コロナ 飲ん では いけない 薬。 コロナウイルスでリスクのある薬【後編】:日本薬剤師会が参照としている資料の内容とは/フランスANSM(今井佐緒里)

コロナだけじゃない…!イブプロフェンは「こんな病気にも注意」

コロナ 飲ん では いけない 薬

から続く 新型コロナウイルス、あらためて気をつけるべきこととは何なのか? 潜伏期間、飲んでいい薬とダメな薬、本当に子どもはかからないのか……必ず覚えておきたい7つのリスクを解説する。 潜伏期間は本当に14日? 中国の衛生当局は1月に潜伏期間を「10日前後だが、最も短くて一日、長くて14日」と発表。 日本感染症学会では「潜伏期間は1〜14日で平均5. 8日」としている。 しかし、潜伏期間が27日の例が2月22日に報告されるなど、疫学的に不明な点もある。 また回復後に発症した報告もあるので、完治したと思っても外出など注意を要するかもしれない。 密閉空間は要警戒 中国や韓国の感染事例でもわかるように多人数が密閉された空間は要警戒だ。 日本ではスポーツジムやライブハウスで集団感染が出ている。 日本感染症学会は「標準予防策に加えて、飛沫予防策、接触予防策を行う。 結膜を介した感染も懸念されることからアイシールドも使用が推奨される。 エアロゾル発生手技(喀痰吸引や気管挿管など)では空気予防策が必要」と注意喚起している。 com 3. 現状の投与薬品は? 厚労省は新型コロナウイルス対策としてインフルエンザ治療薬「アビガン」を患者に投与する療法を明らかにしている。 「アビガン」は、新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスのような「RNAウイルス」の増殖を抑える効果が期待されている治療薬で、新型のインフルエンザが流行した場合に備えて国内に備蓄されていた。 「中国では、新型肺炎の治療に米バイオ医薬品会社の開発した抗エイズウイルス(HIV)薬『カレトラ』を試験的に使用し始めたとロイター通信などが報じました。 有効な新しい治療法が見つかるまでの措置ということですが、既存薬での迅速な治療が可能かもしれないと期待が高まっています」(医療担当記者) 4. 世代別で感染者が多いのは? WHO(世界保健機関)によると、1月22日までに中国から提出された約290人のデータでは、患者の72%は40歳を超えていた。 日本内科学会によれば、「症例の年齢は50歳代から60歳代が多い」「重症例において有意に年齢が高く、基礎疾患を有する割合が高い」としている。 2月17日、中国伝染病予防・管理センター(CCDC)が発表した調査では10歳未満の死亡者はゼロのため致死率は表記なし。 10代・20代・30代の致死率は0. 2%、40代の致死率は0. 4%、50代は1. 3%、60代は3. 6%、70代の致死率は8%、80歳以上は14. 8%と報告されている。 なぜ高齢者の致死率が高いのか。 医療関係者によれば、歳を取れば免疫力が低下する。 加えて糖尿病やがん、血液疾患などの疾病歴があれば、体力も落ちるため重症化リスクは高まるのだという。 子どもはかかりにくいのか? WHOが1月27日に発表した調査結果では、中国以外の患者の年齢は2歳から74歳までと幅がある。 当初は若年層、特に子どもの感染者は少なく、症状が軽いとされてきた。 だが、2月21日に北海道で小学生2人が罹患。 中国の研究チームは医学誌「ランセット」に肺炎などを発症しない感染者が見つかったと発表したが、それが10歳の子どもだった。 昨年12月に武漢市に家族旅行して感染。 大人5人は発熱や咳、下痢などの症状があったが、子どもには症状がなかったという。 「子どもが罹りにくいのは確かだが、理由は不明。 02年から03年にかけてのSARSの時も子どもにはほとんど感染せず、感染しても軽症でした」(山野美容芸術短大客員教授・中原英臣氏) こんな懸念もある。 「現地中国人医師の報告では、肺炎があるものの自覚症状のない『ウォーキング・ニューモニア(歩く肺炎)』と呼ぶべき子どもがいて、感染を広げる原因となった可能性が指摘されています」(前出・高山医師) 6. 妊婦・肥満・高齢者のリスク 妊娠中の女性はレントゲン、CTなどの検査を避けている立場であり、風邪症状の投薬も慎重にならざるを得ない。 婦人科の医療関係者からは特別な対応をとの声が上がっている。 また、糖尿病や循環器病、脳血管障害を持つ免疫機能が低下している高齢者が感染しやすいと厚労省もアナウンス中だ。 高山医師が解説する。 「糖尿病や肝硬変では免疫機能が低下することが分かっています。 ウイルスに感染しやすく、悪化させやすい慢性疾患です。 また脳梗塞は、痰の排出を困難にするなど二次肺炎を引き起こす可能性が高い」 実は肥満も免疫機能が低下するリスクだという。 「高度の肥満になると、肺の換気機能を物理的に低下させるため、肺炎を発症しやすく、治癒しにくいと言われています。 09年の新型インフルエンザ時の研究では、BMI40以上の高度肥満の人は普通の人に比べ36. 3倍の死亡リスクがあることが判明しました」(同前) 高齢者には別のリスクもある。 たかせクリニックの郄瀬義昌理事長が指摘する。 「高齢者、特に認知症患者は、普段から偏った食事をしてしまいがち。 栄養バランスが崩れると免疫力も落ち、感染症にかかりやすくなる。 かかりつけ医と相談して、万遍なく栄養を摂取できるドリンク剤を飲むなどの対策をするといいでしょう」 高齢者施設の問題点も。 「持病のある方が集住し、認知症患者など感染対策が困難な人も多い。 流行期に入ったら面会訪問を制限し、入居者の外来通院を一時的に訪問診療にするなど、感染者との接点を制限する方法を施設側が考える必要がある。 また、高齢者施設を狙って効果が不明確な感染対策商品を売りつける悪質セールスも予想されます。 施設側が正しい情報を元に、適切な対応をとることが求められるでしょう」(前出・高山医師) 7. 飲んでいい薬、ダメな薬とは? 発症すると、殆どの患者に発熱が認められる。 軽症者は自宅療養を求められているが、自己判断で解熱剤に手を出すのは望ましくないそうだ。 「新型コロナウイルスの疑いがあるなら、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)を飲むのは避けておいたほうがよい。 主なNSAIDsには、ロキソプロフェンやジクロフェナク(共に一般名)などがあります。 インフルエンザなど感染症にかかった際にNSAIDsを使用するとサイトカインストームが起こり、肺炎などを引き起こす可能性がある」(元近畿大学薬学部教授・松山賢治氏) このサイトカインストームとは、免疫が過剰に働いてしまい血管や肺の組織などを攻撃してしまう事象。 最悪の場合、死に至ることもあるという。 「1918年、スペイン風邪で多くの死者が出た。 NSAIDsのアスピリンを乱用し、サイトカインストームを引き起こしたからだと言われています。 新型コロナで亡くなった方がNSAIDsを服用していたかは判明していませんが、同じ感染症である以上、安易に解熱剤として使用するのは避けるべきでしょう。 熱を下げたいのなら、まずアセトアミノフェンを使って下さい」(同前) 今やNSAIDsも気軽に手に入るだけに要注意だ。 自己判断で薬を飲む前に、薬剤師・医師の判断を仰ぎたい。 『文春ムック 新型コロナウイルス完全防御ガイド』(文春ムック)に掲載されています。 (「週刊文春ムック」編集部/文春ムック 週刊文春 新型コロナウイルス完全防御ガイド) 外部サイト.

次の

日本医学 ; 和方❗ ; 三石分子栄養学➕藤川院長系; 代謝医学❗; 武漢コロナ 、などにかかっても、 飲んでは、いけない、 薬ら❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗。 報道されない ❗ 事からも、後押しを得て来てある、 日本人の数千人以上を、すでに、監禁中な、シナ❗

コロナ 飲ん では いけない 薬

フランスの厚生大臣オリヴィエ・ヴェラン氏が、コロナウイルスに関して、イブプロフェンを服用しないほうがよいと推奨した。 イブプロフェンとは、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)に属する。 これは、炎症や痛みなどを抑え、熱を下げるために使われるものだ。 しかしこの薬は、既にかかっている感染症を悪化させ、合併症を伴わせる可能性があるのだという。 (筆者注:イブプロフェンは市販の薬に使われている) 厚生大臣は、自身のツイッターで、「コロナウイルス:感染者が(イブプロフェンやコルチゾンなどの)抗炎症薬を服用することは、感染を悪化させる要因になる可能性があります。 発熱がある場合は、パラセタモール(別名:アセトアミノフェン)を服用してください」「すでに抗炎症薬を服用している場合、または疑わしい場合は、あなたの医師に助言を求めてください」とメッセージを送った。 複数の医者が、発熱のためにイブプロフェンを服用した後、併存疾患がないのにもかかわらず、重篤な状態に陥ったコロナウイルスの若い患者の例を挙げているという。 このためフランスでは、非ステロイド性抗炎症薬は、「薬と健康製品の安全性に関する国家機関(ANSM)」からの警告の後、1月15日以降は薬局では自由に買うことができなくなっている。 同じことは、パラセタモールを含む医薬品にも当てはまる。 パラセタモールはあまりにも多く服用すると、重大な肝臓障害を引き起こす可能性があるもので、時には致命症になりかねないという。 でも、フランスの厚生大臣がツイッターで直接発信しているし、記事はAFP通信発でル・モンドに掲載されていて、信用できる媒体であると判断した。 日本では病気の対処に関して、具体的に何も指示や情報が出ないので(何をやっているのだろうか???)、少しでも役に立てばと思い紹介することにした。 誰だって、咳や熱が続いたら「ただの風邪? 普通のインフルエンザ? ひどい花粉症? それともコロナ?」と心配になるが、まずは手近な市販の薬を飲むと思うからだ。 でも、筆者もそうなのだが、「風邪薬」「解熱剤」と普通に売られているそれぞれの薬が、実は成分や種類が違うとは、詳しくは知らないものだ。 フランス厚生大臣の発言は、その市販薬にも警鐘を鳴らしていると思う。 一般的には、医者の処方箋がなくても買える薬には、強いものはないと言われる。 でも、なにもわざわざ、この状況で、警鐘を鳴らされている成分の薬を進んで飲む必要はないのではないか、他の薬があるのだから、と個人的には思っている。 「イブプロフェン/アセトアミノフェン 市販薬」などで検索すると、具体的な製品名が出てくるはずである。 ちなみに、原文フランス語の記事には、イブプロフェンやアセトアミノフェン(パラセタモール)を使っている、具体的な市販薬の名前が掲載されていた。 フランスでなら誰もが知っていて、家に一つや二つはある市販薬だった。 日本とは違うので省略した。 最終的な判断は、読者の信頼する医師にゆだねることにする。

次の

新型コロナウイルスの可能性があるときに飲んではいけない市販薬とは?飲んでも大丈夫な解熱剤や風邪薬は?

コロナ 飲ん では いけない 薬

【注!】慢性疾患で、医師の処方でイブプロフェンを服用している人は、勝手に中断せずに、必ず医者に相談してください。 あるいは、具合が悪くなってきているのに自己判断で飲み続けないで、必ず医者に相談してください。 これは注意です! フランスの厚生大臣オリヴィエ・ヴェラン氏が、新型コロナウイルス感染症に関して、イブプロフェンを服用しないほうがよいと推奨した。 イブプロフェンとは、非ステロイド性の抗炎症薬(NSAID)に属する。 これは、炎症や痛みなどを抑え、熱を下げるために使われるものだ。 しかしこの薬は、既にかかっている感染症を悪化させ、合併症を伴わせる可能性があるのだという。 (筆者注:イブプロフェンは市販の薬に使われている) 厚生大臣は、自身のツイッターで、「!新型コロナウイルス:感染者が(イブプロフェンやコルチゾンなどの)抗炎症薬を服用すると、感染を悪化させる要因になる可能性があります。 熱がある場合は、パラセタモール(別名:アセトアミノフェン)を服用してください」「すでに抗炎症薬を服用している場合、または疑わしい場合は、あなたの医師に助言を求めてください」とメッセージを送った。 複数の医者が、発熱のためにイブプロフェンを服用した後、併存疾患がないにもかかわらず、重篤な状態に陥ったコロナウイルスの若い患者の例を挙げているという。 同じことは、パラセタモール(アセトアミノフェン)を含む医薬品にも当てはまる。 パラセタモール(アセトアミノフェン)はあまりにも多く服用すると、重大な肝臓障害を引き起こす可能性があるもので、時には致命症になりかねない。 上記の情報は、したものである。 でも、フランスの厚生大臣がツイッターで直接発信しているし、記事はAFP通信発でル・モンドに掲載されていて、信用できる媒体であると判断した。 日本では病気の対処に関して、具体的に何も指示や情報が出ないので(何をやっているのだろうか???)、少しでも役に立てばと思い紹介することにした。 誰だって、熱や咳が続いたら「ただの風邪? 普通のインフルエンザ? (ひどい花粉症?) それともコロナ?」と心配になるが、まずは手近な市販の薬を飲むと思うからだ。 でも、筆者もそうなのだが、「風邪薬」「解熱剤」と普通に売られているそれぞれの薬が、実は成分や種類が違うとは、詳しくは知らないものだ。 フランス厚生大臣の発言や記事は、市販薬にも警鐘を鳴らしているのではないかと思う。 確かに、一般的には、医者の処方箋がなくても買える薬には、強いものはないと言われる。 それに、ただの風邪なら、通常どおりイブプロフェンを服用して問題がない。 でも、やはり心配である。 コロナウイルスの検査は、そう簡単に受けられそうにない。 「他にあるのだから、わざわざ飲まなくても・・・」と思うのは、自然な用心ではないだろうか。 「イブプロフェン」「アセトアミノフェン、またはパラセタモール」+「市販薬」などで検索することもできるが、詳細は、薬の箱や説明書で確認したほうがよいと思う。 ちなみに、原文フランス語の記事には、イブプロフェンやアセトアミノフェン(パラセタモール)を使っている、具体的な市販薬の名前が掲載されていた。 フランスでなら誰もが知っていて、家に一つや二つはある市販薬だった。 日本とは違うので省略した。 あまり一般には知られていないが、フランスは製薬大国である。 それでも国が、リスクの可能性がある薬の服用を警告し、入手を制御している。 そしてメディアは、堂々とそういった市販薬の名前を書いているのだから、すごいと思った。 日本で同じことは可能だろうか。 最終的に服用する薬の判断は、読者の信頼する医師にゆだねることにする。 【注!】慢性疾患で、医師の処方でイブプロフェンを服用している人は、勝手に中断せずに、必ず医者に相談してください。 あるいは、具合が悪くなってきているのに自己判断で飲み続けないで、必ず医者に相談して下さい。 これは注意です! 【3月16日午前の追記】 記事を発表してから、24時間が過ぎました。 アクセス数は100万を超え、ツイッターでは秒を上回る速さで記事が拡散されていき、反響のあまりの大きさに驚いています。 私もそうですが、いかに人々が具体的な情報を必要としているか、痛感しました。 また、煽るようなリツイートは思ったよりも見られず、とても冷静な印象を受けました。 ツイッターを通じて、沢山の方から意見が出されました。 その中で、複数の方が発言している気になったものがありました。 真偽と理由が知りたいです。 1,この記事に書いてあることは、コロナに限らずインフルエンザ全般に言えることである。 2,イブプロフェンは、子供や妊婦には投与されないのが一般的である。 アセトアミノフェン(パラセタモール)が使われる。 (3,発熱とは、体が体温を上げることで免疫力をあげて、病気に対抗しようとしている現象である。 むやみに薬で解熱させるのが良いとは限らない。 ) 特に1と2は、日本の医療団体や関係者、厚労省、政治家に、真偽と、その理由をはっきりと説明して頂きたいです。 この2点が正しいならば、人々の重要な判断材料になると思います。 コロナウイルスが他の感染症とどう違うか、どう同じかは、目下世界で調査中ですが、それでも大きく参考になると思います。 既に最低でも100万人の人が、この情報を見ています。 季節の変わり目ですし、体調を崩しながらも、できるだけ不要な外出を控えて不安な思いでいる国民に聞こえるように、大きな声で説明してください。 それは政治家、厚労省、医療団体(関係者)、そしてメデイアの義務ではないでしょうか。 何卒よろしくお願い致します。 ツイッターのコメントで、筆者が一番「むむむむむ」と思ったのは、「セカンドオピニオンが必要」というものでした。 フランスの厚生大臣の発表に対するセカンドオピニオン・・・どの国の厚生大臣に聞くのがいいでしょうか。 ほとんど国の信頼度の踏み絵になるなと、感じました(国の信頼度=情報公開度=民主主義度なのかもしれません)。 また「先進国にコロナが広がって、やっとまともな議論ができるようになった」というコメントにも、うなずかせるものがありました。 激しい議論があってもいいから、情報公開をして、人間の知恵を結集して事態改善に向かうことを願っています。 EU機関「欧州医薬品庁」(EMA)の結論(同年5月):.

次の