沖 ドキ ハイビスカス。 沖ドキ2 スロット新台 天井解析|天井狙い目 恩恵 ゾーン モード 朝一設定変更判別 やめどき

スペックから読み解くS沖ドキ2

沖 ドキ ハイビスカス

沖ドキ2の基本を軽く紹介 千円(50枚)ベースが約51ゲーム。 通常時のベースに関しては先代の沖ドキと比べると約2倍。 ベースが上がっているのに出率が据え置きということで、初当たりに関しても約2倍、重くなっています。 全体的な印象としては沖ドキトロピカルに近い感じでしょうか。 ゲームの流れもいままで通り、花が光れば当たり。 連荘モードに飛べば32ゲーム以内に連荘するってやつですね。 今回のボーナスは純増が4枚になっているので、ボーナスの消化も速いですし、次の当たりまでのコインの減りも少ないので、増える時の体感スピードは沖ドキより速くなります。 設定ごとの1日打った場合の期待値 正確に計算したわけじゃないので、あくまでも目安として考えてください。 7000ゲーム打った場合で計算しています。 ホールでの扱いを推察 先述の通り、設定6の出玉率は低いです。 しかも6号機で有利区間があるので、前作の沖ドキの様に設定関係なく、超ドキにぶち込んで数千枚オーバー、なんてのは不可能。 どうあれ沖ドキの撤去は避けられませんから、その後釜として導入し、力を入れざるを得ない状況にあるので、多少は設定を入れてくると思います。 ただ、低設定域がベースが高くなったことで抜けなくなっているので、大したスペックではない設定6でも、ポンポンと入れることは難しいでしょう。 多台数入れているホールも多いですから、打つ際はそうした力を入れざるを得ない店で、設定6のみ、天井狙いのみで立ち回っていくのがベストです。 モード 天井ゲーム数 A・B 999ゲーム 天国準備 500ゲーム 天国 32ゲーム チャンス 256ゲーム 天国はドキドキ、超ドキドキも含みます。 天井からのボーナスはBIGとREGが1:1。 個人的な狙い目回転数 500ゲームを超えている時点でモードA・Bのどちらかが確定。 しかも、今回の沖ドキ2は6号機で有利区間の移行によるモード選択率は設定によって一定。 沖ドキのように、天国に飛んでいなければその分モードBの滞在率が上がる。 といった仕様ではないので、注意が必要です。 モードBにいるなら500からでも追えますが、モードAでは全然足りません。 これらを併せて考える私の最低天井狙いラインは 700ゲームから です。 これだとかなり拾いにくいとは思いますが、そもそも恩恵が少ないので、こぞって天井狙いをしていく旨味も少ないと考えます。 設置台数が多く、シルバー層が多く打つことも少なくない沖ドキなので、数で勝負していくことを考えましょう。 ゾーン狙い 沖ドキ2においては、純粋な最大天井を狙うより、こちらのある種ゾーン狙いをした方が効率が良いかも知れません。 200ゲーム付近であれば、チャンスモードの天井である256を狙い、基本的には32でヤメ。 400ゲーム付近であれば、天国準備の天井である500を狙い、当たらなければヤメ。 天国準備で当たれば次回が天国確定なので、ここで引っかけることが出来ればかなり美味しいと言えますね。 ただ、現状ではチャンスや天国準備への移行率が分からないので、あまり浅いところから追うのはオススメしません。 目標の回転数まで千円から二千円程度で済む範囲を狙いましょう。 沖ドキ2のヤメ時 ヤメ時としては基本的に32ゲーム、連荘終わりで即ヤメ。 なんですが、沖ドキ2に関しては多少注意が必要です。 ベットランプ「いち・にぃ・さん」って部分の色。 ここの色変化、回数でモード示唆を行っています。 基本的に 32ゲーム以内は常に黄色なんですが、もし33ゲーム以降も黄色であれば天国準備に滞在していることが濃厚。 この場合は当たるまで打ち、連荘終了でヤメるようにしましょう。 また、モードBに滞在している可能性を示唆する演出もあります。 こちらもベットランプの色が黄色になることがそれなんですが、その出現率が多いほど、モードBの期待度が高くなるようです。 ランプが黄色になるのはリプレイ時なので、注意して見ておきましょう。 リールバックランプの色が黄色であれば、モードB滞在の可能性が高くなるので、この場合は天井狙いのゲーム数を500からにしても良いでしょう。 あくまでも示唆であり、それほど強い打つための動機にはなりませんが、一つの目安として知っておくと立ち回りの幅が広くなります。 絶対に注意すべきは、先にも書いた通り「有利区間が終了するとモードは引き継がれない」ということ。 現在滞在しているモードがモードBである場合、先代の沖ドキなら天国に上がるまで打つ方が理論的な期待値は高くなりました。 しかし、今回の沖ドキ2は現在がモードBでも、次が必ずモードB以上とは限りません。 要は「モードBからモードAへの転落があり得る」ということです。 天国準備が確定しない場合は、必ず32ゲームでヤメることを心がけましょう。 当たり時のハイビスカスの点滅パターン 当たった時のハイビスカスの点滅パターンが以下の2種類の場合、次回のモードが天国準備以上になるので、この場合は当たるまで打っても良いでしょう。 ということです。 設定推測要素 沖ドキ2はの設定推測要素としては ・チェリー確率 ・ボーナス合算 ・ハズレ時の1ゲーム連当選率 ・リプレイ確率 この中で使えそうなのは「チェリー確率」と「ハズレでの1ゲーム連当選率」です。 チェリー確率は通常時、AT中に関わらずいつでもカウントしてOK。 ただ、設定ごとに段階的に違うので、ホールが中間設定を混ぜてくるとイマイチ使えなくなりますので、あくまでも目安です。 ハズレからの1ゲーム連荘率は設定1~3と4~6で4倍の差があります。 1~3なら0. ですが、そもそもの確率が低いので、こちらもあくまで目安。 早い段階で2、3回とハズレからの1ゲーム連荘が確認出来れば、少し設定を意識しても良いかも知れません。 ただし、6であっても大した旨味は無いので、先代の沖ドキ同様、そもそも設定狙いをした立ち回る機種ではありません。 安定性を考えるなら「ハナハナ系」「ジャグラー系」を打つ方が無難です。

次の

沖ドキ|中段チェリーの確率と恩恵とフリーズ

沖 ドキ ハイビスカス

『沖ドキ!-30』の正統後継機として登場しましたが、沖ドキの設置延長が急遽決まり、その結果、沖ドキと沖ドキ2が並走する形となりました。 ホールを覗いてみると、やはり前作は大人気。 一方、新台の沖ドキ2はやや苦戦している印象です。 そりゃあ前作は長年培った安心感がありますからね。 けど、沖ドキ2も見どころが豊富なんです。 例えば次回のモード示唆。 前作だとハイビスカスの光り方がいつもと違ってなおかつ32G以内の連チャンを抜けたときなど、ごく一部でしか美味しいモードを特定できませんでした。 しかしこの沖ドキ2は、ハイビスカスの光るパターン、投入ランプの色変化、リールサンドの色変化など、美味しいモードを示唆する演出が豊富に搭載されているんです。 沖ドキユーザーは光って連チャンすればOKみたいなところがあるので、そういった情報には疎い印象がありますし、今はまだ情報が浸透していないのか、え?なんでこんな台が空いてるのといった美味しい台に遭遇することもあります。 情報が知れ渡る前に一歩先んじて立ち回るためにも、今回ご紹介の内容は必見です。 では早速、ゲームの流れをおさらいしながら、ポイントを解説していきましょう。 9 97. 0 98. 2 101. 7 103. 3 105. 2 107. 初当たり合算確率は322. 2分の1(設定6)〜399. 9分の1(設定1)とやや重め。 とは言え、ベースが高いので初当たりまでの平均投資金額は前作よりも抑えられています。 出玉率が低めなのは、前作同様。 2 小役確率で設定差があるのは角チェリーとリプレイ。 まだ判明していませんが、前作同様、共通ベルにも設定差があると予想されます。 50枚あたりのゲーム数は約51G。 本機のシステムは、ハイビスカスランプが光ればボーナス確定となる告知マシンで、1G純増約4. 0枚の疑似ボーナスで出玉を増やすタイプとなっています。 ボーナスは55G継続のBBと15G継続のRBが存在し、獲得枚数はBBが約220枚、RBが約60枚と前作とあまり変わらないボーナス構成です。 ボーナス中にカナちゃんランプが点灯すればBBの1G連が発生。 さらに、ボーナス終了後は32Gまでが連チャンゾーンとなり、1G連&32G連で出玉を獲得していくゲーム性です。 基本的なゲームの流れは前作と同じです。 前作と比較するとボーナスの1G純増が3. 0枚から4. 0枚にアップし、ベースが約23Gから約51Gに大幅アップするなど、初期投資を抑えつつかつ当たれば出るのは早いといった特徴が挙げられます。 ただし、本機は6号機の特性上一撃2400枚の上限も設けられています。 通常ゲーム中はまず初当たりを目指しますが、初当たりの契機は2つあります。 初当たり契機 1. 毎ゲームの抽選 2. 規定ゲーム数の消化(天井) 1の「毎ゲームの抽選」は、毎ゲームの成立役に応じて初当たりを抽選するもので、滞在しているモードによって初当たり確率が変化します。 2の規定ゲーム数の消化はモードごとに存在する天井機能です。 では、毎ゲームの抽選や規定ゲーム数の消化(天井)に影響を及ぼすモードを見ていきましょう。 モードについて モードは非有利区間を含め全部で10個。 モード移行のタイミングはボーナス終了時や有利区間移行時など。 モード別特徴は以下のとおり。 初当たり抽選はモード&成立役で変化し、そのトータル確率はこんな感じです。 2 天国・ドキドキ・超ドキドキ・保証のモードでは10分の1でボーナスに当選。 これをハズし続けても32G目には天井に到達しボーナス告知が発生します。 次に、モード別のボーナス比率を見てみましょう。 モード別ボーナス比率 ・通常A、通常B、チャンス、天国準備、終了……BB:RB=1:1 ・天国、ドキドキ、超ドキドキ、保証……BB:RB=3:2 「例外パターン」 ・天井到達時……BB:RB=1:1 ・スイカで当選時……BB:RB=1:1 ・角チェリーで当選時……BB確定 ・確定役で当選時……BB確定 まとめると、天国モード以上に滞在しているときはBB比率が60%に高まりますが、32Gの天井に到達したりスイカで当選した場合はBB比率は50%のまま。 また、中段チェリー・確定チェリー・リーチ目役といった確定役は成立=ボーナス確定となり、さらにBBも確定します。 ハイビスカスの点灯パターンによって、次回モードの期待度が変化します。 ハイビスカス点灯パターンによる次回モード期待度(初当たり時) パターン 次回モード期待度 終了 天国準備 天国 ドキドキ 超ドキドキ 通常点滅 85. 例えば点滅ではなく点灯の「常灯点灯」は次回天国モードの期待度が28. 80%ありますが、終了モードの期待度も68. 54%とかなり高くなっています。 一方、右のハイビスカスのみ点滅する「右のみ点滅」は天国モード以上が確定したりと、連チャンが約束されるパターンも存在します。 ハイビスカスランプによるボーナス告知を経て、いよいよボーナスへと突入です。 ボーナスは前作同様、目押し不要のオートで揃います。 その際のリールアクションによって、第3停止を待たずにBBが確定するパターンも存在します。 ボーナス揃いのリールアクション ・中段「7・7・BAR」……RB時の基本パターン ・中段「7・7・7」……BB時の基本パターン ・右下がり「7・7・7」……左リール上段に7が停止するBB1確パターン ・中段「7・7・7」ロング……右リールの回転時間が長いパターン ・フリーズ「7・7・7」……レバーON時にハイビスカスが点灯しフリーズへ ・サプライズフリーズ「7・7・7」……一旦「7・7・BAR」が揃うも回転しフリーズへ 左リール上段に7が止まっていち早くBBを察知できたり、右リールの回転が通常よりも長くそれでBBを確信したり、さらにはRBが揃ったあとに7が揃う逆転パターンのフリーズも存在します。 どのリールアクションが発生するかは、ボーナスの種類と契機によって振り分けが変化します。 そのフリーズ条件は、BB、超ドキドキモード滞在、当該有利区間での獲得枚数が500枚以下、有利区間の残りゲーム数が500G以上の4つとなっています。 また、リールアクション時のテンパイ音にも秘密があり、基本パターン以外ならBB+次回天国モード以上も確定します。 さらに超ドキドキモードなどが確定するSP音もあるので要注目です。 SP音の発生率は次回のモードによって変化します。 次回モード別テンパイ音発生率(初当たり時) テンパイ音 天国モード ドキドキモード 超ドキドキモード 通常音 80. さて、ボーナスに突入したら押し順ナビに従いつつ、予告音発生時は通常ゲーム中と同じ打ち方でレア役をカバーします。 ボーナス中はレア役やハズレでBBの1G連抽選が実施されます。 成立役別BB1G連当選率 設定 スイカ 角チェリー ハズレ 確定役 1〜3 3. 確定役は1G連確定です。 停止音変化が第3停止まで続き、カナちゃんランプ点灯が1G連当選の合図です。 また、次回のモードが、天国・ドキドキ・超ドキドキ・保証のいずれかが確定していた場合、ボーナス開始時に次回の規定ゲーム数を0にしてBBを即放出(=1G連)させる抽選も実施されます。 その当選率は12. 次回天国モード以上が確定しているときの8回に1回発生する計算です。 ボーナス中に押し順ベルやリプレイ時にカナちゃんランプが点灯したらこの抽選に当選したと判断できますが、ボーナス入賞時やボーナス終了時に発生することもあります。 ちなみに、この1G連当選時もモード移行抽選は実施されます。 そして、ボーナス終了後は手に汗握る32Gの連チャンゾーンに突入です。 天国モード以上なら10分の1でボーナスに当選し、それをハズし続けても32目に天井へと到達しボーナス告知が発生します。 32G目ボーナス告知が発生しなければヤメ時となりますが、33G目も要注目です。 というのは、ボーナス後32G間は「いち・にい・さん」の投入ランプが黄色になりますが、33G目も黄色のままなら天国準備モード滞在が確定となるからです。 さらに言うと、32Gで基本的に有利区間が終了となり33G目は 非有利区間となるため、その33G目にレア役を引ければ上位モー ドへ移行するチャンスとなります。 なので、ボーナスが終了し32 Gを回して連チャンが発生しなくても33G目までは遊技続行し、 投入ランプが通常に戻るか、レア役が成立していないかはしっかり 確認したいところです。 ちなみに、ボーナス後32G抜けで消える 有利区間ランプが33G目以降も点灯したままの場合もあるようで す。 その場合、天国準備モードなどアツいモードの滞在が濃厚にな ると予想されるので、クレジット表示部の右の「ー」 の部分にも注目です。 また、この投入ランプの色変化は、通常ゲーム中のモード示唆の役目も持っています。 リプレイ時に投入ランプの色が変化することがあり、モードが良いほど変化しやすいようです。 色変化は1G消化すると元に戻ってしまいますが、遊技待機中のリールサンド&リール周りが「青」なら色変化あり、「黄」なら色変化複数回ありと判断することができます。 この機能により打たずして通常Bモード以上の可能性がある台を狙い打てるので、空き台は忘れずチェックしたいものです。 実戦上では、青への変化は何度も見かけましたが黄色への変化は確認できず。 なので、黄色にはなかなか変化しないか、かなり期待度が高いのではと思っています。 以上が、ゲームの流れとポイントになります。 現時点で使えそうな設定推測ポイントは、 ・初当たり確率(通常A・通常B・天国準備モード時)……322. 2分の1(設定6)〜399. 9分の1(設定1) ・角チェリー確率……35分の1(設定6)〜40分の1(設定1) ・ボーナス中のハズレでの1G連当選率……1. 6%(設定4・5・6)〜0. 4%(設定1・2・3) といったところです。 特にボーナス中のハズレからの1G連当選は、設定1〜3と設定4〜6では4倍の差があります。 6分の1のハズレを引いたときの当選率ですから高設定を1日打っても発生しないことはあり得ますが、一度でも確認できたらしばらく続行したほうが無難かもしれません。

次の

沖ドキ|中段チェリーの確率と恩恵とフリーズ

沖 ドキ ハイビスカス

ハイビスカス点灯パターンによる次回モード期待度 ハイビスカス点灯パターンは初代と同様に 全18種類。 基本的に通常点灯以外ならびっぐぼーなす!? れぎゅらーぼーなすが出現すれば高モード濃厚!? [Bisty(ビスティ)] 2020年7月6日(月)導入開始• [Spiky(スパイキー)]• [BELLCO(ベルコ)]• [WORLD(ワールド)] 2020年5月18日(月)導入開始• [PIONEER(パイオニア)]• [Carmina(カルミナ)]• [ACROSS(アクロス)] 2020年5月11日(月)導入開始• [D-light(ディ・ライト)]• [YAMASA(山佐)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SanThree(サンスリー)] 2020年4月20日(月)導入開始• [ACROSS(アクロス)]• [Daito(大都技研)] 2020年4月6日(月)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NET(ネット)] 2020年3月23日(月)導入開始• [Enterrise(エンターライズ)] 2020年3月16日(月)導入開始• [BALTEC(バルテック)]• [OKAZAKI(岡崎産業)]• [Sammy(サミー)] 2020年3月2日(月)導入開始• [BELLCO(ベルコ)]• [SANYO(三洋物産)]• [SANYO(三洋物産)] 2020年8月3日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [Sammy(サミー)] 2020年7月20日(月)導入開始• [Daiichi(大一商会)]• [TAKEYA(竹屋)]• [TAKEYA(竹屋)]• [SANKYO(三共)]• [SANKYO(三共)]• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)]• [MARUHON(マルホン工業)] 2020年6月15日(月)導入開始• [NISHIJIN(西陣)] 2020年5月18日(月)導入開始• [SANKYO(三共)] 2020年5月11日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)]• [Daiichi(大一商会)]• [JFJ(ジェイエフジェイ)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NISHIJIN(西陣)].

次の