い おん も ば いる。 地球温暖化(ちきゅうおんだんか):地球(ちきゅう)があつくなっている|宇都宮市公式Webサイト

元祖はこだてラーメン|Onjiki【公式TOP】

い おん も ば いる

ページID1015427 更新日 平成30年4月27日 宇都宮市(うつのみやし)の平均気温(へいきんきおん)は100年間(ねんかん)で約(やく)2度(ど)も上(あ)がってしまったよ! このままだと、みんなが暮(く)らしづらくなってしまう・・・ どうして地球(ちきゅう)はあつくなっているのかな? 地球温暖化(ちきゅうおんだんか)ってなに? 地球(ちきゅう)の表面(ひょうめん)は太陽(たいよう)からの熱(ねつ)で温(あたた)められています。 余分(よぶん)な熱(ねつ)は宇宙(うちゅう)に出(で)ていきますが、一部(いちぶ)は地球(ちきゅう)をおおう大気中(たいきちゅう)の「温室効果(おんしつこうか)ガス」に吸収(きゅしゅう)されることによって、地球全体(ちきゅうぜんたい)がちょうどよい気温(きおん)に保(たも)たれています。 ところが、温室効果(おんしつこうか)ガスが増(ふ)えすぎると、宇宙(うちゅう)に出(で)ていくはずだった熱(ねつ)が地球(ちきゅう)に閉(と)じ込(こ)められてしまい、地球全体(ちきゅうぜんたい)の気温(きおん)が少(すこ)しずつ上(あ)がってしまうのです。 温室効果(おんしつこうか)ガスってどんなもの? 地球(ちきゅう)の表面(ひょうめん)から出(で)る熱(ねつ)を吸収(きゅうしゅう)して、地球(ちきゅう)の温度(おんど)を保(たも)つ性質(せいしつ)を持(も)つ気体(きたい)のことです。 主(おも)なものは、ものを燃(も)やすと発生(はっせい)する二酸化炭素(にさんかたんそ)です。 自動車(じどうしゃ)が走(はし)ったり、電気(でんき)を作(つく)ったりするときには燃料(ねんりょう)を燃(も)やすので、二酸化炭素(にさんかたんそ)が発生(はっせい)します。 私(わたし)たちが自動車(じどうしゃ)に乗(の)ったり電気(でんき)を使(つか)うことで、二酸化炭素(にさんかたんそ)を大気中(たいきちゅう)にたくさん出(だ)してしまっています。 気温(きおん)が上(あ)がるとどうなるの? 地球温暖化(ちきゅうおんだんか)が進(すす)み、地球(ちきゅう)の気温(きおん)が上(あ)がり続(つづ)けると、大雨(おおあめ)などの異常気象(いじょうきしょう)による被害(ひがい)が増(ふ)えたり、海(うみ)の温度(おんど)が上(あ)がってサンゴが死(し)んでしまったり、北極(ほっきょく)や南極(なんきょく)の氷(こおり)が解(と)けて海面(かいめん)が高(たか)くなり、海(うみ)に沈(しず)んでしまう地域(ちいき)がでてきてしまいます。 参考(さんこう):宇都宮市(うつのみやし)の現状(げんじょう) 宇都宮市(うつのみやし)もずいぶんあたたかくなっているみたいだね。 これからも気温(きおん)があがり続(つづ)けたらどうしよう。 みんなで力(ちから)を合(あ)わせてなんとかしないといけないね! 地球(ちきゅう)にやさしいまちを目指(めざ)して 温室効果(おんしつこうか)ガスの一つである二酸化炭素(にさんかたんそ)を減(へ)らすためには、電気(でんき)や燃料(ねんりょう)をできるだけ使(つか)わずに生活(せいかつ)することや、「太陽光発電(たいようこうはつでん)」や水素(すいそ)などの環境(かんきょう)にやさしい新(あたら)しいエネルギーを使(つか)うことが大切(たいせつ)だよ。 太陽光発電(たいようこうはつでん)は太陽(たいよう)が出(で)ていれば発電(はつでん)することができるため、災害時(さいがいじ)なども電気(でんき)を使(つか)うことができて、災害(さいがい)にも強(つよ)いエネルギーなんだ! 市(し)が取(と)り組(く)むこと LRTや電気自動車(でんきじどうしゃ)などの環境(かんきょう)にやさしい乗(の)り物(もの)を使(つか)うことを進(すす)めます。 LRT(ライトレールトランジット)とは、路面電車(ろめんでんしゃ)システムです。 LRTの車両(しゃりょう)は、電気(でんき)モーターで動(うご)くので、二酸化炭素(にさんかたんそ)などの大気汚染物質(たいきおせんぶっしつ)を出(だ)さない環境(かんきょう)にやさしい乗(の)り物(もの)です。 宇都宮市(うつのみやし)では、JR宇都宮駅(うつのみやえき)から芳賀町(はがまち)にある工業団地(こうぎょうだんち)までの区間(くかん)にLRTを走(はし)らせる計画(けいかく)を進(すす)めています。 自動車(じどうしゃ)からLRTへの乗(の)り換(か)えが進(すす)むことで、大気汚染物質(たいきおせんぶっしつ)や温室効果(おんしつこうか)ガスを少(すく)なくすることが期待(たい)されます。 太陽光発電(たようこうはつでん)や蓄電池(ちくでんち)で環境(かんきょう)にやさしく、災害(さいがい)にも強(つよ)い家(いえ)を増(ふ)やします。 太陽光発電(たいようこうはつでん)とは、太陽(たいよう)の光(ひかり)エネルギーを受(う)けると電気(でんき)を作(つく)り出(だ)す太陽電池(たいようでんち)を使(つか)って電気(でんき)を作(つく)ることです。 蓄電池(ちくでんち)とは、充電(じゅうでん)することができ、繰(く)り返(かえ)し使(つか)える電池(でんち)のことです。 宇都宮市(うつのみやし)では、温室効果(おんしつこうか)ガスを減(へ)らすためやエネルギーを大切(たいせつ)に使(つか)うため、補助金(ほじょきん)を出(だ)して太陽光発電(たいようこうはつでん)システムや太陽光発電(たいようこうはつでん)システムと連携(れんけい)した蓄電池(ちくでんち)などをひろめています。 水素(すいそ)などの環境(かんきょう)にやさしい新(あたら)しいエネルギーの利用(りよう)を進(すす)めます。 水素(すいそ)は新(あたら)しいエネルギーとして注目(ちゅうもく)されています。 その理由(りゆう)は、水素(すいそ)はエネルギーを使(つか)う際(さい)に燃(も)やしても、水(みず)しか出(だ)さないからです。 二酸化炭素(にさんかたんそ)などの温室効果(おんしつこうか)ガスを出(だ)さないため、温暖化防止(おんだんかぼうし)につながることが期待(きたい)されています。 宇都宮市(うつのみやし)では、水素(すいそ)などの新(あたら)しいエネルギーを幅広(はばひろ)く利用(りよう)できるようにするため、調査研究(ちょうさけんきゅう)を進(すす)めていきます。 地球温暖化(ちきゅうおんだんか)の原因(げんいん)となる「二酸化炭素(にさんかたんそ)」の出(で)る量(りょう)が減(へ)り、地球(ちきゅう)にやさしいまちになるよ! 地球温暖化(ちきゅうおんだんか)の仕組(しく)みや対策(たいさく)を詳(くわ)しく知(し)ることができるよ。

次の

元祖はこだてラーメン|Onjiki【公式TOP】

い おん も ば いる

三戸町には「なんでもある」という人もいれば、「なんにもない」という人もいます。 「5月の夜。 窓を開けスーッと息を吸い込めば、緑の匂いが身体に染み渡ります。 私がここに来ようと決めたのは、それを体験したからです。 」 そんな話をしてくれた人がいました。 あなたは三戸町に来てなにを感じるのでしょう? 青森県の南、岩手県と県境を接する三戸町は四方を山に囲まれ、山々の間を川が流れる美しい町です。 冬の寒さは厳しく"北国"のイメージを裏切ることはありません。 でも、雪は我慢できる程度。 夏の暑さもまた厳しく"北国"という響きは裏切られます。 でも、寝苦しい夜は数えるほど。 春と秋の美しさは、ここに住むことの幸せを教えてくれます。 快い田舎暮らしにピッタリの町、のはず。。 それでも日本中の多くの田舎と同じように、残念ながら三戸町に住む人は減り続けています。 実は、ひとつ気づいていることがあります。 それは、この町にはまだやれることがたくさん残っている、ということ。 「なんでもある」ってそういうことなのかもしれません。 もしかしたら「なんでもある」町 "さんのへ" におんでなさい。 おんでにゃさい.. 田舎とつながろう!! - 三戸町とつながる2つの方法 - 田舎暮らしをはじめる前に、まずは田舎とつながってみませんか?こんなご提案をするのには理由があります。 田舎暮らしをしよう!と考えても、実際に暮らしてみなければその土地のことなど、なかなかわかるものではありません。 日本中には数多の田舎があって、そのなかからご自身に合う「田舎」を見つけるのは簡単ではありません。 そこで、まずは小さなつながりを作っていただき、三戸町の人のこと、三戸町のことを知るきっかけを作ってほしい。 あなたにとって三戸町が折に触れ気になる存在になれたら..。 そして、小さなつながりを持った結果、三戸町があなたにとっての相性の良い「田舎」だと感じていただけたら...。 そんな思いで「田舎とつながる」ご提案をさせていただきました。 本サイトでは三戸町という田舎とつながる2つの方法をご用意しました。

次の

かおん|ホットペッパービューティー

い おん も ば いる

上:ハルジオン(花弁の幅が細い) 下:(花弁の幅が太い) ハルジオンとヒメジョオンは、花がよく似ていて混同してしまうことがある。 花びらの幅の違いで見分ければ直ぐに解る。 1㎜以下の細い花びらがハルジオンで 約1. 5㎜で幅が広いのがヒメジョオン。 花びらの幅で見分けるのが一番解りやすく誰にでも簡単にできる方法。 標準的には、ヒメジョオンの方が背が高く、花は小さくて数が多く、根本がすっきりしている。 これに対して、ハルジオンは背は低く、花は大きくて少なく、根本に葉がある。 また、ハルジオンのは下を向いて項垂れているような特徴がある。 従って、しっかりと比べて見れば、はっきりと見分けがつく。 分かりにくい場合は、を折ってみるとよい。 ヒメジョオンの茎には空洞がないが、ハルジオンの茎には真ん中に空洞がある。 葉の付き方も違い、ヒメジョオンの葉は茎を抱かないが、ハルジオンは茎を抱くように付く。 最近では、で花をで撮影する人が増え、花だけを拡大して写すことがよくある。 そのような花だけの写真では、この両者の区別がとても難しい。 標準的な花では、ハルジオンはヒメジョオンより花が一回り大きく、の数も多いので、見分けられるが、判断が難しい場合もある。 なお、ハルジオンとヒメジョオン以外にも、近縁のものがあるので、注意が必要。 また、花弁の白い部分がやや紫がかる個体が見られることもあるが、これは清浄な空気の中で育った時にできるものである。 生態 [ ] 牧草地や畑、道端など窒素分の多い場所を好んで生育する。 花の時期は4-6月頃で、ヒメジョオンの6-10月頃よりも早い。 利用 [ ] 葉、茎、新芽や若芽、蕾など大半が可食部位となる。 野草と同じように天ぷら、お浸しなどにして食べることが出来る。 のような苦みとアクの強さが特徴。 外来種問題 [ ] 日本では1920年代に観賞用として持ち込まれた。 1980年代には除草剤に耐性のある個体が出現し、を中心に全国へ分布が拡大した。 農作物や牧草の生育を妨害するため、厄介な雑草として扱われている。 さらに、在来の植物と競合し駆逐する恐れがある。 によりに指定されている。 また、では本種をに選定している。 名前の由来 [ ] 「ハルジオン」をに直すと「春紫 苑」となる。 「に咲く、キク科の(紫 苑)」という意味。 また、標準は ハルジオンであるが、同類のと混同して、 ハルジョオンと呼ぶ間違いが見られる。 見た目が非常に似ている上に、名前も紛らわしい。 同じように、「ヒメジョオン」を「ヒメジオン」と呼ぶ間違いも見られる。 脚注 [ ] []• 2018年4月23日閲覧。 侵入生物データベース. 国立環境研究所 2009年7月23日. 2016年2月23日閲覧。 参考文献 [ ]• 林弥栄『日本の野草』〈山溪カラー名鑑〉、2009年10月。 関連項目 [ ] で 「 ハルジオン」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの コモンズで() ウィキデータの ウィキスピーシーズの• 『』 - の楽曲。 『』 - の楽曲。 外部リンク [ ]•

次の