バッド ホップ 名古屋。 愛知県&名古屋出身のヤバいラッパーのまとめ

クレイジージャーニーBAD HOPの壮絶な生い立ちやラッパーのきっかけは?|vodが大好き

バッド ホップ 名古屋

2018年は航空券を買ったのにも関わらず 2度もアメリカへ行けなかったらしいが 今回はもう一度買い直して渡米したみたいだ。 BAD HOPのメンバーは MASAのファッションやタトゥーに影響を受けていることが多い。 学生時代 T-Pablowの得意科目は国語だったようで 4回ほど作文コンクールに選ばれていた。 サッカーでは イメージとは正反対のディフェンダーで 中学1年生の夏までサッカーをしていた。 先輩にも強めの指示をするなどの行為が 周囲に恐怖感を与えてしまい ついには生徒の親の要望によって YZERRとともにサッカー部を辞めるよう顧問に頼まれる。 13criminalという 100人程の地元ギャングチームを率いていた。 geminiは 2WINの前身のユニット名で これも双子を連想させる双子座に由来している。 そんなT-Pablowだが 現在のBAD HOPになっても カリスマキャラは健在している。 高校生ラップ選手権では 第1回・第4回大会を制覇し フリースタイルダンジョンでは 初代モンスターを務めていた。 最初に彫り込んだタトゥーは おじいちゃんのヒロシとおばあちゃん。 T-PablowとTiji JojoとBarkで 2〜3歳からゴキブリ軍団を結成し 他の園児が作ったつみきを崩したり 女子のパンツをずらす等の悪行を働いていた。 所属するサッカーチームでは チームメイトが認める点獲り屋で 中学1年生の夏までサッカーをしていた。 他の人にはついていないところに 筋肉がついているらしく メンバー内で腕相撲が一番強い。 昔まで視力が2. 5あったこともあり ハンデを与えて白線より一歩下がっても 一番下のランドルト環が見えていた。 見かけによらずおしゃべりだが 過去にセミナーにも参加していたほど ビジネスセンスに長けているBAD HOPの実質のリーダー。 過去のMV制作では 撮影も担当するほどガジェットにも強く メンバーが認めるゲーマーでもある。 2WIN プロフィール• Yellow Pato• T-PablowとYZERR、G-k. dとともに メンバー内では運動神経が良く 中学時代は川崎フロンターレに所属していた。 酒を飲むペースが メンバーで一番はやく 好きな寿司のネタはつぶ貝。 裏アカ疑惑 コンドームキャップくんというアカウントが 以降にyellowpatoとあったことから リバトークの質問コーナーで裏アカ疑惑をかけられるが 本人とは無関係だということが判明した。 モテ伝説 小学校1年生のときには 入部した翌日にサッカーチームのコーチから 「お前の世界に連れてってやるよ」と言われたことがある。 他にもモテ伝説があり 学生時代のバレンタインデーには 家のポストと下駄箱にチョコが溢れていた。 家を出るところから バレンタインが始まっていたらしく 近所ではもこみちとも呼ばれている。 プロフィール• Tiji Jojo• 過去のMVでは YZERRが撮影をして Tiji Jojoが編集を担当していた。 おじさんがJ2のキーパーだったせいで 夏休み中にキーパーの猛練習をさせられるが 夏休み明けにはゴールではなくベンチを守っていた。 好きな寿司ネタは光物で カレーも大好物のひとつ。 好きな女性のタイプは 髪は長めのクリーム色で 性格が少し強めで黒木メイサのような人。 左視力0. 02と目がとても悪く 唯一メガネをかけていることが多いメンバー。 ライブに向けて メンバーのキャラクターグッズを制作中に 柴田理恵のグッズが混じっていると騒ぎになったが Tiji Jojoのグッズだったという逸話がある。 近所では市原隼人と呼ばれている。 プロフィール• Bark• 感動した映画に 「幸せのちから」を挙げている。 もともと天パで 中学時代はスパゲティのように 髪を盛り盛りにしていたサーフ系男子だった。 小学校から野球をしていて 中学校の野球部員が10人しかいないなか 最後の大会では9回裏ベンチだったが涙がこぼれた。 モテていたYellow Patoとは正反対に 弟がたくさんもらってきたバレンタインチョコをわけてもらっている。 好きな食べ物はカレーで 女性のタイプは髪が長めの人。 プロフィール• Benjazzy• ゆきかず 170cm B型 1994年 神奈川県川崎市川崎区 高卒 野球 昔は友達からゆきちゃんと呼ばれ 嘘つきのゆきかずで「ぱちかず」とも呼ばれていた。 夜の川崎でカードを切りまくることから 「侍」という二つ名も持っていた。 メンバー内ではヒップホップに一番詳しく ラップのスキルもメンバートップクラス。 ギャル雑誌に載っている高校に通っていて ギャル男ではなかったが現在も二枚目キャラは健在しているそうだ。 Benjazzyの父親は Barkの担任で英語の教師でもあった。 内なるJを秘めている人物でもあり VINGOとは正反対で日本らしい女の子がタイプ。 まるで翼の折れてる天使(エンジェル) Benjazzy.

次の

バッドホップが名古屋で乱闘&渋谷で喧嘩が理由で出禁?黒幕はリッキー?

バッド ホップ 名古屋

動画に映し出された乱闘は全国5都市のZeppを回るライブツアー「COLD IN SUMMER ZEPP TOUR」の最中、6月6日(木)Zepp Nagoyaで行われたライブの後に、会場の外で勃発したようです。 映像自体は2分に満たない程度の短いものですが、画面いっぱいにギャラリーが確認でき、割と大きな騒動だったことが伺い知れますね。 1対1の喧嘩というよりは、ヒートアップする当事者やそれをなだめる人々が入り乱れ、まさにプロ野球の「乱闘騒ぎ」を思わせる様相です。 なお登場人物が多いながら、髪形といった情報から、メンバーの特定作業は何とか行うことができますよ。 映像を注視する限り、YZERRが激高しながら「やってやるよ」などと声を荒げている様子が確認できます。 喧嘩相手の男性は最後、数人の男性たちに押し込められるようにしてタクシーに乗り込み去っていくのですが、YZERRの興奮はなおも収まらず、車に詰め寄っていく場面まで映し出されていました。 スポンサーリンク? 様々な憶測が流れるが… ギャラリーが大勢いたので喧嘩の状況に関しても容易に確認できると予想したものの、各種SNSをチェックしても、目撃者からの情報は上がっていませんでした; この件に関心を寄せているファンが多い一方で、事件の核心に迫る報告は全くといって良いほど見当たりませんでしたね。 それゆえ、ここから先は推測を含んだ話にはなるのですが、YZERRの様子を見る限り、今回の喧嘩は相手側が吹っ掛けてきたものと考えます。 加えてBAD HOPは日本武道館でワンマンライブを敢行するほどの言わば「大物」ですから、大した理由もなく喧嘩を吹っ掛けたりはしないと思うんですよ。 彼らは「良い人」で売り出しているわけではないですし、ある意味このたびの映像もイメージから大きく外れたものとも感じませんが(笑)、やはり影響力がある立場ゆえ、わざわざリスクを背負うような真似もしないでしょう。 ただそのあたりの状況を鑑みて、軽い気持ちで因縁をつける輩がいてもおかしくはありません。 BAD HOPに絡むことで「ハクがつく」という考え方もある気がしますね; なお今回の件に関しては、名古屋のラッパーと取り巻きのチンピラが絡んできて、最初は無視していたBAD HOPサイドも次第に我慢ができなくなりキレた…との説が有力になっています。 最初は無視していたという話が事実ならば、やはり喧嘩の原因自体は一方的かつ取るに足らないようなことだったのでしょう。 ただ相手側も(余り知名度がない人物との情報はありますが)ラッパーと聞くと、最後にわざわざタクシーを呼ばれていたという点も何となく納得できる気はします。 いずれにせよ、一連の動画でBAD HOPの評判が急落したなどということはないですし、とにもかくにも怪我人が出なかったようで何よりでした^^;.

次の

愛知県&名古屋出身のヤバいラッパーのまとめ

バッド ホップ 名古屋

住みたい街ランキングにも入り、最近では「ムサコマダム」なんて言葉も使われるようになった川崎市中原区武蔵小杉。 川崎市のちょうど真ん中辺りに位置しており、現在では高級高層マンションや商業施設、ホテルなどが次々と建設され、一躍「オシャレな街」として広く認知されている。 しかし同じ川崎市でも、最も東に位置している川崎区になると様相は大きく変わる。 沿岸は京浜工業地帯に属し、現在も埋め立て地の造成が進む。 大規模な石油コンビナートや、製鉄所などの工場が多数存在しており、お世辞にも環境が良い場所とは言えない。 そんな川崎区の工業地帯に存在するのが池上町。 戦後、労働者として集められた在日韓国・朝鮮人が不法占拠したまま形成したコリアンタウンを擁し、「日本で一番空気が悪い場所」と称され、産業道路と貨物線路に囲まれた陸の孤島のような町である。 ここ池上町をホームタウンとしているのがBAD HOP。 「高校生ラップ選手権」でもお馴染みの双子ラッパー2WINのT-PABLOWとYZERR、そしてTIJI JOJO、BARK、VINGO、DJ KENTA、YELLOW PATO、G-K. 、BENJAZZY、AKDOW、2WINの兄であるMASAらが所属する二十歳前後のヒップホップクルーだ。 決して恵まれているとは言えない家庭環境、そして毎日の生活の中から、彼らはどんな日々を過ごしてきたのだろう。 何を掴んだのだろう。 「自分らの過去は普通じゃない。 何かに怯えて毎日を生活してきた。 でも音楽で、ラップで、自分らは変わることができた」 川崎の町でBAD HOP(イレギュラーバウンド)したボールは、いつまでも止まることなく転がり続ける。 原題:MADE IN KAWASAKI(2015) --------------------------------------------------------------------------------------------- VICE Japan: Facebook: Twitter: Instagram: チャンネル登録: ---------------------------------------------------------------------------------------------.

次の