どんなときもwi-fi 通信制限。 どんなときもWiFiの使いすぎによる通信速度制限についてサポートに確認してみた

どんなときもWi

どんなときもwi-fi 通信制限

項目別オススメWiFi• ただし、 どんなときもWiFiは3年目以降、料金が500円Upして3,980円になります。 2年限定で使うなら良いですが、そのあとは他社への乗り換えを検討した方が良いかと。 一方、 限界突破は3年目以降も料金変わらずです。 『2年間の総額』でも見てみましょう。 また、どんなときもWiFiの方は3年目以降500円Upするため、長い目でみても限界突破WiFiの方が安いです。 そして、 補償内容もどんなときもWiFiの方が良いでしょう。 どんなときもWiFiでは、故障の場合は新品と 交換、水没・全損の場合は中古品Aランクと 交換です。 交換だと修理中使えない…!といったことがないので良いですよね。 限界突破WiFiは「交換」の文字がなかったので、修理中はWiFiが使えない状態になるのではと思います。 とはいえ水没させたり故障させてしまうことはなかなかありません。 補償内容まではあまり気にしなくて良いのかも?しれません。 月額料金の差と補償オプションの差で相殺されましたね。 2年間限定で使う&補償オプションを付ける方は、料金以外の比較結果を重視した方が良さそうです。 ただしこれはどこの無制限WiFiでも同じ。 完全なる無制限のポケットWiFiはありませんのでご注意ください。 とはいえ明確な基準が無いのでなんとも言えませんけどね。 というわけで制限される可能性はあるため、 「制限時の速度」にも注目すべき。 どんなときもWiFiの制限時速度は 384kbps。 384kbpsだと軽い通信(LINE、Twitter等)なら問題ないと思いますよ。 限界突破WiFiは制限時の速度の記載が見つかりませんでした。 128kbpsとかだったら使い物になりません… 記載していただきたいですね…! というわけで 通信制限の点では、 どんなときもWiFiがオススメです。 (とはいえ、通信制限をするのはキャリア側。 どんなときもWiFiと同様384kbpsではと思いますけどね。 どんなときもWiFiの端末はスタイリッシュで良いですが、 限界突破WiFiの端末は 液晶付き。 スマホがなくても この端末だけでも地図や翻訳アプリ等を使用することができます。 また 接続可能台数は、 どんなときもWiFiが 5台、 限界突破WiFiは 8台。 多くの機器を接続したい方は限界突破WiFiの方が良いでしょう。 見た目の好みは別れるかと思いますが、 端末の機能面から考えると限界突破WiFiの方が良いでしょう。 どんなときもWiFiは利用可能国を 2つのエリアに分けていて料金も2パターンでわかりやすい。 一方、 限界突破WiFiは 国ごとに異なる&使える容量ごとに料金が異なります。 使える日数が異なるため、単純には比較できません。 海外での使い方によってどちらを選ぶかが変わってきます。 例えば、 LINEやTwitterで文字のやりとりをする程度であれば通信容量は少なめなので、 限界突破WiFiが安くて良いでしょう。 しかしながら 限界突破WiFiは 更新月が3ヶ月あるのが特徴的。 めずらしいですね。 他社だと更新月は1ヶ月間のみというところが多く、解約したかったのに更新月がいつの間にか過ぎてた…!といったこともよくあります。 その点限界突破WiFiは3ヶ月あるため、2年で解約したい場合、 更新月を逃さず解約金を払わずに解約できるでしょう。 また、 3年目以降の解約費用が5,000円とかなりお安いのもいいですね。 こういった点を考慮すると、 解約に関しては 限界突破WiFiの方が良いでしょう。 明らかにこっちがいい!といえる比較項目はあまりありませんでしたが、 大きく差があるのは料金と解約についてです。 (補償オプションをつけても120円安い。 ) さらに、 3年目以降も限界突破WiFiの方が安いです。 (どんなときもWiFiの料金が、3年目以降500円Upの3,980円になってしまうため。 さらにもしその更新月を超えてしまっても、解約費用は5,000円で済みます。 5,000円はかなり良心的ですよね。 と、いうわけで 料金と解約を重視するなら限界突破WiFiをおすすめします。

次の

どんなときもWiFi通信制限で384Kbps?完全無制限で利用する方法は? | どんなときもWiFiキャンペーン

どんなときもwi-fi 通信制限

このメールは、 4月のデータ通信量が特に多い利用者だけに着た• データ通信量が過去と比べて著しく増加傾向にある。 回線増強に努めているが追い付いていない状況(特に4月が顕著)• 当メールを送っている利用者は、データ通信容量に制限をかけざるを得ない事態である• 4月16日午前9時より、 順次、補償プランを実施• 補償プランの内容は 月間上限25GBまで(無制限でなくなる)• 2020年5月より次回更新月まで月額利用料金が無料。 当月(4月)分については、日割分を返金• 追加のインターネットサービスを利用した場合、上限1万円まで補償• 上記プランに同意できない場合は、違約金免除 こんな感じ。 2020年4月1日から2020年6月30日までに契約開始し た代替サービス• 2020年4月1日以降に発生した携帯電話のパケット追加料金 とのこと。 申請期限は2021年3月31日までとなっています。 補償プランへ移行しない人は、解約違約金免除 補償プランへの移行を希望されない人は、契約解除にか かる違約金が免除となり、解約を受付けることができるとのこと。 これは通信障害に苦しめられた利用者にとっては最高ですな。 メールが着ていない人はそのまま? このメールはどんなときもWiFiのヘビーユーザーに対して送られたものなので、 そもそも大容量通信をしていないユーザーはこの補償プランは適応されないのかも? また補償プランが変更することもありそうだ ただし、通信障害が起きた時にも補償内容が二転三転したことから、 個人的には正直「また補償プランの変更とかありそうだな」と思ってしまいます…。 ライトユーザーとの契約内容が違うってのも、なんかまた炎上しそうだし…。 ポケットWiFi乗り換えるならWiMAX。 固定回線(光回線)にするならキャンペーン狙い 今後のリスクも考えた上で、 もし「もう、どんなときもWiFiはイヤじゃ!!!」と思った人は、ポケットWiFi乗り換えか固定回線にした方が良いかも。 以下からは、個人的におすすめのポケットWiFiと光回線をご紹介します。 ポケットWiFi:BroadWiMAX 月額料金は2,726円(税抜 ~利用可能と格安。 BroadWiMAXは使い放題のギガ放題プランを求めやすい価格で提供しているので、長く使いたい方にもオススメの商品となっています。 ・家でも外でもインターネットをしたい方 ・ケイタイの通信費用を抑えたい方 ・Wi-Fi環境でインターネットをしたい方 ・出張や転勤が多い方 そんな人に向いています。 また、 他社からBroadWiMAXへ乗り換える際の違約金も負担してくれるので、詳しくは公式サイトでチェックしてみてくださいな。 auひかり auひかりはKDDIが提供する光ファイバーインターネット回線。 大きな特徴としてはauスマートフォンとの連携サービスである「スマートバリュー」があり、 auひかりのネットと電話をセット利用すると最大2年間、auスマホ1回線につき最大2,000円の割引があります。 家族でauスマホを利用している場合などは、割引が額大きくなりお得です。 また、 高額キャッシュバックや大幅割引など様々な特典を実施中!• 下り最大2Gbpsの高速通信でスイスイ快適!• 全てコミコミ完全定額の4,743円 税抜 !• ソフトバンクおうち割適用で、スマホの月額料金が最大1,100円(税込)割引!• ソフトバンクのスマホとあわせれば割引できるのもありがたいですな。 また、 完全無料でポケットWiFiレンタルが可能。 NURO光が開通するまでの期間は、無料でポケットWiFiが付いてくるので、開通までの間もネット環境を維持できます。 詳しくは公式サイトをチェケラッチョしてくださいな。 まとめ やっぱり ポケットWiFi頼みだと、不安定さがあることからネット環境は頼りないですな…。 年末にPS5も買いたいしAdobeソフトも多用してるしYouTubeも撮ってるから、引越しのことは懸念材料だけどアパートで光回線引いてみるかな〜。

次の

通信し放題の完全無制限モバイルWi

どんなときもwi-fi 通信制限

比較項目 月額料金 月額3,480円 月額3,411円(25ヶ月目以降4,011円) 通信速度 150Mbps 1200Mbps 契約期間 2年 3年 電波 4G LTE WIMAX,4G LTE 速度制限 なし 完全無制限 あり 直近3日で10GB以上で18時〜3時は1Mbpsに制限) 端末の選択肢 なし あり(最新の4つの端末が全て無料) 有線接続 できない できる どんなときもWi-FiよりもWiMAXが優位のメリット どんなときもWi-FiよりWiMAXのほうが優位なのは「通信速度」と「有線LAN接続」です。 自宅の固定回線として使う場合は、WiMAXのほうが通信速度もping値もよく優位となります。 WiMAXは通信速度が速い 「WiMAX」は「どんなときもWi-Fi」よりも通信速度が速いのが特徴です。 「WiMAX」はWiMAX2+という1200Mbpsも出る高速な通信網を使っているので「どんなときもWi-Fi」よりも快適にインターネットが使えます。 「どんなときもWi-Fi」は基本的にdocomo、au、SoftBankの携帯電話の通信網を使って通信をするので専用回線のWiMAXには通信速度は負けます。 「WiMAX」は自宅の固定インターネット回線として使っても十分な性能ですが、「どんなときもWi-Fi」は通信速度があまり速いとは言えないので自宅の固定インターネット回線としては厳しいです。 WiMAXは有線LAN接続はできる 「どんなときもWi-Fi」は有線LAN接続が出来ないのでデスクトップパソコン(PC やPS4やスイッチなどのゲーム機のインターネット回線として使うのは厳しですが、 Broad WiMAXは手のひらサイズのポケットルーターでもクレードルで有線LAN接続ができますし、ホームルーターには最初から有線LANポートが2口ついているので有線LAN接続が必要な場合はWiMAXのほうがメリットがあります。 有線LAN接続するとWi-Fiよりも通信速度も速くなり、ゲームで大事なping値も小さくなるのでゲームをやる場合は有線LAN接続は必須です。 通信エリアはWiMAXもどんな時もWi-Fiも同じくらい 「WiMAX」と「どんなときもWi-Fi」は通信エリアは同じくらいです。 WiMAX: WiMAXとauの4G LTEのエリアで通信できる• WiMAXの電波があるエリアであれば「どんなときもWi-Fi」よりも高速に通信できるのでWiMAXにしかないメリットもあります。 「どんなときもWi-Fi」は月額料金が安い 「どんなときもWi-Fi」は2年契約ですが2年間ずっと月額3480円で利用できます。 WiMAXは月額料金が最安のBroad WiMAXの場合で、「24ヶ月目まで月額3411円」「25ヶ月目以降は4011円」になります。 月額料金は「WiMAX」よりも「どんなときもWi-Fi」のほうが安くメリットがあります。 期間 1〜2ヶ月目 月額3,480円 月額2,726円 3〜24ヶ月目 月額3,480円 月額3,411円 25ヶ月目以降 — 月額4,011円 「どんなときもWi-Fi」は2年契約で利用期間で月額料金は変わらないので契約月から解約付きまで月額3,480円で利用できます。 しかし、WiMAXで最安の月額料金で利用できるBroad WiMAXで比較してみても、最初の2ヶ月間は「どんなときもWi-Fi」よりも安いですが、それ以降は「どんなときもWi-Fi」よりも月額料金が高くなってしまいます。 月額料金重視で選ぶ場合は「どんなときもWi-Fi」のほうがメリットが大きいです。 「どんなときもWi-Fi」は速度制限が一切ない WiMAXにはBroad WiMAXもUQ WiMAXも含めたすべてのWiMAXで3日で10GBの速度制限があります。 しかし、「どんなときもWi-Fi」は完全無制限で使えるので3日で10GBを気にしないで思いっきりインターネットを使うことができます。 この制限は 直近3日間のデータ通信料(転送量)が10GBを超えた場合に翌日のAM18時から朝2時までの6時間の間だけ速度制限されます。 この速度制限は他のインターネットWiFiの終日月末までの速度制限の内容と比べるととても緩くなっていて大量にデータ通信をしても使いやすい回線となっています。 「どんなときもWi-Fi」は最低利用期間が2年で短い 「どんなときもWi-Fi」は契約期間(最低利用期間)が2年と短く、月額料金が月額3,480円で契約月から解約月まで一定です。 一方WiMAXはどのWiMAXプロバイダを選んでも契約期間は3年なので他の回線やWi-Fiに乗りたいと思ったときでも契約期間が残っていて乗り換えられない場合があります。 比較項目 契約期間 2年 3年 「どんなときもWi-Fi」は契約期間が短いのでWiMAXよりも自由度が高いと言えます。 契約期間(最低利用期間)未満で解約すると1万円程度の違約金がかかってしまうので短いほうがメリットがあります。 だいたい賃貸とかでも2年契約なので、それに合わせて新しいインターネットWi-Fiに乗り換えができるのでありがたいです。 どんなときもWiFiは通信速度が激遅で評判が悪い どんなときもWiFiには契約後8日間だけ無料で返却できる仕組みになっていますがどうやらその期間だけは通信速度は速いのですが、その期間を過ぎると使えないレベルまで通信速度が遅くなるようで評判はとても悪いです。 通信速度: Broad WiMAXの勝ち• 通信エリア: どちらも同じ• 月額料金: どんなときもWi-Fiの勝ち• 速度制限: どんなときもWi-Fiの勝ち• 最低利用期間: どんなときもWi-Fiの勝ち 基本的には自宅の固定回線やゲーム用のインターネット回線と使う場合はWiMAXがいいですが、それ以外であれば「どんなときもWi-Fi」のほうがメリットが多いので迷った時は「どんなときもWi-Fi」の方がおすすめです。 しかし、現在は 期間限定で初期費用無料キャンペーンとルーター端末全機種無料キャンペーンを実施していて 「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は 「Broad WiMAX」の 初期費用を無料(0円)にすることができます。 「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。 しかし、 「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば 初期費用が無料になります 初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので 確実に初期費用を無料にして申し込みができます。 から申し込み契約をしていること• クレジットカードで決済していること• この 安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円 の2つのオプションは 端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。 この2つのオプションが不要であればすぐに解約しておくことで WiMAX業界最安値の月額料金でずっと使うことができるので大幅に節約ができます。

次の