アンリミテッド ゲーム 部。 ゲーム部の中の人(声優)が全員変更で終わった?無声動画や炎上のまとめも!

ゲーム部プロジェクトとは (ゲームブプロジェクトとは) [単語記事]

アンリミテッド ゲーム 部

Sponsored Link ゲーム部プロジェクトの運営会社の「株式会社バーチャルユーチューバー」はUnlimited Inc? それでは、ゲーム部プロジェクトの運営会社についてご紹介します。 今見てみるとけっこう怪しい部分が多くて、何か会社の名前がコロコロ変わってたり、いくつか関連の企業があったりでよくわかりません。 確認できるものを一つずつ見ていきます。 2018年1月:ゲーム部プロジェクト運営会社:株式会社バーチャルユーチューバー設立。 勧誘時に怪しさMAX まず、ゲーム部が設立される前に、株式会社バーチャルユーチューバーの動きが観測されています。 これは、暴露系YouTuberのコレコレチャンネルさんの生放送で、ここあちゃんの中の人と思われる人が出ています。 ・株式会社バーチャルユーチューバー(現Unlimited Inc. =ゲーム部運営会社)からの勧誘があった ・MMD作るバイトを時給1500円で募集してたり、事務所の場所を教えてくれず、バックに大企業がいるアピールしかしない など、株式会社バーチャルユーチューバーの名前とともに、既に怪しい情報が出ています。 2018年:ゲーム部プロジェクトの運営会社が株式会社Wright Flyer Live Entertainmentと業務提携 株式会社バーチャルユーチューバーが、株式会社Wright Flyer Live Entertainmentと業務提携します。 長くてなんだかよく分からない名前ですが、グリー株式会社の100%子会社です。 株式会社Wright Flyer Live Entertainment(以下「WFLE」)は、VTuberの「ゲーム部プロジェクト」ならびに「道明寺ここあ」をプロデュース・運営する株式会社バーチャルユーチューバーとの資本業務提携契約を締結しました。 (中略) WFLEはグリー株式会社100%子会社となっており、グリー株式会社は同日、中国の最大級プラットフォームbilibiliが業務提携契約を締結を発表しています。 より引用 直接の運営会社ではないので、今回の声優さんが暴露した悪口などがあったのかはわかりません。 ここは関係ない会社かも。 ゲーム部プロジェクトの運営会社の現在:株式会社Unlimitedに社名変更 いつの間にやら、株式会社バーチャルユーチューバーという会社は見つからなくなります。 株式会社Unlimitedという会社が運営することになっています。 公式サイトはこちら。 しかも現在、ゲーム部プロジェクトの公式サイトには会社の社長、住所どころか名前もリンクもありません。 どういうこと? 「裏側がバレても特定されづらいようにしている」ように見えてしまいますね?真偽はともかく。 ちなみにUnlimited Inc. さんの企業理念はこちら。 Make the next generation of IP, and surprise the world. 〜次世代のIPを創造し、世界に驚きと感動を〜 Unlimited社という社名の由来は、「常に無限の可能性を信じ、新しい価値をどんどん世の中に生み出していこう」という創業者2名の想いが込められています。 我々は、 「次世代のIPを創造し、世界に驚きと感動を」 というミッションを掲げ、最高のクリエイターチームとともに、今後より多くのIP開発に取り組んで参ります。 いつも応援してくださるファンの方々はもちろんのこと、次の当たり前を創るべく、新しいことに挑戦し続け、世界中の多くの方をワクワクさせる事ができるよう、チーム一丸となって旋風を巻き起こしていきます。 ごめん、よくわかんない。 事業内容とか所属クリエイターとかを見ても、ゲーム部関連以外見当たらないです。 これでよく中の人をないがしろにできたな。 ゲーム部プロジェクトのネット通販の特商法のページにて事業者名が明らかになります。 より引用 橋本直人さん、という方が運営者のようです。 この人を調べてみると、ぷよぷよでのRMTやマジカルストーン騒動など、これまた香ばしい話が出てきたので紹介します。 Sponsored Link ゲーム部プロジェクト運営者:橋本直人とは?ぷよぷよRMT・マジスト騒動 橋本直人さんという方は、マジカルストーンというゲームを開発した、FanGames株式会社という会社を運営していました。 これは有り体に言うと ぷよぷよの完全パクリゲーで、「ぷよぷよのe-sports進出を目指して作った」という言い分。 その時点でけっこうアレなんですが、このFanGames株式会社が、 株式会社レソリューションというRMT会社と取締役が一緒=橋本直人さんだったことが問題となります。 RMTとは、オンラインゲームのアイテムとかを、実際のお金で取引するやつですね。 日本のゲームだとアウトです。 FanGames株式会社はスマブラの大会とかのスポンサーになっていたので大騒ぎになりました。 で、 その橋本直人さんが株式会社Unlimitedを立ち上げた1人、と。 わかりやすいツイートをされていた方がいらっしゃったので、引用いたします。 真っ黒でも全然違和感ないですね。 (あ、でも一応同姓同名の別人の可能性はあります。 流行に乗っかってVtuberさん達を食い潰してファンのみんなも敵に回す事になるんだから。 いつの間にか会社の名前が変わっていたり、ゲーム部のページからはUnlimitedの名前が確認できなかったり、 RMTやパクリゲーで話題の橋本直人さんが関わっていたりと、いろいろとアウトな企業だったようです。 この頃みたいな動画がまた見たい……。 ちなみにこの生放送で二人がやってたゲームはこちら。 ゲームに罪はない。 リゼロコラボ開催中!エミリアやレム、ラムが3Dで可憐に動きます! Falloutシリーズ最新作! のんびりしたイラストからは想像もつかない ガチゲーです。 シェルターを運営しながら、荒廃した世界を探索するゲーム。 資源をどこに使うのか?というやりくりや、 細かすぎる特技を持つキャラを、戦わせるのか?それとも働かせるのか?という采配など、 どこまでも思考できるので、じっくりゲームをやりこみたい方はぜひ。 「薄桜鬼」や 「ディアラバ」、 「アムネシア」 などのオトメイトの乙女ゲーキャラが登場。

次の

ゲーム部解散疑惑 運営が声明「待遇や業務環境の改善も含めて協議中」

アンリミテッド ゲーム 部

もくじ• 公式からの発表を一部抜粋して引用させて頂きました。 弊社が目指しているのは、VTuber というよりも、どちらかといえば CTuber キャラクターユーチューバー という表現の方が、適切なのかもしれません。 そんな中、今回皆様もすでにご存知の通りだとは思いますが、ゲーム部プロジェクトのキャラクター声優に変更がありました。 また今後、夢咲楓と風見涼の声優スタッフも 2019 年 9 月上旬にかけて交代することが決まっています。 引用 これまでに声優が変更された、 桜樹みりあ、道明寺晴翔に続き、夢咲楓と風見涼も順次交代していくといった内容になりますね。 つまりゲーム部の声優(中の人)は全員変更になるわけです。 CTuber キャラクターユーチューバー ってなんだ?とツッコミたくなりますが、その話題については後で言及します 笑 一般的に Vtuberの発言や性格などは、声優(中の人)の影響を大きく受ける場合が多いです。 特に生配信を行うVtuberはその影響が顕著で、ゲーム部自体も生配信などでは、少なからず声優の人格がキャラクターに反映されていました。 そして、ゲーム部はそういった部分も含めて人気Vtuberだったのは間違いないでしょう。 こういったことからも、これまでVtuberの声優交代というは、その キャラクター性に大きな影響を与えるため、業界全体でタブー視されていました。 実際にゲーム部で桜樹みりあ、道明寺晴翔の声優が先に告知なしで交代されていた際には大炎上し、チャンネル登録者数の激減や動画への低評価が相次ぎました。 今回の騒動に対するネットの反応を下にまとめてみました。 ゲーム部はちゃんと卒業?お別れ配信みたいなのしてくれたらまだワンチャンあった 今となってはもう残念。。。 — いろはす* aliceorder12 unlimitedの方針としてキャラクター面が一番重要で、声優はその付属っていうのはそもそも最初からそういうスタンスだったからそこは気にしないけど、ゲーム部は配信やコラボが多かったからもう中の人と切り離して考えるのは無理だよ。 特に 『ゲーム部終わった』 や 『もう絶対に見ない』などの声が多く、リアルタイムでチャンネル登録者数の減少や動画へ歯止めが効かない状態となっています。 ゲーム部プロジェクトの登録者数の減少が止まらないんだけど。 4人全員中の人変えたらもう別グループじゃん。 — SEMI 抜け人 uguisu7979 結果だけを見れば、ゲーム部(Vtuber)の声優変更は、業界では新たな試みとなったとも言えます。 しかし今回の騒動からも今後、各企業で声優交代をしようとする動きはかなり取りにくいのではないでしょうか。 上のコメントでもありますが、声優交代ではなく、 卒業という形を取って新キャラクターでゲーム部を引き継ぐ形の方が、ここまで大きな事態へ発展しなかった気もします。 ただ、Vtuberの場合はどうしてもキャラクターの作成にコストがかかってしまうため、こういった部分も問題になっていきそうです。 まあゲーム部に関してはただの声優変更ではなく、これまでの 炎上に関するマイナスイメージがあるため、そういった部分も含めて火種は大きくなっているようにも感じますね。 スポンサーリンク ゲーム部の無声動画がやばい!なぜこのタイミングで投稿するのか? 声優が全員交代されることが大きな話題になっているゲーム部ですが、運営から声明が発表されたのと同時期に投稿された動画も話題になっています。 その動画についてはで視聴できます。 この動画では 登場キャラクターのセリフが一切ないことから大きな話題となりました。 そもそも『CTuber』って何?という話になりますがよね? 上で引用したゲーム部運営の文章を個人的に解釈すると、 『声優(中の人)の人格を出さないで、完全に台本通りの行動をする』といった感じでしょうか。 つまり、 アニメや漫画のキャラクターがYoutuberをやっているという認識ですかね。 こういったことも踏まえてネットの反応を見ていきましょう。 ctuberという新しいジャンル、でもゲーム部にそれは半分しか当てはまらんだろ。 外部のvtuberとのコラボ、生放送をやったんだし、あの数時間全てが台本だったの?ありえないでしょ。 — 大吟醸🥕ラァアアヴッ!! daiginjyou715 やはり現在の状況では、ゲーム部は『Ctuber』という単語に関して、 怒りや言い訳をしているように感じている人が多いようです。 コメントにもあるように、キャラクターとして台本に沿った動画投稿だけをしていれば、確かにCtuberと言える存在かもしれません。 しかし、ゲーム部は生配信やコラボ配信で、声優の人格がキャラクターに反映されている部分が少なからずあるため、この言い分は個人的にも言い訳っぽく聞こえてしまいますね。 スポンサーリンク ゲーム部の炎上を中の人全員交代まで時系列順にまとめてみた。 次はゲーム部が全員声優変更になるまでの経緯についてです。 ざっくりと時系列でまとめてみました。 ゲーム部パワハラ問題発覚!解散騒動へと発展(2019年4月) ゲーム部の声優を務める4人と思われるTwitterアカウントから、運営から暴言や強制的な長時間労働を始めとしたパワハラを受けているとのことが発信される。 運営元のUnlimitedって会社に散々な目に遭わせられたとかで、ゲーム部プロジェクトが解散 中の人が全員辞職 するとか。 たなか 夢咲楓 うさきち 風見涼 九重なゆ 桜木みりあ はなつぐ 道明寺はると ツイートを見る限り、中の人も相当辛かったんだなって… — ありつむぎ ゲームブログ kmz811 このようなことが発覚し、SNSを始めとしてネット上では ゲーム部が解散するといった情報が出回った。 当時のVtuber界隈では 声優の降板=プロジェクトの解散のイメージが強かった。 これらのことに対し、ゲーム部運営もパワハラの事実を認め、改善に関する声明を発表した。 声優スタッフとの話し合いの中で、待遇条件を改善すること、社内コミュニケーションを改善すること、決して同様の問題を再発させないことがゲーム部プロジェクトでの業務を継続する条件であることを確認・合意し、今後声優スタッフが充実した活動を続けられる体制を当社経営陣が責任を持って構築していくことを約束させて頂きました」 引用 ゲーム解散が囁かれていたものの、この声明をきっかにゲーム部は存続することが明らかになった。 ゲーム部桜樹みりあ・道明寺晴翔の声優(中の人)サイレント交代(2019年7月上旬) これからゲーム部はどうなって いくんでしょうか…. 道明寺ィィ😭😭😭😭😭😭 みりあァァ😭😭😭😭😭😭 — Powazon Ryo PowazonRyo 7月上旬に投稿されたゲーム部の動画で『桜樹みりあ』『道明寺晴翔』の声優が、告知なしで交代されていたことが話題となる。 この時期から 『ゲーム部の声優が全員交代するのでは?』や 『降板した二人は違う企業でVtuberになるのか?』などの情報が話題になっていく。 パワハラ問題発覚に引き続き、チャンネル登録者数の大幅な減少と動画への低評価が相次ぐ。 ネット上では今まで最も大きな反響となる。 『事実上のゲーム部解散』『ゲーム部終わった』などの声が上が、これまでで最も大きな炎上へと発展する。 チャンネル登録者数の大幅な減少と、動画への低評価は過去最高になることも予想される。

次の

株式会社Brave group

アンリミテッド ゲーム 部

「検討を重ねた結果、今回新声優スタッフへの交代に至った」 Unlimitedは野口圭登・代表取締役名義で、公式サイトに声明を掲載。 「今回皆様もすでにご存知の通りだとは思いますが、ゲーム部プロジェクトのキャラクター声優に変更がありました」と声優交代を発表し、「ゲーム部プロジェクトとしての目指す姿やそのための会社・声優スタッフのあるべき役割について検討を重ねた結果、今回新声優スタッフへの交代に至った次第となります」と説明した。 また、「本件につきましてファンの皆様へのご報告が遅くなってしまったこと、2019 年 4 月の会社からの声明を発表してから短い期間で変更を行うに至ったことでご不安やご心配をおかけしてしまったこと、心よりお詫びいたします」と謝罪。 さらに「今後、夢咲楓と風見涼の声優スタッフも 2019 年 9 月上旬にかけて交代することが決まっています。 具体的なタイミングについては確定次第、皆様にお知らせをいたします」とゲーム部の他のキャラクター2人についても声優交代することを明かしている。 同社は声優交代に際して、「今後は別の道を歩むことになりましたが、これまでゲーム部プロジェクトを支えてきた声優スタッフ 4 名の貢献には深く感謝しています。 本当にありがとうございました」と感謝を伝えた。 文中の「2019 年 4 月の会社からの声明」とは、ゲーム部キャラクターの声優とされていた人物らが「パワハラ」などを受けているとツイッターで示唆したことを受け、同社が4月8日に発表したもの。 そこでは「ゲーム部プロジェクトの声優スタッフ4名より、制作スタッフによる配慮を欠いたいじめとも受け取られるコミュニケーションが度重なりあった、という指摘とともに、業務辞退の申し入れがございました」と明かした上で、「声優スタッフとの話し合いの中で、待遇条件を改善すること、社内コミュニケーションを改善すること、決して同様の問題を再発させないことがゲーム部プロジェクトでの業務を継続する条件であることを確認・合意し、今後声優スタッフが充実した活動を続けられる体制を当社経営陣が責任を持って構築していくことを約束させて頂きました」と条件付きで声優を継続することを示していた。 「弊社が目指しているのは、VTuber というよりも... 」 「声優変更」疑惑があがったのは、それからわずか2か月後の6~7月上旬にかけてのこと。 ゲーム部のキャラクター「桜樹みりあ」と「道明寺晴翔」の声が変わったのではないかとファンの間で指摘があがるようになった。 今回の声明文では「支えてきた声優スタッフ 4 名」として、今後「夢咲楓」と「風見涼」の2人の声優も変更になるとしていることから、すでに声優変更しているのはやはり「桜樹みりあ」と「道明寺晴翔」ということになる。 声明では、ゲーム部プロジェクトについて「VTuber と言うより、色々な理由、動機でゲームに打ち込む 4 人の高校生の物語を描いているキャラクターコンテンツ作品という方が近いかもしれません」と指摘し、「弊社が目指しているのは、VTuber というよりも、どちらかといえば CTuber(キャラクターユーチューバー)という表現の方が、適切なのかもしれません」とも示す。 同社はファンに対し、「新しくなったゲーム部プロジェクトをこれからもさらに魅力的なコンテンツにするべく努力していきますので、ぜひこれからも応援していただければ幸いです」と呼びかけている。 (J-CASTニュース編集部 青木正典).

次の