血液 を サラサラ に する 薬。 [120] 循環器病の治療薬...特徴と注意点

血液サラサラする薬の副作用は?

血液 を サラサラ に する 薬

<注意> 血行を促進する作用が強いので妊婦、出血傾向、高熱急性症の場合は使用しない。 服用方法などあなたに最適な使用方法を薬剤師が相談に応じます、ご相談の上服用してください。 汚れてドロドロになった血液をサラサラにして、流れをスムーズにするという意味です。 「活血」とは文字通り、血液を活き活きさせること、血行を促進し体のすみずみにまで酸素や栄養を運び老廃物を取り除くという、血液本来の機能を取り戻す事をいいます。 2004年5月2日 Yomiuri Weeklyより抜粋 漢方生薬「丹参」に活性酸素除去作用があった 1990年に日本で一般薬として承認を受けた丹参製剤「冠元顆粒」についての抗活性酸素研究発表。 ヒトの細胞を用いた老化抑制研究で証明 漢方生薬「丹参」に活性酸素除去作用があった 重大な老化原因とされる活性酸素・フリーラジカル。 漢方薬で活性酸素を抑制する素材は無いか・・・・。 和漢薬研究者で老化抑制に取り組んでいる横澤隆子助教授(富山医科大学和漢薬研究所)が、「丹参」にすぐれた活性酸素の除去作用を見出し、この春に開かれた日本薬学会で発表して注目を集めた。 日本人の平均寿命は世界一、男性は78歳、女性は85歳に達した。 しかし、死ぬ間際までまっとうに健康を保てる人はどれだけいるのだろうか。 健康な長寿、それは長い老後のQOL(生活の質)を高めてくれる。 企業にとっても中年社員が元気でいることは経営の負担を軽減させるメリットとなる。 もちろん社会にとっても・・・。 老化の加速にブレーキは活性酸素の抑制がカギ その有効な対策は、各臓腑の機能を維持することである。 元気な長寿者は一様に、体の諸機能が全体的にゆるゆると老いている。 高血圧、脳梗塞、糖尿病、がんなど、何かが悪化すると、それが原因となって他の機能の老化を早めてしまう。 「老化」を病気としてとらえ、その兆候や原因を早めに見つけて対処する「抗加齢医学」も日本で広まってきている。 老化にはさまざまな原因説があるが、共通して悪影響を与える原因として活性酸素が上げられている。 活性酸素を抑制することは、老化抑制につながり、健康長寿に近づくのだ。 活性酸素とは何か?殺菌消毒作用を持ちヒトが生きるためになくてはならない物質だ、ところが正常な細胞を傷つけたり酸化させる働きを併せ持つ。 膝をすりむいて保健室でオキシフルを塗ってもらった経験をお持ちの方も多いと思う。 このオキシフルは活性酸素の一種、過酸化水素のことである。 ところがそこはよくしたもので体内には、活性酸素を除去する働きをもつスーパーオキシドディスムターゼ(SOD)という酵素がありヒトは健康を保っている。 しかしながら大気汚染や紫外線、タバコ、化学物質、脂肪分、ストレスなどの原因で、体内に活性酸素が多量に発生したりSODの活性が弱くて活性酸素の除去作用が低下すると、いわゆる「カラダのサビ」が進み、病気になったり、老化を早めたりする。 富山医薬大学の和漢薬研究所は、日本における和漢薬研究の中枢研究機関として知られる。 同研究所で、老化予防と漢方薬をテーマに研究を続けてこられ、この分野で先に厚労省の長寿医療研究グループに参加された横澤助教授が、この3月末に大阪で開催された日本薬学会において、注目を集める研究を発表した。 それは、中国製の活血化オ薬、丹参製剤(冠元顆粒)に、実験用に培養したヒト細胞の中でも老化の研究用いられる代表的な細胞であるヒト線維芽細胞において活性酸素抑制作用がどのように生じるかを検証した研究である。 今回用いた丹参製剤は6種類の生薬をよって構成されているが、その主薬は「丹参」という。 日本では馴染みが薄いが、中国では数多くの処方に用いられている信頼度の高い生薬である。 中国で国家プロジェクトとして循環障害対策の処方開発研究から生まれ、狭心症治療の漢方注射薬を元に、飲み薬として開発された生薬製剤である。 活性酸素を抑える丹参に抗老作用が 横澤先生は日本において、この丹参製剤が開発される前から丹参に着目して既に20年間研究を続けてこられ、これまでに発表論文が60編ほどに達している。 「老化は活性酸素によって加速されるんだと考えます。 そうであれば活性酸素に対して作用が見られる丹参は老化を遅らせる力を持っているのではないかというのが発端です。 昨年はSAMという病的に老化が進行する老化促進マウスを用いて丹参製剤のそのような作用を明らかにしました。 この論文は、世界的に著名な老化研究者である、米国テキサス大学のユー教授から認めていただきました。 そこで、次に実際の人間の老化過程に非常に似ている細胞で試したらどうなのかと、ヒト線維芽細胞を用いたのが今回の研究です。 」 ヒト線維芽細胞をシャーレーで培養する。 その一部をいろいろな濃度の丹参製剤の溶液に分けて培養する。 次に溶液で培養しなかった群も含めてすべて、老化促進物質である過酸化水素の溶液で培養し、その後それぞれの死亡数や生存日数、各種数値を計測する。 対象群として何の処理も施さずそのまま培養した細胞も計測して比較する。 その結果、「丹参製剤には、活性酸素の? フリーラジカルを消去する強力な作用があったというのが結論です」と言い切る。 「フリーラジカルが関係している疾患はたいへん多いですね。 糖尿病、高血圧、動脈硬化、腎疾患などの生活習慣病などがあるわけですが、丹参が持つ腎臓に対する作用というのは非常に強力です。 丹参は血流を流れやすくしているわけです。 」 これまでの研究で、同様の効果があると見られる15種類の生薬も実験してきたが、血液をサラサラにする活血化オ薬の紅花を比べてみても、その効果には格段の差があるという。 一方、丹参単独よりも丹参製剤として用いたほうが効果が良いそうだ。 また、前もって丹参製剤を添加しておいたグループは、寿命、生存日数が伸び、活性酸素の生産も大幅に抑える作用が顕著だった。 あらかじめ用いると特に有効度が高い結果だった。 血行不良の方は、脳梗塞やエコノミークラス症候群に なりやすい! こんな自覚症状があったら、 瘀血のサイン。 思い当たる項目をチェックして、 瘀血度を自己診断してみましょう。 点数が高いほどあなたの瘀血は進んでいます。 大事になる前に改善に努めてください。

次の

[120] 循環器病の治療薬...特徴と注意点

血液 を サラサラ に する 薬

動脈血栓症と静脈血栓症 血栓は 動脈血栓と 静脈血栓に分けられます。 どちらも血が固まる状態ですが、全く異なる病態です。 動脈血栓には血小板が、静脈血栓には血液凝固因子が関係します。 動脈血栓症 動脈血栓は、血小板が主体の 血小板血栓です。 その名の通り動脈にできる血栓です。 血流が活発で、高圧、高速な状態のところに生じます。 血流が速いと血小板が活性化されやすいためです。 高血圧や 高脂血症、 糖尿病などによって動脈硬化が関係します。 また、 脱水などによって、血液の粘性が高くなることも原因になります。 動脈血栓症には 狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などがあります。 動脈血栓症の治療 血小板血栓が主体なので、抗血小板薬が主に使用されます。 抗血小板薬には、 バイアスピリンや プラビックス、 プレタール、 パナルジンなどがあります。 静脈血栓症 静脈血栓はフィブリンと赤血球が主体です。 血流が緩やかな静脈にできる血栓です。 血液凝固阻止因子の低下や血流が停滞すること(うっ滞)などが原因となります。 静脈血栓症には、 深部静脈血栓症、肺梗塞などがあります。 静脈血栓症の治療 静脈血栓には血液凝固因子が関係しているので、抗凝固薬が使用されます。 抗凝固薬には、 ワーファリン、 リクシアナなどがあります。 人工弁置換術後と心房細動は例外 心臓の弁置換手術後や心房細動による血栓も動脈血栓ですが、他の動脈血栓とは違います。 この場合は、肺静脈から血液を受ける左心房と弁周囲で血栓が生じます。 血流の乱れによって起こる血栓のため、 血小板血栓ではありません。 そのため、静脈血栓と同じくワーファリンなどの 抗凝固薬が使用されます。 まとめ ・いわゆる血液をサラサラにする薬には抗血小板薬と抗凝固薬があります。 ・血栓症には動脈血栓症と静脈血栓症があります。 ・動脈血栓は、血流が活発で、高圧、高速な状態のところに生じます。 ・動脈血栓症は、血小板血栓が主体なので、抗血小板薬が主に使用されます。 ・静脈血栓は、血流が緩やかな静脈にできる血栓です。 ・静脈血栓には血液凝固因子が関係しているので、抗凝固薬が使用されます。 ・心臓の弁置換手術後や心房細動による血栓には、静脈血栓と同じくワーファリンなどの抗凝固薬が使用されます。 参考資料:血栓止血誌 20(5):481~483, 2009.

次の

血液サラサラかドロドロかは、血液検査でわかりますか?

血液 を サラサラ に する 薬

血圧 【 基準値:上の血圧(収縮期血圧) 120mmHg 下の血圧(拡張期血圧):80mmHg 】 血圧とは、心臓から血液が全身に送り出される時に血管にかかる圧力のことで、基準値以上の状態が続く状態を 高血圧と言います。 血液がドロドロだと、当然に血液が流れにくいので高い圧力をかける必要がでてくるので高血圧になります。 ちなみに、高血圧の診断基準は、収縮期血圧:140mmHg以上、拡張期血圧:90mmHg以上となります。 「多血症」の場合で、赤血球数が増えすぎると、赤血球が変形しにくくなり、毛細血管を通過出来なくなると、血液ドロドロの状態と言えます。 普段、白血球は、数が少ないので血液ドロドロに影響しませんが、体内に異物が入り、白血球が、活性化して数が増えてしまうと、粘着性をもち、血管壁にくっつきやすくなったり、白血球同士でもくっつきやすくなり、血液の流れが悪くなり、血液がドロドロ状態と言えます。 基準値以下で、「鉄欠乏症貧血」と診断され、基準値以上なら、赤血球数が多いことで、多血症の可能性があり、赤血球が変形しにくくなり、毛細血管を通過出来なくなると、血液ドロドロの状態と言えます。 総コレステロールの「総」とは、体に良い働きをする HDL-コレステロール(善玉)と体に悪い働きをする LDL-コレステロール(悪玉)の合計した値で出しています。 そのため、 総コレステロールの値が基準値以上の時は、善玉コレステロールと悪玉コレステロールのどちらが増えているかを確認する必要があります。 善玉コレステロールのみ増えていれば、良いですが、悪玉コレステロールが増えているようであれば、血液ドロドロの傾向ありですので注意が必要です。 HDL-コレステロール(善玉)は、余分なコレステロールを回収し、動脈硬化を予防してくれます。 HDLコレステロール値が基準値以下なら、血管にコレステロールが付着しやすい状態であると考えられ、血管と血液の状態が悪くなっていることを意味し、血液がドロドロしていると考えられます。 LDL-コレステロール(悪玉)が基準値以上なら、血管の中を流れている血液に大量のLDLコレステロールが含まれていることになり、血液ドロドロの状態で、 血管が破れやすかったり、詰まったやすかったりしていて大変に危険と言えます。 血液中の中性脂肪値が高くなると、善玉のHDLコレステロールを減らして、LDLコレステロールを増やしてしまうため、血栓ができやすくなったりして、血液はドロドロとなります。 ブドウ糖は、脳や赤血球や腎臓の髄質、一部の筋肉を正常に動かすために使われていますが、脳のエネルギー源・栄養素として使えるのはブドウ糖だけです。 ブドウ糖は脳の活動を維持するのに重要な、唯一のエネルギー源・栄養素です。 血糖値の調整は、 インスリン(血糖値を下げる)と グルカゴン(血糖値を上げる)という2つのホルモンによって行われています。 血糖値が高いと、赤血球は変形しにくく、赤血球同士もくっつきやすくなり、さらには、白血球、血小板などにも影響を及ぼし、血液を流れにくくするので、血液ドロドロの状態になってしまいます。 尿素窒素やクレアチニンは、腎臓でろ加されて尿として排出されますが、血液中に多く残っているということは、腎臓の機能が十分に働いていないということになります。 血液中にこれらの老廃物が多く残ると、血中の水分割合が減るので、血球同士がぶつかりやすく、くっつきやすくなるので血液が流れにくくなり、血液ドロドロの状態になります。 タイプ別の血液サラサラのサプリメント.

次の