カリフォルニア ディズニー アトラクション。 ココだけは押さえたい!ディズニー カリフォルニア アドベンチャー パーク厳選スポットと新アトラクションも|エクスペディア

【カリフォルニアディズニー旅行記】効率よく200%遊び尽くす攻略法まとめ!

カリフォルニア ディズニー アトラクション

建設中のマーベルエリア 2019年8月、隔年で開催されるディズニーの大型イベント「D23 Expo 2019」にて、マーベル作品にした新エリア「マーベルエリア」の詳細が発表されました。 それによるとマーベルエリアが登場するのは次の3パークで、2020年を皮切りに順次オープンとなります。 香港のマーベルエリアについては、現在のところ名称未定となっています。 最初にアベンジャーズ・キャンパスがオープンするのはカリフォルニアで、こちらにはすでに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のアトラクションが存在します。 また、パリでは夏季シーズンにアベンジャーズのショーを開催していますし、香港ディズニーランドには『アイアンマン』や『アントマン』をテーマにしたアトラクション施設があります。 今回新オープンするアベンジャーズ・キャンパスは、次々に地球を襲う敵に対抗するため、アベンジャーズが次世代ヒーローの発掘・育成を目的として建設した施設という設定。 アベンジャーズに協力してくれる仲間を探すため超人をリクルートするという設定になっていて、ゲストはストーリーの一部となりエリアを楽しむことができます。 ディズニーのマーベルエリア:どんなアトラクションがオープンする? 現在明らかになっているアトラクションは、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーにオープンする2つです。 1つ目はベンジャーズ本部を舞台としたアトラクション、2つ目はアベンジャーズとも深い関わりのあるスパイダーマンのアトラクションです。 日本のディズニーパークはので、日本にマーベルエリアが上陸する可能性は低いでしょう。 どうしても体験したい方は海外へ遊びに行くほかありません。 まとめ いかがだったでしょうか? 新たに海外のディズニーパークにオープンするマーベルエリア「アベンジャーズ・キャンパス」をご紹介しました。 まだアトラクションやレストラン詳細が出ているのは2020年オープンのカリフォルニアのみで、パリと香港についてはカリフォルニア版とは異なることが予想されます。

次の

【カリフォルニアディズニー】日本にないオススメアトラクション17選

カリフォルニア ディズニー アトラクション

アメリカ( カリフォルニア州)の ディズニーランドへ 家族旅行を計画されている方、 子連れで行くことにちょっぴり 不安を感じている方へ向けた記事です。 こんにちは、アメリカ駐在員のユキヒョウ。 ( )です。 先日(2019年2月)、 ロサンゼルス近郊の アナハイムにある ディズニーランドに行ってきました。 カリフォルニアディズニーは今回で 5回目。 初めて行った時は子供が 4歳と 5歳の未就学児でしたが、今回はそれぞれ 7歳と 9歳。 アトラクションの 身長制限もクリアし、100%フルで楽しむことが出来ました。 過去5回の体験を振り返り、 カリフォルニアディズニーを 子連れで出来るだけ効率よく、ストレスなく 楽しむために押さえておきたい ポイントと 注意点を紹介します。 これからカリフォルニアディズニーランドへの家族(子連れ)旅行を計画している方の参考になれば嬉しいです。 カリフォルニアディズニーランドのシンボル 眠れる森の美女の城(Sleeping Beauty Castle) カリフォルニアディズニー 2つのテーマパーク カリフォルニアディズニーには『 ディズニーランドパーク』と『 ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーパーク』の2つのテーマパークがあります。 どちらのパークがおすすめか? 両方です。 時間に余裕があれば『 2-Day 1-Park』 チケットを購入し、 1日につき1パークを2日間存分に楽しむのがベストだと思います(少なくとも1泊2日コース)。 尚、『ディズニーランドパーク』のほうが閉園時間が遅いので、1日目に『ディズニーランドパーク』、2日目に『アドベンチャーパーク』に行くことが多いです。 夏は日差しが強いので日焼け、 熱中症対策が必要。 暑いなか長時間歩くのでかなり疲れます。 サンクスギビング前 11月中旬) 空いてる(2) サンクスギビング休暇(大型連休)前。 クリスマス (12月下旬) かなり混雑(4) 24・25日ともに混雑してましたが、年明けよりもずい分マシ。 クリスマスパレードは盛大、 花火もあり。 夜はかなり冷え込むので防寒対策を。 お正月休み (1月上旬) 激混み(5) クリスマスよりもさらに混雑してて驚きました。 クリスマスパレードは1月第1週の週末まで。 夕方早めに寒くなり、レストランも室内席は混雑してすぐには入れない可能性があるので注意。 東京ディズニーランドと比較すると空いていますが、ピークシーズンはそれなりに混雑します。 ちなみに、には以下の期間がオフピークとされています。 Mid-April through mid-May except during Spring Break• Mid-September through mid-November except during Halloween Time at the Disneyland Resort 但し、季節のイベントや閉園時間、アトラクションの状態などは事前にで確認要。 おすすめのホテル 初めての場合や、今回が最後かもしれないといった場合はディズニーの『』もいいと思いますが、当然ながらコストが高い。 アドベンチャーランド内の『ディズニーズ・グランド・カリフォルニアン・ホテル』以外の直営ホテルからテーマパークまでは、途中『』を通るなどして、徒歩だと30分程度かかります。 ホテルからパークまで徒歩での往復を考えた場合、はっきり言って 子連れ移動は大変。 ホテルは大変素晴らしいですが、移動距離が長いということ(誤解なきよう) もちろん、 ダウンタウンディズニーから モノレールでの移動も可能ですが、行きたいところにダイレクトに行けないので、毎回だとやはり少し煩わしい。。 (せっかくなので1回は乗ってみることをおすすめします) アドベンチャーパーク内の『ディズニーズ・グランド・カリフォルニアン・ホテル』が全てにおいてベストですが、そうそう何度も気軽に泊まれる値段ではありません。 初回は直営ホテルに泊まりましたが、2回目以降はいつも以下のホテルを利用しています。 Anaheim Fairfield Inn by Marriott (アナハイム フェアフィールド イン バイ マリオット) ポイント• チェックイン前でもパーキングが利用可能(チェックアウト以降は有料で可)• ディズニーランドの入口まで歩いてすぐ(10分未満)• ホテルとディズニーランドの間にファミレスやファストフード店が複数あり• Marriottグループホテルなのでサービスの質も良い• 各サイトで高評価(4. 例えば、• 夜のパレードを見るために、一度ホテルに戻って休みたい。 ランチ後にちょっとお昼寝したい。 子供が疲れたので少しベッドで休ませてあげたい。 特に子供が小さい場合や疲れやすい場合は、 出来るだけ近場のホテルがおすすめ。 疲労困憊の状態になったパークからの帰りには、本当に助かります。 服装 温暖な気候のカリフォルニア。 冬以外であれば昼間は半袖、夕方以降にスウェットやパーカーなどTシャツの上に羽織れる上着があれば問題ありません。 但し、昼間は日差しが強いので、 日焼け止めは1本持って行ったほうがいい。 夏は気温・湿度共に日本よりも低いですが、念のためこまめに 水分補給はしましょう。 日差しがあれば冬でも暖かいですが、日が沈むと途端に寒くなるので 冬の防寒対策は忘れずに。 昼間と夜で寒暖差があるので、厚手のコート1枚よりは、 重ね着が可能なもの数枚(スウェットやセーターなど)+ 厚手じゃない上着(ウィンドブレーカーなど)の方が 調整がきいてベター。 濡れる系のアトラクションに乗る場合は、 タオルや 靴下の替えも持って行った方がいいです。 貴重品以外の ちょっとした荷物置きとしてもすこぶる便利。 朝から大興奮の子供たち、ランチ後は間違いなく『落ちます( 眠たくなります)』。 長時間の抱っこ or おんぶは親の行動が制限されてしまい、十分楽しめません。 朝からバンバン写真を取っていて、お城の夜景を撮ろうとしたらバッテリー切れ。。 待ち合わせの際に電話しようとしたら電池がない、なんて悲劇は避けましょう。 首掛けストラップがあるとスマホの出し入れに超便利です。 水筒/保温ボトル パーク内のスタンドでも飲み物は購入可能ですが、保冷・保温の観点からも水筒や保温ボトルはあったほうがいいです。 冷たい水もペットボトルのまま持ち歩くとすぐに常温になってしまいます。 夜寒くなったらコーヒーを買って保温ボトルに入れておくと、長時間温かいまま。 おやつ ハイチュウやキャラメル、グミなど個別包装のお菓子。 (チョコは溶ける場合があります) アトラクションの待ち時間やちょこっとお腹が空いた時に助かります。 混雑時、なかなか席が空かないレストランの待ち時間にひもじい思いをしなくて済む。 敷物(シート) パレードなど地面に直接座って見る場合などに重宝します。 カリフォルニアはほとんど雨は降りませんが、万が一の場合も防水シート1枚あるだけで何かと便利。 日焼け止め 昼間の日差しはとても強いので、必要に応じて帽子やサングラスも。 タオル、靴下の替え スプラッシュ系のアトラクションに乗る場合に。 特に『靴下』が濡れるととにかく不快ですよね… アメリカ カリフォルニアディズ二ーを子連れで楽しむポイントと注意点 当日編 混雑する荷物(セキュリティ)チェックエリア パーク入場 パークに入場するには2段階のチェックをパスする必要があります。 荷物(セキュリティ)チェック• チケットチェック 荷物(セキュリティ)チェック パークから見てダウンタウンディズニーの反対側、パーク東側の『S Harbor Blvd』から入口に向かうと、シャトルバスの発着場の先に荷物チェックのエリアがあります。 大きく 3レーンに分かれており、中央が『荷物なし(without Bags)』のレーンで身体チェックのみ、その左右両側が『荷物あり』のレーン。 各レーンに複数の列があり、子連れの場合は『荷物あり』のレーンに並ぶわけですが、混雑しているとゲート直前まで自分がどの列に並んでいるのか不明確。 どこに並べば早く通過できるか? 経験上、その答えは中央寄りのレーンです。 出来るだけ中央にある 『荷物無しレーン寄りの荷物ありレーン』にポジションを取ってください。 チケットチェック 荷物チェックゲートを抜けると右手が『ディズニーランドパーク』、左手が『ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーパーク』。 入場ゲートもやはり 中央付近が空いています。 人だかりが出来ていますが、ゲート正面からの写真を撮っているだけで、列は空いてることが多い。 チケットは事前に オンラインで購入しておくと、チケットカウンターで待つ必要なし。 オンラインで購入したバウチャーのバーコードを入場ゲートで係員の持っている機械にかざせば、その場でディズニーのチケットが発券されます。 尚、 缶バッチ(初めての訪問や誕生日、記念日など)は チケット カウンターでその旨を申し出れば 無料でもらえます。 まず最初にすること 出来るだけ効率よくアトラクションを楽しむには、FASTPASS(ファストパス)を最大限活用する必要があります。 そのため、 入園後はすぐにファストパスを取ります。 アトラクションを楽しむための基本的な流れは、• ファストパスを取る• 次のパスが取れるまでアトラクション/イベント/食事などを楽しむ• 次のパスが取れる時間になったら次のファストパスを取る• 次のパスが取れるまでアトラクション/イベント/食事などを楽しむ この繰り返しです。 人気アトラクション は 午前中でファストパスが発券停止 になる場合もあるので、 出来るだけ早め にパスをゲットすることをおすすめします。 人気のアトラクション ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーパーク• ラジエーター・スプリングス・レーサーズ• ソアリン• トイストーリー ミッドウェイマニア カーズランドのラジエーター・スプリングス・レーサーズは朝一でファストパスを取ってからStand-byラインに並ぶと1日に2回乗れる ディズニー公式モバイルアプリ 在アメリカの方はディズニーランドの 公式モバイルアプリをおすすめします。 各アトラクションの待ち時間を簡単にチェックできます。 有料ですが、ファストパスもアプリで入手可能。 ランチ(ディナー)はテーブルサービスのあるレストランへ あくまで混雑時のケース。 子供がお腹を空かせているのに、どこもいっぱいで食事をする場所がないという事態は避けたい。 パーク内のいくつかの レストランは 事前予約が可能です。 マップ上に『R』マークのあるレストランに立ち寄り、事前にテーブル予約をすればそんな不安も解消。 家族でゆっくりと食事が楽しめます。 しかも美味しい。 歩き回って疲れた体を少し休めて夜に備えましょう。 おすすめレストラン(個人的な感想) ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーパーク• Wine Country Trattoria(Pacific Wharfエリア) 席の用意が出来ると携帯にテキストメッセージを送ってくれます。 ランチ後に一度ホテルに戻り、夜に備えて休憩するのも現実的な選択肢のひとつです。 メッチャ美味しかったパスタ ディズニーランド(アナハイム) 特に混雑してる時はレストランでテーブル予約してちゃんと食事した方がいいです。 テーマパークだけど、味も美味しいよ。 — ユキヒョウ。 パレードを観るベストポジションはどこか? それは パーク中央、 ウォルト・ディズニーとミッキーの銅像がある円形広場の右側、 トゥモローランドに面した位置にあるベンチ。 ベンチにゆったり座ってパレードが見れます。 ストローラーはベンチの脇に停めておけばOK。 カリフォルニアディズニーのクリスマスファンタジー・パレード😃 プリンセス達です👸 — ユキヒョウ。 カリフォルニア駐在 Yukihyounet ミッキー&ミニーもノリノリ。 カリフォルニア駐在 Yukihyounet アメリカ カリフォルニアディズ二ーを子連れで楽しむポイントと注意点 おすすめアトラクション ポイント• 身長制限122cmのため、まだ身長が基準に満たない子供は乗れません。 入口またはファストパスの発券機付近に 身長計があるので、ファストパスを取る場合は事前に子供の身長を測ってから。 ファストパスを取らなくても 比較的空いてますが、絶叫系が苦手な人にはおすすめしません。 世界各地の絶景をブランコのようなライドに乗って、まるでハングライダーで上空を飛行しているような体験が出来ます。 ライドは1(上)・2(中)・3(下)と、全部で3レーンの構成。 ポイント• 非絶叫系アトラクションとしてはアドベンチャーパークで 人気No. 1回待ってでも一番上の レーン1が絶対におすすめ• 乗り物に乗ってアリエル達が住む海の中の世界へ。 小さな子供達に大人気のアトラクションですが、嬉しいことになぜか いつも空いてます。 こちらも映画『リトル・マーメード』を観てから乗るともっと楽しめますよ。 ポイント• 高クオリティながら いつも空いている• 2020年にアイアンマンやキャプテン・アメリカなど、人気アメコミヒーロー『Marvel』をテーマにした新エリアに生まれ変わります。 工事現場の壁にはアイアンマン・シリーズでおなじみの『スターク・インダストリーズ(Stark Industries)』のロゴが書かれていました。 この壁の向こうでトニー・スタークはどんなサプライズを用意してくれているのか? アイアンマン・スーツを身にまとって敵と戦う疑似体験が出来るのか? アベンジャーズ最大最強の敵、サノスは? アベンジャーズ・シリーズ大好きなので、どんなアトラクションになるのか楽しみです! アメリカ カリフォルニアディズ二ーを子連れで楽しむポイントと注意点 まとめ ポイント、注意点まとめ• カリフォルニアディズニーは1日につき1パーク、2日間存分に楽しむのがベスト• ホテルは近いに越したことなし• 防寒は重ね着が可能なもの数枚+厚手じゃない上着の方が調整がきいてベター• 荷物(セキュリティ)チェック、エントランスは中央付近が比較的空いてます• 効率よくアトラクションを楽しむにはファストパスを最大限活用• 混雑時、ランチ(ディナー)はテーブルサービスのあるレストランへ• ディズニーランドパークのパレードはパーク中央付近のベンチを確保• ディズニーキャラクター、プリンセス好きは是非ファンタジーランドの2シアターへ• 人気ジェットコースターは早めにファストパスをゲット• 関連記事 【あわせて読みたい】.

次の

カリフォルニアディズニーのおすすめアトラクションBEST11

カリフォルニア ディズニー アトラクション

全景 アメリカのカリフォルニア州近郊のアナハイム市の南西部に位置し、1955年にオープンした。 現在世界中でウォルト・ディズニー社が運営するディズニーパークのうち最初に建設された。 マスコットキャラクターは。 中心となるディズニーランドを含む複数のや、ショッピングモールなどを含む「」の一部をなす中心的存在である。 オープン以降現在に至るまで、アメリカ国内のみならず、世界で最も有名でかつ利用客の多いテーマパークであり、には、アメリカをとして訪問したとも訪れた他、やをはじめ、ロサンゼルスを訪れた各国の王族や首脳が数多く訪れることでも有名である。 また、他のディズニーランドと混同が起こるため、ディズニーのファンから 元祖ディズニーランド、 カリフォルニアディズニーランド、 アナハイムディズニーランドなどの非公式名称と呼ばれることも多い。 歴史 [ ] 建設計画 [ ] (左) (右) は、で楽しいのは子どもだけで大人にはベンチ位しか居場所がなかったの実体験から、大人と子どもの両方が楽しめ、恒久的な娯楽施設の建設を計画した。 その際、ディズニーが参考にしたのは、カリフォルニア州オークランドにに作られた、最初の子供用遊園地「チルドレンズ・フェアリーランド」と、にに作られた遊園地である。 これはウォルトが子供の頃、鉄道模型を買ってもらえなかったのが理由とされている。 当初の目的はディズニー社の社員の娯楽施設だった。 建設開始 [ ] 設計図を見る(中央、) 後、当初の計画は大幅に拡張され、より広い土地が必要であることが判明した。 初め、事業資金を入手する困難に直面したディズニーには、新たな資金源の開拓が必要となった。 ウォルト・ディズニーはを利用することを決め、彼の構想する魔法の王国を各家庭に売り込むことを図り、から『』と題された番組がにより放送された。 この際に「自分の制作したものはたとえ一部分たりとも他社に所有権を与えない」という「禁」を破り、ABCに遊園地の一部所有権を与え、契約金75万ドルを得た(後に豊かになったディズニーがこの一部所有権を買い戻した)。 の研究員の示唆により、ディズニーは計画中の遊園地のために、初めの計画の22倍に相当する160エーカー 730,000m 2 の用地を、1エーカーあたり4000ドルで近郊のアナハイムに取得した。 この土地は当時畑と畑であったが、一年を通して好天に恵まれている上に、連邦ハイウェイ101(現在の5号線)の建設が予定されており、将来の発展と交通の便が見込まれる土地であった。 1954年に着工されて以降、ウォルト・ディズニーは建設現場にほぼ毎日訪れ、屈んで子供の視線になって、様々なアトラクションや各種施設が出来上がっていくのをチェック、建物や木々の配置の変更を自ら作業員に指示していたという逸話が残されている。 オープン [ ] ロープウェイ上からの風景(1950年代) 1955年7月17日に正式オープンとなり、カリフォルニア州知事とカトリック教会の司祭、プロテスタント牧師、ユダヤ教の指導者がスピーチを行ったほか、も来場した。 この日のオープンの模様は先述のテレビ番組『ディズニーランド』でアメリカ中に生中継された。 この番組では、俳優のや(後のカリフォルニア州知事、および)、パーソナリティのらが出演し、オープンの様子を伝えた。 オープン当日は猛暑になった上に、パーク内の多くはまだ建設中であったこともあり、ガス漏れからウォーターディスペンサーの故障まで様々なトラブルが相次いだ。 さらにオープン当初は や など、11種類のアトラクションしかなかった上に故障も頻繁に起きたため、ディズニーランドが完全な形で運営されるまでには丸3年かかった。 またこの日は、テレビ中継上入場客がある程度いないとサマにならないので、ディズニーの従業員を「」として配置することが計画された。 しかし当日の入場客は55,000人を越え、アトラクションによっては2時間待ちとなるなどどこもかしこも大混雑になり「さくら」は不要になった。 なお、開場1年で入場客数は400万人を突破する。 1950年代後半-1960年代 [ ] (1963年) その後も順調に来客者数を増やし、 ・ムーンライナーの更新が行われたほか、には ディズニーランド・モノレールや サブマリン・ヴォヤッジなどの、その後人気を博すアトラクションが追加されるなど複数のアトラクションが追加、更新された。 なお、モノレールはその後数回にわたり車両の更新が行われており、現在は5世代目の車両となっている。 また サブマリン・ヴォヤッジはに一時改装のため閉鎖されたが、その後映画『』の要素が追加されて として再オープンした。 1959年にアメリカを初訪問したの最高指導者であるは、員からディズニーランドの存在を聞き訪問を強く希望したものの、保安上の観点からに訪問を拒否された。 これに怒ったフルシチョフは、歓迎晩餐会の挨拶の場でこの事に対する苦情を述べた。 には開園から10周年を迎えた。 その後5年と10年ごとにアニバーサリー企画が催され、園内が華やかに飾られる他、などのスポンサーによるなどの入園プレゼント企画も提供された。 には、からで開催されたから イッツ・ア・スモールワールドがファンタジーランドに移設されてオープンしたほか、同じく移設された ピープルムーバーがのスポンサーの元でトゥモローランドにオープンした。 さらに ディズニーランド・モノレールの路線を延長することで園内と直結した、初の直営である が開業した。 1970年代-1980年代 [ ] スター・ツアーズ には、以上の年代の若者の取り組みを目的に、当時若者を中心に人気を集めていた的なアトラクションの充実が図られ、 や を始めとする、その後もディズニーランドのアイコン的人気を得ることになるアトラクションが追加された。 また1970年代中盤以降、円高と航空旅客運賃の低下、それらがもたらした海外旅行熱を受けたからの来客者が激増したため、これまでは言語のみであったパンフレットや音声案内、園内の案内板などに、初めてアジア言語である版が設置されるなどの対応が行われた。 なお4月には、のとの契約により「ディズニーランド」として初めての海外進出となる「」が日本のに開園したにもかかわらず、その後も日本人の来場客が増え続けたために日本人客に対する対応が引き続き充実されている。 には開園から30年を迎え、大掛かりな30周年記念イベントが執り行われた。 またこの頃から経年化したアトラクションの更新と廃止が行われ、後半から、 ディズニーランド・モノレールや の車両の入れ替えなどさまざまな改修が行われたほか、初期から提供されていたアトラクションが、老朽化や利用者数の低下などを理由に廃止された。 その一方で、が主演を務めた3D映画「 」や、映画『』を元にした型アトラクションである「 」など、当時ディズニー以外とのコラボレーションや、新たなテクノロジーを取り入れたアトラクションがオープンした。 1990年代-2000年代 [ ] トゥーンタウン(1995年) には新たなテーマランドである「」がオープンしたほか、には映画『』をモチーフにした「 」などのアトラクションもオープンした。 またには、正門横から道を隔てた場所にある、日本のが所有していた「」を買収し、新たに「」として1995年に開業した。 また引き続き、 スカイウェイ()、 ピープルムーバーなどの初期から提供されていたアトラクションが、老朽化や利用者数の低下などを理由に廃止された。 後半に入ると、1980年代にからの脱却や施行が終わり、その後急速な経済成長を遂げたやなどや、同じく経済成長を遂げたなどの諸国からの来客者が増大した。 2月には、正門前の駐車場スペースに第2パーク「」と、商業施設「」が建設されたこともあり、これまで平面式であった駐車場が立体式のものに建て替えられた他、駐車場出口がの出入り口と直結するなど利便性が増している。 2つのパークと3つのホテル、商業施設を含め「」と呼ばれる。 に開園50周年を迎えた。 記念行事は2005年からスタートし、翌9月まで盛大に行われた。 パーク内各所にミッキーの形に「50」の数字が施された飾りが50個隠されたり、50年前のオープン時から現存する乗り物は金色に塗装される等、「ゴールデンアニバーサリー」として、他のディズニーパークも交えてのイベントとなった。 これに伴い、パレードや夜の花火なども新規のものが導入された。 なお東京ディズニーランドでもこの期間、ウォルト・ディズニーとミッキーの前に、ディズニーランドが50周年である事を記す飾り付けが施されるなど、世界中のディズニーランドで祝福された。 現在 [ ] ファインディング・ニモのサブマリン・ヴォヤッジとモノレール(2010年代) 1月には、前年6月に死去したの功績を称え、から10年以上上映されていた人気アトラクション キャプテンEOが、 キャプテンEOトリビュートとして、7月まで期間限定で再オープンされた。 なおの中頃より、経済成長と海外旅行ブームを受けたなどの新興国からの来園者が増加した。 には開園から60年を迎え、眠れる森の美女の城にダイヤモンドを基調とした60周年のデコレーションが施されるなど、大掛かりな装飾が園内の至る所に施されている。 さらにやディズニーランド・フォーエバーなどのショーやパレードも新しくスタートした。 この60周年キャンペーンは2015年5月22日に始まり、2016年9月まで開催される。 2015年8月にのテーマエリアを建設することを発表した。 公表されたアトラクションは2つで、1つはあの「」に乗り、銀河をハイスピードでめぐるというもの、もう1つはゲストが銀河戦争の兵士として戦いに参加できるものである。 7月には、エリア名を『』とすることが発表された。 このエリアは2019年にオープンした 2019年4月20日、2022年にで『』がオープンすることが決定。 2020年3月14日、のから発生したにより、アメリカ国内の感染拡大予防のため3月末まで閉園を決定 したが、米国国内も爆発的な感染拡大 し、カリフォルニア州もを発令した。 そのため、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートと共に閉園期間の延期を決定。 全ディズニーパーク初一斉休園した。 入場方法 [ ] パークの入場者は正面玄関手前の売り場でチケットを買い、正面のゲートから入場し、「ディズニーランド鉄道」のメインストリート駅の脇のトンネルをくぐり メインストリートUSAへと入る(ディズニーランドホテル近くにあるダウンタウンディズニー駅からディズニーランド・モノレールに搭乗してパーク内に入ることも出来る)。 なお、チケットはすべてのアトラクションを利用できる「パスポート」のみであり、一部の無料アトラクションしか利用できない入園券や、アトラクションごとのチケットは1990年代に廃止された。 「パスポート」には1日券や2日券、年間パスがあり、現金と、での支払いが可能である。 またで購入することもできる。 その他にも、それらのチケットを利用して入園した後、無料で入手できる「」と呼ばれるアトラクション利用時の行列を避ける時間予約制チケットも存在する。 施設 [ ] ディズニーランドの施設は、以下の9つのテーマランドで構成されている。 メインストリートUSA [ ] 詳細は「」を参照 は、映画『』をテーマにしたテーマランド。 一部エリアを除き2019年5月31日にオープンし、2020年1月17日に完全開業。 パーク内の移動 [ ] パーク内を が1周しており、 メインストリート USA、 ニューオーリンズ・スクエア、 トゥーンタウン、 トゥモローランドに駅がある。 1周の所要時間は約20分である。 駅と駅の間では各アトラクションの裏側が見える場所があるほか、恐竜時代のジオラマなどを見ることができる。 までは会社がこの鉄道とモノレールのスポンサーであったため、鉄道は「サンタフェ・アンド・ディズニーランド鉄道(Santa Fe and Disneyland Railroad)」という名称であり、園とホテルを結ぶモノレールにも同社のロゴが貼られていた。 なお、このディズニーランド鉄道とモノレールはオープン後ウォルト・ディズニーが亡くなるまでは、ウォルト個人の所有であった。 アトラクション [ ] 人気アトラクション [ ]• ファンタジーランド内の人気アトラクションの一つである イッツ・ア・スモールワールドは、に開催されたののアトラクションとして、の提供の元ウォルト・ディズニーによって企画され、世界博内で使用された後、ディズニーランドに移設されたものである。 デザインは、による。 2009年に、香港ディズニーランドのイッツ・ア・スモールワールドと同じくディズニーキャラクターが登場するバージョンとなってリニューアルオープンされた。 アドベンチャーランド内に、同名の映画をテーマに作られたアトラクション。 軍用車を模したものライドに乗り込んで古代の神殿を探検する。 トゥモローランド内とダウンタウン・ディズニーに駅があり、ディズニーランドとダウンタウン・ディズニーを往復運転する。 初のモノレールとしてに導入され、が採用されているため、1970年代初めまでは「DISNEYLAND-ALWEG MONORAIL SYSTEM」と呼ばれていた。 なお、にあるモノレール「」と違い、運搬を第一の目的として作られていないため、比較的コンパクトな造りである。 上記のようにアッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道がスポンサーであったころは、同社のロゴが描かれていた。 また、これまでに数回車両が新しいものに取り換えられている。 マッターホーン・ボブスレー マッターホーン内に作られた。 をイメージしたつくりとなっている。 導入されたのは1959年6月と、ディズニーパーク初のローラーコースターである。 のが来訪時に搭乗した事がある。 映画「」をテーマに作られたアトラクション。 トゥモローランドに1959年に導入された、をテーマにしたアトラクションであるサブマリン・ヴォヤッジがに廃止された後、同アトラクションの設備を流用し6月に導入された。 蒸気船マーク・トウェイン号 フロンティアランド内に流れるアメリカ河を運行している。 アメリカの開拓時代に使用されていた外輪船を模したものである。 なお、アメリカ川では他にも 帆船コロンビア号も運行されている(季節運行)。 ディズニーパークにあるフライトシミュレータ型アトラクションの一つ。 前バージョンであるスター・ツアーズから映像が3Dになり、シーンごとに用意された複数のシナリオがランダムに選択されるシステムを導入しており、54通りの組み合わせでストーリーが展開される。 過去に存在した人気アトラクション [ ]• ピープルムーバー にが提供した自動運行交通システムが基になっている。 その後ディズニーランドに移築され、の提供で1994年まで運営された。 に「アメリカン・ジャーニーズ」に内容が更新され1990年代後半まで運営された。 キャプテンEO の人気が絶頂期を迎えていた9月にオープンした3D映画。 主演がマイケル・ジャクソン、制作総指揮が、監督がというオールスター・キャストで製作された。 にクローズしたが、6月にジャクソンが死去したことを受け、に期間限定で再オープンされた。 スカイウェイ 園内を横断する。 マッターホルン山の山腹を貫通していた。 1994年まで運営された。 エンターテイメント [ ] 園内の至るところで、様々なパレードをはじめとするエンターテイメントが開催されている。 メインストリート USAを中心としたパーク内を、各キャラクターと電飾された山車、ダンサーが電子演奏とともにパレードするもの。 1972年 - 1996年の長きにわたって行われた。 その後は、隣のカリフォルニアアドベンチャーで「ディズニー・エレクトリカルパレード」が2010年まで行われた。 アドベンチャーランドのアメリカ川で行われるスペクタクル・ショー。 ミッキーと悪役が闘う様子を、川を使ったウォータースクリーンやレーザー光線などの特殊効果を駆使して表現する。 その他 [ ] 徹底した雰囲気作り [ ] 眠れる森の美女の城 ディズニーランドは日常から切り離された架空の世界を冒険するというコンセプトにのっとり、パーク内では徹底した雰囲気作りが行われている。 パークにはいわゆる「従業員」が居らず、従業員を「キャスト」来客を「ゲスト」と呼称し、キャストは全員がディズニー作品にのっとったコスチュームをまとって役を演じながら作業をしている。 パークの周囲は木岐で覆い隠され周囲の住宅やホテル、が見えないようにしたり、食料やゴミの運搬は地下の通路を通じて搬送することで、現実感をゲストに与えないようにしている。 アニバーサリー [ ] 開園以降5年と10年ごとにアニバーサリー企画が催され、園内が華やかに飾られる他、アニバーサリー記念の土産物やグッズが用意される。 また、過去にはゼネラルモーターズ GM などのスポンサーによる自動車などの入園プレゼント企画も提供された。 日本人向けのサービス [ ] 1970年代以降に日本からの客が増加したため、日本人向けのサービスが充実している。 公式ウェブサイトには日本語バージョンが用意されている。 日本語のマップが用意されている。 一部アトラクションでは日本語で聞くことが出来るレシーバレンタルサービスがある。 日本語を含む英語以外の言葉を話せるキャストはネームタグ(名札)に話せる国の国旗シールが貼られている。 パーク内にあるコインロッカーは操作画面で日本語を選択できる。 アクセス [ ] ロサンゼルス・エアウェイズのヘリコプター アナハイム市の一般道からアクセスできるほか、市外からの来訪者のために5号線からパーク内の駐車場へ直通する出入口がある。 ロサンゼルスのダウンタウン、及びや、、のいずれからも車で30分程度で、さらにロサンゼルス国際空港からの便があるが、現在でのアクセスは整備されておらず、最寄り駅はとなっている。 なお1960年代には、ディズニーランド園内の駐車場に隣接する専用ヘリポートと、ロサンゼルス市内やなどとの間を結ぶの定期便が、ロサンゼルス・エアウェイズによって運航されていたが、に起きた墜落事故を受けて廃止された。 関連する作品 [ ] 映像作品 [ ]• ドキュメンタリー『』シリーズ()• 第342回『ウォルト・ディズニー・ワールド(前編)』• 第343回『ウォルト・ディズニー・ワールド(後編)』• 映画『』(製作年:1983年、原題: VACATION NATIONAL LAMPOON'S VACATION) 『ナショナル・ランプーン』シリーズ作品。 郊外に住む主人公一家が、にあるディズニーランドをモデルにした作中架空遊園地「ワリー・ワールド」(脚本家による短編小説の原作では、実名のまま登場)を目指し、車でアメリカ大陸横断に挑むコメディー・。 ウォルト・ディズニーをモデルにした作中架空人物「ロイ・ワリー」も終盤で登場する。 ソフトウェア [ ]• 向けゲーム『』(発売、) ディズニーランドでの体験をもとにしたゲームソフト。 Xbox360とその周辺機器であるを使ってパーク内を歩き回り、アトラクションをモチーフにしたミニゲームを遊ぶことができる。 2011年6月7日、アメリカのロサンゼルスで行われたにてより発表された。 関連項目 [ ] アトラクションスポンサー [ ]• (元)• (元)• (元)• (元)• (元) 脚注 [ ]• NewSphere. 2020年3月31日閲覧。 FRIEDWALD, WILL. WSJ Japan. 2020年3月31日閲覧。 CREA. 2020年3月31日閲覧。 NEWS, LINEトラベルjp. LINEトラベルjp 旅行ガイド. 2020年3月31日閲覧。 ディズニー公式. 2020年3月31日閲覧。 ねとらぼ. 2020年3月31日閲覧。 dpost. jp 2018年11月17日. 2020年3月31日閲覧。 prtimes. 2020年3月31日閲覧。 Mainichi Daily News. 2020年3月13日. 2020年3月13日閲覧。 日本経済新聞 2020年3月13日. 2020年3月31日閲覧。 JBpress(日本ビジネスプレス). 2020年3月31日閲覧。 JBpress(日本ビジネスプレス). 2020年3月31日閲覧。 news. livedoor. com. 2020年3月31日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• (日本語).

次の