お悔やみ の 言葉 例文。 弔電文例|例文からそのまま送れるお悔やみ電報メッセージ集

お悔やみの手紙の書き方|例文・親戚・友人・ビジネス・英語|終活ねっと

お悔やみ の 言葉 例文

それでは早速お悔やみの言葉の例文を見てみましょう。 お悔やみを伝える方法は、電話で直接述べる場合とメールや手紙で伝える場合などがあります。 伝える相手も、親戚・友人・知人の場合と上司などビジネス関係者の場合があります。 ここでは、電話で直接言う場合、メールで送る場合、手紙を出す場合などに分けてご説明します。 電話で直接言う場合の例文 電話でお悔やみを言う場合は、 ご遺族から訃報の電話を頂いたとき、訃報を聞いてこちらから電話するとき、の2つあります。 前者の場合は急な連絡で驚くかもしれませんが、落ち着いて簡潔にお悔やみの言葉をかけましょう。 後者の場合、早くお悔やみの言葉を伝えたいものですが、ご遺族の状況も考え迷惑にならないように簡潔にしましょう。 親戚・友人・知人の場合 親しい関係にある親戚・友人などの場合は、 例文のように相手をいたわる気持ちを率直に簡潔に伝えると良いです。 会社の上司などの場合 突然のことで…心よりお悔やみ申し上げます。 私どもでお手伝いできることがあればおっしゃってください。 社内に報告しておきますが、葬儀日程などはお決まりでしょうか。 他に仕事関係などで伺っておくことはありますでしょうか?• 取引先の場合 心よりお悔やみを申し上げます。 弊社でお手伝いできることがあればおっしゃってください。 事務的なことで恐縮ですが、葬儀日程、喪主のご氏名などを教えていただけると有り難いのですが…。 メールで送る場合の例文 お悔やみをメールで送ってもよいのかと悩まれることもあると思います。 お悔やみは直接伝えたいところですが、 相手との関係によってはメールで伝えても構いません。 例えば次のような方から メールで訃報を受けたときは、お悔やみをメールで伝えても良いでしょう。 親戚・友人・知人などで親しい間柄の方 〇〇様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 突然のことでご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛くださいますよう。 ご冥福をお祈り申し上げます。 上司などビジネス関係の方 このたびはお身内にご不幸があったと伺い、心からお悔やみ申し上げます。 心身ともに大変な時だと存じますがどうぞご無理をなさいませんように。 直接お目にかかりお悔やみを申し上げたいところではございますが、メールにて失礼いたします。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 メールでのお悔やみはあくまでも略式ですので、失礼のないように注意が必要です。 親戚・友人・知人の場合 ご自分の率直な思い、ご遺族への気遣い、そして故人の冥福を祈る言葉を簡潔に述べましょう。 上司などの場合 ご悲報を知り、大変驚いております。 心からお悔やみ申し上げます。 何かお手伝いできることがあればお申し付けください。 (葬儀日程を尋ねるとき) 葬儀日程の詳細が決まりましたらご教示賜りたく、よろしくお願い申し上げます。 (弔問に伺えないとき) お通夜・ご葬儀に駆けつけることができず、誠に申し訳ありません。 取引先の場合 お身内の方にご不幸があったとのこと、心からお悔やみ申し上げます。 何かと大変なことと存じますが、どうぞご自愛なさいますよう。 本来ならお悔やみに伺うべきところ、メールにて失礼いたします。 手紙を出す場合の例文 葬儀に参列できない場合や弔問に伺えない場合は、香典を添えてお悔やみを伝えます。 お悔やみの手紙は、頭語や時候の挨拶はいりません。 お悔やみの言葉に弔問に伺えないお詫び、ご遺族を気遣う言葉などを加えます。 手紙での非礼をお詫びする言葉も添えましょう。 親戚・友達・知人の場合 弔意をきちんと述べることが大切で、 弔問に伺えない理由は詳細に述べる必要はありません。 上司などの場合 〇〇様のご逝去の悲報に接し、驚いております。 やむを得ない事情によりまして、ご弔問に伺えず大変申し訳ありません。 〇〇様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 すぐに弔問に伺うべきところ、書中にてお悔やみ申し上げる非礼をお許しください。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 訃報を後日知った場合について 訃報を後日知った場合は、ご遺族の判断で逝去のことを連絡しないこともありますので、 相手の気持ち・状況に応じて判断する必要があります。 例えば喪中葉書でご不幸を知った場合は、お会いした時にそっとお悔やみを伝えるとよいでしょう。 何かの手違いで後日訃報を知ったときは、以下のように率直にお詫びしましょう。 お悔やみの言葉には注意点があります。 例えば、 不幸があって落ち込んでいる方に死因を聞いたり、最後の様子を伺うのはNGです。 お悔やみの言葉は、何よりも相手を気遣い弔意を簡潔に伝えることが大事です。 ここでは注意が必要な宗教用語、忌み言葉、敬称についてご説明します。 宗教用語について 宗教・宗派によって避けるべき言葉、使う言葉があります。 例えば仏教では一般に「冥福を祈る」といいますが、浄土真宗では故人はすぐに極楽浄土で仏になるとされており、この言葉は使いません。 神道・キリスト教の場合の注意点をご説明します。 神道 神道では 御霊(みたま)のご平安をお祈り致しますが一般的な表現です。 「お悔やみ申し上げます」も使えますが、「冥福」「成仏」などの仏教用語はNGです。 キリスト教 キリスト教の場合、「安らかなお眠りをお祈り申し上げます」が一般的です。 キリスト教では死後は神の元に召されるとの教えですので、冥福を祈ることも死を悔やむこともありません。 仏教用語はNGです。 忌み言葉について お悔やみの言葉については、次のような 生死にかかわる言葉・不吉な言葉、重ね言葉・繰り返し言葉などの忌み言葉を使わないように気をつけます。 お悔やみを伝える方法は、電話、メール・手紙などがある。 伝える相手も、親戚・友人・知人の場合と上司などビジネス関係者の場合がある。 お悔やみは、いろいろな場面・方法・相手があるが、相手を気遣い簡潔に述べることが大事である。 お悔やみの言葉は、神道・キリスト教では仏教用語はNG、忌み言葉を使わない、故人には敬称を使う、などの注意点がある。 葬儀会場の受付・会場内でのお悔やみの言葉は、ごく簡潔に述べる。 お悔やみの言葉への返信は、親戚・友人・知人の場合は、生前の厚誼や励ましに感謝し、前向きな気持ちを伝えるとよい。 上司・会社の人などの場合は形式どおりきちんと返信した方がよい。 お悔やみの言葉の例文をいろいろなケースについて分かりやすく解説していますので、参考にして頂ければ幸いです。 下記の記事では、葬儀に参列できない場合のお悔やみの手紙や香典の渡し方を説明していますので、ぜひご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

お悔やみの言葉文例集

お悔やみ の 言葉 例文

弔事は知らせを受けたらすぐにでも駆けつけて、お悔やみを述べるのがよいとされていましたが、親しい場合を除いて夜10時すぎは遠慮したいものです。 知らせを受けてすぐ弔問した場合は、霊前に線香をあげますが、取り込み中なのですぐに失礼します。 それほどのつきあいがない場合には、玄関先でお悔やみを述べて帰るようにしましょう。 遺族にこちらの気持ちを知らせたいときは、名刺などの右肩に、「謹んでお悔やみ申しあげまず」「心からお悔やみ申し上げます」「お悔やみに伺いました」などと書いて、置いてくるとよいでしょう。 お悔やみにさいしてのポイント• 故人と親しくしていた友人、会社の上司、同僚などは、遺族にお悔やみを述べ「何かお手伝いできることがありましたら、遠慮なく申しつけて下さい」と言うのがマナーです。 ご近所で親しいつきあいがある場合は、すぐ に行って、相談相手になったり、こまごました仕事を手伝ってあげるとよいでしよう。 悲しみの中にいる遺族にお悔やみを述べるのは難しいものです。 日ごろ親しくしていればいるほど あらたまってお悔やみを述べるのはぎこちなくなりがちです。 言葉少なに挨拶しましょう。 遺族と初対面のときは、自己紹介をしてから、控え目にお悔やみを述べます。 お年寄りを亡くした遺族に対しては「長生きをさ れたのですからおめでたいことで…」などの言葉は使わないようにします。 子供を亡くした遺族に対して、同じ年ごろの子供を連れての弔問は、相手を悲しませることになる場合があります。 事故死の場合には、死因や事故の様子などをたずねたりしないようにするのがマナーです。 さきほどお電話をいただき、とりあえずとんでまいりました。 あんなにお元気でいらっしゃいましたのに、とても信じられない思いでございます。 これからご活躍されようというときだけに、さぞかしお力落としのことでございましょう。 社の者も仕事がすみ次第駆けつけると思いますが、私どもで出来ますことがありましたら、何なりとおっしゃって下さい。 この度は突然のことで、さぞかしお力落としのこととお察し申し上げます。 老人を亡くした遺族に この度は誠にご愁傷さまでございます。 ご家族の皆さまには、さぞお力落としのことでございましよう。 心からお悔やみ申しあげます。 家族の皆様に 例1)この度は思いがけないお知らせをいただきました。 ご家族の皆さまは、さぞかしご無念のことでございましょう。 お察し申し上げます。 私に出来ますことがありましたら何でもお手伝いいたしますので、何なりとお申しつけ下さい。 こんな悲しいことはありません。 お察しいたします。 事故死のとき 例1)思いもかけないご災難でさぞかしお嘆きのことでしょう。 私に出来ますことでしたら何なりとお申しつけ下さい。 例2)思いがけない事故で、ご主人さまがお亡くなりになったと承り、駆け付けてまいりました。 まさかという驚きで一杯です。 あのように立派な方を事故で失うなどとは、残念でなりません。 私で出来ますことがありましたら、手伝わせていただきます。 ご遠慮なく申しつけて下さい。 病死のとき 例1)この度は誠にご愁傷さまでございました。 ご冥福をお祈りいたします。 例2)心からお悔やみ申し上げます。 ご生前中は、何かとお世話になりまして、ありがとうございました。 例3)ご尊父さまには、ご養生の甲斐もなくご逝去なさいましたそうで、皆さまのご胸中はいかがなものかと、お察しいたします。 例4)この度は、お母さまがお亡くなりになられましたそうで、さぞやお力落としのことと深くお察し申し上げます。 ご病気中はお見舞いにも伺いませんで残念でなりません。 お取り込み中のこととは存じましたが、とりあえずお悔やみにまいりました。 皆さまにもよろしくお伝え下さい。 例5)本当に突然のことでびっくりしました。 お母さまにはこれまでにいろいろと教えていただきました。 それなのにこんな悲しい時を迎えなくてはならないと思うと残念でなりません。 どうぞお悲しみのあまり、お体をこわされないよう大切にして下さいませ。 例6)この度は、とんだことになりまして、言葉もありません。 もうあの元気なお姿を拝見できないと思いますと心が痛んでまいります。 これまで大変にお世話になりまして、いつかはご恩返しをと思ってまいりましたのに。 それが心残りでございます。 例7)先日、病院にお見舞いに伺いましたときには、ついついお話がはずんでしまいお元気になられたようにお見受けしておりましたのに…。 ご家族の方々の看病のかいもなく亡くなられるなんて、とても本当とは思えません。 皆さまのお悲しみをお察しいたします。 妻(夫)を失った知人への手紙 妻を亡くした知人へ 例文) ご令閨様ご逝去のお知らせに接し、お悔やみ申し上げ謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 あまりにも突然のことに、ただ信じられない思いでございます。 この上は、お力落としのためにご健康を損われますことのございませんよう念じるばかりでございます。 なお、同封いたしました心ばかりのご香典を、ご霊前にお供えいただければ幸いでございます。 近いうちに改めてご焼香させていただきますが、まずは取り急ぎ書中にてお悔やみを申し上げます。 夫を失った友人ヘ 例文) ご主人様ご急逝との悲しい知らせをいただき、申し上げる言葉もございません。 昨年秋にお宅へお邪魔いたしました折りには、元気な様子で四方山話などにおつき合いくださいましたのに、信じがたい思いでございます。 まだお小さいお子様を残されて、あなた様のご心中いかばかりかと拝察し、どうお慰めすればよいのか、ただただ胸が痛むばかりでございます。 今は何を申し上げましてもお悲しみをますばかりでございましょう。 何とかお元気を出されて、と申し上げても無理なこととはわかっていながら、それでもいまは、ただご悲嘆のあまりお体をこわされませんように、お子様のためにもお心を強くお持ち下さいますようにと、ひたすらお願いすることしかできません。 すぐにも、あなた様のところへ駆けつけたい思いで一杯でございますが、それもかなわず、謹んでご主人様のご冥福をお祈り申し上げ、あなた様のご自愛をお願い申し上げます。 謹んでお悔やみを申し上げます。 皆様の看病の甲斐なくお亡くなりになりましたこと、残念でなりません。 ただ最後にはお苦しみもなく安らかに逝かれましたと伺い、救われた思いがいたしました。 ご家族の皆様方は、どんなにかお嘆きのことでしょう。 ことにお母様がどんなにおつらい思いをしておられるかと思いますと、本当に胸が痛みます。 お力の限り最善を尽くされたのでしょうが、とてもおあきらめられない気持ちでございましょう。 いずれ近いうちに上京し、ご霊前にお参りさせていただきますが、とりあえず手紙でお悔やみを申し上げます。 同封のご香典、ささやかではございますがご霊前にお供えくださいますようお願いいたします。 あの明るい笑顔を二度と見られないとは、いまだに信じられない思いでおります。 昨年の家族旅行の際には、私にも甘えて本当に可愛らしいと思いました。 お子様を失ったお悲しみお嘆きは、いかばかりでございましょう。 ただ今は、何を申し上げてお慰めしたらよいか言葉もありません。 特に奥様のお悲しみについては察するに余りあるでしょう。 どうぞお役に立つことがありましたら、何なりとお申しつけ下さい。 喜んでお力にならせて頂きたいと存じます。 あれほどまでにおいつくしみお育てあそばされて、来春には小学校へ入学と、御一家そろって楽しみにしておられた矢先のこと、さだめし言葉に尽くせない悲しみにおありのことと、悲しくも深く拝察申しあげます。 この逆縁の御不幸に、あなた様には何を生きがいにして生きていったらよいのかと、思い悩まれているのでしょうか。 あまりの悲しみの上、お体でも損なわれましてはと気遣う次第でございます。 まだ将来のあるあなた様のことですから、どうかこの悲しみがつぐなわれる日もありましょう。 なお同封のもの、些少ではございますが、どうぞ御霊前にお供え下さいませ。 略儀ながら書中をもってお悔やみ申し上げげます。 四十九日を過ぎて(母を失った友へ) 例文) お母様がお亡くなりになられ、すでに四十九日もすまされたとのお便りをいただき、突然の事ゆえびっくりいたしました。 何も知らずにいてお見舞いにもうかがいませず、本当に申しわけない気持ちでいっぱいでございます。 さぞかし、お力落としのことと存じます。 お手紙にはお母様はご家族に囲まれ、眠るようなご最期だったとうかがい、そのことだけが慰めに思っています。 お遅ればせながら謹んでお悔やみを申し上げます。 あらためて思い返しますと、お母様には何度もお手料理をご馳走になったり、また話相手になっていただいたのに、そのご恩返しも出来ないままになってしまいました。 いまはただ、あの頃のお姿をしのびつつご冥福を祈らせていただきます。 お母様も、何よりそれを願っておられることと思います。 喪中はがきで死亡を知ったとき 「年賀欠礼」の通知を受けてはじめて死亡を知るということがあります。 相手先が喪中であることを知らずに年賀状を出し、そのあと喪中を知った場合にはお悔やみの言葉を記したお詫び状を出します。 年賀欠礼の手紙を受けての返事 例文) このたびはご丁重なごあいさつをいただき、お父上様のご他界を知りました。 お病気のことも少しも存じませず、お見舞いもお悔みも申し上げず失礼いたしました。 遅まきながら改めてお悔みを申し上げ、お父上様のご冥福をお祈り申し上げます。 さぞかしお淋しい毎日をおすごしのことと拝察いたします どうぞお体に気をつけて下さいまして、新しい年をお迎え下さいますように。 年賀状を出した後に年賀欠礼を受けた場合 例文) 本日、年賀欠礼のお知らせをいただき、たいへんに驚いております。 ご無沙汰いたしておりましたために、お父上のご不幸を少しも存じ上げず、すでに年賀状を差し出してしまいましたことをお許し下さい。 遅ればせながら、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 ご家族様にはさぞ寂しい歳の暮れとは存じますが、どうぞお体を大切になさいますよう、お願い申し上げます。 来年こそはよいお年でありますように。 とり急ぎ失礼のお詫びまで。 会葬者の挨拶 香典を出すとき 例1) 形ばかりでございますが、どうぞご霊前にお供え下さい。 例2) この度はご愁傷さまでございます。 仏さまへの供養としてどうかご霊前へお供え下さい。 」などと言います。 通夜を退席するとき 例1) 今晩はこれで失礼させていただきます。 例2) 明日のご葬儀に参列させていただきますので、このへんで失礼させていただきます。 例3) 今晩はこれでおいとまさせていただきます。 どうかお疲れになりませんように。 葬儀に出席出来ない場合の断わり 例1) やむを得ない事情がありまして、告別式には参列できませんが、どうぞお許し下さい。 例2) 仕事の都合で告別式には失礼させていただきます。 例3) 明日の告別式には残念ですが参列できませんので、今晩伺わせていただきました。 電話での挨拶 例1) 知らないこととはいいながら、お悔やみが遅れまして、お許し下さい。 例2) お葬式の日は出張中で参列することができませんでした。 遅ればせながら、お悔やみを申し上げます。 弔電文例 弔電は電話で申し込む方法(受付時間は午前8時から午後10時、配達時間は午前8時から午後7時)、ファックスで申し込む方法があります。 また菊の花をあしらった「刺繍電報」、線香を添えた「香華」などのメモリアル電報があります。 電文を考え、相手の住所や名前と一緒にメモします。 メモができたら局番なしの「115」に電話します。 オペレーターが出たら、自分の電話番号と名前を告げ、次に相手の住所と名前を告げます。 電文をゆっくりと読みます。 誰が打ったか名前を知らせたい場合は、電文の最後の段落(」)に続けて名前を入れます。 (住所、会社名、役職などを入れる場合も)• 終わったら、オペレーターが相手の住所、名前、通信文をくり返すので再確認をします。 文例の文章は、一部ことばを入れかえてご利用になれます。 一般 [7501] ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申しあげます。 [7502] ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。 [7503] 悲報に接し、悲しみにたえません。 心よりご冥福をお祈りいたします。 [7504] 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 [7505] ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 [7506] ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、故人のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。 [7507] ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 [7508] ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 ご家族の皆様が心を合わせて、強く生きられますようお祈りいたします。 [7509] ご逝去の知らせを受け、ただただ、驚いております。 ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 [7510] いつまでも、いつまでもお元気で長生きしてくださるものと思っておりました。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 遥かにご冥福をお祈りいたします。 衷心より哀悼の意を表します。 いたってご壮健と伺っておりましただけに、申しあげる言葉もございません。 皆様のご落胆もいかばかりかと存じます。 どうぞご自愛くださいませ。 ご冥福をお祈りいたします。 どうぞお気を強くなさってください。 心からお悔やみ申しあげます。 [7601] 突然の悲報に接し、驚愕しております。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 [7602] 突然の悲しいお知らせに接し、悲しみにたえません。 在りし日を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 [7603] あまりに突然のご逝去、お慰めの言葉もございません。 ただ、ご冥福をお祈りするばかりです。 [7604] 突然の悲報に接し、動揺のあまり声も出ませんでした。 ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 心からこ冥福をお祈りいたします。 [7605] 悲報に接し、心からお悔やみ申しあげます。 お力落としをお慰めするすべもなく、ただ故人のご冥福を祈りあげるばかりです。 [7606] 突然の悲報に接し、ご遺族様のお悲しみ。 いかばかりかと拝察いたします。 お別れもできなくて、残念です。 故人のご冥福をお祈りいたします。 [7607] 突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 [7608] まさかとは思いましたが、ニュースで知り驚いています。 さぞかし皆様お心落としのことと存じますが、一日も早くお悲しみから立ち直られますように。 謹んでお悔やみを申しあげます。 [7612] 突然の悲報に接し、呆然自失のありさまです。 お元気だったころのお姿ばかりが目に浮かび、訃報がいまだに信じられません。 今はただ、ご冥福を祈るのみです。 [7613] ご生前の笑顔ばかりが目に浮かびます。 どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、心からお祈りいたします。 [7615] ご逝去の報に呆然といたしました。 働き盛りのお元気だった故人の面影が目に浮かびます。 教えていただきたいことが、まだまだたくさんありましたのにと悔やまれます。 心からご冥福をお祈りいたします。 ご尊父様 [7521] ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 [7522] ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 [7523] ご尊父様のご逝去を、心よりお悔やみ申しあげます。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 [7524] ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。 ご尊父様には、幾多のご厚情をうけながら、ご恩返しをすることもできず、痛惜の念もひとしおです。 ご冥福をお祈りいたします。 [7525]いつもお元気そうに談笑されていたお父上様を思い出します。 父もすっかり肩を落として、在りし日の思い出に声を詰まらせています。 故人のご冥福をお祈りいたします。 [7614] ご訃報に接し、ただただ悲しいばかりです。 故人は慈父のようなお方でした。 安らかにお眠りになられることをお祈りいたします。 ご母堂様 [7531] ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 [7532] ご母堂様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 [7533] ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 お慰めの言葉もございません。 今はただ、心から、ご冥福をお祈りいたします。 [7534] 悲報に驚いています。 あなたのお気持ちを思うと胸が痛みます。 心から哀悼の意を表し、お母様のご冥福をお祈りいたします。 [7535] ご母堂様のご急逝を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 いつも、お優しかったお顔を思い出し、まだ信じられない気持ちです。 心よりご冥福をお祈りいたします。 [7536] お母様のご逝去に深く哀悼の意を表します。 家族ぐるみでお世話になりました。 ご冥福をお祈りいたします。 ご子息様 [7541] ご子息様のご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈りいたします。 [7542] ご子息様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 [7543] ご令息様の突然の悲報に愕然といたしております。 ご家族の皆様のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 謹んでお悔やみ申しあげます。 [7544] ご子息様の急逝の報に接し、悲しみにたえません。 前途洋々たる時に突然他界され、ご両親様のお悲しみ、ご無念のお気持ちは、いかばかりかとお察し申しあげます。 ご令嬢様 [7551] ご令嬢様のご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈りいたします。 [7552] ご令嬢様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からこ冥福をお祈りいたします。 [7553] お嬢様のこ逝去を悼み、ご両親様のお嘆きをお察し申しあげますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 [7554] お嬢様の突然のお旅立ち、ご両親様のお嘆きいかばかりかと、拝察申しあげます。 在りし日の美しいお姿を偲び、衷心より哀悼の意を表します。 お孫さま [7561] お孫さまのご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 お二人のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 弔問欠席 [7609] 悲しいお知らせに呆然としております。 お別れにも伺えず、残念でなりません。 心からご冥福をお祈りいたします。 [7610] お悲しみに対し弔問かなわぬ非礼をおわびし、謹んで哀悼の意を表します。 [7611] ご生前のご厚情を思えば、お見送りをしなければなりませんのに、健康を害し伺えず申し訳ございません。 故人のご冥福を祈って手を合わせております。 友人・先生 [7616] 幼なじみの友との別れの報に接し、悲しみでいっぱいです。 たくさんの思い出をありがとう。 どうぞ安らかにお眠りください。 [7617] 最愛の友の訃報を聞き、深い悲しみに襲われています。 仕事を愛し、家族や友を愛し、何事にもひたむきだった彼。 ご遺族皆様のご心中をお察し申しあげ、心からご冥福をお祈りいたします。 [7618] 会いたい、会いたいと思っておりましたのに、こんな突然のお別れになってしまいました。 悔しくてなりません。 ご冥福をお祈りしたします。 [7619] 先生のご訃報に接し、人生の師を失った悲しみでいっぱいです。 先生の尊いお教えは、私の心の中に生き続けます。 どうか安らかにお眠りください。 企業向け [7620] 御社社長様のご訃報に接し、ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 [7621] 御社社長様の不慮のご逝去の報に接し、御社ご一同様に衷心より哀悼の意を表します。 [7622] 会長様のご逝去に際し、惜別の急を禁じ得ません。 ご功労に敬意を表しますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 [7623] 社長様のご訃報に、当社社員一同、謹んで哀悼の意を表します。 ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、心からお悔やみ申しあげます。 社葬・団体葬弔電文例• ご逝去を悼み、故人のご功績をたたえ、心からお悔やみ申しあげます。 会長様ご天寿を全うされました由、謹んで哀悼の意を表します。 突然のご逝去に接し、職場の一同、まことに驚愕、くやしさで言葉もありません。 深く哀悼の意を表わします。 御社社長のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 在りし日のすばらしい部長を偲び、はるかにご冥福をお祈り申しあげます。 (お悔やみ電報台紙の一例)• 刺しゅう電報「悼花」 お悔やみ電報料+2,500円。 (ほかに消費税がかかります)• おし花電報「衷心」 お悔やみ電報料+2,000円。 (ほかに消費税がかかります)• (ほかに消費税がかかります) 追悼文の心得 死亡通知を受けた場合には、弔問あるいは通夜に出席しますが、通夜・葬儀のいずれにも出席ができない場合は、すぐにも弔慰の手紙を書きます。 とりあえず弔電を打ち、改めてお悔やみとお見舞いの手紙を書くのもよいでしょう。 また、レタックス(電子郵便)を利用すれば、手書きのメッセージが、弔事用の封筒に入れて届けられます。 お悔やみ状で留意すること• 喪主が目下の人や親しい友人であっても、丁重な言葉遣いで、心をこめて書くようにします。 季節のあいさつなど前文は省略して、冒頭から弔慰の言葉に入ります。 結語には敬具などとします。 草々は単語が重なりますので使いません。 自分方の消息などは書きません。 遺族は悲嘆の中にあって、心も身体も普段とは違った不安定な状態にあります。 そこで文章や言葉遣いには十分の心配りが必要です。 またあまり感情的な表現には気をつけましょう。 死を意味する「忌み言葉」を避けるために「隠れた」とか「逝った」などの表現を用います。 また、「追って」、「重ねて」、「再び」な どのほか、再び不幸が起こることを連想させる「いよいよ」、「しみじみ」、「重々」、「ますます」などの重ね言葉も使用しません。 香典は不祝儀包みに表書きをし、お悔やみ状とともに現金書留で送ります。 不祝儀袋や表書きは宗教によって違うので気をつけます。 ただし「御霊前」はすべてに通用します。 悔やみ状に込める内容• 逝去を知った驚きや悲しみの気持ち• 故人の人柄や功績を偲び死を惜しむ言葉• 遠方等のため、告別式に参列できない(なかった)お詫び• 同封した香典をご霊前に供えるお願い• 遺族の気持ちを慰め、励ます言葉• 故人の死を悼み冥福を祈る言葉などを書きます。 慣用語句• 御逝去(御他界/御永眠)の報(悲報)に接し、亡くなられた由承り、御逝去を知り・御養生(お厚い看護)の甲斐もなく、不慮のご災難にて、ご快復をお祈りしておりましたのに• 御愁傷(御悲嘆/お悲しみ/お力落とし/御落胆/御追慕の情/お心残り)いかばかりかとご心中(ご胸中)を思い(拝察し)申しあげる言葉(お慰めする言葉)もございません(見あたりません)• 人生無常、人の命のはかなさ、生者必滅は世のならい(人の命数はぜひなきもの/何事も定まれる運命/前世の約束ごと)とは申しながら• お悔やみ申しあげます、御冥福をお祈り申し上げます、御生涯(御生前のお姿)を偲び哀悼の意を表します、合掌いたします• 御香典=御霊前にお供え(お手向け)下さい、心ばかりの(些少)ではございますが 友の死を悼む手紙 お悔やみ状で留意すること• 喪主が目下の人や親しい友人であっても、丁重な言葉遣いで、心をこめて書くようにします。 季節のあいさつなどの前文は省略して、冒頭から弔慰の言葉に入ります。 結語には敬具などとします。 草々は単語が重なりますので使いません。 自分方の消息などは書きません。 遺族は悲嘆の中にあって、心も身体も普段とは違った不安定な状態にあります。 そこで文章や言葉遣いには十分の心配りが必要です。 またあまり感情的な表現には気をつけましょう。 死を意味する「忌み言葉」を避けるために「隠れた」とか「逝った」などの表現を用います。 また、「追って」、「重ねて」、「再び」などのほか、再び不幸が起こることを連想させる「いよいよ」、「しみじみ」、「重々」、「ますます」などの重ね言葉も使用しません。 例文1) まことに悲しい通知をいただき、まだ茫然としているばかりです。 何とお慰め申し上げてよいか、言葉もございません。 半年前に電話でお話をしたときには、「元気になったら一緒に旅行に行こう」と言われていただけに、このような結果になろうとは、人の世のはかなさが今さら身にしみる思いでございます。 お仕事では名誉賞を獲得され、これからの活躍が期待されていた時だけに、残念でなりません。 御心痛いかばかりかとは存じますが、残されたお子様方のためにも、御健康に留意されて、何卒強く生きて下さい。 失礼ながら書中にて、心より御冥福をお祈りいたします。 社長を亡くした取引先への手紙 取引先の社長が亡くなった場合、時機を失わないようにお悔やみ状を出します。 公的なお悔やみ状では、故人の功績をたたえ、さらに、慰めの言葉だけでなく激励の言葉を書き添えます。 最後には、協力を借しまない旨の一文を書きます。 「今後ともご指導ご鞭燵を…」のような文は避けます。 お悔やみ状を出すときには、季節のあいさつは省き、お悔やみと慰めの言葉を簡潔に記します。 貴社ご一同様のご傷心のほど深くお悔やみ申し上げるとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。 皆様方には、どうか故人のご遺志を実現なされますようお祈り申し上げております。 微力ではありますが弊社も出来る限りの協力を惜しまないつもりでございます。 とりあえず、ご弔詞を申し上げる次第でございます。 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 ご生前中には、とりわけご懇意にしていただきましたのに、なんら報いることが出来ず、ただ残念であります。 ご遺族様はじめ、社内ご一同様のお嘆きのほどを拝察致しますと、お慰めの言葉もございません。 皆様により、故人のご遺業を推進なされますようお祈り申し上げる次第でございます。 同封の微、なにとぞご霊前にお供えいただけますようお願い申し上げます。 一ヶ月ほど前に病院にお見舞いに伺いました折は、たいへんお顔色もよく、来月は退院できるからと、先生みずからおっしゃっておりましたのに、未だに信じられない思いでございます。 思えば先生には、学生時代はもとより、卒業後も何かと親しくご指導賜わり、ときには親も及ばぬほど親身にご叱正をいただきました。 ご恩返しもこれからというときに先生を失ったことは、本当に口惜しく残念でございます。 今後は、先生からいただいたご教訓を人生に生かして生きていくことがご恩に報いる道と思って頑張る覚悟でございます。 どうぞ奥様には一日も早く立ち直られ、ご健康で先生の分まで長生きをしていただきますようお願い申しあげます。 ちょうど本日より東北出張のため最後のお別れに参列できないのが残念でございますが、帰京次第ご霊前に参らせていただきます。 なお、心ばかりのご香料を同封いたしましたので、御霊前にお供えいただきたいと存じます。 まずは、とりあえず先生の生前のお姿を偲びつつ、心からお悔やみを申し上げます。 謹んでご尊父様のご冥福をお祈り申し上げます。 何をおいてもお伺いをしてお焼香させていただくべきところでございますが、私病気中のためご葬儀への参列がかないませず、申しわけございません。 とりあえず書中をもってお悔やみを申し上げるしだいでございます。 お力落としとは存じますが、お体を損われることのこざいませんよう、ご自愛下さいませ。 なお、同封いたしましたのは、ほんの心ばかりのご香料でございます。 ご霊前にお手向けくださるようお願い申し上げます。 平素は人一倍ご健康な方でいらっしゃいましただけに、ご家族の皆さまのお心のこもったご看病により必ずやご回復なさると信じておりましたのに、全く残念な思いで一杯でございます。 御一同様のお悲しみ、ご落胆はいかばかりかと拝察申しあげております。 さっそく参上いたしましてお悔やみを申し上げますべきところでございますが、何分にも遠方のこととてそれも叶わず、不本意ながら書中をもちまして、謹んで哀悼の意を表し、ご尊父さまのご冥福をお祈り申し上げる次第でございます。 なお、心ばかりのご香料を同封させていただきましたので、御霊前にお供え下されば幸いに存じます。 例文3) 本日、電報にてご尊父様ご他界のお報せをいただき、とり急ぎお悔やみ申し上げます。 お手厚いご看護の中で、八十歳のご長寿を全うされての安らかなご最期とうかがいましても、ご肉親の情はまた格別、さぞかしお寂しいことと拝察申し上げております ここに謹んでご弔詞を申しあげ、ご尊父様のご冥福をお祈り申し上げます。 すぐにも参上の上お悔やみ申し上げるべきところでございますが、遠地のこととて叶いませず、時を改めて、ご霊前にお参りさせていただきたいと存じますのでお許しいただきたいと存じます。 なお、僅少ながら御香典を同封致しましたので、ご霊前にお手向け下さいますようお願い申しあげます。 母を失った友人へ 例文) お母上様ご他界の悲報に接し、なんと申し上げればよいのか、お慰めの言葉も見つかりません。 お母上様には何度かお目にかかりましたが、お優しいなかにも凛としたところをお持ちの立派な方でいらっしゃいました。 もっと長生きしていただいて、もう一度お話を伺いたいと思いましたのに、ほんとうに残念でございます。 何分にも遠方のため、ご葬儀にも参列できませず、ご生前のお姿を偲びつつ合掌させていただきます。 なお、まことに些少ではございますが、心ばかりのご香料をご仏前にお供え下さいますよう お願い申し上げます。

次の

お悔やみの言葉の例・手紙の書き方・挨拶の方法・金額の目安

お悔やみ の 言葉 例文

安らかにご永 眠されますようお祈りいたします。 お悲しみの中にもお疲れがでま せんよう、喪主様をはじめ、ご家族の皆様方におかれましてはどう ぞご自愛くださいませ。 喪主様をはじめ、ご遺族の皆 様におかれましては、ご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞ ご自愛くださいませ。 98文字 2,010 円 (税抜) P0284 ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥 福をお祈りいたします。 喪主様をはじめ、ご家族の皆様、お力落と しのことと存じますが、どうぞご自愛くださいませ。 84文字 1,740 円 (税抜) P0285 ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申しあげます。 喪主様をはじめ 、ご遺族の皆様方におかれましては、お力落としのことと存じます が、どうぞご自愛くださいませ。 皆様のご落 胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛くださいませ。 優しく明るい お人柄であっただけに、ご遺族の皆様のご心痛はいかばかりかとお 察し申しあげます。 お力落としのことと存じますが、どうか、お気 持ちを強く持たれますよう心よりお祈り申しあげます。 ご家 族の皆様には、一日も早く悲しみを乗り越え、心穏やかに暮らすこ とができますようお祈り申しあげます。 ご生前のご厚情に深く感謝 いたしますとともに、謹んで哀悼の意を表します。 かね てからご入院中とのお話は伺ってはおりましたものの、回復を信じ ておりました。 ご家族のお悲しみはいかばかりかとお察し申しあげ ますとともに、どうかお疲れのでませんように。 あん なにお元気そうでいらしたのにと悔やまれてなりません。 ご家族の 皆様さぞやお力落としのこととお察し申しあげますが、どうぞご自 愛くださいませ。 ご冥福をお祈り申しあげます。 109文字 2,190 円 (税抜) 7575 ご主人様のご逝去を知り、驚愕いたしております。 いたってご壮健 と伺っておりましただけに、申しあげる言葉もございません。 皆様のご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛ください ませ。 ご冥福をお祈りいたします。 いたってご壮健と 伺っておりましただけに、申しあげる言葉もございません。 皆様の ご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛くださいませ。 ご冥福をお祈りいたします。 101文字 2,100 円 (税抜) 7485 突然の悲報に胸がはりさけそうな思いでいっぱいです。 優しく接していただいた数々の思い出が走馬燈のように浮かんで 参ります。 お別れは辛く、とても淋しい気持ちですが、 感謝とお礼の心でお見送りさせていただきます。 優しい笑 顔、共に過ごした楽しかった思い出など在りし日の思い出は尽きま せん。 安らかにご永眠されますよう、遠くから手を合わせて、ご冥 福をお祈りしております。 100文字 2,010 円 (税抜) P0272 ご逝去の報に接し、悲しい思いでいっぱいです。 優しい笑顔、共に 過ごした楽しかった思い出など在りし日の思い出は尽きません。 安 らかにご永眠されますよう、遠くから手を合わせて、ご冥福をお祈 りしております。 98文字 2,010 円 (税抜) P0196 突然の悲報に胸がはりさけそうな思いでいっぱいです。 優しく接して頂いた数々の思い出が走馬燈のように浮かんで 参ります。 お別れは辛く、とても淋しい気持ちですが、 感謝とお礼の心でお見送りさせて頂きます。 ご生前の笑顔ばかり が思い出され、胸が痛みます。 まだまだ教えていただきたい事がた くさんありましたのに、悔やまれてなりません。 心よりご冥福をお 祈りいたします。 96文字 2,010 円 (税抜) 7615 ご逝去の報に茫然といたしました。 働き盛りのお元気だった故人の 面影が目に浮かびます。 教えていただきたいことが、まだまだたく さんありましたのにと悔やまれます。 心からご冥福をお祈りいたし ます。 ご家族様のご悲観はいかばかりかと存じま すが、一日も早くお心の痛みが癒えますよう、心よりお祈りいたし ます。 故人と の語りつくせぬ思い出で胸がいっぱいです。 ご生前のご厚情に深く 感謝いたしますとともに、安らかなご永眠をお祈りいたします。 87文字 1,830 円 (税抜) 7617 最愛の友の訃報を聞き、深い悲しみに襲われています。 仕事を愛し、家族や友を愛し、何事にもひたむきだった彼。 ご遺族皆様のご心中をお察し申しあげ、心からご冥福をお祈りいた します。 86文字 1,830 円 (税抜).

次の