引越し 一括見積もり おすすめ。 引っ越し業者おすすめ

引っ越し業者おすすめ

引越し 一括見積もり おすすめ

引越しにかかる費用を知りたい。 当然ながら引越しにかかる費用は条件によって違います。 同じ荷物の量でも近距離引越しと遠距離なら、遠距離の方が費用がだいぶかかります。 あなたの引越しの見積もり概算を知りたいなら、一括見積もりを取ってみましょう。 当日トラブルにならないためには、見積もりの際にできるだけ正確に入力することです。 冷蔵庫の大きさや物件のエレベーターの有無、引越しには重要なチェックポイントとなります。 さらにできるだけ安くしたいなら、引越し当日までにいらない家財を処分することです。 新居に運んでから捨てよう・・・というのは、無駄な費用がかかります。 できるだけ荷物を減らして、一括見積もりをすれば、1番安い引越し業者を簡単に見つけることができますよ。 複数の見積でさらに安くなる! 1つ1分。 3つでも3分。 最もお得にしよう!! 引越し達人 ・なんと最大55%安くなる! ・ 30秒のかんたん見積もり ・引越し手続きガイド プレゼント SUUMO引越し ・ 電話番号入力不要! 見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい ・クロネコヤマトの引越が人気 引越しの手順 引越しの時はすることがとても多いので、先におおまかな手順を知っておくのがオススメです。 だいたい1〜2ヶ月前から準備が始まります。 <引越しの1カ月前まで> ・現住所の大家もしくは管理会社への退去連絡して、駐車場の解約も行う。 ・新居を決めて契約する。 駐車場も新規契約する。 ・引越しの希望日を決めて、複数の引越し業者に相見積もりを取って引越し業者を選ぶ。 <1カ月〜2週間前まで> ・今すぐに使わないものからどんどん荷造りする。 ・粗大ゴミの処分や不用品の処分をする。 <引越しから2週間〜1週間前まで> ・転出届けの提出、印鑑登録の廃止など役所関係の書類を提出する。 ・よく使う物も少しずつ荷造りしていく。 <1週間〜3日前まで> ・インターネット、電気、ガス、水道、ネットなどのインフラの停止手続きを行う。 ・郵便物の転送手続きをする。 <3日前〜当日> ・冷蔵庫の中身を処分し電源を抜く。 ・新居への移動方法を確認する。 ・新居の掃除を行う。 <引越し当日> ・引越し業者への家財の置き場所を指示したり、搬入物の確認をしておく。 ・荷解きと整頓をする。 ・新居こ゛近所へ挨拶する。 <引越し後> 転入届、転居届、マイナンハ゛ーの住所変更、国民健康保険の加入手続き、印鑑登録、なと役所の手続きをする。 携帯電話や銀行口座、クレジットカード、各種保険、免許証などの住所変更をする。 引越しが確実になったら大家さんや管理会社に退去に意向を伝えてください。 次の入居者を募る準備を始めないといけないからです。 引越し業者への見積もり依頼ですが、実は新居が決まってからでないと費用の算出ができません。 新居が決まったらすぐに引越し業者に見積もりを依頼して比較して、一番良いと思った引越し業者と契約して押さえておきましょう。 不用品や粗大ゴミを処分するには時間がかかるので、早めに取り掛かってください。 荷造りも使わないものや季節違いの洋服などからどんどんダンボールに詰めて行きましょう。 役所関係の書類の提出、電気やガスなどのインフラの停止や料金精算、郵便物の転送届を提出したら、いよいよあとは引越し当日です。 引越し当日、荷物の運搬はスタッフにおまかせして、家財の配置を指示してあげてくださいね。 引越し業者が運べないものがいくつかあるので、貴重品や高級品、現金、通帳や印鑑、大事なデータ、遺影などは自分で運ぶようにしてください。 引越ししたら、合間をぬってご近所へ挨拶に行きます。 引越し後2週間以内に、転入届か転居届のいずれかを新居に最寄りの市町村役場に提出します。 あとは銀行や運転免許証、パスポートなど住所変更が必要なもののを変更してください。 引越し業者のオプション 引越し業者が扱っている有料オプションサービスには次のようなものがあります。 ・エアコンの取外・取付 ・消毒・殺虫サービス ・ハウスクリーニング ・新聞の手配 ・御挨拶品の準備 ・ピアノの輸送 ・ピアノの調律 ・特殊品の輸送 ・バイクや車の陸送サービス ・ペットの輸送 ・盗聴器の発見サービス ・造園サービス ・荷物の一時預かり ・ハウスリフォーム ・ネット申し込み ・耐震グッズ施行 ・資材回収 ・不用品の処分 1社だけでこんなにサービスがある引越し業者はありません。 どんなサービスを利用したいかで業者の選び方が変わりますね。 さてこの中でもっとも依頼数が多いのはエアコンの移設だそうです。 エアコンが2〜3台あるご家庭も多いですし、引越し前と引越し後の2回も自分で手配するのは面倒ですものね。 引越し業者にオプションで依頼するのが一番カンタンです。 それとピアノをお持ちの方はオプション依頼することをお忘れなく。 ピアノを運搬できない引越し業者もあるので、必ず契約前にピアノが運搬できるのか確認しておいてください。 引越しの繁忙期 引越しは引越しの距離や運ぶ荷物が同じだったら、いつでも費用が同じというものではありません。 繁忙期は通常期に比べて引越し費用が高額なります。 引越し業界の繁忙期というのは、3月〜4月上旬です。 日本では受験が2〜3月に終わり新学期が4月から始まるため、新大学生や新社会人は春休みの3月下旬から4月上旬に引越しを行います。 これが全国の大学や会社で一斉に行われるのですから、この時期の引越し業者は大忙しです。 これだけではありません。 この時期にサラリーマンの春の転勤も重なるため、最悪、引越し業者が見つからないなどという事も起こります。 引越し業者も繁忙期はスタッフを増員するなどして対応します。 そのため、人件費などの増加分引越し費用も高くなるのです。 遠距離引越しにいたっては7ケタの請求が来ることも本当にあるそうです。 ですから、もし可能であれば、繁忙期の引越しは避けましょう。 まずは身軽で引越しして、繁忙期が終わってから必要なものを送ってもらうとか、新居の近くで家具家電を調達するなどなどの工夫が必要です。 引越しと粗大ゴミの処分方法 家の中にいらないものはありませんか? 引越しのときに思い切って処分してしまいましょう。 一辺の大きさが50センチ以上のものや重さが50kgを超えるものは、粗大ゴミです。 それとガスコンロ・石油ストーブ・石油ファンヒーター・電子レンジは大きさに関係なく粗大ゴミです。 粗大ゴミの処分方法は自治体によって異なりますが、多くの自治体では主に2つの方法を採用しています。 回収に来てもらう方法(有料)と自分で捨てに行く方法(無料)です。 【B:自分で捨てに行く方法(無料)】 1・リサイクルセンターに連絡をして、持ち込みをする日を予約する。 2・あとはリサイクルセンターに直接持ち込みます。 自分の便利な方法を選んでくださいね。 ただし、例外の家電がいくつかあります。 家電リサイクル法で定められた家電を処分したいときは、家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクル(有料)が必要です。 家電リサイクル法で定められた家電というのは、エアコン・テレビ ブラウン管、液晶・プラズマ ・冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。 これらは粗大ごみとして処分することが出来ません。

次の

おすすめのオフィス移転・引越し業者【33社】を比較、一括見積もり

引越し 一括見積もり おすすめ

オフィス移転・引越とは オフィスの移転はとても大変です。 機械やパソコンが多いですし、社員の引越しも荷物が多いし、書類は多いし・・・というところです。 電話やインターネット、電気工事、LANなども関わってきますので、自分たちだけでやるのはとても困難です。 また社員も普段は仕事をしながら荷造りなどもしなければなりませんので、残業や休日を利用して机周りを片付けたりすることも多いでしょう。 オフィスの移転や引っ越しをスムーズに終えるにはどのようなことが大切なのでしょうか? まず、次のようなポイントを絞らなくてはなりません。 1、 工事内容を決める。 (電話回線、パソコン、複合機など) 2、 オフィスレイアウトを決める。 3、 費用を見積もる 4、 環境に優しい移転が出来るかどうか(不用品の廃棄など含めて) 5、 その他 これだけでもさらに業種によっては、多くのことを考えなければいけません。 移転企業全体の声をこの際に少しでも反映しようという場合もありますね。 オフィスデザインを含めて現状の把握と目的をつかみながらスムーズに移転するのが理想です。 移転はさらに効率よく気持ちよく仕事ができる、ワークスタイルの確立をしなければなりません。 オフィスの移転とは心地よい空間を提案することでもあります。 心地よい新しい働き方を提案できるのは専門のオフィス移転、引っ越し会社なのかもしれませんね。 とりわけ重要なのはOA機器とデスクなどの配置でしょう。 コスト削減を同時に実現できるのであればしたいですよね。 さらにオフィスビルであれば移転前にビル管理会社などとのルールなど打ち合わせも必要になりますし、場所によっては建物のリフォームが必要なこともあります。 移転場所の事前に周辺道路や時間帯を搬入搬出で影響がないように下調べも必要ですね。 移転計画はその場ですぐに出来るものではありません。 まずは、レイアウト図作り、移転に関わる段取りや、現在よりも使いやすいオフィスにする提案が必要なので準備が必須となります。 一番気になるのは「就業しながら準備する、移転する」点でしょう。 お客様に迷惑をかけないように、普段の業務を行いながら新しいところへの準備をするのはとても大変です。 だからこそ、専門のオフィス移転会社へ相談すれば、普段通りの業務を行いつつ、スムーズな移転が期待できるのです。 また移転した後のオフィスの回復作業なども必要になるかもしれません。 いわゆる「原状回復作業」が発生します。 この費用もちゃんと見積もってもらいましょう。 オフィス移転・引越を依頼する流れ• 移転場所が決まったら オフィス移転専門の企業へ、現在のオフィスから新しいオフィスへ荷物を動かすときの見積もりを取ります。 キャビネット、デスクなど大型ものから機械ものまで下見をして見積もりを取ります。 電話の移転・増設の配線や工事などの相談 社内のネットワーク構築、LAN工事などの詳細を詰めます。 コスト削減とエコ対策を同時にしてくれるオフィス移転会社もあります。 梱包資材に荷物を入れる 廃棄処分の物は業者に相談し、引っ越しの前日までに段ボールにそれぞれの分を詰めて机の横などに積んでおきます。 オフィスの区画ごとに、段ボールには中身とわかるフロア数、部門などをシールで書き込みします。 移動したときにどこへ運べばよいかがすぐにわかるようにします。 移転・引越 レイアウトや配線などを新オフィスで行ってもらい、作業漏れやミスがないか最終チェックします。 だいたい1週間〜2週間くらい前には打ち合わせを済ませておくほうが良いでしょう。 特殊な機械があるなどの場合はもっと早くから話を詰めておきましょう。 オフィス移転・引越会社の選び方 業者を使うメリットは「効率的」「業務の支障が最小限で済む」「使いやすくなる」 「必要に応じてレイアウトや内装もできる」「アフターフォローができる」「業務にすぐに取り掛かれる」など多くのメリットがあります。 全部自分たちで行おうと思えば会社や店舗を休業しなければならないこともありますし、それを考えるとコスト的にも割安になるといえるでしょう。 なんといっても専門の業者が行うので人件費も最小限に抑えつつ、フルスロットルで動くことができます。 オフィス移転の計画から実施、原状回復工事まで、すべてを行ってもらえるならそのほうが便利です、店舗・倉庫・工場等、より使いやすいオフィスの空間を提供してくれるものでなければなりません。 効率的なレイアウトや新オフィスになったから働きにくくなったというのでは本末転倒になってしまいます。 「無駄なスペースをなくすこと」「今より少ない坪数でも効率的に業務ができるようにすること」業務の効率化もレイアウト次第、配線もパソコンの場所も同じことです。 オフィス環境に強い引っ越し業者なら、レイアウトから専門の配線まで行えますので「邪魔なく、使いやすい空間」を作り出してくれるのです。 引っ越し=最適な空間がもたらされなければ新しい場所に移る意味も薄れてしまいます。 非効率なレイアウトやいらないものは廃棄する、会社の断捨離を行えるのはオフィス移転の際にはチャンスになります。 ミーティングをおこなうスペース、社員がリラックスできるオフィスづくりを移転とともに提案してくれればなお良いです。 オフィスで最小限必要なことをもとに、あとは心地よさを提案してくれるのが、オフィス引っ越し業者の腕といえるでしょう。 下見の段階でちゃんと見積もりを取ってくれるか 下見をしたときに細分化して、きちんと見積もりを出してくれるかどうかを見ましょう。 後から追加料金などがないようにしてくれるか 追加料金などは下見をしている後なので極力発生しないもの。 追加がある場合の説明などもしてもらえるといいでしょう。 オフィスレイアウトや環境に気を配ってくれるか オフィスのレイアウトや環境にもアドバイスや気配りをしてくれる業者が良いです。 汚いままの引っ越しではせっかくの新オフィスが霞んでしまいます。 オフィス移転・引越の料金相場 オフィス移転の費用はどれくらいかかるのか?というのはオフィス規模や坪数、荷物の量で異なってきます。 大規模オフィスなら何百万と係る場合もありますし、小規模なら何万円で終わることもありますね。 一番かかるのは人件費。 あとは配線やレイアウト、内装などのオプションで変わってきます。 一般的な小規模オフィスビルの相場をいくつかまとめてみました。 業者にあらかじめ確認をしておきましょう。 見積り金額と当日の引越しでの差額は発生するのでしょうか 訪問してのお見積りとなりますので、差額はほとんど出ません。 ほぼ確定で進めていけます。 料金が上がるシーズンとかはあるんですか 新生活スタートの春は繁忙期となる為、引っ越しの少ない梅雨時期や年末前などがおすすめです。

次の

引越し一括見積もり比較でおすすめサイト7つ&評判!【2018決定版】

引越し 一括見積もり おすすめ

最近では、引越し料金の一括見積もりサービスが人気になってきています。 今までは1件、1件の引越し業者と価格を交渉する必要がありましたが、このようなサービスを使うと一度に複数の業者を比較することができ、大変便利です。 しかし、一方で、一括見積もりをした直後に怒涛の迷惑電話がかかってくるというデメリットもあります。 そこで、この記事では絶対に引越し業者から電話が来ない一括見積もりサービスを紹介したいと思います。 うざい!しつこい!迷惑電話 — 引越し一括見積もり 引越しを一括見積もりすると、引越し業者から「ウチで引越ししませんか?」と怒涛の電話がきます。 以下はTwitterからの引用です。 引越し見積もりサイトに登録したら速攻でめちゃくちゃメールと電話がくる。 結局今年は引っ越さずに更新することになったからそう言ったら、やっとかかって来なくなった。 電話すんなメールしろ、って見積もり頼む時書いただろ!!あともう決まってるから!!お前はメールもしつこいから!!また引っ越す機会があってもこいつには頼まない。 そちらには頼みません言ってるのに電話してきてほんと迷惑。 従来の一括見積もりサイトでは、引越し業者が見積もりサイトから、顧客情報を1件数百円で購入しています。 そのため、引越し業者もなんとか利益を上げようと必死なのです。 でも、だからと言って「それなら仕方ないか。 」なんて思えるはずありません。 引越しはとにかく忙しいイベントなので、断りの電話などに時間を取られていてはイライラが止まりません。 無視するとどうなる?引越し業者の電話 引越し業者から電話がかかってきても、無視して大丈夫です。 逆に全ての電話に対応していたら、時間がどんどん奪われていきます。 なので、自分の都合が良い時に電話に出ればOKです。 深夜でもかかってくる。 時間帯は関係ない もしあなたが深夜などに一括見積もりをすると、深夜でも引越し業者から電話がかかってきます。 なので、電話がかかってくる一括見積もりをする場合は、今すぐ対応出来る時がオススメです。 電話がかかってこないメリット・デメリットは? 引越し業者から電話がかかってこない事は、メリットの方が断然多いですが、デメリットもあるので、しっかりと把握しておきましょう! 電話無しの メリット ・落ち着いて比較できる 電話ありの一括見積もりサービスでは、「ウチならこれぐらい安くします!」「只今、キャンペーン中です!」など、即決してもらえるような営業トークをしてきます。 なので、結局どこが良いのか分からない。。 という状態になりやすいです。 しかし電話無しだと、しっかりと時間をかけて比較することが出来るので、値段・サービスの品質などを理解したうえで依頼することが出来ます。 ・サポートセンターに相談できる 一括見積もりサービスで、引越し業者に相談したところで、自社で契約してもらえるような答えが返ってくることが多いです。 しかし、引越しのプロであるサポートセンターに相談すれば、あなたに最適な引越し業者を平等な立場で教えてくれます。 ・断りの連絡は不要 引越し業者から電話があって依頼した後に、「やっぱり他社に依頼したい!」となるのは、よくある話です。 しかし引越し業者と直接やり取りをしていると、その連絡をする必要があり、場合によっては「だったらもっと安く出来ますよ!」などと、引き下がらない業者も出てきます。 引越しラクッとNAVIのように、電話無しのサービスでは、全てシステムで管理しているため、他社に変えた場合、元々依頼していた会社にキャンセルの連絡が自動でいきます。 場合によってはサポートセンターに連絡が必要 ・電話より安く見積もってくれる 電話ありの一括見積もりでは、引越し業者の営業トークで何とかなる部分が大きいので、そこまで安くしてくれません。 しかし、電話が無いであれば、価格で勝負するしか無いので、ギリギリのラインまで割引してくれることが多いです。 電話無しの デメリット ・直接、自分で交渉できない 自分の交渉力に自信のある方は、引越しラクッとNAVIはオススメできません。 必ず、間にサポートセンターが入るので、直接自分で交渉することは不可能です。 ただし、ご自分が引越しに関する知識が無い場合は、プロであるサポートセンターに任せた方が確実に安く見積もってくれます。 引越しラクッとNAVIは、株式会社 リベロが2004年から運営しており、現在では80万人がサービスを利用しています。 なぜ電話がかかってこない? 従来の一括見積もりサービスは、引越し業者とあなたが直接やり取りを行っています。 そして、引越し業者はあなたの連絡先などの情報にお金を払っているので、電話をしてでも契約に結びつけようと必死なのです。 しかし、引越しラクッとNAVIでは、引越し業者とあなたの間に、引越し専門のサポートセンターが介入してくれます。 これにより、あなたの個人情報が引越し業者に伝わることがなく、サポートセンターとやり取りをするだけで価格交渉をすることが可能です。 こんな人にオススメ 引越しラクッとNAVIは 本気で引越しを考えている人にオススメです。 2位以下の一括見積もりサービスは、ざっくりと引越しの相場を知りたい人は電話なしで利用することが可能です。 しかし本気で引越しをするとなると、電話がかかってくる可能性もあるので注意が必要です。 引越しラクッとNAVIのキャンペーン 引越しラクッとNAVIは、現在申し込むと「引越しする前に絶対読んでおきたい本」を無料で受け取ることが出来ます。 私も実際に受け取ったのですが、これがめちゃくちゃ素晴らしい! 全部で600ページ弱の本で、 ・引越しでやらないといけない事 ・引越しで失敗しやすいこと など、引越しに関する重要な情報を全てまとめています。 極端な話、この本を受け取るためだけに、とりあえず見積もって、キャンセルするのも1つです。 サービス利用の流れ — 引越しラクっとNAVI 引越しラクっとNAVIの利用の流れは、他の一括見積もりサイトと異なります。 以下が引越しラクっとNAVIの利用の流れです。 1)中立な立場のサポートセンターが、あなたの引越しの条件などを1度、ヒアリングします。 2)あなたのご希望の引越し会社から、あなたに代わって見積りを取得します。 (相見積もりは取りましょう!) 3)引越し会社へは、あなたのお電話番号など、見積りに不要な情報を伏せたうえで、見積りをとります。 4)見積り結果は、サイト内のマイページに反映され、その中から発注をすることもできます。 5)発注後にはじめて、引越し会社へあなたの個人情報を開示し、ダンボールの手配など実際のお引越しの段取りを進めていきます。 そこで要望を伝えると、代わりに見積もりを取ってくれるという仕組みです。 でも、引越しラクっとNAVIに手数料を取られるのでは? 引越しラクっとNAVIは、あなたの代わりに引越し業者を相手に見積もりを取ってくれます。 他の一括見積もりサイトでは、あなたの情報を引越し業者に売って終わりです。 しかし引越しラクっとNAVIは、引越しが成立した時に引越し業者から手数料を取っています。 そのため、引越しラクっとNAVIは最後まできちんと責任をもって、あなたの引越しを安く済ませてくれます。 2位 引越し侍 引越し侍は一括見積もりサービスで大手の会社です。 一括見積もりをする場合は、連絡先の入力が必要ですが、ネット料金比較&予約なら電話番号+メールアドレスの入力も不要です。 住所だけで引越し業者を簡単に見積もりことが可能です。 こんな人にオススメ 引越し侍は メールアドレスすら入力したくないという人にオススメです。 ただ、引越し侍で一括見積もりをする場合、電話がかかってくるので注意して下さい。 あくまでも電話が無いのは、ネット料金比較&予約の場合のみです。 また、現在はタイムセールというキャンペーンを実施しています。 気になる方はお早めにチェックしておくことをオススメします。 3位 SUUMO SUUMOは賃貸情報サイトで人気のサービスですが、引越しの一括見積もりも行っています。 「引越し会社からの連絡先」の電話番号の入力欄はありますが、任意なので入力しなくても大丈夫です。 ただし、メールアドレスは必須なので注意して下さい。 こんな人にオススメ SUUMOは、 ざっくりと引越し料金の相場を知りたい人にオススメです。 SUUMOは正確な住所を入力しなくても見積もりが出来るため、引越し先で迷っていて、それぞれの引越し料金を比較したいという時に便利です。 4位 tadazo tadazoはチャットで値段交渉が出来る新しい形の一括見積もりサービスです。 一括見積もりでは、「電話番号を引越し業者に公開する」のチェックを外せば、電話がかかってくることはありません。 こんな人にオススメ tadazoは 電話は嫌だけど、自分で交渉したいという人にオススメです。 チャットに全て交渉した内容が残るので、「見積もり金額と違う!」などのトラブルを無くすことが可能です。 なので、引越し業者との交渉が得意な方に人気なサービスです。

次の