山口組 古川 組。 古川組(神戸山口組)

【神戸山口組幹部狩り】神戸山口組傘下三代目古川組古川恵一総裁機関銃で蜂の巣射殺【六代目山口組】

山口組 古川 組

11月18日に熊本で神戸山口組幹部傘下四代目大門会清崎達也会長が六代目山口組内二代目伊豆組傘下組員に刃物で襲撃され、同日、北海道でも神戸山口組傘下五龍会青木和重会長宅に六代目山口組内弘道会傘下福島連合傘下組員が車で突っ込む事件が相次いで六代目山口組の容赦なき神戸山口組に対する報復が相次ぐ中、10日も経たない11月27日に兵庫県尼崎でまたもや神戸山口組幹部が機関銃で約10発を被弾した。 天皇陛下が関西(京都府)に滞在中にも関わらず犯人の1人は京都で逮捕された。 山口組対神戸山口組の争いはいつになれば収まりがつくのだろう。 事件の経緯 兵庫県尼崎市神田南通1丁目の路上で、27日午後5時8分、すさまじい発砲音が鳴り響いた。 機関銃とみられる銃で10発ほど撃たれた男性が救急搬送されたが、死亡が確認された。 亡くなったのは、神戸山口組の幹部で傘下組織「三代目古川組」の古川恵一総裁(59)。 現場を見た人はこう言う。 「バンバンと音がして、車が急発進していった。 イレズミの男性が、倒れてすごい血が流れていた」 捜査関係者がこう話す。 「犯人は複数いたようで、古川組長は約10発、撃たれ即死のようだ」(捜査関係者) 現場からは男2人組が車で逃走していたが、同日午後、京都府内で1人の身柄が確保された。 「京都南インターチェンジ出口付近で不審な車を見つけて、職務質問。 すると拳銃を出そうとして揉み合いになり緊急逮捕。 容疑は銃刀法違反と 公務執行妨害だ」(捜査関係者) 逃走した車から銃も発見されたという。 10月10日には神戸市で六代目山口組のヒットマン、丸山俊夫被告が神戸山口組の中核、山健組の組員2人を射殺した事件があったばかり。 そして同月18日には、服役していた六代目山口組のナンバー2、高山清司若頭が出所。 六代目山口組の幹部が人事異動するなど、指導力を発揮していた。 「高山若頭は『原点に立ち返れ』『やるときはやらねば』というメッセージを、出所後に発していた。 六代目山口組の関係者が関与した可能性が高いと見ている。 さらに抗争が激化しそうだ」(捜査関係者) 10月の丸山被告の犯行後、六代目山口組や神戸山口組の本部は使用制限を命令が出され、より取り締まりが強化される中での犯行だった。 asahi. html? 2018年3月実子が経営する飲食店(兵庫県尼崎市神田南通1)の帰りを六代目山口組傘下である十一代目平井一家組員待ち伏せされて襲撃に遭っている。 続いて2019年7月12日、犯行現場同じく、地元尼崎の六代目山口組の中核、三代目弘道会組員に口論の上、傘で暴行を受けて全治1ケ月の怪我をしている。 今回、ヒットマンとして三代目古川恵一を逮捕された朝比奈久徳容疑者は古川恵一総裁と面識があり古川容疑者を呼び出したとの情報もある。

次の

古川組

山口組 古川 組

神戸山口組・古川幹部が射殺された現場 忘れてはならないことがあった。 2015年に日本最大の暴力団・山口組が分裂し、今もなお、その状態が続いているということだ。 100年以上も続く過去の歴史を紐解くまでもなく、山口組が分裂状態にあるということは、いつ何が起きてもおかしくないことを意味する。 そして、世間がそうした認識をあらためて持たざるを得ない事件が起きてしまった。 六代目山口組と対立する、神戸山口組の古川恵一幹部が、兵庫県尼崎市の繁華街で銃殺されたのである。 11月27日。 その日、名古屋市内では、六代目山口組の盃事(さかずきごと)が執り行われていた。 新直参に昇格を果たした親分衆が、司忍組長から親子の盃をおろされたのだった。 本来なら、その年、新直参に昇格した親分衆の盃ごとは、事始めの日、つまり12月13日に執り行われる。 だが今年は、例年この儀式を行ってきた神戸市灘区の六代目山口組総本部が使用禁止の制限を受けていることから、場所を変え、名古屋市内の関連事務所で通常よりも早い時期に執り行われることになったのだ。 その関連施設に全国から集結した親分衆の表情は、厳粛した空気の中にあっても柔らかく、滞りなく儀式が終わると、親分衆は開催場所となった名古屋を後にしたのだった。 そこには、後に起こる射殺事件の前兆など微塵もなかった。 だが、その時すでに、尼崎市には、マシンガンなどで武装した元六代目山口組系組員が潜伏していたのである。 銃撃事件発生後、数分後には筆者の携帯電話が鳴り響いていた。 これが神戸山口組の古川幹部が射殺されたという第一報だった。 しかも、筆者の地元である尼崎で事件は起こったというのである。 「ものすごい音の銃声が立て続けに10回以上聞こえたので、見に行ったら古川さんの店の前だった。 すぐに救急車やパトカーが到着したが、古川さんは、もしかすると殺されたかもしれない」 たまたま近くの商店街で買い物をしていた知人からの電話であったのだが、詳細を聞くにつれ、すでに古川幹部が絶命してしまったことを察することができた。 救急車は到着しているのに、古川幹部は横たわったまま、布を被せられた状態だと聞かされたからだ。 本来なら、すぐにでも病院へと搬送すべきところ、それをしないということは、すでに古川幹部の命は助からず、現場保存が優先されたということだろう。 その数分後から、筆者の携帯電話が立て続けに鳴り響けることになる。 昨年も立て続けに襲われた古川幹部 今年9月頃だったろうか。 古川幹部が渡世から引退するのではないかという噂が立っていた。 その後、年内限りで引退するのではないかという内容に変わり、同時に筆者は違う筋から、次のような話を耳にしていた。 前記した通り、今回の事件は古川幹部の店の前で起きた。 正確には、古川幹部の息子が経営する居酒屋である。 この店を年内で閉めて、移転先の物件を探しているという情報を得ていたのだ。 その理由のひとつとして、古川幹部の息子が経営する居酒屋は、六代目山口組サイドに、あまりにも知られ過ぎていたこともあったのではないだろうか。 この店は、古川幹部の自宅から歩いて5分ほどの場所にあり、本人にとっては確かに便利ではあっただろう。 一部では、阪神尼崎の繁華街や商店街に面しており、賑わいを見せている場所のように報道されていたが、実際は違う。 商店街の中心部より一本路地に入っており、死角になりやすい立地条件だった。 だからこそ、古川幹部はこれまで同じ場所で六代目サイドから、昨年3月と今年7月に2度も襲撃を受けたのである。 【参考記事】 それだけではない。 まだ古川幹部が率いる二代目古川組が六代目山口組傘下にあった時、陣中見舞いへと訪れた六代目山口組の最高幹部らを招いた際にもその店を利用している。 その後、神戸山口組へと移籍し、しばらく経ったのちのこと。 別の事件で六代目山口組傘下の組員が逮捕された時には、その所持品からその店の場所を書き記した地図のメモ書きが見つかったこともあったのだ。 今回の射殺事件に関する予兆もすでに起きていた。 当サイトでも指摘しているが、ここ最近、神戸山口組幹部が立て続けに狙われる事件が起きていたのだ【参考記事】。 「狙いやすさ」という意味では、頻繁に現れる場所が特定されているという事情も含めて、古川幹部がターゲットにされても、なんらおかしくはなかったのだ。 一連の流れから見て、六代目山口組は分裂騒動に一気に決着をつける動きを見せているといってもいいだろう。 仮に分裂騒動に終止符を打つために最終的な話し合いの場が設けられるにしても、その話し合いを優位に進めるには、絶対的な暴力という交渉カードが必要とされる。 そのための「準備期間」が、今なのかもしれない。

次の

尼崎市で発砲!古川組か!犯人の名前や顔画像と現場(お店)の場所はどこ?

山口組 古川 組

この記事はざっとこんな感じ!• 尼崎市で発砲事件!古川組の犯行か? 兵庫県尼崎市の路上で、60代の男性が複数発撃たれ意識不明の重体を負いました。 発砲事件が起きたのは、11月27日の午後5時10分ごろで、尼崎市神田南通の路上で現場を通りかかった通行人から消防に通報がありました。 銃撃に遭った男性には入れ墨が入っていて、警察では、指定暴力団神戸山口組幹部ではないかとしています。 報道された内容がこちら 報道された内容がこちらです。 27日午後5時10分ごろ、兵庫県尼崎市神田南通1の路上で、通行人の女性から「入れ墨の入った人が腕を撃たれて倒れている」と119番があった。 尼崎市消防局によると、男性が西宮市内の病院に搬送されたという。 捜査関係者によると、男性は指定暴力団神戸山口組幹部とみられ、現場は男性が働いている飲食店のそばだった。 一般人のけがは現在、確認されていないという。 十数回の発砲音が響いており、機関銃のようなものが使われた可能性があるという。 2人組が白い軽乗用車で逃走したとの情報があり、県警が緊急配備して行方を追っている。 速報 兵庫県尼崎市 犯人現在逃走中とのこと 気をつけてください。 尼崎市発砲事件の現場(お店)はどこ? 尼崎市で起きた発砲事件の現場は、阪神尼崎駅から西に約500メートルの繁華街でした。 27日午後5時5分ごろ、兵庫県尼崎市神田南通1の路上で「男性が撃たれた」と119番があった。 県警によると、指定暴力団・神戸山口組幹部が腹部を撃たれたとみられ、意識不明の重体という。 県警によると、ライフルのような銃で撃ったとの目撃証言があり、薬きょうが約10個落ちていた。 現場は阪神尼崎駅から西へ約500メートルの繁華街。 被害にあった60代男性が経営するお店の近くでした。 人通りのある場所で、時間帯的にも通行人がかなりいたのではないでしょうか。 2次被害が無かったのは不幸中の幸いですね。 尼崎市発砲事件の被害者は古川恵一総裁! 尼崎市で起きた発砲事件で、襲撃された60代男性は古川恵一総裁だったことが分かりました。 古川恵一総裁の顔画像がこちらです。

次の