マスク フィルター ポケット 作り方。 作り方☆プリーツ布マスク(ノーズフィッター・ポケット付きにも出来ます)

簡単なフィルターポケット付きマスクの作り方!プリーツマスクと立体マスク

マスク フィルター ポケット 作り方

Sponsored Link 材料• 表側布(綿の物で普通の厚さの物)• 縫い代込みの型紙です。 型紙を中表にした表布の上に置き、待ち針で留めて裁断する。 5cmずつ切り取った)型紙で裏布も同じように作ります。 赤の斜線部分を切り取ります。 中央部分を切って貼った型紙です。 顔に当たる部分になります。 ダブルガーゼの生地を裁断します。 型紙を外し、ずれないように待ち針を留めて、赤線部分にミシンをかけます。 両サイドが縫えたら縫い代に切り込みを入れます。 アイロンで赤い矢印部分、縫い代を開きます。 表布は裏のまま、裏布は表に返します。 大きさの違いははこんな感じになります。 表布の中に、裏布を挟みます。 中央の縫い目をそれぞれ合わせて、上下も合わせます。 ピッタリ重ねたら、赤い点線部分を縫います。 5cm開けておきます。 左下は4cm返し口に開けておきます。 返し口より表返し、アイロンで形を整えます。 矢印の所、上部から縫い始めます。 ワイヤーを入れるためには端から8mmの所を縫います。 右端のゴムを入れる部分1. 5cmの所で表布だけを縫います。 下部を縫います、ここは抑えのためなので、端から3mm位の所を縫います。 下部が縫えたら、左端1. 5cmの部分を右側と同じように表布だけを縫います。 ミシン掛けは終了です。 ゴムを入れて仕上げて下さい。 ワイヤーを入れてみましょう。 中央部分が通しにくいかもしれませんが、赤い線の部分に納まるように入れて下さい。 内側のポケットにはフィルターなど入れ替えられるものを入れられるようにと作りました。 何も入れなくても、ガーゼマスクとして使用できます。 市販の使い捨てマスクを入れて、何回か使えないかと考えて入れてみました。 マスクとしての効果はわかりませんが、使い捨てマスクのカバーになってくれないかな? 中でプリーツを広げてフィットさせます。 布製マスクはフィット感も思った以上に良くて、外側の布に好みの物を使い工夫してみると良いですね。 追記 お友達にも作ってみました。 こちらはお友達が大好きだった服の再利用です。 マスクで耳が痛くなる方にお勧め、ボタンで作るマスク留め 足つきボタンにゴムを通したもの。 マスクのゴムにかけると頭の後ろで留まります。

次の

「手づくりマスク」ワイヤー・フィルターポケット付き作り方、100均手ぬぐいで軽くて涼しい!ゴム・ガーゼ不使用~小池都知事のマスク真似してみた~

マスク フィルター ポケット 作り方

オタマスクの特長は3つ おたまラボのマスクの特長は次の3つです。 大きな顔向け。 大きなマスクがいい人向け。 フィルターが入るポケット付き• 洗濯しても家族のマスクが識別できる 立体マスクで、出来上がりサイズは、およそ 横幅が21cm、縦幅が15cm。 市販の立体マスクの型紙をベースに横幅、縦幅ともに少し大きめにしてあります。 ポケットは、マスクの内側の中央に付けました。 お好きな不織布のフィルターやキッチンペーパー、ガーゼなどを入れられます。 両サイドを開きにしているので、入れ易さにも配慮しています。 マスクの内側 マスクの内側。 フィルターポケット部分 異なる色の糸で塗った家族のマスク。 赤、青、緑、黄色 さらには、洗える布マスクの場合、一人暮らしなら問題ないと思うのですが、家族と同居している場合、洗濯後、 どれが誰のものなのか分からなくなるのを避けるため、ポケットは異なる色の糸で縫っています。 これで、例えば、「お父さんは青、お母さんは赤、お姉ちゃんは黄色、弟は緑」みたいな感じで、それぞれの色を決めて使えば、分からなくなることもなくなると思うのです。 白いマスクをカラフルな糸で縫うと目立つので、あえて内側のポケットだけカラフルの糸を使うことにしています。 型紙ダウンロード PDFをアップしておきます(下記の図をクリックしてください)。 もちろん、無料です。 もし、ハトロン紙があるようなら、写し取ってから使うのもよいかと思います。 おたまはそうしてます。 ちょうど洋裁訓練中で、まさに型紙書きを特訓しているもので。 これがPDF化する前のオリジナルに線を引いた型紙 (これをIllustratorでトレースして上記のPDFデータを作っています) ハトロン紙に写し取った型紙たち 手作りマスク「おたマスク」の作り方 【材料】• ダブルガーゼ A4大なら2枚くらい• ミシン糸(普通布用60号) 白(生成り)と好きな色 【作り方】• ダブルガーゼは洗濯すると縮みやすいので、 地直しする。 簡単な方法は、水に1〜2時間漬けてから、洗濯機で普通に脱水し、日陰干しする。 半乾きの状態でアイロン(スチームなし)にかける。 縦方向、横方向だけにやさしくかける。 くれぐれも斜め方向にかけると生地が伸びてしまうので注意。 乾いたダブルガーゼを型紙にそって裁断する。 マスク外側を4枚、マスク内側(フィルターポケット)を2枚。 まずは、マスク内側を作る。 2枚重ねた状態で上記型紙の左側部分の曲線を縫い代1cmで縫い合わせる。 縫い代を割って、縫い目の両サイドを2mmでコバステッチをかける。 さらに、型紙の右側の直線部分を5mmで三つ折りにして、好きな色の糸で縫う。 次にマスクの外側を作る。 2枚重ねた状態で曲線側を縫い代1cmで縫い合わせる。 縫い代を割って、縫い代を割って、縫い目の両サイドを2mmでコバステッチをかける。 これを2組作る。 マスク外側1枚とマスク内側1枚を同じ向きで重ねる。 さらに、今度はこの2枚に対して中表でマスク外側のもう1枚を重ねて3枚重ねにする。 この状態で上部分と下部分を縫い代1cmで縫い合わせる。 5を表に返して、さらに、上部分と下部分に2mmのコバステッチをかける。 ゴム紐を通す部分を作る。 マスクの両サイド1cmを内側に織り込んでから、さらに1cm、内側に折ってから縫う。 ゴム紐を通して調整すれば完成。 なんだか雑な説明ですみません(汗) 多分、上の手順のうち、6よりも7を先に処理した方がもっときれいに縫える気がします。 あるいは、ゴム通し部分をきれいに作るならば、紐通し部分を輪でとってカットして作る方法もあります。 ただ、この方法だとフィルターポケットを入れて縫い合わせるのが少々難しいかもいしれません。 この辺りの縫い方はいろいろアレンジしていただければ。 生地はダブルガーゼをおすすめしますが、例えば、内側にタブルガーゼを使い、外側はお好きな別の生地でもいいかもしれません。 なんせ、おたまも、家族も顔が決して小さくありません(笑)。 ネット上で配布されているパターンをいくつか試してみましたが、顔の形にフィットしなかったり、そもそも小さすぎて嘴みたいになったり(汗)。 そんなわけで、まずは市販の立体マスクの形をベースにすることとし、それを大きめにアレンジしたというわけです。 あくまでも素人おたまが、おたまとその家族様にアレンジしたものなので、みなさんにフィットするかどうかまで保証は全くできませんのであしからず。 必ず試しに仮縫いしてみて、サイズ感やフィット感を事前に確認していただくことをお勧めします。 そして、「ここをもうちょっとこうしたいな」というところは、型紙のラインを修正してもらってアレンジしてぜひオリジナルマスクを作ってみてください。 では、またね〜。

次の

簡単フィルターポケット付きの立体マスクの作り方

マスク フィルター ポケット 作り方

Sponsored Link こんにちは、sonmarinです。 前回紹介した手作りマスクにフィルターを入れて、職場で仕事をしている毎日。 会話をすると顎にかかってずれてきたり、表布・裏ガーゼともに2重で作っていたので、しっかりしているのは良いのですが、重みもあって耳が痛い。 形も鼻から耳のほうへと下がっているので、頬骨のところが見えると頬骨の上のシミが見える。 ノーメイクで出勤するので特に気になる。 東京都知事の小池さんの布マスクが、話していてもずれないこと、頬の部分も隠していることに感動し、テレビの会見を見て試作を重ねて改良して作ってみました。 薄手の布(カッターシャツのような布)• 太めの毛糸(やわらかい紐など)• ワイヤー(ビニタイ、使用済みの使い捨てマスクのワイヤー) 型紙を作る 表地用(1マス1cm) 裏地用=表地の型紙を赤い右側2cm小さくしたもの 裁断 表地を2枚とります。 左右分なので中表に生地を重ね、裁断します。 対象のものが2枚、柄に気を付けて裁断して下さい。 裏地も同じように裁断します。 裏地は人には見えないので柄は気にしなけても大丈夫です。 縫製 裏地を縫います。 青い点線の部分を折り、実線までもう一度おり、三つ折りにして縫います。 赤い実線を縫います。 縫い代部分のオレンジ色の短い横線は、はさみで切り込みを入れます。 表地も縫います。 赤色の線のところを縫います。 縫い代の部分の緑色のところに切り込みを入れます。 アイロンがけ 切り込みを入れた縫い代部分を割るようにアイロンがけします。 表も裏も縫い代を割ります。 表地と裏地を中央を合わせて重ね、上下(写真の赤い点線部分)を縫う。 裏返してアイロンをあてる。 左右のひもを通す部分の三つ折りもアイロンをしておく。 赤い線の部分を縫います。 上の布が2重になっているところにワイヤーを通すので、上の端から5mmくらいのところを縫ってください。 左右は三つ折りでひもを通すので上下は端まで縫わない。 耳にかけるゴムも入手困難なので、毛糸で代用してみました。 100均で購入した毛糸、ふわふわで耳も痛くなりません。 鎖編みしてもいい感じです、一番上の写真のパンダのマスクの紐は鎖編みしています。 ワイヤーを通します。 (下の写真の下のマスクにワイヤーを入れています。 ) 話していてもずれてきません。 ガーゼのようにまとわりつく感じもなく、軽くて長時間つけても負担はないです。 頬のシミも隠れて、ノーメイクでも安心。 これからの季節の日よけにも大きめマスクは役立ちます。 気温が高くなるこれからの季節には、少しでも薄手の物がいいですね。 相変わらず続くマスク不足と、手作りマスクの材料もどんどん購入できなくなってきていますが、お家にあるもので工夫して作れるとよいですね。

次の