絆2 設定判別 開始画面。 バジリスク絆2 設定差まとめ|解析 設定示唆 設定判別 モード セリフ 開始画面 弦之介BC

バジリスク絆2 設定差まとめ|設定判別 設定示唆画面 設定6 設定5 モード移行|期待値見える化だくお|note

絆2 設定判別 開始画面

数多のプレイヤーを魅了した5号機のレジェンドマシンである『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』の2作目が遂に登場!! 本機『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2』はバジリスクチャンス BC からバジリスクタイム AT への突入を目指すという通常時のフローを6号機で実現。 さらに「月下閃滅」と呼ばれるストック上乗せ特化ゾーンも新たに搭載されている。 ATは1セットあたり約40G継続で、1Gあたりの純増枚数は約2. 各セットの継続率は複数のシナリオによって管理され、多くのプレイヤーから支持を得た「絆高確」はもちろん、今作も健在だ。 さらに、BCのスルー回数狙いや設定推測要素などは前作の知識を活かすことができるようなので、導入日から積極的に狙っていきたい1台と言えよう。 内部状態を完璧に見極めるのは難しいが 高確35Gに関しては 偶数設定で選択されやすいため、チャンス役を引いていないにもかかわらず高確挙動が30G以上続いている場合は 偶数設定or モードC滞在時の非チャンス役で(超)高確ゲーム数獲得のいずれかに期待できる。 なお、BCorAT後はレバーON時にステージが決定するが、このタイミングで自力で超高確へ移行させた場合は吉田宿スタートになることがあり、その場合は設定5以上確定とはならない(移行契機を完璧に見極めるのは不可能)。 BC当選時のAT当選率に影響を及ぼす通常時のモードは A~Dの 全4段階が存在し、 モードD滞在中のBCはAT確定。 前作同様、 AT非当選のBC終了時に現在滞在中のモードテーブル(全16種)を参照してモードが移行していく仕組みだ。 なお、各テーブルの最後には通常Dがセットされているため、スルー回数天井に到達することができればAT当選確定となる。 前作同様、通常時はBC間にもモード昇格抽選が行われており、抽選のメイン役はチャンス目(昇格率は調査中)。 上記の通り、メインリールと液晶出目を注視していれば成立を察知できる。 今作のモードDは前作とやや異なり、滞在中のBCはAT当選だけでなくいずれかの絆高確発動も確定。 ゆえに1セット目の争忍で絆高確が発動しなかった場合はモードC以下に滞在していたことが確定する。 通常時のモードテーブル詳細 チャンス目成立時のモード昇格率は 偶数設定優遇 通常時のモード昇格抽選は チャンス目成立時に行われ、現在の滞在モードと設定の偶奇を参照して昇格率が変動。 なお、 設定6のみハズレ時にもモード昇格抽選が行われる。 1 ここから設定推測するのは難しい!! チャンス目確率とハズレ確率を加味した通常時における1Gあたりのモード昇格率は上表の通り。 ハズレでのモードアップ抽選が行われるのは設定6のみだが、影響はそれほど大きくはない。 なお、前作はモード昇格率が常に一定だったため設定推測材料として有用な要素であったが、今作では滞在モードによって昇格率が大きく変動するため、設定推測においては重視すべき要素ではなくなっている。 朧台詞C発生時はBC2回以内にAT当選!! 台詞Bが発生した場合はテーブル8以上(=2回目のBCまでにCorDスタートがあるテーブル)確定かつ、選択率が全設定共通のテーブル10滞在を否定。 テーブル8以上は偶数設定で選択されやすいため、AT後に台詞Bを頻繁に確認できれば偶数設定の可能性が高まる。

次の

2020/2/17〜設定判別まとめ[バジリスク絆2]パチスロ新台

絆2 設定判別 開始画面

バジリスク絆2 設定判別要素 当サイト『スロット解析. com』へご訪問頂きまして誠にありがとうございます。 『スロット解析. com』はパチンコスロット業界で店舗管理をしているサイト管理人が運営しているサイトです。 このページではスロット新台6号機の「 バジリスク絆2 」の ・設定判別関連 などの解析情報ページへのリンクを見やすいように一覧表にまとめて掲載しています。 撃ち始める前に必ずユニメモを設定 打ち始める前に必ずユニメモを設定しよう! 今回は前作に比べてより多くの情報がユニメモから読み取れる。 従来通りの小役確率やミッションに加えて 通常モードの履歴や 有利区間移行回数なども閲覧可能!! ユニメモの機能はミッション達成率によって解放されていくのでホール関係者が有利になるかも?(閉店後に打ち込んだり?笑)とにかくユニメモ設定して損することは何一つないので絶対に利用すべし! 詳しい解析が出るまでは弦之介BCで消化し、設定推測に役立てよう。 弦之介BC中の撃破人数設定示唆法則 撃破人数 示唆内容 222人 設定2以上示唆 246人 偶数設定示唆 333人 設定3以上示唆 444人 設定4以上示唆 456人 設定4以上示唆 555人 設定5以上示唆 666人 設定6確定! 1001人 設定5以上確定! 争忍の刻開始画面での設定示唆 争忍の刻開始画面では上記で記載したシナリオ示唆の他に設定示唆を行う画面も存在する。 伊賀キャラ全員集合 甲賀キャラ全員集合 奇数設定確定 偶数設定確定 女性キャラ集合 弦之介&朧(紫)ボイス付 設定4以上確定 設定5以上確定 弦之介&朧(虹)鼻歌付 プレアミアムBC画面 設定6確定!! BC入賞時のLEDランプ 設定 設定123 設定456 白 38. 6% 38. 特に弱チェリーに設定差があることは公式の営業資料にも記載されているので確実だ。 公式による小役確率の設定差は弱チェリーについてのみ言及されているので共通ベルには設定差がない可能性アリ。 追記:共通ベルにも設定差が存在したが設定判別に使用できるレベルではないので小役確率は弱チェリーのみに照準を合わせよう。 6 97. 3 98. 7 102. 4 106. 9 110. 7 112. 朧BC選択時は も欠かさずに。 テーブル 設 定 1 2 3 4 5 6 1 14. ATシナリオ一覧と画面右下のステージ履歴を参照してシナリオを予想しよう。 高継続が期待できるシナリオが多く選択されていれば奇数設定の可能性がアップかも?そこまで大きな設定差がない可能性もあるが、一応下記に継続シナリオの示唆演出を掲載しておく。 シナリオ 設 定 1 2 3 4 5 6 1 12. 4の選択となる。 朧はチャンスシナリオ、天膳はシナリオ完走大チャンスの激熱シナリオ確定?! しかしこの法則が崩れた場合は セット継続が確定するぞ!! さらに争忍の刻開始画面で出現するキャラクターで継続シナリオの示唆を行っている。 忍び玉-文字の色でのモード示唆 表示される文字 示唆内容 怪 モードB以上の可能性:弱 気配 モードB以上の可能性:中 「兆」 モードB否定&モードC以上期待度アップ 「好機」 モードC以上濃厚! 弦之介カットイン演出 前作の法則を受け継いだお馴染みの演出。 連続演出発展ゲームで全画面弦之介のカットインが発生すればBC当選orモードC以上?! この法則が崩れると?! ミニキャラ演出でのモード示唆 状況 示唆内容 ・陽炎…妖艶なポーズ ・天膳…大笑い モードDの期待大!! 上記のミニキャラ演出が出現した際は モードD(BC当選でAT確定)滞在が濃厚 になる為、BC当選まで打ち切ろう!! 陽炎は 後ろを向く<溜息<左肩を出す<両肩を出す<妖艶なポーズの順に高モード期待度アップ。 天膳は 去る<不機嫌<微笑<笑う<大笑いの順に高モード期待度アップ。 AT終了後のボイス AT終了後非有利区間から有利区間に移行したタイミング(画面はBT終了画面の時)でサブ液晶をタッチするとボイスが発生する。 設定示唆かモード示唆を言われているが、予想ではモード移行テーブルを示唆しているものと思われる。 もしくは設定示唆のものとモードテーブル示唆のものが混在??どちらにせよモード移行テーブルの選択率に設定差があれば設定推測にも役立つと思われる。 判明中のボイス 示唆テーブル 弦之介「出立の準備じゃ」 基本 弦之介「怪しき気配じゃ」 テーブル8,9,13,14,15,16 朧「では参りましょう」 基本 朧「旅の支度は整っております」??? 朧「何かが起こる予感がします」 テーブル8,9,11,12,13,14,15,16 絆ランプ点灯 テーブル15or16 「怪しき気配じゃ」と「何かが起こる予感がします」はテーブル8以上が確定。 上位テーブルとなる位置づけではあるが設定によってはスルー天井まで連れていかれる可能性もあり。 朧BCでの次回モード判別も合わせてヤメ時を判断しよう。 バジ絆2設定46実践動画 こちらは「並ばせ屋山本」さんがご自身のyoutubeで公開している設定6と設定4の実践動画になります。 二、通常時に筐体上部にある 払い出しLEDが白く発光すると モードC以上確定! 紫発光するとATストックが確定! 6否定。 シナリオが1. 8時に流れるとATストック5個以上が確定。 七、BT中のBC開始時に「 ヒメムラサキ」が流れると 次回朧チャンス確定! 九、「争忍の刻」の4・7・9戦目は絆高確発動のチャンス。 4・7・9戦目で絆高確が発動しなかった場合は次回朧チャンスの可能性?! 十、BT終了画面でサブ液晶をタッチすると ボイスが発生。 ボイスの種類によって次回モード移行テーブルを示唆。

次の

バジリスク絆2(バジ絆2) スロット新台

絆2 設定判別 開始画面

6 97. 6 98. 7 102. 4 106. 9 110. 7 112. チャンス目の見抜き方 前作と同様にチャンス目成立時はメインリールの出目で見抜く。 左リール中段に紫、中リール中段に黄が止まればチャンス目となる。 右リール中段には青かボーナス図柄or瞳術図柄が停止し、中段紫・黄・青停止した場合は払い出し無し、中段紫・黄・ボーナス図柄or瞳術図柄が停止すれば1枚払い出しとなる。 共通ベルの見抜き方 共通ベルも同様にメインリールの停止系で見抜く事ができる。 中段黄揃いで共通ベル、それ以外の停止系のベルは全て押し順ベルとなる。 2 通常時関連 概要 通常時はレア役成立からバジリスクチャンス当選を目指すゲーム性。 内部状態、モードの概念も存在し前作を踏襲したゲーム性となっている。 内部状態が高いほどBC当選のチャンスとなる。 ゲーム数 高確当選時 超高確当選時 15G 75. モードが上がるほどBC当選時のBT突入期待度がアップする。 またBCスルー回数だけではなく、通常時チャンス目成立時にモードアップ抽選が行われている。 奇遇で設定差があり、「設定6のみハズレ成立時」もモード昇格抽選を行う。 モードD滞在時はBT突入濃厚となる。 ボーナス関連 概要 異色BC 通常時に当選した際の内部状態やモードでBT突入抽選が行われる。 またBC消化中のレア役成立時もBT突入抽選を行う。 16G継続し、通常時に当選した場合は3種類の告知パターンを選択可能となっている。 異色BCと同じく16G継続し、上位版BC「エピソードBC」に突入する可能性もある。 上位BC「エピソードBC」 突入時点でBT当選確定となる上位版BC。 エピソードのキャラクターに応じた「絆高確」が確定となる恩恵もある。 突入時点でBT当選が確定し、「絆モード」と高継続率BTが確定する。 BC中のBT抽選 BC中は当選BCと成立役に応じてBTストック抽選が行われる。 終了画面 A B C D 星空 50. レア役当選時はシナリオ示唆が無効となるので注意。 残りゲーム数 安定 超安定 激闘 夢幻 その他 0G 37. 前半パートの「追想の刻」は平均10G継続、後半パートの「争忍の刻」は平均30G継続となり1セットの平均継続ゲーム数は40G。 純増約2. 9枚となりお馴染みの「絆高確システム」も健在。 追想の刻 前半パート「追想の刻」 基本10G継続のBT前半パート。 10G消化後にゲーム数上乗せが告知される場合がある。 消化中は全役で「絆玉」の獲得抽選を行う。 「絆玉」は獲得した数の絆高確が当該セットの争忍の刻で発動し、4つ獲得することができれば「絆モード」突入濃厚となる。 絆玉獲得抽選 5段階 Lv0~Lv4 の「絆レベル」で管理されていて、BTのセットごとに「絆高確テーブル」を参照して移行。 テーブルは10種類存在し、BT突入時に決定。 レベルごとに絆玉の獲得期待度が異なり、レベル3と4は「絆玉」を1個獲得した状態でスタートする。 また、セット開始時とBC当選時に格上げ抽選が行われているが、絆玉獲得後にレベル0に移行する可能性もある。 平均30G継続し、消化中はBC当選でセット継続確定となる。 10人選択時は完全勝利のチャンス状態となり、完全勝利(10人残ったままの勝利)で上乗せ特化ゾーン「月下殲滅」へ突入する。 追想の刻で獲得した絆玉の数に応じて発動。 シナリオは全10種類存在し、A~Eの5段階でBT中の継続率を管理する。 朧チャンス 絆玉高確率「朧チャンス」 BT中のBC当選後に突入する可能性のある絆玉獲得高確率状態。 5となっており、朧チャンス中にBC当選で朧チャンスが再度ループする。 20G継続し、平均上乗せセット数は4. 8個となっている。 成立役 ストック当選率 ハズレ 25.

次の