かく みつお。 理論物理学者ミチオ・カク氏「人は知的存在の創造した世界に生きている」 : 国際 : クリスチャントゥデイ

賀来満夫の親戚は賀来千賀子?賀来の由来や人数を調べるとおもしろい!

かく みつお

名前:賀来満夫(かくみつお) 生年月日:1953年生まれ 年齢:66歳か67歳 出身地:大分県 職業:東北医科薬科大学感染症学特任教授 賀来満夫さんは1953年生まれなので、今年(2020年)で67歳です。 70歳近い高齢ですが、東北医科薬科大学感染症学特任教授をしていたり、テレビによく出演していたりと、かなり忙しそうですよね。 賀来満夫の高校・大学などの学歴は? 賀来満夫さんの 出身高校は、大分県立大分上野丘高校です。 大分上野丘高校の偏差値は71で、大分県で一番偏差値の高い高校です。 医者になるだけあって、高校もレベルが高いところの出身なんですね。 ちなみに、クイズ番組などでよく見る女優の宮崎美子さんも大分上野丘高校出身ですよ。 大学は、長崎大学医学部を卒業しています。 長崎大学医学部の偏差値は65とかなり高いです。 国立大学の医学部だけあって、入るのはかなり大変そうですね。 ちなみに、ノーベル化学賞を受賞した下村脩さんも長崎大学の出身ですよ。 1989年 自治医科大学呼吸器内科学教室講師 1990年 長崎大学医学部附属病院検査部講師 1995年 聖マリアンナ医科大学微生物学教室助教授 1999年 東北大大学院教授 を経て、 2020年から東北医科薬科大学感染症学特任教授となっています。 かなり色々な職場で働いていたんですね。 賀来といえば、女優の賀来千香子さんが思い浮かびますが、二人の間には親戚などの関係があるのでしょうか? 調べてみたところ、 賀来満夫さんと賀来千香子さんとの間に親戚関係があるという情報はありませんでした。 賀来という苗字は全国に約1600人しかいないそうです。 かなり少ないですよね。 九州地方特に大分県に多い苗字で、大分県には500人ほどの賀来姓がいるとのこと。 賀来満夫さんも大分県の出身ですよね。 賀来千香子さんは大阪府枚方市出身ですが、そのルーツは大分県宇佐市安心院町にあることがわかっています。 なので、賀来満夫さんと賀来千香子さんが、遠い親戚関係ということもあるかもしれないですね。

次の

家庭向けの「新型コロナウイルス予防ハンドブック」 東北医科薬科大がネットに公開

かく みつお

「新型コロナウイルス感染症~市民向け感染予防ハンドブック」が発刊!ダウンロード先は? 新型コロナウイルスの感染者が日々増加し、中には無症状の人も含まれるため、自覚のないまま外出し、感染を広めるといったことが増えています。 予防するにもマスクも消毒薬も品薄状態という中で、感染症対策の専門家が家庭でできる具体的な予防策を記したハンドブックを発刊しました。 このハンドブックは、現時点で分かっている最新情報をもとに作られたものです。 蔓延している国や地域の情報から、ウイルスに感染した時の症状、手洗いの詳細などの具体的な予防法についてまとめられています。 現在、東北医科薬科大学病院の大学ウェブサイトにて公開しており、ダウンロードが可能になっています。 東北医科薬科大学病院では、医学部 感染症学教室 賀来満夫特任教授監修のもと「新型コロナウイルス感染症 ~市民向け感染予防ハンドブック」を発刊しました。 ご家庭での新型コロナウイルス感染症を含む呼吸器感染症予防の一助となれば幸いです。 感染症の研究だけでなく、地域社会の感染症の危機管理について研究をしてきた人物です。 今回の感染予防ハンドブックの冒頭には 「皆様が感染症予防について正しく理解した上で安心して生活していただくことを目標に、このガイドブックを作りました。 ご家族での新型コロナウイルス感染症を含む呼吸器感染症予防の一助となれば幸いです」 としたためられています。 正しく知り、正しく恐れるということが可能となるハンドブックとなりました。 賀来満夫教授のプロフィール• 賀来満夫(かくみつお)• 大分県出身• 所属:東北医科薬科大学医学部感染症学教室特任教授、東北大学名誉教授• 専門分野:感染症学、感染制御学、臨床微生物学• 研究テーマ:感染症危機管理システム(研究・教育・診療)および地域ネットワークの構築 ハンドブックの内容は? ハンドブックに記載されている内容は全部で10項目あります。 新型コロナウイルスについて2020年2月25日時点でわかっていることがとても分かりやすく書かれており、図やイラスト入りでとても見やすい内容になっています。 新型コロナウイルスとは?• COVID-19が流行している国や地域は?• COVID-19の症状?• どうやって感染するの?• 気になる症状があるときに気を付けることは?• 感染伝播防止の徹底• 咳エチケットを守りましょう!• 手洗いをしましょう!• 環境消毒・換気• 衣類の洗濯方法やトイレの使用方法、換気の頻度やゴミの捨て方まで細かく記載してあります。 また、現在品薄になっている消毒薬の希釈液の作り方や使用上の注意も書かれており、感染していなくても知っておきたい知識が豊富にあります。 このハンドブックを見た人たちからは 「とてもわかりやすくてお勧めしたい」 「プリントアウトして使用します」 とコメントをするほか、Twitterやブログなどで拡散されています。 ネットの噂やスパムメールに注意 「コロナウイルスは熱に弱い」「お湯を飲めば予防できる」などの噂がネットやメールで出回っています。 信ぴょう性についてはわかりませんが、出所がはっきりと明確になっていない噂程度のものと言われています。 しかし、今回はきちんとした専門家が出したハンドブックということで、これまで不安だった情報の交錯がひと段落ついたのではないでしょうか。 不確かな情報に踊らされることなく、正しく知り正しく怖れるよう心がけましょう。 新型コロナウイルスの関連記事一覧.

次の

歯科医師 角田 晃央(かくだ みつお):医院について:スタッフ紹介|岩国市・廿日市・大竹・広島市の歯医者なら角田歯科医院

かく みつお

新型インフルエンザパンデミックについては,以前からその危険性が指摘され,政府や自治体レベルでの方針を定めたガイドラインや行動計画の策定はなされたものの,医療機関その他の現場で活用できるマニュアルは普及しておりません. また,患者発生の際に実際に診療に携わる医療機関では,早急なBCP 事業継続計画 の作成が求められていますが,それらのマスタープラン作成に役立つ資料を多数収録しています. 監修・編著の4名は,いずれも2002年のSARSアウトブレイク時に国内外で封じ込め対策に携わり,現在も感染症対策の第一線で活躍する医師. 医療機関をはじめ、学校医、産業医、各種保健施設や企業のBCP 事業継続計画 担当者など、パンデミック対策に関わるすべての人に手に取っていただきたい一冊です。 賀来満夫 かくみつお 長崎大学医学部卒. 大学院卒業後,長崎大学関連病院,自治医科大学,長崎大学,聖マリアンナ医科大学を経て,1999年3月より東北大学大学院医学系研究科感染制御・検査診断学分野教授. 厚生労働省院内感染対策中央会議メンバー,WHOインフルエンザ外部専門家. 専門は感染制御学・感染症学・臨床微生物学. 高橋央 たかはしひろし 長崎大学医学部卒業. 1992年英国王立内科学会熱帯医学認定医. 1997年米国疾病対策センター CDC 疫学調査員を経て,1999年国立感染症研究所研究官. 現在,長野県立須坂病院感染制御部長. 2003年のSARSアウトブレイク時に,WHOフィリピン封じ込めチームのリーダーとして参加した. 稲垣智一 いながきともかず 千葉大学医学部卒業. 公衆衛生医. 東京都庁,厚生省 出向 ,特別区,保健所の各現場で感染症対策を実践. 東京都新型インフルエンザ対策行動計画,特別区新型インフルエンザ対策標準行動計画を担当. 前・東京都福祉保険局感染症対策課長. 現在,江東区保健福祉部参事 江東区保健所. 医学博士. MPH. 結核病学会評議員. 濱田篤郎 はまだあつお 東京慈恵会医科大学卒業. 米国Case Western Reserve大学にて感染症学,トラベルメディスンを習得. 帰国後,東京慈恵会医科大学熱帯医学教室講師を経て,現在,労働者健康福祉機構・海外勤務管理センター所長代理. 海外渡航者の診療の傍ら,海外感染症対策事業を運営. 外務省新型インフルエンザ対策・医療専門会員などを兼任. 大学院卒業後、長崎大学関連病院、自治医科大学、長崎大学、聖マリアンナ医科大学を経て、1999年3月より東北大学大学院医学系研究科感染制御・検査診断学分野教授。 厚生労働省院内感染対策中央会議メンバー、WHOインフルエンザ外部専門家。 1992年英国王立内科学会熱帯医学認定医。 1997年米国疾病対策センター CDC 疫学調査員を経て、1999年国立感染症研究所研究官。 現在、長野県立須坂病院感染制御部長。 公衆衛生医。 東京都庁、厚生省 出向 、特別区、保健所の各現場で感染症対策を実践。 東京都新型インフルエンザ対策行動計画、特別区新型インフルエンザ対策標準行動計画を担当。 前・東京都福祉保健局感染症対策課長。 現在、江東区保健福祉部参事 江東区保健所。 医学博士。 MRH。 米国Case Western Reserve大学にて感染症学、トラベルメディスンを習得。 帰国後、東京慈恵会医科大学熱帯医学教室講師を経て、現在、労働者健康福祉機構・海外勤務健康管理センター所長代理。 海外渡航者の診療の傍ら、海外感染症対策事業を運営。 外務省新型インフルエンザ対策・医療専門家委員などを兼任 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです まえがきにも有る通り、本書は高病原性鳥インフルエンザH5N1が変異を起こし、パンデミックになった場合を想定して2008年秋より執筆が始められ、2009年3月に脱稿したところ、同年4月下旬にメキシコを震源地としてブタ由来インフルエンザA/H1N1が新型インフルエンザとして発生したため、急遽加筆され、緊急出版されたものである。 よって、現在日本国内で感染が拡大しているA/H1N1新型インフルエンザ対策用として読むと、現実と乖離している部分もあるが、新型インフルエンザというものにどのように対処したら良いかを考えるうえでは、非常に参考になった。 特に、第4章の「医療機関の事業継続計画に関する資料」は、現時点で医療機関が何を準備すれば良いかが具体的に記載されており、医療機関関係者は是非一読すべきである。

次の