世界の株価 ウォンドル。 株式

韓国ウォン両替レート:ドル、円リアルタイムチャート推移

世界の株価 ウォンドル

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

世界が韓国の「実力低下」を危惧…ウォン売りがいよいよ止まらない(真壁 昭夫)

世界の株価 ウォンドル

韓国は経済危機?株価・ウォンドルレートから分析【2019年8月26日】 結論から言いますと、韓国の株価はアメリカや日本と比べ、非常に弱くなっていることと、ウォンの価値が少し危険な水準まで下がってきていることがわかりました。 詳しく見ていきましょう。 韓国株価は急落中 まずは韓国の株価について見ていきましょう。 過去5年間の韓国総合株価指数の推移 次のデータをご覧ください。 上のグラフは、2014年~2018年の年末の韓国総合株価指数の値と、2019年8月26日時点での値です。 ご覧の通り、2017年をピークに株価はどんどん下がり、ついに5年前の水準まで下がってしまいました。 2014年、何があったのかな~と振り返ってみると、世界ではロシアのクリミア併合で大騒ぎとなり、韓国国内ではセウォル号沈没事件が発生、日本でも大きく報道されました。 もう5年も経つんだとビックリしてしまいますが、そんな時代の株価まで逆戻りしてしまったわけです。 2019年のアメリカ・日本・韓国の株価変動率 このように、下落を続けている韓国総合株価指数ですが、 韓国だけが下がっているわけではなく、全世界的に株価が下がっていて、韓国だけが悪いわけではないという可能性もあります。 リーマンショックの時は、株価下落を避けられた国なんてありませんでしたからね。 そこで、2019年の初めから、8月26日までのアメリカ・日本・韓国の株価変動率を比べてみることにしましょう。 上のグラフは、アメリカのNYダウ、日本の日経平均株価、韓国の韓国総合株価指数の2019年の変動率を表したものです。 一方の韓国株ですが、日米韓の中では唯一下落してしまっています。 世界経済はたしかに好調とは言えませんが、その中でも韓国株は特に失速しているということがわかりますね。 ウォン安もギリシャショック時代の水準へ 続きまして、ウォンの価値について見ていきましょう。 アルゼンチンやベネズエラを見るとわかりますが、新興国通貨は、経済危機に瀕すると価値が暴落してしまいます。 つまり、通貨の価値が極端に安くなっていないかをチェックすることで、その国の経済が危機状態に入っているかどうかを、素人でもある程度、理解することができます。 次のグラフをご覧ください。 これは、2019年8月26日時点で、1ドルが何ウォンになっているかを表したグラフです。 2019年8月26日時点で、1ドル1220ウォンに到達しました。 為替の見方は難しいと思いますが、このグラフで言うと、 上に行けば行くほどウォンの価値が下がってヤバイと思っていただいて良いと思います。 現在の水準ですが、2010年1月にギリシャの財政危機が明らかになり、全世界に衝撃を与えた頃のウォン安水準を突破してしまっています。 この水準は、韓国にとって「望ましい水準」でないことは明らかです。 しかし、アメリカ同時多発テロ発生時やリーマンショック、IMFの救済を受けることになったアジア通貨危機の頃と比べると、まだまだ余裕がありますから、現時点では、 少し危険な水準といったところでしょうか。 まとめ アメリカや日本の株価が上昇する中、韓国の株価はマイナスに転落しており、韓国の通貨ウォンも、ギリシャショック時代の水準まで価値が下がってきています。 こうしたことから、「韓国ヤバイんじゃない?」「もしかして、経済危機が来るんじゃない?」とザワザワし始めているところなのではないでしょうか。 将来何が起こるかを予知することはできませんので、韓国経済がこのあとさらに悪くなるか、回復するかはわかりません。 ただ、私のように投資信託などで世界に投資している場合は、特定の国に極端に資金が偏ることのないよう、注意する良い機会ですので、チェックしてみてください。 もし大きな動きがあるようなら、続報をレポートしたいと思います。

次の

株式

世界の株価 ウォンドル

韓国は経済危機?株価・ウォンドルレートから分析【2019年8月26日】 結論から言いますと、韓国の株価はアメリカや日本と比べ、非常に弱くなっていることと、ウォンの価値が少し危険な水準まで下がってきていることがわかりました。 詳しく見ていきましょう。 韓国株価は急落中 まずは韓国の株価について見ていきましょう。 過去5年間の韓国総合株価指数の推移 次のデータをご覧ください。 上のグラフは、2014年~2018年の年末の韓国総合株価指数の値と、2019年8月26日時点での値です。 ご覧の通り、2017年をピークに株価はどんどん下がり、ついに5年前の水準まで下がってしまいました。 2014年、何があったのかな~と振り返ってみると、世界ではロシアのクリミア併合で大騒ぎとなり、韓国国内ではセウォル号沈没事件が発生、日本でも大きく報道されました。 もう5年も経つんだとビックリしてしまいますが、そんな時代の株価まで逆戻りしてしまったわけです。 2019年のアメリカ・日本・韓国の株価変動率 このように、下落を続けている韓国総合株価指数ですが、 韓国だけが下がっているわけではなく、全世界的に株価が下がっていて、韓国だけが悪いわけではないという可能性もあります。 リーマンショックの時は、株価下落を避けられた国なんてありませんでしたからね。 そこで、2019年の初めから、8月26日までのアメリカ・日本・韓国の株価変動率を比べてみることにしましょう。 上のグラフは、アメリカのNYダウ、日本の日経平均株価、韓国の韓国総合株価指数の2019年の変動率を表したものです。 一方の韓国株ですが、日米韓の中では唯一下落してしまっています。 世界経済はたしかに好調とは言えませんが、その中でも韓国株は特に失速しているということがわかりますね。 ウォン安もギリシャショック時代の水準へ 続きまして、ウォンの価値について見ていきましょう。 アルゼンチンやベネズエラを見るとわかりますが、新興国通貨は、経済危機に瀕すると価値が暴落してしまいます。 つまり、通貨の価値が極端に安くなっていないかをチェックすることで、その国の経済が危機状態に入っているかどうかを、素人でもある程度、理解することができます。 次のグラフをご覧ください。 これは、2019年8月26日時点で、1ドルが何ウォンになっているかを表したグラフです。 2019年8月26日時点で、1ドル1220ウォンに到達しました。 為替の見方は難しいと思いますが、このグラフで言うと、 上に行けば行くほどウォンの価値が下がってヤバイと思っていただいて良いと思います。 現在の水準ですが、2010年1月にギリシャの財政危機が明らかになり、全世界に衝撃を与えた頃のウォン安水準を突破してしまっています。 この水準は、韓国にとって「望ましい水準」でないことは明らかです。 しかし、アメリカ同時多発テロ発生時やリーマンショック、IMFの救済を受けることになったアジア通貨危機の頃と比べると、まだまだ余裕がありますから、現時点では、 少し危険な水準といったところでしょうか。 まとめ アメリカや日本の株価が上昇する中、韓国の株価はマイナスに転落しており、韓国の通貨ウォンも、ギリシャショック時代の水準まで価値が下がってきています。 こうしたことから、「韓国ヤバイんじゃない?」「もしかして、経済危機が来るんじゃない?」とザワザワし始めているところなのではないでしょうか。 将来何が起こるかを予知することはできませんので、韓国経済がこのあとさらに悪くなるか、回復するかはわかりません。 ただ、私のように投資信託などで世界に投資している場合は、特定の国に極端に資金が偏ることのないよう、注意する良い機会ですので、チェックしてみてください。 もし大きな動きがあるようなら、続報をレポートしたいと思います。

次の