あたしンち 登場人物。 けらえいこ

あたしンち 主な登場人物

あたしンち 登場人物

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年3月) :人物のをお願いします。 ( 2017年9月) けら えいこ 本名 上田 栄子 生誕 1962-12-02 (57歳) 国籍 職業 活動期間 - ジャンル 日常コメディ 代表作 『セキララ』シリーズ 『』 『』 受賞 (『あたしンち』) けら えいこ(女性、(37年) - )は、の。 、卒業。 高校時代の自らの家族をモデルに日常生活をつづった『』を日曜版に発表。 人気作品となりアニメ化・映画化されたことで一挙に著名となった。 のけらえいこは、旧姓の「蝼川内(けらかわうち)」にちなむ「けらちゃん」の愛称で呼ばれていたことに由来する。 「蝼川内」は(現)東屋形を発祥とする稀少姓である。 経歴 [ ] 、「」()に掲載の『3色みかん』でデビュー。 、時代のサークル、早稲田大学先輩であった現在の夫・上田信治(元漫画編集者)と結婚。 後にから、本人達の結婚からその後の生活についてのセミドキュメンタリー漫画『セキララ結婚生活』『たたかうお嫁さま』などが出版された。 『あたしンち』連載前は、性的な事柄をストレートに描いた下ネタ漫画を多数発表し「女の子エッチ漫画家」として売り出されていた。 それらの多くは『まったく若奥様って奴ぁ! 』(光文社)に多数収録されている。 、読売新聞日曜版で『』の連載が開始。 高校生だったころの自らと父母、弟からなる核家族の日常を描いた内容。 書評家のはの『』と比較し、「世が世なら立派な国民マンガである」と評した。 、『』が日本テレビ系列でテレビドラマ化。 、『あたしンち』で第42回を受賞した(同時受賞は早大漫研で先輩だったである)。 また、『あたしンち』は2002年にテレビ朝日系列でテレビアニメ化され、2009年まで放送された。 には東映系でアニメとして映画化された。 には3D映画化された。 にはで再びアニメ化されまで放送された。 都立井草高校漫研の同期に『』の作者、早稲田大学のサークルの先輩に、後輩にがいる。 のファン。 作品リスト [ ]• 姫の俳道一直線! セキララシリーズ(メディアファクトリー)• セキララ結婚生活(1991年 )• 2000年に()より再版()• (1992年 )• いっしょにスーパー(1994年 )• 7年目のセキララ結婚生活(1999年 )• まったく若奥様って奴ぁ! (1992年 光文社コミック() )• まったく女って奴ぁ! おきらくミセスの婦人くらぶ~(ハヤセクニコとの共著、1993年 講談社文庫(講談社) )• シリーズ(メディアファクトリー)• あたしンち 読売新聞日曜版にて1994年6月~2012年3月11日 (単行本:メディアファクトリー)• ためして あたしンち(単行本の中から厳選したものを38話収録、2008年 )• あたしンち公式ファンブック(シリーズ初のファンブック、未収録作15作掲載 2010年 )• アニメ あたしンち タチバナ家方面、今日も晴れ! (アニメオリジナル作品の中から厳選したものを10話収録、2009年 )• 金田夫妻(2008年 幻冬舎 )• (・・・・・・・との共著、2009年 KCデラックス(講談社) )•

次の

あたしンち 主な登場人物

あたしンち 登場人物

-あたしンち応援サイト- > あたしンちキャラクター紹介 登場人物一覧 タチバナ家• 母の友だち• 三角さん みかんの友だち• 岩木くん ユズヒコの友だち• 川島 タチバナ家 大分出身で父とお見合い結婚をし東京に出てきた。 苦手な物が多くとくに犬が大の苦手!犬の他に蛇やカラスなど も苦手である。 また、むかし水難の相があると言われたせいか雨に濡れるの をもっとも嫌う。 タチバナ家の長女みかんはごく平凡な女の子で学校では目立 たないポジションにいるがズレたことをしばしば言うためよく注目 をあびている。 テディベア研究会といクラブに所属していいるがほぼ毎日クラブの仲間とトランプなどをして遊んでいる。 タチバナ家の長男ユズヒコ。 1人を好み物静かな男の子。 頭の回転は早いが、母やみ かんを毎日見ているせいか物事 をじっくりと考えるタイプである。 母やみかんには「ゆず」や「ゆーちゃん」と呼ばれている。 タチバナ家の寡黙でマイペースな家長!物事にとても無頓着 だが、たまにこだわりや自分のルールを見せるがそのルール はとてもわかりづらい。 母も分かっているようでわからないようだ。 母の友だち 母と一番仲の良いマダム仲間。 みかんが小学校5年生の時 PTAで知り合った。 仲良くなる前に一度母とスーパーであったことがあり母のことを 「半漁人」と思っていた。 ちなみに母は水島さんのことを「カッパ」 と思っていた。 母、水島さん、戸山さんは仲良し3人組でよく旅行など出かける。 家族構成は夫と長男の3人家族! 母、水島さんともに3人で行動するマダムの1人! 一見真面目そうな戸山さんだが実は大雑把な性格である。 自分のことを「あたくし」と言うとても上品な人。 三角さん 母の友人の1人で、すこしセレブな奥さん。 だんな様はお医者さんで高級なマンション暮らし。 犬を飼って いる。 母たちとは少し性格は違うが仲が良く、旅行にも一緒に いく仲間。 みかんの友だち あだなの「しみちゃん」は名字の清水からきている。 おとなっぽい 考え方のしみちゃんだが、子供っぽいみかんと大の親友である。 タロット占いが得意でたびたびみかんや友達をみてあげている。 空気たばこ「タバコを吸うまね」はおとな目線で話すときの照れ かくし的きめポーズ! 吉岡 みかんとは同じ中学出身!調子のいい盛り上げ役で皆の輪の 中心にいることが多い。 同級生の岩木君と仲が良い。 岩木くん みかんが恋する男の子。 クラスではあまり目立たないが、以外に おしゃれで、女子の高感度が高い。 実はみかんと同タイプの「心の旅人」である。 同級生の吉岡ととても仲が良く一緒に行動することが多い。 ユズヒコの友だち ユズヒコの親友。 よく体当たりでじゃれ合うほどの仲良し。 家が学校から同方向で部活も同じ野球部。 思ったことをすぐ言う 性格から思考がだだもれ! お調子者だが実は女の子の気持ちに敏感な面もある。 3人兄弟で2人の弟がいる。 帰りが遅い両親に代わって弟たち の面倒をみたり買い物をしたりとしっかり者の一面も。 石田 ユズヒコの同級生。 人目を気にしない性格や手に持った物の ニオイをかぐクセがあり。 女子たちに「犬=ケン」という陰のニックネームをつけられて いる。 最近では石田の面白さにひかれた須藤ちゃんやユズ は仲がいい。 川島 ユズヒコに片思いしている同級生。 クラスでは地味めな存在。 同じクラスの同級生の山下と中が 良く2人で「ユズヒコファンクラブ」を結成! フリーエリア Copyright c 2010snow All Right reseved.

次の

『あたしンち』で擬似帰省体験!?名作「実家漫画」を読もう!

あたしンち 登場人物

あたしンち 一足先に自宅ステイを体験している私。 Netflixも面白いのですが、私も一応主婦。 テレビにガッチリかじり付いていると、何もできなくなってしまいます。 家事やパン作りの作業中は、YouTubeやiTunesの音楽を流していたりしていたのですが、最近はA BEMのアニメを流し見したりしています。 ABEMAはたくさんのチャンネルがあり、登録なしで毎日24時間オンラインで見ることができます。 パソコンで見たり、Fire TV Stickにアプリを追加すればテレビでも。 アニメチャンネルもたくさん放映されていて、懐かしいものもたくさん。 とにかくたくさんのアニメが放映されています。 その中で、大ハマりなのが「あたしンち」。 私が初めて「あたしンち」を見たのは、小学生くらいの頃。 もう20年以上前です。 当時私の家では、読売新聞と朝日新聞を数年ずつ交代で取っていたと思います。 読売新聞を取っていた時、日曜日にメインの新聞より薄めの新聞が入っていました。 それが読売新聞の日曜版で、その中の1面の半分くらいに16コマの「あたしンち」が掲載されていたのです。 その「あたしンち」を見るのが楽しみで、読売新聞を取っていた頃は、日曜の朝にまず日曜版を開いていました。 中学生くらいになると意外と母もハマっていたのか、コミック化された「あたしンち」の単行本を母が買ってくるようになりました。 このあたしンちのコミック版は全部で21巻。 結局ほぼ全巻あったと思います。 今は弟が持っていって手元にないですが、楽しんで見ていたのを思い出します。 アニメ化されたのは、2002年。 ただ、私はコミックでイメージが出来上がってたのもあり、アニメを見ることはありませんでした。 それがABEMAで見始めてから、懐かしいし面白いし。 ハズバンもケラケラ笑って、突っ込んだりしています。 登場人物 「あたしンち」のメインの登場人物はこの立花 タチバナ 家の一家。 専業主婦のお母さん、無口なサラリーマンのお父さん、高校2年生のみかん、中学2年生のユズヒコ。 現代の核家族を象徴しているような家族構成です。 私の家も母が専業主婦だったり、3つ違いの弟がいるし、ハズバンも3つ上の姉がいて、共感できるところもチラホラ。 ただ、この一家の最大のキャラは、半魚人顔のお母さん。 お母さんの母っぷりったら、ツッコミどころ満載です。 これは、アニメの一コマ。 みかんがお弁当に文句を言った時の回です。 嘘やん。 笑 ご飯・梅干し・シャケのみって... 毎日のお弁当、大変なのは重々承知ですが、クラスメイトに見られたくないお弁当かも... 「もっとカラフルなお弁当がいいよ!」とみかん。 そだそだ、もっと言ったれ!と応援したくなります。 お母さんは「分かったわよ」と了承し、翌日出てきたのは、このお弁当。 いや、マジかい!笑 もうこのお母さんは、完全なリーサル・ウェポン。 笑 どの回も「あるよね〜そういうこと」と思いながら見るんですが、このお母さんはオチで一山超えてくるんですよ。 他にも、海苔巻きの中身がおかずのお弁当とか、夕食が「ちくわ」だけとか。 あ、ちなみにこのお母さん、ちくわが大好きなようで。 ちくわ関連の話もよく出てきます。 めちゃくちゃな回ばかりではありません。 中には、いい話の回もあります。 お母さんの若い頃の話や、みかんやユズヒコの小さい頃の話は、アニメなのに思わず「カワイイ〜」ってほころんじゃいます。 コミックでは見たことのなかった、ファンタジーやSFチック、ノスタルジックさを感じる回もあります。 番外編の「昭和タチバナ湯ものがたり」では、昭和の風呂屋一家で登場。 他にも「江戸時代のあたしンち」「マザータチバナ」「タチバナ超科学研究所」「タチバナクッキングスタジアム」など、ショートコントような回がたくさんあります。 Netflix 私の大好きなNetflixでも、「あたしンち」があります。 通常回は26話しかありませんが、映画や劇場版の「あたしンち」を見ることができます。 」 40分ほどのストーリーになりますが、映画の3Dが流行った頃に出たものだと思います。 Netflixでは3Dで見ることができませんが、十分楽しめました。 映画も見ることができます。 「母がみかんに、みかんが母に 」は、1時間半の大作。 めちゃくちゃ面白かったし、感動的でした。 この一家に生まれなくて良かったと思うのか、この一家だと楽しそうと思うのか... 是非、この感覚を皆さんに知ってもらいたい。 情熱の赤い薔薇 「あたしンち」を見ていると、お母さんが歌う鼻歌をつい口ずさんでしまいます。 その曲のタイトは「情熱の赤いバラ」。 洗い物をしている時、洗濯を干している時、ただ歩いている時。

次の