を投入• 火を付け、しばらく沸騰させる ひどい焦げ付きでない場合、沸騰させるだけで自然と焦げが取れ、浮かんでくるはずです。 ただし、 ひどい焦げの場合は必ずしも取れるわけではありません。 その場合、ゴムべらや菜箸などでやさしく表面をこすってあげてください。 すると焦げが取れお湯の表面に浮かんでくるようになります。 台所洗剤を活用する 台所用洗剤を水に入れて煮るのも効果的です。 焦げた鍋に水を張る• 少量の台所用洗剤を入れる• 沸騰させる これだけでかなり焦げが落ちやすくなっているのですが、頑固な焦げ付きはこの方法だけでは取れないことも・・・ その場合、 お酢と洗剤を一緒に入れて沸騰させてみて下さい。 それぞれの効果と相まって、みるみるうちに焦げが取れていくのを実感できるはず! 卵の殻でこすって落とす 卵の殻には、卵の中身を守る以外にも凄い効果があるんです。 それは、 『研磨作用』です!! 簡単に言いますと、鍋などをピカピカに磨き上げてくれる作用になります。 使用方法はとっても簡単で、• 卵の殻を細かく割る• スポンジを押しつけからの破片をつける• 殻付きスポンジで焦げた鍋をこすりあげる これだけです。 卵の殻が表面からどんどん磨いていき、焦げ付きを落としてくれるんです。 ちなみに、 この方法はテフロン加工した鍋などを傷つける心配はありませんので安心して下さい。 これは駄目! 焦げを落とすときのNG行為 上で紹介した方法以外で最も多く行われている焦げ付きをとる方法、それは 力いっぱい金たわしでこすって落とす!! というものです。 確かに、力を入れてこすれば一見焦げが取れているように見えます。 しかし、 そのせいで大切なお鍋に傷が入ってしまうだけでなく、目に見えないくらいの小さな傷の中に焦げや汚れが入り込み、洗っても取れなくなってしまうことも・・・ 更にテフロン加工した鍋のテフロンを剥がしてしまうのも力任せにこすってしまったときなんです。 金だわしなどでゴシゴシこするのは絶対にNGです! きれいにならないし、鍋は傷付くしで良いことは一つもありません。 絶対にやめておきましょう。 鍋の焦げとはさようなら いかがだったでしょうか? 今回は鍋の焦げ付きを落とす方法ということで、厳選した10個の焦げの取り方について説明させてもらいました。 ほとんどの方法は家にあるもの、あるいは捨てるはずのものを用いているので費用はほとんどかかりません。 にもかかわらず、その効果は折り紙付きな訳ですから嬉しい限りですよね。

次の

コゲ落としの新常識!超強力焦げ落としクリーナー「ソコフ」

焦げ 落とす

鍋ごとにおすすめの焦げ落とし方を発表 さっそくですが、まとめてみました。 キレイにしたい鍋の種類によって、焦げの落とし方はけっこう変わってくるのです。 今回ご紹介するのは、 ・ステンレス ・アルミ ・テフロン ・ホーロー ・鉄 ・銅 ・ガラス ・土鍋 の8種類。 けっこう多いですね。 この順に紹介するので、見ていきましょう。 ステンレスの鍋は、重曹で焦げ落とし とても一般的な、ステンレスの鍋。 サビにくいけどちょっと焦げつきやすい鍋なのです。 ステンレス鍋におすすめなのは、 重曹での焦げ落とし。 重曹で落ちなかったら、お酢を試してみましょう。 本当にしつこい焦げには、ちょっと面倒ですが、天日干しがおすすめです。 サビにくい、けれどアルカリに弱い、という特徴もあります。 そんなアルミ鍋の焦げには、 お酢を使うのがおすすめ。 重曹は使ったらだめですよ。 落ちなかったら、天日干ししてみましょう。 お酢を使った落とし方へはから飛べます! テフロン鍋は、水でぐつぐつ アルミやステンレスのベースに、テフロンというフッ素のベースを塗った鍋。 焦げ付きが少なく水もはじく、という性質があります。 ただ、テフロンのコートが剥がれないように、注意が必要なのです。 最近出てきた「セラミック」の鍋も、テフロン鍋と同じ方法で大丈夫です。 傷つきやすいテフロン鍋は、 水を入れて沸騰させて焦げを落としましょう。 テフロンでコートされているので、ものすごく焦げがつくわけではありません。 基本のお手入れは水のみで、落ちないときは重曹やお酢を使ってみましょう。 水を使った落とし方へはから飛べます! ホーロー鍋は、重曹かお酢で かわいらしいホーロー鍋があると、料理の時間も楽しくなりますよね。 そんなホーロー鍋は、鉄などにガラスの粉をふきつけた、表面がガラスの鍋なのです。 もちろん、とてもデリケート。 やさしいお手入れが大切です。 ホーロー鍋の焦げには、 重曹か お酢を使いましょう。 しつこい焦げ付きには、天日干しです。 重曹を使った落とし方へはから飛べます! お酢を使った落とし方へはから飛べます! 鉄鍋には、から焚きがいいのです 一家に1つあると、とても重宝する鉄鍋。 重い、油をなじませないとサビてしまう、というマイナス面もあります。 でも、から焚きも平気だったり、たわしでごしごし洗っても良かったりと、とてもタフな鍋なのです。 鉄鍋は、 から焚きして焦げを取るのが確実な方法。 金属ヘラも使えます。 なじませた油が取れてしまうので、洗剤を使うより水だけのお手入れの方がおすすめです。 から焚きを使った落とし方へはから飛べます! 銅鍋は、水だけでやさしく 使ったあとにきちんと洗わないと、変色してしまう銅鍋。 アルカリ性に弱いことに、気をつけましょう。 デリケートな銅鍋には、 水を沸騰させて焦げを取る方法がおすすめ。 水を使った落とし方へはから飛べます! ガラス鍋は、重曹かお酢で 酸やアルカリ、塩分にも強く、作った食品をそのまま保存しておくのにもいい、耐熱ガラス製の鍋。 便利だけれど、少しお手入れに気を使ってくださいね。 耐熱ガラスの鍋は、 重曹か お酢でのお手入れを。 ちょっとしつこい汚れには、天日干しがいいですね。 重曹を使った落とし方へはから飛べます! お酢を使った落とし方へはから飛べます! 土鍋には、重曹かお酢!汚れに合わせたお手入れを 寒い時期のお鍋に大活躍の、土鍋。 ちょっと強そうな感じもする土鍋ですが、注意したいことが意外とあるのです。 特に盲点なのが、洗剤でのつけおき。 小さな穴がたくさん空いているので、そこに洗剤が入り込んでしまうのです。 肉類、魚類、卵、砂糖、穀類の焦げには、 重曹。 野菜、果物、海藻、きのこ、大豆などの焦げは、 お酢が効きます。 重曹を使った落とし方へはから飛べます! お酢を使った落とし方へはから飛べます! すべての鍋に使える、天日干し 全ての鍋に使えるのが、 天日干しです。 ただし 1週間くらいかかるので、時間がかかってもいい、というときだけですが……。 じっくり待つ気持ちがカギです。 鉄鍋は、から焚きが出来るので、天日干しよりから焚きしちゃうのがおすすめですよ。 擦って、水洗いする 時間が経ったらキッチンペーパーをはがして、割り箸や木ベラなどで擦っていきます。 金属のたわし、ヘラがだめな鍋も多くありましたよね。 そんな鍋には、必ず、割り箸や木ベラを使いましょう。 焦げが落とせたら、最後に水洗いをして、完了です。 まとめ 鍋の種類ごとに、焦げの落とし方を紹介していきました。 ステンレス鍋、アルミ鍋、テフロン加工鍋、ホーロー鍋、そして鉄鍋、銅鍋、耐熱ガラス鍋、土鍋のどれかによって、お手入れの仕方が変わってきます! 鍋の種類によって、使っていいもの、おすすめなものがこんなに変わってくるのです。

次の