ポータブル電源 災害。 災害時の停電対策にソーラーパネルとポータブル電源があれば安心。小型家電が使えます!

災害時の停電対策にソーラーパネルとポータブル電源があれば安心。小型家電が使えます!

ポータブル電源 災害

ポータブル電源は、携帯電話の充電に便利ですよね。 持ち運びが可能なので、場所や時間に関わらずすぐに充電できるところがメリットです。 長時間スマホを使って充電が無くなりそうという場合にも便利に使えます。 実はポータブル電源には容量にサイズがあり、冷蔵庫や暖房器具などの家電製品にも使えるタイプがあります。 災害時の備蓄としても注目されています。 キャンプなどのアウトドアでも使えることから最近注目されているアイテムでもあります。 充電だけでなく家電製品などが使えるというのは、選び方が難しいと思う場合もあるかも知れません。 そこで今回はポータブル電源の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。 購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。 amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. 冬であれば電気毛布・卓上ヒーターなどにも使えるでしょう。 05kgと軽量なので持ち運びしやすいのも魅力です。 ボディの表面にはLDEの操作画面がついています。 電池残量や出力状態を一目で確認できますので、常に充電状態をキープできるでしょう。 容量 167Wh 重量 2. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. 安全性の高さから車業界からも注目されている三元系リチウムポリマー電池が使われています。 従来の電池よりもハイパワーでかつ寿命が長い電池です。 最大7台の同時充電が可能です。 キャンプ・アウトドア・釣りなどの電源が近くにない場合にも使えるでしょう。 災害の時などの緊急事態にも使えます。 容量 444Wh 重量 6. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. ア ダプターやカーチャージャーでも充電できますが、ソーラーパネルで受電可能という点も魅力でしょう。 重量は2. 5kgと女性や子供でも持ち運びできる軽さです。 緊急事態などは特に、誰でも使いやすい仕様になっていることが重要なので、こちらのポータブル電源であれば便利に使えます。 容量 240Wh 重量 2. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 災害時の電源としても使えるのですが、キャンプ・車中泊などに使うのもおすすめです。 車中泊をすることが多いばあには常備しておくのも良いかも知れません。 万が一、充電方法がひとつもない状態になってもソーラーパネルで充電が可能です。 ひとつもっておくだけで、いざという時の近習事態に活躍するでしょう。 容量 155Wh 重量 1. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. テレビ・電気毛布・車載用炊飯器など、屋外や車中泊で快適に過ごせるでしょう。 高照度LED懐中電灯がついていますので、暗い場所でも安心です。 コンパクトでシンプルなボディなので、部屋や車の隅に置いていても目立ちません。 いつも目に留まるところに置いて日常的に使っておけば、緊急事態が来てもスムーズに使えます。 容量 178Wh 重量 2. 商品名• ポータブル電源• NUSGEAR• ポータブル電源• ポータブル電源 エナーボックス CITAEB-01• ポータブル電源 S265• LEDの照明がついていて夜でも使える• 急速充電が可能なポータブル電源• ソーラパネルで充電ができる• 安全性の高い電池を使っているのが特徴• LED操作面付きで使いやすい• 13660円 税込• 10888円 税込• 22800円 税込• 55800円 税込• 13999円 税込• 178Wh• 155Wh• 240Wh• 444Wh• 167Wh• 1kg• 6kg• 5kg• 85kg• 05kg• 出力ポート• USBポート・ACポート・DCポート• USBポート・ACポート・DCポート• USBポート・ACポート・DCポート• USBポート・DCポート・シガーソケット• ACポート・USBポート・DCポート• 出力波形• 正弦波• 正弦波• 正弦波• 正弦波• 矩形波• PSE検査合格品• 商品リンク• amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. ACアダプター・カーシガーソケット・ソーラーパネル・発電機の4つから充電が可能で、車中泊・アウトドア・緊急時にもしっかり充電できます。 LCDディスプレイには、充電状態・放電状態・電池残量・接続デバイス電力などが表示されます。 シンプルで使いやすいポータブル充電になるでしょう。 容量 555Wh 重量 6. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. 容量は505Whと大きく、アウトドア用の電気ケトルや小型のポータブル冷蔵庫を動かすことも可能です。 車中泊でも快適に過ごせるポータブル電源でしょう。 コーヒーポットや電気毛布なども動かせますので、屋外の充電が不安定な状態でも快適な環境を作れます。 アース付きで3本コンセントも利用可能です。 容量 505Wh 重量 6. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. yimg. 国内家電メーカーの「JVC 」が手がけているポータブル電源です。 アメリカの人気ブランド「Jackery」とのコラボで作っていて、独自の安全基準で検証実施されています。 大容量ですがコンパクトで持ち運びが簡単です。 取っ手がついていますので6. 1kgの重量でも手で持って運べるでしょう。 容量 518W 重量 6. 8など、世界の安全規格品質テストに合格しているポータブル電源です。 加えて、温度検査・衝撃検査・摩耗検査・落下テストなども行われていて、安全性が高いのが特徴です。 車のシガーから急速充電が可能なのが魅力です。 充電が不安定な状況では急速充電が必要な状況が起きるので、万が一の緊急時などに活躍するでしょう。 容量 500Wh 重量 6. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. ミニ発電機のような高機能なポータブル電源なので、家の中に常備しておくと快適です。 もちろん災害時などの緊急事態にも活躍します。 5kgと重量があるのですが、容量が540Whありますので電力が必要なものでも動かせます。 充電不可の状況になっても、ソーラーパネルで充電できて安心です。 容量 540Wh 重量 7. 商品名• アイパーELECTRO500• PowerArQ2 コヨーテタン• スタンダードモデルタイプ BN-RB5-C• ポータブル電源• ポータブル電源• 6Way出力に対応しているポータブル電源• 世界最先端のBMSで安全性が高い• アメリカの人気ブランドと日本メーカーのコラボ商品• 50Hzと60Hz切替えが可能• 555Whの大容量• 59800円 税込• 59800円 税込• 57856円 税込• 48880円 税込• 56800円 税込• 540Wh• 500Wh• 518W• 505Wh• 555Wh• 5kg• 2kg• 4kg• 36kg• 1kg• 出力ポート• USBポート・ACポート・DCポート• USBポート・ACポート・シガーソケット• USBポート・ACポート・シガーソケット• USBポート・ACポート・DCポート・シガーソケット• USBポート・ACポート・DCポート• 出力波形• 正弦波• 正弦波• 正弦波• 正弦波• 正弦波• PSE検査合格品• 商品リンク• amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. 2kgとコンパクトで軽量ですが、容量は434Whと高性能です。 リチウムイオンバッテリーが疲れていて、従来のポータブル電源と比較すると大変軽いのも魅力です。 福岡市・川崎市などの地方自治体で採用されているモデルでもあります。 安定したAC出力でほとんどの家電製品が使えます。 車中泊やアウトドアでも使いやすい仕様ですが、万が一の災害時にも活躍するでしょう。 容量 434Wh 重量 4. 従来の商品とは異なり、アウトドアシーンに似合うようなかっこいいデザインになっています。 もちろん災害時・停電時などの緊急時にも使えます。 500Wと大容量ですが、5. 4kgと手で持ち運びできる重量です。 自宅において日常使いするにも使い勝手が良さそうです。 容量 500Wh 重量 5. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. 可愛い印象のポータブル電源なのですが、容量が626Whと性能が高いのも特徴です。 6kgと持ち運びできる重量なのも注目です。 車のシガーから急速充電が可能です。 車中泊やキャンプ、緊急事態にも使えますが、自宅に設置して日常使いするのにも適したデザインでしょう。 amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. USBの急速充電が可能など機能性が高いのですが、液晶画面が見やすく子供やお年寄りでも使えるわかりやすい設計になっています。 シンプルなデザインなので、自宅や車内の目にとまるところに設定していても違和感がありません。 アウトドアなどのレジャーでも使いやすいでしょう。 容量 540Wh 重量 5. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 6kgと大変軽量で、取っ手がついているので女性でも持ち運びしやすいです。 重たいポータブル電源では、坂道や階段で進めなくなるということも考えられます。 しかし高性能で軽量なこちらの商品であれば場所に関わらず使いやすいです。 色々な機会に接続して使えるのも魅力です。 スマホや電気毛布などのAC出力だけでなく、12Vソケットが必要な車載冷蔵庫などを使うこともできます。 容量 400Wh 重量 3. 商品名• ポータブル電源• ポータブル電源• PowerArQ• ボルトマジック PB450• PowerHouse• 高機能でコンパクトなのが特徴• 大きな液晶画面が見やすい• 容量が626Whで高性能• 最大11個の機器を同時に充電可能• 地方自治体で採用されているポータブル電源• 44800円 税込• 59800円 税込• 66000円 税込• 45630円 税込• 49800円 税込• 400Wh• 540Wh• 626Wh• 500Wh• 434Wh• 6kg• 5kg• 6kg• 4kg• 2kg• 出力ポート• USBポート・ACポート・DCポート• USBポート・ACポート・DCポート• USBポート・ACポート• USBポート・PDポート・DC12Vポート• USBポート・ACポート・DCポート• 出力波形• 正弦波• 正弦波• 正弦波• 正弦波• 正弦波• PSE検査合格品• 商品リンク•

次の

【2020年度版】大容量ポータブル電源 比較表とレビューまとめ

ポータブル電源 災害

By: ポータブル電源とは、本体に内蔵されたバッテリーに電気を蓄えて、外部の機器に給電するアイテムのことです。 小型のモバイルバッテリーとは異なり、大容量のバッテリーを備えたモデルが多く存在。 ACコンセントやシガーソケットが使えるモデルもラインナップされています。 また、内蔵バッテリーで充電や給電を行うので、ガソリンを使用する発電機より静かなのもポイント。 キャンプや車中泊での就寝時に使用しても快適です。 ポータブル電源は、キャンプや車中泊で電気製品を使用したいときや、電気を確保できないシーンで役立ちます。 さらに、アウトドアでモバイル機器を充電したい場合にもぴったり。 災害時や停電時など、緊急時にも重宝するアイテムです。 ポータブル電源の選び方 容量をチェック By: ポータブル電源を選ぶときは、容量をチェックしましょう。 バッテリー容量を表す「Wh(ワットアワー)」の数値が高いほど、容量も大きくなります。 バッテリー容量が大きいほど、サイズも大きく、かつ重くなる傾向があるため、用途に合わせて選ぶことが大切です。 例えば、日帰りのアウトドアなど、ちょっとした電気を使いたい場合は200Wh以上のモデル。 キャンプで連泊する場合や、夏場に扇風機を使ったり寒い時期に電気毛布を使用したりする場合は、350Wh以上のモデルがおすすめです。 また、ミニ冷蔵庫などの消費電力が大きい電気製品を使用する場合は、400Wh以上が必要。 ちなみに、ポータブル電源は使用しないときも自然に放電するので注意しましょう。 およそ30%程度が放電することを考慮して、容量が大きめのモノを検討してみてください。 出力端子をチェック ジャンプスターター機能を搭載したポータブル電源。 車のバッテリーが上がってしまった時に、本製品を用いてエンジンをかけられるので、ドライブや遠出で頼りになるアイテムです。 付属のシガーケーブルを使用すれば、車内で本体の充電ができます。 400Whの大容量に加え、家庭用電力に近い正弦波を備えているのも魅力。 キャンプや車中泊で電気毛布が使用できたり、パソコンなどの精密機械を充電できたり、さまざまな用途で役立ちます。 AC・DC出力やUSBポートなど、出力端子の種類が多く、さまざまな電気製品に給電可能です。 日本の電気用品安全法に基づく「PSEマーク」やMSDS、UN38. 3認証などを取得しており、安全面にも配慮されています。 本体サイズは幅23x高さ23x奥行14cmとコンパクトなため、手軽に持ち運び可能。 キャンプやアウトドアにおすすめのアイテムです。 幅広い電子機器に対応できるポータブル電源。 シガーソケットやUSBなど5種類の端末があり、合計14口の給電ポートを搭載しています。 USB Type-Cのポートもあるので、スマートフォンやノートパソコンを素早く充電したいときにも便利です。 ACコンセントの出力波形が純正弦波仕様なのもポイント。 精密機械にも使用できます。 周波数は50Hzと60Hzの両方に対応しており、切り替えが可能。 さまざまな地域で電気製品を使用できます。 3kgと軽く、気軽に持ち運ぶことが可能です。 2種類の点灯モードがあるLEDライトも付いているため、暗所での作業に便利。 利便性と携行性の両方を備えたアイテムです。 500Whの大容量を備えたポータブル電源。 カメラマンが使用する照明機材の電源や、ドローンのバッテリー充電用などに人気のアイテムです。 また、家庭用の電力に近似した正弦波を採用しているので、計測機器などの精密機械にも使用できます。 AC出力端子やDC出力端子など、5種類の出力端子が搭載されているのもポイント。 USB出力ポートには、急速充電が可能な「Quick Charge 3. 0」の規格を採用しているため、スマートフォンやタブレットを素早く充電できます。 バッテリーには、マネージメントシステムと制御装置を内蔵。 高温・過熱・過電から蓄電池を保護するので、安全面に配慮しながら使用できます。 持ち手が付いており、持ち運びに便利です。 AC1000Wに対応しているポータブル電源。 小型冷蔵庫やノートパソコンなど、幅広い電気製品に給電できます。 バッテリー容量は1182Whの大容量。 スマートフォンなら約70回分の充電ができ、24Wのテーブルランプなら約25時間の使用ができます。 アウトドアはもちろん、災害時や停電時にも活躍するアイテムです。 USBやシガーソケットなどの多彩な出力端子を搭載しており、合計12台の端末を同時に充電できます。 スマートフォンやノートパソコンの急速充電も可能。 バッテリー残量が確認できる、便利な液晶ディスプレイを搭載しているのも魅力です。 さらに、本体の温度が高くなると冷却ファンが作動するなど、安全面にも配慮して作られています。 最大電力200Wの機器に給電できるポータブル電源。 出力ポートはAC100Vコンセント1口・シガーソケット1口・USB-A2口の計4ポートで、さまざまな設備や端末に対応できるのが魅力です。 AC100Vコンセントには純正弦波を採用しており、家庭用の100Vコンセントと同じように使えるのが特徴。 パソコンやスピーカーなどの精密機器も動かせるため、キャンプや車中泊、アウトドアシーンなどでも快適に使えます。 バッテリーの耐久性が高いのもポイント。 バッテリーマネージメントシステムを搭載しており、電圧や温度を適切に管理することで過充電や過放電を防止します。 2kgと片手で運べる重さなので携帯性も高く、災害時に備えておきたい方などにもおすすめです。 パナソニックのリチウムイオン電池を搭載したポータブル電源。 安全性や信頼性において、評価の高いアイテムです。 リチウム電池のほか、ジャンプスタート用のリチウムポリマー電池も搭載しているので、ドライブへの携行にも適しています。 入力方式は3通りで、家庭用コンセント・シガーソケット・別売りのソーラーパネルから本体の充電が可能です。 出力端子は、4つのUSBポートや、AC・DCを備えています。 電気毛布やスマートフォンなど、さまざまな電気製品に対応可能。 また、防塵・防水仕様のため、急な雨でも安心して使えます。 さらに、Bluetoothとサブウーファーを搭載しており、スピーカーとして使用できるのも魅力です。 耐久性と利便性が備わったアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

次の

S270(suaokiポータブル電源)を災害時に使用して分かったメリット&デメリット

ポータブル電源 災害

現代に生きる私たちの生活に不可欠となったのが「スマホ(スマートフォン)」です。 アドレス帳、メッセージの送信、SNS、ネット検索、目的地までのルートを調べナビゲーションしたり、明日の朝食のレシピを調べたり、今夜の飲み会で使うお店を調べて予約したり。 そんなスマホを使うためには充電しなければなりません。 充電するためには、充電器が必要ですよね。 充電器を使うためには、そもそも 「電力」が必要です。 しかし大震災が起きたり豪雨や台風による被害が起きると、場合によっては停電となります。 しかも停電が数日間も続く可能性があり、電力の確保は、文字通りのライフラインとなります。 2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震、近年の豪雨被害ではTwitterなどのSNSで救出要請などがおこなわれ、大きな災害時においても意外とインターネットは活きていて、有力なコミュニケーション手段として活用できる場面を多々見かけるようになりました。 しかしSNSを使うための主要なツールとなるスマホも、バッテリーが底をつき充電手段が無い場合は、無用の長物と化します。 さらに 猛暑の真夏に停電が起きた場合、あなたならどうしますか? 春・秋や冬であれば、被災しても様々な観点から対応策が講じやすい場面はあるものですが、猛暑・酷暑の真夏の被災による停電ともなれば話は別です。 過去の 真夏の大規模停電として特筆すべき事例があります。 「」 「」 特に前者は、真夏の電力需要の増大による基幹系変電所が停電したことで、配下の変電所まで停電することになった事例です。 (にて噛み砕いた説明を記載しています) 真夏の高温多湿の気象状況下で停電・断水などの社会インフラが停止した場合、食品や生鮮品などの腐敗による衛生環境の悪化はもちろん、熱中症による健康を損なったり、状況によっては死亡に至る可能性もあります。 ともあれ真夏の被災時や野外活動において 「涼を得る」ことの重要性を否定する人はいないでしょう。 キャンプを嗜む人であれば、「猛暑の真夏に電力の使えない生活」には慣れているもの。 電力どころか、水道や都市ガスの無い状況で数泊することもザラです。 ITOITO-STYLEで提唱している 「災害時に頼れるのはアウトドアギア」というコンセプトは、まさにこの点にあります。 キャンプでは基本的に、都市生活に必要な電力・都市ガス・水道設備といったものを使わない前提にあります。 近年は「高規格キャンプ場」として、それらが整っているものに人気が集まりがちですが、備災・防災の観点から見た場合、昔ながらのキャンプ・スタイルには災害時を生き抜くノウハウが詰まっています。 ただし、 大規模災害時にはやはり通信手段は確保しておきたいもの。 その通信手段には、 電力供給は不可欠です。 前提として、ポータブル電源は家庭用のエアコンを動かすレベルの電力は備えていません。 AC電源が使えると言っても電力容量には限界があり、製品によっては一度に利用可能な電力に制限もあります。 真夏の被災時やキャンプでポータブル電源を活用する場合の現実的な選択肢は、「」の利用です。 東日本は50Hz、西日本は60Hzとなります。 猛暑であれば、日中のみ 「弱」で8時間づつ動かして丸2日、稼働できる計算ですね。 使いたい家電製品の電力消費量によって、このあたりはかなり変わってきますが、一般的なサーキュレーターを使う場合は上記データが1つの目安となります。 夏場の家電量販店やホームセンターなどでも見かける、こうしたも人気があります。 AC100Vで動かす必要があるサーキュレーターと比べてどうでしょうか? 電池やUSB電源およびACアダプターで動かすことができますが、電池使用時でも最長40〜50時間利用可能という仕様です。 ただ消費電力が少ない分、風量は家電サーキュレーターに比べれば圧倒的に大人しいレベル。 最適な利用シーンとしては、キャンプでの就寝時にテント内の空気を結露対策目的で動かす場合や、人間1人に対して近接距離から風を当てる場合に限ります。 また、ACアダプター利用時に比べて電池駆動時は風量が抑えられるので、そのあたりを理解した上で使いましょう。 電池で動かせる点では、夏のキャンプ時だけでなく、冬キャンプでの結露対策の空気循環にもかなり有効ではあります。

次の