浜崎 あゆみ m ドラマ。 浜崎あゆみ、ドラマ『M』では描かれなかった“B級アイドル”時代の下積み仕事|日刊サイゾー

《ドラマでは明かされない「M」のリアル》エイベックス松浦氏は浜崎あゆみ母に「彼女とヤります」宣言

浜崎 あゆみ m ドラマ

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 来る4月にテレビ朝日系で放送がウワサされている歌手・浜崎あゆみの半生を描いたドラマ『M』。 先ごろ、一部のメディアで配役が決まったと報じられた。 原作は昨年8月に発売されたノンフィクション作家・小松成美氏の小説『M 愛すべき人がいて』で、浜崎がエイベックス・松浦勝人会長に見いだされ、恋人関係だったことなどが赤裸々に描かれている。 「浜崎役に新人シンガー・ソングライターの安斉かれん、浜崎の恋人の松浦会長役を、俳優・三浦翔平が務めると報じられました。 正式発表ではないようですが、ネット上では早くも大ブーイングが巻き起こってしまいました」(テレビ雑誌編集者) 《ドラマだから美化したいのは分かるけど、松浦会長がどうなると三浦君になるんだ?》 《いやいやいや、三浦翔平じゃあまりにカッコ良過ぎだろw ウソくせぇ》 《誰が見たいんだこんなドラマ。 どうせならおもいっきりコメディーにしてくれ》 《あゆ役も微妙だよね。 エイベックスの歌手って、ただの宣伝要員じゃん》 《薄っぺらいドラマになりそうだなーw 誰得なんだ?》 など、散々な言われようだ。 「あゆ役がエイベックスの新人シンガー・ソングライター安斉かれんということですが、これが本当なら、もちろん彼女のプロモーションも兼ねているのでしょう。 安斉は昨年5月に〝ポストあゆ〟としてデビューしましたが、大きな話題になることはありませんでした。 イケメン俳優の三浦と共演させることで、認知度アップを図りたい狙いがあるのかもしれません。 三浦の配役に関しては、多くのあゆファンが実際の松浦会長の顔を知っていますから、そのギャップに違和感を抱いているのだと思います」(エンタメ誌記者) あの怪演の再現を期待する声 正式の発表を待たなければならないが、何はともあれドラマが開始する前に早くも〝物言い〟がついてしまった形だ。 一方で、一部のドラマファンからは〝大化け〟の可能性を指摘する声もある。 「同ドラマはテレビ朝日系の『土曜ナイトドラマ』枠で放送される予定です。 脚本は水野美紀の〝怪演〟で話題になった『奪い愛、冬』の鈴木おさむ氏とのことで、三浦も出演していました。 そんな経緯から、ネット上では『鈴木おさむが何か仕掛けてくるに違いない』『あゆがクローゼットに隠れて松浦会長に〝ここにいるよ~〟と叫ぶはずw』など、奪い愛での名シーン再現を期待する声が上がっています」(同・記者) 浜崎の大恋愛がどのように描かれるのか。 最近はすっかり人気が下降しているだけに、熱烈なファン以外の視聴者を巻き込むことができれば、大きな話題にはなるだろう。

次の

浜崎あゆみドラマM原作はある?脚本から最終回結末ラストをネタバレ!|ENTAMENOTE

浜崎 あゆみ m ドラマ

『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)より 浜崎あゆみの自伝的小説を原作とする連続ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)が、4月18日にスタートする。 そんな彼女の「過去」が題材のドラマであるだけに、話題には事欠かないが、それゆえに放送前から「3つの大きな不安要素を抱えている」(芸能ライター)とも指摘されている。 ドラマは、放送作家の鈴木おさむ氏が脚本を担当。 「本人が堂々と弱音を吐いています。 ドラマの公式サイトにも『良くも悪くも、物凄く注目される作品だと思いますので、エグいプレッシャーを感じています…』『温かく見守って』と、ディスられることを前提としたコメントを寄せています」(同) 三浦がここまで怖気づくのには、脚本にも理由があるようだ。 「鈴木氏による脚本が、2つ目の不安要素です。 鈴木氏が手掛けた愛憎ネタドラマ『奪い愛、冬』(テレビ朝日系、2017年)がその手法で成功したため、踏襲したのでしょう。 公式サイトでも『鈴木おさむ脚本で「奪い愛」を超えるジェットコースター・ラブ作品に昇華!』『大映ドラマのような衝撃なキャラクターも登場』という煽り文句が躍っています。 このやり方は、浜崎を笑いモノにしているようで、純粋な浜崎のファンにはショックを与えそうです」(同) 一般視聴者からは笑われ、浜崎ファンからは反感を買うことが予想される同作は、三浦のコメント通り、「良くも悪くもものすごく注目される」ことになるかもしれない。 3つ目の不安要素は、そこを逆手に取ったようなエイベックス・松浦会長のあからさまな商売っ気だ。 さらに90年代にヒットしたエイベックスの楽曲もドラマで流れるとのこと。 そこかしこに松浦氏のゴリ押し感が漂い、視聴者から否定的な反応が出そうですね」(同) 原作を踏襲したシリアスな作りでは視聴率は期待できないと予想され、こうするしか道がなかったのかもしれないが、波紋を呼ぶことは確実。

次の

ドラマ「M」が話題の浜崎あゆみ エイベックスが振り込んだ1カ月分のギャラ「驚きの金額」は…

浜崎 あゆみ m ドラマ

原作は、ノンフィクション作家小松成美氏による「事実を基にした」フィクション小説。 浜崎あゆみがスターダムに駆け上がるまでのデビュー秘話と、松浦勝人・現エイベックス会長との不倫の大恋愛を2人へのインタビューを元に書いた話題作。 主役のアユを安斉かれん(20)、松浦氏をモデルにしたプロデューサー・マサを三浦翔平(31)が演じている。 海賊のような眼帯姿の田中みな実がマサの秘書役で登場、嫉妬と裏切りで暴れまくり、主役カップルを食う存在感を示した。 濃すぎるキャラ、くさいセリフ、ベタな展開にツッコミ満載 アユ役の安斉かれんはJ--POP歌手で、若き日の浜崎あゆみ(41)とルックスがそっくり。 浜崎と同じエイベックス所属だから、本人のご指名なのだろうか。 ただし演技力はイマイチだった。 物語は、高校生のアユが芸能人になって家族の生活を楽にしようと福岡から上京。 六本木のディスコのVIPルームでレコード会社のカリスマプロデューサー、マサが次のスターを探していると聞き、ディスコに出かける。 多くの女の子たちとマサの前に並んだアユだが、女の子の顔だけを見て次々と切り捨てる傲慢な態度に、「神様ですか!」と食ってかかって...... という展開。 ネット上では、濃すぎるキャラ、くさいセリフ、ベタな展開にツッコミ満載。 「笑いすぎて腹が痛くなった」と称賛する一方、「演技ひどすぎて内容が頭に入らない」とこき下ろす声まで賛否両論だ。 「アユとかマサとか、チャラくて、軽~い主人公たち。 ザ・90年代なバブリーなファッションに身を包んだキテレツな登場人物たちの濃ゆ~い演技がいちいち笑いを誘う。 特に高島弟。 この最悪のご時世に少しでも笑いが欲しい人は見て損しないんじゃないかな。 上手くいけば化けるかも」 「まずはこのご時世にオンエアできた強運がすごい。 そして胃が痛くなるぐらい笑えた! 誰が見るのかと思っていたけどすごい。 全員が笑わずにコントを演じてると思うとすごい。 来週も見ます」 「バブルっぽくてよかった。 三浦さんがカッコよかった」 「三浦翔平、高橋克典、高嶋政伸の共演はなかなか観られないので楽しみにしていた。 特にこんな深夜番組(編集部注:夜11時15分~)に人気のある高橋克典、高嶋政伸さんが出演してくれるのは大変嬉しい。 来週は水野美紀がアユを罵倒し水をぶっかける、クレイジーなスパルタ講師で出てくるというし」 「海賊眼帯」田中みな実のぶっ飛んだ怪演技に賛否両論 「マサ、怖い人かと思えば、めちゃくちゃ優しいジャン。 ところどころ優しさが見えて引き込まれた。 きっとアユが事務所やめるか悩んでタクシー降りてマサに会いに行ったのは嘘でしょう? 家の中に入れてもらえなかったのは本当かも。 だって奥さんいたもんね。 でも、入れてもらえずに外で歌うのも実話なの? どこまでホントなの?」 「三浦翔平、あまりにもクサくて笑っちゃう!田中みな実の役、あんな人ホントにいたの?フィクションだとしたらお笑い狙い? アユ役の子、がんばっていると思う。 当時のアユに似ているし、声や喋り方もよく研究している。 終始笑いながら楽しめた」 「アユとは同郷なので、個人的に頑張って欲しいと思って見ています。 松浦氏やアユがいなければ生まれなかったモノもあったと感じる。 「主人公アユの演技があまりにも大根。 新人なのは分かるが、容姿優先しすぎにも程がある。 なぜ、田中みな実は眼帯秘書? あと白濱亜嵐、演技がオーバーすぎてジャマなキャラ。 あと10年早くこのドラマがあればいくらか話題になるかと思うが、やはり浜崎あゆみ自体、話題にならない今、時代の流れ的には厳しい気がした」 「脱落した。 アユ役の子、なんなの? セリフ棒読みだし、笑うと顔がひきつっているし、色々痛い」 「浜崎あゆみの本心が聞きたい。 こんなドラマでいいの?」 「チープ感ハンパない。 ケータイ小説っぽい。 CGもいままで見たことないくらいダサい」 「全体的に痛々しく恥ずかしいセリフの数々に加え、田中みな実のくさい演技がこっぱずかしく、いつの時代かと思ってしまった。 ホントにあんな人がいたら、ネジがおかしすぎ。 いくら美人でも惹かれないでしょ。 マサがこの人とも付き合っていたなら、奥さんいて、アユもいて、3股やっていたのかと思って集中できなかった」 「期待していたのに、脚本がひどすぎてコントドラマかと思った。 キャストも題材もいいのにもったいない」 「名のある俳優さん以外の演技がみんなひどすぎて、見ているこっちが恥ずかしくなるレベル。 ダメなところに目がいって、内容が全く入ってこないけど。 逆に伝説になるんじゃ?」 「原作をベースにしつつ、同じ鈴木おさむ脚本の『奪い愛、冬』(編集部注:2017年テレビ朝日のドロドロ恋愛ドラマ)仕立てにしているのかな? そしてヒロインだけ大真面目にアユを物真似した喋り方。 私がアユ本人だったら、こんな作りにマサとの思い出が馬鹿にされているとしか思えないけどねえ」 「同感。 浜崎あゆみの本心が聞きたい。 こんなんでよいの?」 ちょうど、番組が放送されている最中に週刊文春のウエブサイトが松浦勝人会長の「大麻疑惑」を報じた。 最後にこんな声も。 「文春砲炸裂!最終回まで放送できるのか?」(テレビウォッチ編集部).

次の