女性 youtuber 逮捕。 また人気YouTuberが交際女性に暴行で逮捕…らんまくん活動再開は困難か、引退も示唆

【画像あり】女性YouTuber『わいせつ行為配信』で逮捕!そのご尊顔がこちら…|トレンドblog

女性 youtuber 逮捕

動画は、コレコレがツイキャスで生配信した時の模様を収録して公開したものだが、その生配信の中で、ひとりの女性があるユーチューバーから性的暴行を受けたとの相談を始める。 女性はそれを了承して自宅で料理をふるまい、その後、このユーチューバーが女性宅に泊まることになった。 女性はうつ病を抱えていることから睡眠薬を常用しており、この日も薬を飲んで寝ていたところ、夜中に目を覚ますとユーチューバーから性的暴行を加えられていたという。 そのユーチューバーが「あいぽん」であり、その日に収録したという動画も明らかにした。 実はこの暴行騒動は昨年10月に起こったもので、当初から話題になっていた。 あいぽんの動画チャンネル「あいぽんの毎日」の視聴者が、あいぽんから性的暴行を受けた旨をツイッターで暴露し、警察に相談したことも公表していたからだ。 これを受けて今年3月、あいぽんは同意なしに性行為に及んだことを認め、「長期休暇」に入ることを発表した。 「いつ戻れるかわからない」と語ったことから、あいぽんが逮捕されるのではないかとの憶測が広まった。 23日に公開した動画の中でも、号泣する姿を見せていることから、「今から出頭するのか」といった声が多くあがっている。 だが、今回コレコレが公開した動画で風向きが変わりつつある。 一連の相談を受けたあとコレコレは、あいぽんに連絡を取り、被害女性を交えて3人でグループ通話を行った。 このなかであいぽんは、性行為に及んだのは確かだが、「女性は起きていると思った」と述べ、無理やりではなかったと主張。 しかも、2回行為をしたと明かした。 当初はあいぽんに批判的な声が殺到したが、女性にも話を聞くと、あいぽん以外にも多くの男性から性的被害を受けた経験があると言う。 しかも、過去に3回堕胎したことや、あいぽんから暴行された翌日に「アフターピルの処方費用」として2万円受け取ったものの、病院には行かなかったことが判明。 あいぽんから暴行された当日の経緯についても、初めて会う男性を自宅に招いて泊まらせ、さらに同じベッドで寝ることを了承したと話したことから、「軽率すぎる」「何度も性被害に遭ったわりには、警戒心がなさすぎる」「3回も堕胎しながら、なぜピルを飲まないのか」など、女性の行動を疑問視する声が続出。 睡眠薬を飲んで寝ている女性に性的暴行を加えたあいぽんの行為は、当然、擁護もできないし、批判されてしかるべきだ。 だが、女性の一連の告白を聞いてから、視聴者の声はあいぽん批判一辺倒ではなくなってきている。 女性はあいぽんを告訴したいとの意向を示しているが、裁判所がどのように判断するのか、興味深い。 (文=編集部).

次の

わいせつ行為生中継した疑い ユーチューバーの女を逮捕:朝日新聞デジタル

女性 youtuber 逮捕

スポンサーリンク マホト逮捕騒動について まずはマホト逮捕について、簡単に流れを書いておきたい。 その内容は2019年6月2日、同居していた10代の恋人女性とのあいだで、別の女性との関係をめぐって口論になり、 マホトがキレて相手を殴った挙句に顔を踏みつけたというもの。 誰が通報したのかは不明だが、駆け付けた警察官によってマホトは現行犯逮捕されたという。 被害女性は全治2週間の怪我を負ったようだ。 マホトの動画投稿が途絶え、逮捕説が流れていた マホトをめぐっては、文春の報道がある以前から物騒な噂は流れており、「逮捕説」「女性関係でヘラってる説」「暴行された説」「avexと何かあった説」「タガメから逃げてる説(ちょうど罰ゲームでタガメを食べなければいけなかったため。 なおマホトはセミを定期的に食べることで知られており、タガメ説は当初から単なるネタみたいなもの)」など様々な憶測が飛び交っていた。 というのも、 マホトの動画投稿が事件のあった6月2日から更新が途絶えており、ツイッターも6月4日に意味深な投稿後に更新がなくなっていたからだ。 今思えば、ちょうど事件を起こした当日に逮捕され、その後に勾留とならずに数日で釈放されたと考えれば、まさによくある刑事事件の流れにそのまま当てはまる。 文春の報道直後にマホト本人が動画を投稿 週刊文春の記事がネット上に掲載されて少し経ったあと、マホト本人が「今回の騒動について、活動休止させていただきます」という動画を投稿。 なお、被害者とは既に和解しているという説明もあった。 文春記事とマホト・UUUM側の説明には若干のずれが 週刊文春の報道、マホト本人の説明動画のほかにマホトが所属しているUUUMからもというニュースリリースが出されている。 文春に先手を打たれ、後手に回った形のマホトとUUUMだが、よくよく読んでみると両者の説明には若干のズレがある。 週刊文春の記事では被害者を「同棲中の元アイドル女性」「同居していた恋人のA子さん(10代)」と具体的に書き、「傷害容疑」で「現行犯逮捕」されたことも書かれている。 一方、マホトは被害者をあくまで「相手」、事件についても「トラブル」と称するのみで、UUUMも被害者を「知人」と呼び、「逮捕」というキーワードも使っていない。 UUUMは文春に先んじられた結果になったが、「事実関係の確認と当事者間の話し合いを最優先として進めておりましたため、本日までご報告が遅れてしまいました」と説明しているが、どこまで本当かは定かでない。 スポンサーリンク 有名YouTuberの反応一覧 マホトといえば、動画投稿者としてもかなりの古株で今でも人気はトップクラス。 また、人気YouTuberあると同時に数多くのYouTuberの世話を見てきた親分肌でも知られる。 有名YouTuberの中にもマホトに世話になった系のYouTuberはたくさんいる。 そんなマホトが起こしてしまった事件について、有名YouTuberたちはどのような反応を示したのだろうか。 いくつかピックアップしてみた。 へきトラハウス マホトに世話になった系YouTuberの一角でもある "へきトラハウス"。 へきトラもチャンネル登録者100万人を超える有名YouTuberだが、現在はカワグチジンが事実上脱退する形で一旦解散し、"へきほー"、"相馬トランジスタ"の二人による「へきちゃんトラちゃん」という新たなチャンネルで活動している。 「へきちゃんトラちゃん」では、事件報道があった当日の段階でマホトに関する動画を投稿しており、 マホトが被害女性の顔を踏みつけたことに因んで、街のど真ん中で「フリー踏みつけ」企画を実施。 視聴者の反応はおおむね良好のようである。 あやなん マホトとたびたびコラボをしていることでも知られ、自身も女性YouTuberの中ではトップクラスの知名度を誇る "あやなん"。 過去にはマホトの悪口を言って坊主謝罪するなど、マホトと微妙な空気になったこともあるあやなんだが、現在では完全に仲直りし、マホト自身もあやなんの息子である"ポンス"を可愛がっており、コラボ動画も多い。 そんなあやなんは早い段階でマホト擁護系のツイートを投稿。 だが、批判を受けてすぐさまツイ消し。 ちなみに消されたツイートは目ざといユーザーにスクショを取られており、実際の文面を確認することはできる。 あやなん批判が多かったのは、あやなんのツイートというより、そもそもあやなんが一部から猛烈に嫌われているということも大きかっただろう。 MEGWIN騒動時、マホトは元社員側とご飯を食べる動画を投稿する一方で、MEGWINとは動画上でのコラボはなく、 当時、賛否両論あるもののどちらかといえばマホトはMEGWINを裏切ったのではないか、という意見も多かった。 そんなMEGWINがマホトを救いたい系の動画を投稿。 前述の経緯もあって、コメント欄では「マホトに見捨てられたのに、メグさんは偉い!」的な書き込みが目立っていた。 だが現在のMEGWINは自身が炎上してから今も低迷を続けており、マホトを救うほどの力はないし、むしろマホトを救いたいというより、マホトをきっかけに自分が救われたいという気持ちのほうが強かったかもしれない。 事実、被害者に対するフォローも乏しく、6月23日時点で動画の高評価13,000の一方で、低評価も5,300を超えるなど疑問を感じる視聴者も一定数いたようだった。 サグワ マホトと仲が良いことで知られる サグワは、マホト逮捕関連と思われるツイートを二つほど投稿。 テラパンからすれば、マホトという大物から提示されたわりと強めのコラボ条件をずっとしんどく思っていたという面もあるのだろう。 言われてみれば可哀想な気もする。 とはいえ、マホト逮捕に便乗してマホト批判を始めるのはタイミングが悪かった。 テラパンは「これでマホトは終わった」と見て、ちょうどいいタイミングと考えたのかもしれない。 だがマホトは間違いなく復活するし、今でもマホト派に属する有名YouTuberはたくさんいる。 テラパンが可哀想か否かより、単なる裏切り者として悪目立ちしてしまった。 サグワのツイートもその一環だろう。 たっくー、KAZUYA、KUN、加藤純一 YouTuberの炎上ネタを扱う面々もマホト逮捕について続々とコメント。 やは批判的にマホト逮捕を紹介。 最近あまり物申していないKUNは。 ライブ配信者として日本トップクラスの人気を誇る 加藤純一は、 女性に対して圧が強く、全国のフェミニストから敵視される存在でもある。 そんな加藤純一は意外にも女性を殴ったことがないらしい。 加藤曰く 「自分は日常的にモラハラしているので、女性に対してストレスが溜まらない。 だから女を殴ったことはない」という。 妙な説得力がある。 それぞれ一本ではなく、6月23日の時点で シバターが3本、 よりひとも3本(失踪時の動画も含めればもっと)、 みずにゃんが2本投稿している。 マホト並みの大物となれば再生数が見込めるということだろう。 シバター系列に属する替え歌系YouTuber ウタエルも、いつものように替え歌動画を投稿していた。 たった一日で替え歌を作り続けるというのも毎度のことながらすごいものである。 MEGWIN騒動のときには立て続けに物申す系の動画を投稿するなど絶好調だったにも関わらず、今回は一転して動きが鈍かった。 PDRさんはマホトと親しいため、日和ったのかと思いきや、どうやらそうではなかったらしい。 PDRさんはマホトの更新が途絶えた時点で、マホト失踪ネタ動画を投稿しているのだが、そのときにマホトと連絡を取った際、プライベートでトラブルになっていることは聞かされたものの、プロレスの話などで談笑もしたほか、失踪ネタ動画についても快諾を得たことから、まさか今回のような事件を起こしているとまでは思っていなかったようだ。 だからこそかもしれないが、結果的に有名YouTuberの中では最も厳しい論調となった。 スポンサーリンク UUUM系はおおむね沈黙 マホトはもともと別の事務所に所属していたが、現在はUUUM所属である。 マホトほどの大物YouTuberの移籍となれば影響も大きく、当時はそれなりのニュースにもなった。 UUUMにはマホトとともにUUUMに移籍してきたYouTuberや、マホトのおかげで伸びるきっかけを手にした有名YouTuber、マホトと古くから交流のある超大物YouTuberもいる。 しかし彼らの大半は、おおむね沈黙している。 普段から炎上ネタにはコメントしないYouTuberもいるが、UUUMは自分たちにとって不利になることはなるべくスルーするという特徴がある。 一方で、MEGWIN炎上の際にはUUUMの有名YouTuberが元社員側を物的・金銭的に支援をした挙句、元社員は今やUUUMの所属である。 UUUMの姿勢に納得がいかない視聴者もいることだろう。 ちなみにUUUM系のYouTuberすべてが沈黙しているわけでなく、有名どころでいえば選挙掲示板にイタズラをして警察沙汰になった 桐崎栄二がマホトについてツイートをしている。 何があっても尊敬してる先輩。 それに加えて前述のテラパンもどうやらUUUM系らしい。 被害者と勘違いされた"かねこあや" "てんちむ"などと交流がある有名女性YouTuberの "かねこあや"。 彼女は運悪く怪我をしていたことで、もしかして彼女なのではと一部で憶測が流れた。 被害女性は10代なのでもちろん別人である。 私の怪我についてマホトさんが関連していると噂されていますが、出回っているネットニュースや憶測に関しては全て事実無根です。 この件に関連している当事者の方々にご迷惑をお掛けしてしまうのでここで発言させて頂きました。 ご理解頂けると幸いです。 直接の謹慎期間は2019年12月31日までとなっているが、謹慎中の総括を行った後、あらためて判断するということで2020年1月に即復帰となるかは不透明。 UUUMのプレスリリースによれば、復帰の予定は2月14日以降とのこと。 マホト 2月14日以降に復帰予定 傷害事件が原因で謹慎していたマホト。 謹慎自体は2019年12月31日に終了していたが、その後も音沙汰はなく。 約1か月たった今日、「猛省の様子と生活の改善がみられる」として2020年2月14日以降に動画投稿活動を再開するとUUUMが発表。 — BAN世界より bansekai.

次の

【悲報】人気女性YouTuber 広瀬ゆーちゅぶさん逮捕される!

女性 youtuber 逮捕

以下の法律により、凍結されます。 組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律第十三条(犯罪収益等の没収等) 次に掲げる財産は、不動産若しくは動産又は金銭債権(金銭の支払を目的とする債権をいう。 以下同じ。 )であるときは、これを没収することができる。 一 犯罪収益(第六号に掲げる財産に該当するものを除く。 ) 二 犯罪収益に由来する財産(第六号に掲げる財産に該当する犯罪収益の保有又は処分に基づき得たものを除く。 ) 三 第九条第一項の罪に係る株主等の地位に係る株式又は持分であって、不法収益等(薬物犯罪収益、その保有若しくは処分に基づき得た財産又はこれらの財産とこれらの財産以外の財産とが混和した財産であるもの(第四項において「薬物不法収益等」という。 )を除く。 以下この項において同じ。 )を用いることにより取得されたもの 四 第九条第二項又は第三項の罪に係る債権であって、不法収益等を用いることにより取得されたもの(当該債権がその取得に用いられた不法収益等である財産の返還を目的とするものであるときは、当該不法収益等) 五 第十条又は第十一条の罪に係る犯罪収益等 六 不法収益等を用いた第九条第一項から第三項までの犯罪行為又は第十条若しくは第十一条の犯罪行為により生じ、若しくはこれらの犯罪行為により得た財産又はこれらの犯罪行為の報酬として得た財産 七 第三号から前号までの財産の果実として得た財産、これらの各号の財産の対価として得た財産、これらの財産の対価として得た財産その他これらの各号の財産の保有又は処分に基づき得た財産 2 前項各号に掲げる財産が犯罪被害財産(次に掲げる罪の犯罪行為によりその被害を受けた者から得た財産又は当該財産の保有若しくは処分に基づき得た財産をいう。 以下同じ。 )であるときは、これを没収することができない。 同項各号に掲げる財産の一部が犯罪被害財産である場合において、当該部分についても、同様とする。 一 財産に対する罪 二 刑法第二百二十五条の二第二項の罪に係る第三条(組織的な拐取者身の代金取得等)の罪 三 刑法第二百二十五条の二第二項(拐取者身の代金取得等)又は第二百二十七条第四項後段(収受者身の代金取得等)の罪 四 出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(昭和二十九年法律第百九十五号)第五条第一項後段(高金利の受領)、第二項後段(業として行う高金利の受領)若しくは第三項後段(業として行う著しい高金利の受領)、第五条の二第一項後段(高保証料の受領)若しくは第五条の三第一項後段(保証料がある場合の高金利の受領)、第二項後段(保証があり、かつ、変動利率による利息の定めがある場合の高金利の受領)若しくは第三項後段(根保証がある場合の高金利の受領)の罪、同法第五条第一項後段若しくは第二項後段、第五条の二第一項後段若しくは第五条の三第一項後段、第二項後段若しくは第三項後段の違反行為に係る同法第八条第一項(高金利の受領等の脱法行為)の罪、同法第五条第三項後段の違反行為に係る同法第八条第二項(業として行う著しい高金利の受領の脱法行為)の罪又は同法第一条若しくは第二条第一項の違反行為に係る同法第八条第三項(元本を保証して行う出資金の受入れ等)の罪 五 補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律(昭和三十年法律第百七十九号)第二十九条(不正の手段による補助金等の受交付等)の罪 六 航空機工業振興法(昭和三十三年法律第百五十号)第二十九条(不正の手段による交付金等の受交付等)の罪 七 人質による強要行為等の処罰に関する法律(昭和五十三年法律第四十八号)第一条から第四条まで(人質による強要等、加重人質強要、人質殺害)の罪 八 金融機関等の更生手続の特例等に関する法律(平成八年法律第九十五号)第五百四十九条(詐欺更生)の罪 九 民事再生法(平成十一年法律第二百二十五号)第二百五十五条(詐欺再生)の罪 十 会社更生法(平成十四年法律第百五十四号)第二百六十六条(詐欺更生)の罪 十一 破産法(平成十六年法律第七十五号)第二百六十五条(詐欺破産)の罪 十二 海賊行為の処罰及び海賊行為への対処に関する法律(平成二十一年法律第五十五号)第二条第四号に係る海賊行為に係る同法第三条第一項(人質強要に係る海賊行為)又は第四条(人質強要に係る海賊行為致死傷)の罪 3 前項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当するときは、犯罪被害財産(第一項各号に掲げる財産の一部が犯罪被害財産である場合における当該部分を含む。 以下この項において同じ。 )を没収することができる。 一 前項各号に掲げる罪の犯罪行為が、団体の活動として、当該犯罪行為を実行するための組織により行われたもの、又は第三条第二項に規定する目的で行われたものであるとき、その他犯罪の性質に照らし、前項各号に掲げる罪の犯罪行為により受けた被害の回復に関し、犯人に対する損害賠償請求権その他の請求権の行使が困難であると認められるとき。 二 当該犯罪被害財産について、その取得若しくは処分若しくは発生の原因につき事実を仮装し、又は当該犯罪被害財産を隠匿する行為が行われたとき。 三 当該犯罪被害財産について、情を知って、これを収受する行為が行われたとき。 4 次に掲げる財産は、これを没収する。 ただし、第九条第一項から第三項までの罪が薬物犯罪収益又はその保有若しくは処分に基づき得た財産とこれらの財産以外の財産とが混和した財産に係る場合において、これらの罪につき次に掲げる財産の全部を没収することが相当でないと認められるときは、その一部を没収することができる。 一 第九条第一項の罪に係る株主等の地位に係る株式又は持分であって、薬物不法収益等を用いることにより取得されたもの 二 第九条第二項又は第三項の罪に係る債権であって、薬物不法収益等を用いることにより取得されたもの(当該債権がその取得に用いられた薬物不法収益等である財産の返還を目的とするものであるときは、当該薬物不法収益等) 三 薬物不法収益等を用いた第九条第一項から第三項までの犯罪行為により得た財産又は当該犯罪行為の報酬として得た財産 四 前三号の財産の果実として得た財産、前三号の財産の対価として得た財産、これらの財産の対価として得た財産その他前三号の財産の保有又は処分に基づき得た財産 5 前項の規定により没収すべき財産について、当該財産の性質、その使用の状況、当該財産に関する犯人以外の者の権利の有無その他の事情からこれを没収することが相当でないと認められるときは、同項の規定にかかわらず、これを没収しないことができる。

次の