寝起き 動悸。 動悸:医師が考える原因と対処法|症状辞典

動悸の原因・考えられる病気一覧……安静時の動悸は特に注意を [心臓・血管・血液の病気] All About

寝起き 動悸

子供の脈拍数は多くなります。 詳しい子供の脈拍数についてはこちらを参考になさってください。 参考サイト: とはいえ、1分間に90回だとちょっと早いので、60〜75回あたりが正常かなと思います。 もしも安静時の脈拍数が100回を超えていたり(頻脈)59回以下(徐脈)なら気をつけた方がいいのですが、緊張していたりスポーツをしていると脈拍は変化します。 あまり続くようでしたらお医者さんに相談しましょう。 ちなみに、激しいスポーツをしている人は スポーツ心臓といって心臓の壁が厚くなったり大きくなったりして、1回に送り出せる血液の量が多くなるため脈が遅くなることがあります。 スポーツ心臓とは、激しい有酸素運動(高強度のランニングや自転車競技)を定期的に行なっている人や高強度でウェイトトレーニング(重量挙げ)を行っている人の心臓に生じる正常な変化のことです。 睡眠不足• ストレス• 生活習慣の乱れ• 高血圧• 甲状腺ホルモンの亢進 今回はこの6つについて考えていきたいと思います。 睡眠不足や自律神経の乱れなどで一時的なものならいいのですが、続くようでしたら注意が必要です。 睡眠不足・ストレス 仕事が多忙だったり人間関係で悩んでいたり、人間には日々たくさんのストレスがかかっています。 それが適度な場合なら睡眠によって解消することができるのですが、ストレスがかかりすぎてしまうと逆に睡眠がうまく取れなくなってしまいます。 施術をしていると、家に帰っても身体のスイッチをオフにすること(副交感神経優位)ができず寝付けない、なんて人がいます。 特にパソコン作業を長時間行うデスクワークの人に多い印象です。 マッサージ中も力が入っていてしまい、身体がリラックスすることを忘れてしまっている状態です。 常に攻撃体勢、仕事モードというイメージ。 そうなるとストレスに対応するためのホルモンが過剰に分泌してしまい、血圧が上がり心拍数が増加します。 この状態が続くと寝起きに動悸がしたり、心疾患のリスクを高める原因にもなってしまうことに。 このような人は首や肩の筋肉がガチガチに固くなってしまっていることが多いので、鍼灸やマッサージで身体を緩めてあげると良くなる場合があります。 身体にリラックスすることを思い出させる感じです。 根本的にはストレスの原因となっているものを除去すれば解決しますが、仕事を辞めるわけにもいきませんので、 最近寝つきが悪いなと感じたら一度リセットしに身体をメンテナンスしてあげてみてください。 生活習慣の乱れ 仕事が多忙な場合やストレスとも関係してきますが、寝る時間がバラバラだったり暴飲暴食や喫煙など生活習慣が乱れていると十分に睡眠が取れず、動悸がすることがあります。 暴飲暴食とまではいかないけれど、特にお酒を連日飲む方は注意した方がいいかもしません。 お酒は適量ならば良いとされていますが、適量だとしても連日飲むというのは避けた方が良さそうです。 まずは、アルコールの摂取基準のおさらいです。 ビール=500ml• 日本酒=1合• 焼酎=0. 東洋医学的にアルコールは「熱」と「湿」に分類されます。 連日ではなく、摂取する水分量も十分足りていれば余分な「熱」と「湿」が身体に蓄積することはないでしょう。 しかし、お酒の量が適量だとしても1日に摂取する水分量が少なく、お酒を連日飲んでいると「熱」と「湿」が蓄積してしまうことに。 「湿」はむくみやだるさなどの原因になりますし、「熱」はその性質上、上に昇る性質があります。 そのため、過剰な「熱」はめまいがしたり動悸が起こる原因にもなるのです。 お酒を飲んでいるときに同量のお水を飲むことは難しいと思いますので、どうしても脱水気味になってしまいます。 僕自身の経験上、適量だとしても連日お酒を飲んでいると「熱」の蓄積と脱水により動悸が起こりやすくなりました。 1日飲んだら1日は休肝日にするなどして、連日お酒を飲むのは避けた方がいいでしょう。 貧血 貧血とは、血液の細胞のひとつである赤血球や、ヘモグロビンが低下する病気の総称です。 赤血球は全身に酸素を運ぶ役割を持っており、赤血球が酸素を運ぶためにはヘモグロビン(赤色素)という、赤色のタンパク質が正常に機能していなければなりません。 貧血では全身に酸素を十分に運ぶことができないことから、さまざまな症状が起こります。 貧血で酸素がうまく運ばれなくなると、心臓は全身に酸素を届けるために拍動数を増やして頑張ってしまいます。 そうなると、ドキドキと動悸がしてしまう原因に。 貧血気味の人は少し日々の食べ物、飲み物を見直してみてもいいかもしれません。 また、鉄欠乏性貧血の人は「非ヘム鉄」の吸収効率を考えてみましょう。 特に女性は月経があるため 鉄欠乏性貧血になりやすいとされています。 効率よく身体に吸収されるのは 「ヘム鉄」と呼ばれるものですが、こちらはヘモグロビンを多く含む動物性の食品に多く含まれているためそこまで量を摂取することは難しいです。 主に日々の食事から摂取する鉄分は 「非ヘム鉄」と呼ばれるものになるのですが、こちらは「ヘム鉄」に比べて吸収率が悪くなります。 とはいえ、鉄分を摂取するメインとなるのが「非ヘム鉄」。 貧血気味の人は、この「非ヘム鉄」の吸収をより悪くしてしまう食品はなるべく避けた方がいいかもしれません。 そこで特に注意したいのがコーヒーやお茶です。 コーヒーやお茶に含まれる「タンニン」と呼ばれる成分は「非ヘム鉄」の吸収を邪魔してしまいます。 貧血気味の人は休憩をするときにコーヒーを飲みすぎないように注意しましょう。 また、 「非ヘム鉄」の吸収を良くするものにはお肉のタンパク質やビタミンCがあります。 「非ヘム鉄」の吸収を良くするためにも「ヘム鉄」を摂取するためにもお肉やビタミンCを多く含む食品は積極的に取り入れていくのがいいかもしれません。 高血圧 高血圧自体はほとんど症状を自覚することが少ないです。 しかし、もともと高血圧の人で寝起きの動悸が気になる場合、狭心症の可能性があります。 特に痛みがある場合や20分以上続く場合、冷や汗や悪心嘔吐がある場合は心筋梗塞へ移行している場合があるので、早急に病院へ行きましょう。 ストレスでの動悸との向き合い方 高血圧やバセドウ病、もともと心臓が悪い人や血管の病気の人は病院での治療が必要となる可能性がありますが、仕事が多忙であったり生活習慣が乱れていたり、ストレスが原因で寝起きに動悸がする場合は自分の生活を振り返ってみましょう。 動悸は身体からのSOSかもしれません。 夜はしっかり寝れていますか? 歯を食いしばるクセがありませんか? 身体の筋肉がガチガチに硬くなっていませんか? そのような場合は1人で抱え込まずに身体のメンテナンスをしに行きましょう。 鍼灸はそのような人を手助けする1つの手段です。 マッサージも同じです。 是非お近くの治療院やサロンで相談してみてください。

次の

寝起きの動悸は身体からのSOS?

寝起き 動悸

動悸はさまざまな原因で起こります。 早くその原因を突き止めましょう 動悸には、心臓がドキドキとする感じ、一発だけドキンとする感覚、一瞬息がとまる感じ、なども含まれます。 走ったり階段を登ったときなど運動時に異常な動悸を感じる場合、心臓やその他の病気の可能性があります。 リラックスしている安静時にも動悸がある場合は、心臓の病気がより一層疑われます。 不整脈があれば動悸は起こりやすいですが、動悸があれば即不整脈とは限りません。 他の臓器が原因であることもあるのです。 動悸をむやみに心配する必要はありませんが、動悸に注意することで心臓病を未然に発見し早期治療に結び付けることができます。 「心臓が原因である動悸」と「心臓以外が原因である動悸」の大きく2つに分けて、以下で動悸が起きる病気についてご説明します。 なお動悸は何らかの不整脈であることが多く、原因が何であっても心房細動・粗動や心室性不整脈になることも少なくないため、これらを 註 として末尾にまとめました。 心臓の弁のうち、よく病気にやられる3つを示します。 弁膜症では不整脈がよく起こり、動悸が発生します 弁膜症にもいろいろあります。 僧帽弁、大動脈弁が主で、ついで三尖弁、そして肺動脈弁が不整脈に関連します。 それぞれの弁に弁が狭くなる「狭窄」と、弁ごし医に血液が逆流する「閉鎖不全症」病気があります。 不整脈をとくに起こしやすい病気は「僧帽弁狭窄症」。 この病気は心房細動を起こします(下の註1をご参照下さい)。 心房細動では脈が不規則になり、ときに早くなりすぎたり、ときには遅くなりすぎたりして、動悸だけでなく息苦しくなったり足がむくんだりすることも。 僧帽弁閉鎖不全症でも心臓への負担が強くなると心房細動が起こります。 大動脈弁の病気でも心房細動や、ときに心室性不整脈という心室が原因になる不整脈が出ることがあります。 動悸がある場合、一度かかりつけの先生に相談し、診察(とくに聴診や、心電図、胸部レントゲンなどの検査)を受けることで、上記の病気かがかなりわかります。 弁膜症の診断の確定には心エコーが有用です。 なお不整脈は出たり出なかったりすることがよくあり、症状が出ていないときにはせっかく心電図を取っても判らないことが多いです。 その場合は「ホルター心電図(註3 」を使えば不整脈を格段に診断しやすくなります。 (心臓弁膜症について、より詳しくはをご覧下さい。 狭心症の場合、階段昇降などの運動時に、胸が痛くなったり締めつけられる感じになることが多いです。 それらの違和感が明け方などの安静時に起こる場合、より危険なことが多いです。 強い狭心症や心筋梗塞の時にはさまざまな不整脈が出ることがあります。 とくに急性心筋梗塞の場合、心室性不整脈が多く、しばしば悪性の心室頻拍とか心室細動(註2)になります。 心室細動になれば、直ちに電気ショックなどの蘇生を行わなければ3分で患者さんは脳死になってしまいます。 つまり3分で亡くなってしまうわけです。 強い胸痛がある場合は、動悸の有無に関係なく、直ちに循環器内科のある病院とくに救急外来へ行くことを勧めます。 強い胸痛が続くなら夜中でも病院に行く方がよいでしょう。 循環器内科でなければ内科あるいは心臓外科です。 心筋梗塞や狭心症の診断がつけば、それらへの治療と不整脈に対する治療の両面で対策を立てていくことになります。 より詳しくは、「」をご覧下さい。 なお胸痛そのものについては「」にまとめています。 心筋梗塞の後は、状態が落ち着いてからも心室性不整脈が出ることがありますし、心不全気味の場合は心房細動も出やすいです。 動悸や脈の不整、脈が飛ぶ感じなどがあればかかりつけの医院か病院で相談するのが安全です。 心臓の筋肉がやられる病気ですので、傷ついた心筋から異常信号が出るときは心室性不整脈が出ます。 人によっては極めて多数でたり悪性の不整脈がでることもあるので注意が必要です。 心不全が出てくれば、心室性不整脈だけでなく心房性不整脈とくに心房細動がよく合併します。 心不全を治さなければ心房細動だけを治しても再発しやすく、やはり根本治療としての心不全対策が重要です。 動悸や運動時の息切れなどがあったり、血のつながりのある方に心筋症の患者さんがおられるときは、早目に循環器専門医に診てもらうのが安全です。 健診で心電図や胸部X線に異常所見があるときも同様です。 なお心筋症では心不全がらみの状態から悪性の心室性不整脈が出るケースが少なくなく、薬その他の治療法で対処できないときはICD 植え込み型除細動器 を検討することもあります。 さらに進めて、心不全も合併していればCRTD(植え込み型除細動器と両室ペーシングを合体したものです も考慮します。 (心筋症について、より詳しくはをご覧下さい。 なかにはWPW症候群のような生まれつきの不整脈もあり、これはこどもや若い方に多いです。 不整脈単独の場合は胸痛や息切れよりは動悸そのものの訴えが多く、これがあれば循環器内科か内科をまず受診するのが良いでしょう。 60歳を超えればそれまで健康な心臓でも不整脈を発生することが少なくありません。 その中には徐脈と言って脈拍が遅くなる病気もあります。 脈が少し遅いだけであれば、たとえば1分間に60程度であれば問題ないことが多いのですが、あまり遅すぎると、危険なことがあります。 たとえば脈拍が1分間に40を割り込めば、体がだるくなったり苦しくなることが多いです。 さらに悪化すればふらついたり、失神する発作が起こり得ます。 そうなると、たとえば駅のホームに立っているときは失神して線路の上に落ちて危険な状態になるといったリスクも生じます。 治療はペースメーカーを入れれば元気になります。 かつてはペースメーカーを入れると携帯が使えないと言われましたが現在は使えるようになりました。 脈が遅いと感じたら、循環器内科か内科を受診することをお勧めします。 不整脈について、より詳しくはをご覧下さい。 心筋炎は心臓の筋肉がウィルスなどでやられて起こる病気です 無症状のこともありますが、風邪のように熱が出たり胸が痛くなることもよくあります。 さまざまな不整脈が出るため動悸を伴うことがあります。 心筋炎は時に心臓が動かないほど悪くなることがあり、油断できません。 いったん回復すれば後はそう悪くないことも多いですが、後遺症として心筋症や心不全になることもあります。 そのため上記の症状があればすぐ循環器内科か内科を受診し、心電図や血液たとえばCKやトロポニンその他を調べ、治療を開始してもらうのが安心です。 心臓と心膜の間に液体が貯まることがあり、その場合は心不全が発生して息苦しくなることもあります。 不整脈が発生すれば動悸が起こります。 こうした症状があれば循環器内科か内科の受診を勧めます。 心電図、胸部X線である程度めどがつき、エコーでほぼ確定します。 お薬や安静、そして利尿剤などで治すことができます。 心膜炎の中には慢性化つまり長期間続くことがあり、その場合は心膜が硬く厚くなって収縮性心膜炎と呼ばれる状態になることがあります。 こうなると、心臓が周囲の硬い組織で締めつけられるようになり、心不全やうっ血の症状が強くなります。 呼吸困難、下肢のむくみ、腹水、その他さまざまな症状が出ます。 心膜が厚く硬くなりすぎれいれば手術で治します。 心臓以外が原因で起きる動悸を伴う病気一覧については、次ページで解説します。

次の

朝に感じる「漠然とした不安感」の原因と、その対処法

寝起き 動悸

この記事の目次• 二日酔い時に動悸がする原因 二日酔いで動悸がする理由ですが、以下のようなものが多いです。 なお、これらが原因で起こる動悸の場合では、長時間続くことはほぼなく、間もなく治まります。 低血糖 肝臓は、お酒が体内に入ってくるとすぐに働き、アルコール成分の分解作業を行います。 肝臓がこの作業にかかりきりになると、グリコーゲンを生成するというもうひとつの作業に取り掛かることができなくなり、これによって低血糖が起こりやすい状態となるのです。 翌日、二日酔いになってしまっていた場合、まだ体内にアセトアルデヒドが残っており、肝臓は相変わらずこの成分の分解作業に追われているということ。 このような 軽度の低血糖は、動悸や震え、冷や汗、強い空腹感などの症状を起こりやすくします。 脱水症状 お酒を飲んでいる最中ってトイレが近くなりませんか? お酒には利尿作用があるため、飲めば飲むほどトイレが近くなり、体内の水分が失われてしまいます。 つまり、 飲酒中には脱水症状が起こりやすいということです。 そしてそのまま寝てしまうと、翌日まで脱水症状を引きずることになり、結果として動悸などの症状が現れます。 動悸を解消する方法 低血糖や脱水症状による動悸がしたら、とりあえず以下でご紹介する応急処置で対応してみましょう。 飲み物・食べ物から糖質を摂る 低血糖の改善には糖質が必要ですので、 まずは飲み物や食べ物から糖質を摂ってみましょう。 飲み物では、体内への吸収が早いスポーツドリンクや経口保水液が最もおすすめできますが、果糖が含まれているオレンジジュースやりんごジュースでもOKです。 また、食べ物ではうどんやごはんなど、糖質が多い種類がおすすめです。 二日酔いだと気持ちが悪くて食べ物が喉を通らないことがあるかもしれませんが、そのようなときには、まず飲み物から糖質を摂っておいて、食べられそうになったらうどんやごはんにチャレンジしてみましょう。 同じご飯ものでも、雑炊やおかゆなら以外とすんなり食べられることがありますよ。 ミネラルウォーター(軟水)で水分補給 スポーツドリンクや経口補水液、ジュースで糖分を摂ることはもちろん大切なのですが、これらは一気に大量摂取できるものではありません。 しかし、脱水症状から抜け出すには大量の水分が必要です。 まずは水をガンガン飲んでみてください。 水道水やミネラルウォーターには糖分が含まれていませんが、大量に飲めるので、素早い脱水症状の改善に役立つでしょう。 おすすめは軟水です。 コーヒーの飲みすぎはNG コーヒーには利尿作用があるため、アセトアルデヒドの体外排出には役立つでしょう。 しかし、コーヒーのカフェインは、摂りすぎると吐き気の原因になります。 動悸に加えて吐き気が出たら、それはもう目も当てられません。 動悸が起こっているときにはなるべくコーヒーを避け、どうしても飲みたいときにはグラス1杯、またはカップ1杯程度に留めておきましょう。 冷や汗が出ている場合は要注意 動悸とともに冷や汗が出ているような場合は、身体が危険を知らせているサインとして捉えたほうがよいでしょう。 心臓疾患の可能性 心臓のバクバクが止まらず、むしろ激しくなったり冷や汗が出たりしたら、心臓疾患の可能性が考えられます。 心臓疾患は、放置していると生命を脅かすリスクがある病気です。 二日酔いで動悸がして、さらに冷や汗を頻繁に書く場合には、ひとまず病院で検査を受けて心臓疾患の心配がないかどうか確認しておくことをおすすめします。 急性アルコール中毒の疑いも お酒を飲んでいる最中に動悸がして、その上で冷や汗が出たり意識が薄れたりする場合には、急性アルコール中毒を疑わなくてはなりません。 急性アルコール中毒もまた、生命を脅かすリスクがある症状ですので、自分でおかしいと感じたときはもちろんのこと、周囲にそのような人がいたら直ちに救急車を呼びましょう。 不整脈などがないかチェックしよう 心臓疾患を発症する前には、不整脈などの症状がその兆候として現れることがあります。 不整脈は以下の方法でセルフチェックできますので、まずはご自身でチェックしてみて、おかしいと感じたらすぐに病院に行きましょう。 不整脈のチェック方法 人指し指、中指、薬指を手首の脈部分に当てて10秒間脈をとります。 このとき、脈が乱れずに一定間隔で脈打っていれば、まずは問題なしと考えていいでしょう。 しかし、脈が途切れたりリズムが狂うようであれば、不整脈予備軍か、すでに不整脈が起こっている可能性が考えられます。 このような状態は薬で治療できますので、まずは怖がらずに検査を受け、適切な治療を受ける方向で考えてみてくださいね。

次の