料金 引っ越し。 引越し費用相場が安い時期と高いシーズンは何月?賃貸契約にも最適なタイミングはいつか

引っ越し時の家をまるごとハウスクリーニングする時の料金相場を比較!在宅と空室どっちがお得?

料金 引っ越し

ジャーナリスト/株式会社タンクフル 代表取締役 日本の引越し市場において、最も件数が多いのが「単身・一人暮らし」の引越しです。 進学や就職、転勤や単身赴任といった外部要因による引越しをはじめ、「もっと通勤を便利にしたい」「給料が良くなったので、より質の高い住居に住みたい」「恋人と一緒に暮らしたい」といった自発的な引越しまで、その理由もさまざま。 単身・一人暮らしの人は、生活環境を変えることに対するハードルが低いため、転居そのものが容易なのです。 その結果、各引越し業者も単身者・一人暮らしの引越しには、非常に力を入れている状況となっています。 多くの引越し業者が荷物の量を一定量に限定する単身用の格安プランを用意しているほか、テレビCMも単身向けものを中心の放映。 激しい顧客獲得競争を繰り広げています。 競争が激しい市場環境では、価格を安く抑えることで他社との差別化を図るのが普通です。 荷物量が少ないため、もともと引越し料金が安く、画一的になりやすい単身・一人暮らしの引越しですが、複数の引越し業者の見積もりを比較することで、引越し料金を節約できる可能性は高まるでしょう。 実際の引越し料金は個別条件によって異なります。 上のグラフと表は、「ズバット 引越し比較」ユーザーのアンケートをもとに割り出した、「単身・一人暮らし」タイプの引越しの、「月別 引越し料金相場と引越し件数の推移」「時期・距離別 引越し料金相場」です。 「月別 引越し料金相場と引越し件数の推移」のグラフで、特に注目したいのが3月の引越し件数の多さ。 他の月に比べて3倍近い数が集中しており、それに合わせて平均引越し料金も50,000円台後半まで高騰しています。 また、3月に次いで引越し件数の多い4月の引越し料金も50,000円前後と高めの金額になっています。 一方、「通常期」と呼ばれる5~2月の平均引越し料金は40,000円前後で推移しました。 続いて、「時期・距離別 引越し料金相場」の表を見てみましょう。 移動距離が50km未満の同一もしくは近隣の市町村・都道府県などに転居する場合の平均引越し料金は、どの時期でも30,000円前後であることがわかります。 移動距離が50~200kmの引越しは40,000円台が相場。 こちらは他地方への引越しが想定されます。 移動距離200km以上の遠隔地への引越しでは、60,000円以上のお金が必要になることも覚悟しておいたほうがよさそうです。 ただし、時期・距離による平均引越し料金の変動幅は最大でも70,000円程度に収まっています。 これは他のタイプに比べて非常に小さな幅。 単身・一人暮らしの人は荷物の量やオプション作業の有無が画一的になりがちなので、案件ごとに引越し料金の差は生まれにくいのでしょう。 新生活&住み替えの理由別 引越し料金相場と引越し件数(単身・一人暮らしタイプ) 上に掲載したのは、「ズバット 引越し比較」のユーザーアンケートから算出した「単身・一人暮らし」タイプの「新生活・住替えの理由別 引越し料金相場と引越し件数」のグラフです。 単身・一人暮らしの人が引越しをする理由は、「進学・就職」「転勤・転職」といった外部要因が大きな割合を占めるのが特徴。 それぞれ全体の10%、30%を占めており、実に4割が他者に転居を強いられた結果としての引越しなのです。 平均引越し料金は「進学・就職」で52,387円、「転勤・転職」で62,183円。 これらの理由による引越しは、繁忙期に集中しがちなほか、移動距離も長くなりやすいので、引越し料金も高くなります。 平均引越し料金はそれぞれ34,504円、39,450円となっています。 これらを理由とする引越しは、時期を自分で選ぶことができる上に、生活のベースとなる場所に大きな変動がないケースがほとんど。 そのため、引越し料金が安く抑えられています。 徹底的な見積もり比較が、「単身・一人暮らし」の引越しを格安にする秘訣 引越しマーケットの半数以上を占める「単身・一人暮らし」の引越し。 引越し業者にとっては非常に魅力的な市場です。 しかし、引越し料金自体は、単身用の格安プランの存在や、荷物の少なさから、一定レベルで下げ止まりしてしまっているという一面も。 一方で、3月に引越し件数・料金ともに跳ね上がるなど、シーズン要素には強い影響を受けることがわかりました。 このような状況で引越し料金をより安く抑えたいと考えるなら、引越し業者の選定がとても重要になってきます。 「似たような価格帯の単身用プランでも、相見積もりを取って比較する」「候補となる引越し業者を増やし、最安値の業者を探し出す」といった工夫をすることで、引越し業者同士に競争が生まれ、より安い金額で引越しが実現する可能性があります。

次の

引っ越し料金はどう支払う?現金? クレジット? QRコード決済?

料金 引っ越し

引っ越し費用をできるだけ安く抑えたいと思うのが当然のことです。 近場の引っ越しだとそれほど料金は高くならないだろうと油断していると、見積もり額を見てびっくり!ということも考えられます。 近場へ引っ越しをする際には引っ越し料金の相場を知ることが重要です。 引っ越しの基本料金はどうやって決まるの? 引っ越しにかかる費用は、基本料金に関しては国土交通省の引っ越し約款と呼ばれる法律によって定められています。 この法律によると、引っ越しに使うトラックの大きさ、作業員の人数、引っ越しにかかる距離によって値段が決まっていきます。 近場での引っ越しの場合は、距離による加算がすくないので長距離の引っ越しよりは安くすむことが多いでしょう。 しかし荷物の量や、エレベーターがあるかどうか、何階に住んでいるのか?などの項目によって追加料金が発生することもあります。 近場への引っ越し費用の相場とは? 近場に引っ越しをする際の費用の相場は、軽トラック〜2トントラックで荷物が入る場合には作業員は1〜2名でOKですので、基本料金は2〜4万円程度と言われています。 2トントラック〜3トントラックの荷物量の場合には、作業員が2〜4人、基本料金は4〜5万円、さらに3トントラック〜4トントラックの場合、作業員は4面以上、基本料金は5〜8万円でしょう。 この基本料金にプラスして、距離料金が追加されていきます。 2トントラックまでならば20キロ増えるごとに5000円前後の追加で大丈夫なのですが、3〜4トンとトラックを利用する場合には、20キロごとの追加料金も1万円前後はかかってしまうと言われています。 つまり近場で合っても、大きいトラックを使用するとその分ガソリン代も必要になってきますので、できるだけ引っ越しを安くすませたいのであれば、荷物の量を極力減らすことが重要になってくるでしょう。 この引っ越し費用料金にプラスして各社色々なプランを追加してきます。 例えば、梱包に使う材料やダンボール費用、さらにはエレベーターがあるかないか、何階に住んでいるのか?さらにエアコンの取り外しや、ウォシュレットトイレの取り外しなどの工事料金がかかる場合もあるでしょう。 また以下の相場よりも安く費用を済ませるには、引越し見積もりを複数業者に依頼することで以下の相場よりグッと値下げできます。 オフシーズン(5月〜2月)の引越し料金の相場 オフシーズンの引越し料金は、繁忙期と比べてやはり費用は安くなります。 また以下の相場よりも安く費用を済ませるには、引越し見積もりを複数業者に依頼することで以下の相場よりグッと値下げできます。 また以下の相場よりも安く費用を済ませるには、引越し見積もりを複数業者に依頼することで以下の相場よりグッと値下げできます。 例えば5万円の引っ越し費用であっても、ハイシーズンに引っ越しするだけで15万円もかかってしまうのです。 またハイシーズンは人手がたりませので、派遣社員やアルバイトなどを雇って引っ越し作業を行う業者がほとんどです。 つまりいつもの対応よりも悪くなってしまうことが多いのです。 慣れていないアルバイトの作業員が引っ越し作業を手伝うのではそれは仕方がありませんね。 しかし大切な家具や家電、荷物などに何かあったら取り返しがつきません。 引っ越しのハイシーズンを避けられるのでしたが、できるだけ引っ越し業者が暇な時期に引っ越しを行うのが理想的でしょう。 また引っ越し業者の中には、自分で荷物詰めを行ったり、当日の作業を手伝ったりすることで料金を安くしてくれる場合もありますので、見積もりを取る際に提案してみるのもよいかもしれませんね。 近距離が得意な引っ越し業者を見つけよう 近場へ引っ越しをする際には、まず近距離の引っ越しが得意な業者を見つけるのがよいでしょう。 引っ越し業者によっては遠距離が得意なところと近距離が得意なところがありますので、近場に慣れている引っ越し業者を探すとよいでしょう。 探し方の方法としてはインターネットなどの口コミを見たり、満足度ランキングなどをチェックしたりすると、実際に引っ越し業者を利用したユーザーからの生の声や評価を見ることができます。 また近所などで実際に利用したことがある人がいれば、その人に聞いてみるのもよいですね。 また近距離が得意な引っ越し業者を選定したら、複数の業者に見積もりを頼みましょう。 見積もりはとればとるほど安くなるといわれています。 2〜3社しかとらない人がいますが、これは非常にもったいないです。 最低でも6〜7社の見積もりは欲しいですね。

次の

引越し費用の相場と総額料金の目安

料金 引っ越し

できれば炎天下のなかでの引っ越し作業は避けたいもの。 暑さが敬遠されるためか、一般に8月は引っ越し依頼が混み合う時期ではありません。 ところが、8月は、月半ばにお盆休みがあります。 このお盆休み期間中に引っ越ししたいと考える方も少なくありません。 引っ越し見積もり料金は、引っ越しの依頼が集中するほど高くなる傾向があります。 そのため、真夏だから安いだろうと思って見積もりを依頼すると、引っ越しする日時によっては、想像以上に高額な見積もりが返ってくることもあります。 見積もり料金相場を知らないことには、提示された値段が高いかどうかさえ分からないもの。 まずは8月の引っ越し見積もり料金相場を確認しておきましょう。 以下は、月別の引越し料金を、単身者・家族ごとに表にしたものです。 単身者の引っ越し見積もり料金は、荷物が少ない・多いに関わらず、8月が12カ月のうち2番目に安いです。 最も高い3月と比べると、荷物が少ない単身者で12,422円、荷物が多い単身者で29,196円も安くなります。 ところが、家族の引越しとなると、ずいぶん様子が違うようです。 8月の引っ越し見積もり料金は、 3人家族では1月に次ぐ2番目の安さとなっていますが、 2人家族では6番目に高く、4人家族では4番目に高くなっています。 8月の引っ越し見積もり料金は、単身者および3人家族では比較的安く、2人家族では標準的、4人家族になると高くなるという具合に、家族の人数によって複雑に変動しているわけです。 お盆休みを利用して引っ越しする方が多く、引っ越しの依頼が集中することで見積もり料金が高くなっていることが理由の一つとして考えられます。 8月というと、1年で最も暑い時期であり、お盆という特別な行事がある時期でもあります。 8月ならではの引越しの注意点について解説します。 エアコン設置にかかるオプション料金をお忘れなく 8月というと、夏真っ盛り。 新居では引越ししたその日からエアコンを利用したいと考えている方も多いはずです。 そんな8月の引越しで忘れがちなのが、エアコンの設置にかかる値段。 旧居で購入したエアコンを新居に輸送・設置する場合は、オプション料金がかかるのが一般的です。 エアコンの取り付けや取りはずしを依頼する場合、工事にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。 8月の引越しをお考えなら、見積もり提示額が思わぬ値段となって驚くことがないよう、設置費用の相場についても押さえておきたいところです。 例えば、アリさんマークの引越社に取りはずし、取り付けを依頼する場合、値段は9,720~11,880円です(北海道や営業エリア外を除く)。 エリアによって大きく変動するため、事前に確認しておくとよいでしょう。 ただし、これはあくまで基本的な工事作業の値段です。 部材の交換や配管の延長が必要な場合だけでなく、室外機の設置場所が床置き型でない場合、冷房能力が4. 1kW以上の場合など、別途料金が発生することがあります。 引越し後になって想定外の追加料金が発生することを避けるためにも、きちんと下調べしておくことが大切です。 また、場合によっては、新居に移ってからエアコンを買い替えたほうが安くなるケースもあります。 エアコンの購入時期やコンディションなども考えあわせて判断するのがおすすめです。 エアコンの取りはずし、取り付け工事だけを依頼 引越し作業とは別に、エアコンの取りはずし、取り付け工事だけを依頼することもできます。 この値段にはエアコンの運搬費が含まれていないため、エアコン本体は引越しの荷物と一緒に輸送する必要があります。 その場合、引越し作業に支障が出ないよう、スケジュールをきちんと管理しておきましょう。 また、エアコンの設置と引越し作業を異なる業者が行う場合、トラブルが起きても補償の対象外となることがあるので注意が必要です。 お盆の引越しは縁起が悪い? 8月半ばのお盆休みを使って引越しを考えている方も多いと思います。 ところが、お盆に引越しをするのは縁起がよくないと言われているのをご存じでしょうか。 祝いごとである引越しはお盆にふさわしくない ・お盆というと、亡くなったご先祖様たちをおむかえする時期ですから、祝いごとは避けるべきと考えられてきました。 引っ越しが祝い事という印象は薄いかもしれませんが、引越しには「よりよい場所へ移動する」という意味合いがあります。 そのため、祝いごととして捉える風習があり、お盆時期に行うのは不謹慎だと言われているのです。 夏土用は引越しに適さないとされる 7月末から8月初旬にかけては「夏土用」と呼ばれ、土の力が盛んになる時期とされます。 この時期に土を掘ったり、引越ししたりすると、土を司る神様である土公神(どくじん)の怒りを買うと言われています。 厳密に言うと、お盆は夏土用とは重なりません。 しかし、時期的に近いため、タブーと考えられるようになったようです。 とはいえ、こうした言い伝えにどのくらい従うかは人それぞれです。 お盆休みは8月のなかでは貴重な、まとまった休日です。 こういった話は参考までに、自分の判断で休日を活用してください。

次の