スイカ ポイント 登録 方法。 無記名suicaの変更方法は?記名式suicaに移行する手順!

スイカ(Suica)でポイントが貯まる!登録方法やポイントの貯め方をご紹介!

スイカ ポイント 登録 方法

VIEW、Suica、JRE POINTがややこしい Suica、定期券、クレジットカードが一体となった「ビュー・スイカ」カードを利用しています。 カードにチャージしてあるSuica(電子マネー)が一定金額以下になるとクレジットカードから自動的に補充されるオートチャージ機能を設定しています。 このカードを利用することで貯まるポイント・使えるポイントの仕組みがなかなかややこしくなっていたのでちょっと整理してみました。 従来Suicaポイントと呼ばれていたものがJRE POINTに変更になったのですが、用語がたくさん登場する上、それぞれ操作が異なるので注意が必要です。 まず確認しておきたいこと 「ビュー・スイカ」カードでポイントをSuica 電子マネー にチャージするにはつぎの二つの設定が必要です。 Suica 電子マネー とビューカードのリンク オートチャージ機能をすでに利用されている方はこの設定は完了しています。 ご自分のカードで「Suica 電子マネー とビューカードのリンク設定」が完了しているかわからない方はをご覧ください。 JRE POINT WEBサイトへのSuica 電子マネー の登録 JRE POINTをSuica(電子マネー)にチャージするには、JRE POINT WEBサイトでSuicaを登録する必要があります。 なおSuicaポイントクラブをお使いの方はJRE POINTへの移行が推奨されています。 JRE POINTについて詳しくはをご覧ください。 Suicaポイントクラブについて詳しくはをご覧ください。 VIEWはクレジット、Suicaは電子マネー まずは「ビュー・スイカ」カードの基本機能を確認しておきます。 カードにはVIEWとSuicaのマークがあります。 VIEWはクレジット機能です。 このカードでクレジット払いが利用できます。 クレジット決済について僕は申込時にVISAを選択しました。 一方Suicaは電子マネーの支払いができることを示しています。 「ビュー・スイカ」カードはSuica(電子マネー)のオートチャージ機能を付与することができます。 オートチャージ機能はSuicaの残額が設定金額以下になると、改札入場時に自動的にチャージされるものです。 上の表の「おもな機能」欄で「Suicaのオートチャージ」がビューカード側に記入されていますが、これはポイントの観点によるものです。 ポイントを貯める方法 「ビュー・スイカ」カードで貯めることのできるポイントは2種類です。 一つはビューカードのポイント、一つはJRE POINTです。 電車に乗る たとえば電車に乗るときSuica(電子マネー)を利用したらポイントは貯まるのでしょうか。 ビューカードのポイントは乗るだけでなくもう一つプラスの利用が必要です。 JRE POINTは貯めることができません。 JR東日本Suicaエリア、首都圏の私鉄・地下鉄PASMOエリアで チャージする ビューカードのポイントは1000円の利用で6ポイント(15円相当)/1. 5%が貯まります。 もちろんオートチャージでも。 つまり電車に乗るときSuica(電子マネー)を利用するタイミングではなく、チャージしたタイミングでポイントが付与される仕組みです。 JRE POINTはどちらのタイミングでも貯めることはできません。 JR東日本のみどりの窓口・券売機で 定期券購入 定期券をビューカードで購入するとビューカードのポイントは1000円の利用で6ポイント(15円相当)/1. 5%が貯まります。 JRE POINTを貯めることはできません。 「Suica登録して溜まる」マークのある場所 たとえばエキナカのコンビニ・売店・飲料自動販売機・店舗・飲食・社内販売・ホテルなど、街中のイトーヨーカドー、紀伊国屋書店、洋服の青山、ANA、ヤマト運輸などの利用でポイントを貯めることができます。 支払いにビューカードを選択した場合、1,000円につき2ポイント(5円相当)/0. 5%のポイントが貯まります。 ただしクレジット決済の利用できない場合もあります。 支払いにSuica(電子マネー)を選択した場合、100円または200円(税込)につき1ポイント(1円相当)/0. 5%~1%のJRE POINTが貯まります。 「Suica登録して溜まる」マークのない場所 支払いにビューカードを選択した場合、1,000円につき2ポイント(5円相当)/0. 5%のポイントが貯まります。 ただしクレジット決済の利用できない場合もあります。 JRE POINTを貯めることはできません。 公共料金 支払いにビューカードを選択した場合、1,000円につき2ポイント(5円相当)/0. 5%のポイントが貯まります。 JRE POINTを貯めることはできません。 Web明細サービスの利用 ビューカードの場合、利用明細を郵送からWebに切り替えることで年間最大600円相当のポイントが貯まります。 JRE POINTを貯めることはできません。 ENEOSサービスステーション給油、ENEOSでんきの利用 ビューカードの場合、1000円につき4ポイント(10円相当)/1% [一部利用できないケースあり] JRE POINTを貯めることはできません。 スマホアプリの利用 ビューカードのポイントを貯めることはできません。 特定の駅でチェックインするとJRE POINTのポイント福引が1回可能。 最大100ポイントが付与されます。 ポイントを使う ビューカードのポイントは「400ポイント毎に1,000円相当」の、JRE POINTは「1ポイント毎に1円相当」の、それぞれ Suica(電子マネー)に交換することが可能です。 そのほかビューカードのポイントは商品・商品券などに、またJRE POINTは駅ビル、Suicaグリーン券、商品などに交換可能ですが、ここでは説明を割愛します。 Suicaカードへのチャージ方法 ビューカードのポイントは 駅の ATM「VIEW ALTTE」 ビューアルッテ でチャージします。 一方JRE POINTはWeb上で申し込み後、駅の Suicaマークのある自動券売機でチャージします。 当初僕は 「VIEW ALTTE」でどちらもチャージできると思い込んでいました。 JRE POINTのチャージはできないのでご注意ください。 またJRE POINTは事前にWeb上での申し込みが必要です。 以上、ポイントの貯め方やSuica(電子マネー)へのチャージ方法を中心に整理してみました。 ちょっと複雑なので、あとで「あれ?どうだったっけ?」となる場合も少なくないと思います。 このページをブックマークし、ご参考にしていただければと思います。

次の

無記名suicaの変更方法は?記名式suicaに移行する手順!

スイカ ポイント 登録 方法

JR東日本の新ポイントシステム!SuicaでJRE POINTが貯まる まずはSuicaのポイントシステムの概要についてご説明していきましょう。 現在、Suicaの利用で貯まるのはJRE POINTというポイントです。 JRE POINTは2018年6月28日にJR東日本が取り扱う複数のポイントシステムを統合する形でスタートした新しいポイントシステムで、JR東日本の共通ポイントとして位置づけられています。 JRE POINTは有効期限が実質無期限 Suica利用で貯められるJRE POINTの基本的な仕組みを確認しておきましょう。 JRE POINTは、Suicaの利用を含めJR東日本の様々なサービスを利用して貯めることができます。 貯まったポイントも、Suicaに1ポイント=1円としてチャージするなどJR東日本の対象サービスにて利用可能です。 そして、JRE POINTの仕組みの中でも特に注目してほしいのが有効期限です。 JRE POINTの有効期限はポイントを貯めた、あるいは使った日から2年間となっています。 つまり、継続的に利用していればどんどん有効期限が延長され、実質無期限でポイントを貯め続けていくことができるのです。 貯め方・使い方ともに多彩で、しかも有効期限実質無期限のJRE POINTは、非常に貯めやすいポイントシステムに仕上がっていると言ってよいでしょう。 JREポイントはSuica以外にもビューカードやJREポイント加盟店などJR東日本の様々なサービスで獲得できるよ。 JR東日本ユーザーならどんどんポイントが貯まるのが魅力だね。 鉄道でもお店でもSuica利用でJRE POINT貯まる! Suica利用でJRE POINTを貯めるにあたって注意してほしいのが、SuicaのサービスがすべてJRE POINT付与の対象となるわけではないという点です。 JR東日本鉄道乗車やSuica加盟店でポイントが貯まる 現在、SuicaでJRE POINTが貯まるのは、以下の利用シーンとなっています。 利用 ポイント還元率 鉄道利用(JR東日本在来線) 0. 5~1% 2019年10月よりSuicaのJRE POINT対応範囲が拡大され、鉄道利用やSuicaグリーン券、モバイルSuica定期券の購入でもポイントが貯まるようになりました。 特にモバイルSuicaでは2%の高還元で利用することができ、非常にお得です。 鉄道利用も加盟店利用もポイント付与の対象となるので、JR東日本ユーザーの方ならどんどんJRE POINTを貯めていくことができますね。 エキナカのお店多数!ポイント貯まる加盟店を紹介 加盟店利用の中でもJRE POINTが獲得できるのは、下記のマークがあるお店でSuicaの電子マネー決済をした時となります。 お店によって還元率が0. 5%または1%と異なるので、注意してください。 それを踏まえて、Suicaの電子マネー利用でポイントが貯まる主要なお店をご紹介しましょう。 店舗 ポイント還元率 NEW DAYS 0. 5% キオスク 0. 5% エキュート 0. 5% グランスタ 0. 5% 駅弁屋 0. 5% メトロポリタンホテルズ 0. 5% ジェクサー 1% イトーヨーカードー 0. 5% 紀伊國屋書店 1% 洋服の青山 1% ホテルニューグランド 0. 5% ANA国内線機内販売 0. 5% タイムズ (関東・東北エリアの一部駐車場) 1% ヤマト運輸 0. 5% 駅ビルや売店と言ったエキナカの店舗が中心ですが、街中のお店に関してもある程度のジャンルを網羅しており、様々なシーンで活用することができるでしょう。 ぜひ対象店舗を一通りチェックして、JRE POINTを貯めるチャンスを逃さないようにしてください。 キャッシュレス消費者還元事業登録店舗で最大5% 2019年10月からスタートしたキャッシュレス消費者還元事業対象店舗でSuicaを利用すると、5%還元(フランチャイズは2%)が受けられます。 コンビニなどの利用で、その場で即時充当された場合を除き、JRE POINTでの還元となります。 利用した翌月に、1カ月分のポイント還元事業対象の分がまとめて付与され、貯まったJRE POINTは1ポイント1円としてSuicaとして利用頂けますから、ポイントの使い道に困ることはありませんね。 モバイルSuicaなら鉄道利用やグリーン券、定期券の購入でなんと2%分ものJRE POINTが貯まるよ。 カード型Suicaより圧倒的にお得だからぜひ活用してね! ポイントの二重取りができる!Suicaチャージはビューカードがおすすめ Suicaの電子マネー利用のポイント還元率は0. 5~2%ということで、Suica単体でもそれなりにJRE POINTを貯めていくことができますが、もっと効率よくSuica利用でポイントを貯める方法をご紹介していきましょう。 それは、にクレジットカードを利用するという方法です。 Suicaのチャージがポイント付与の対象となるクレジットカードを利用すれば、チャージ&利用でポイントの二重取りが可能になります。 中でも断トツでSuicaチャージ利用のメリットが大きいのが、同じJR東日本発行のビューカードシリーズです。 ビューカードなら、モバイルSuicaはもちろんのこと、多機能券売機や駅のATM『VIEW ALTTE』を利用してカード型Suicaにもスムーズにチャージすることができるうえ、クレジットカードとしては唯一、Suicaオートチャージサービスの利用も可能です。 しかも貯まるポイントもSuicaと同じJRE POINTなので、1つのポイントに集約して効率よくポイントが貯められるというのも魅力と言えます。 ビューカードはSuicaチャージでいつでもポイント還元率1. 5% ビューカードの利点は、ただ単にSuicaに便利にチャージできるということだけではありません。 実はビューカードシリーズ共通の特典として、Suicaチャージ(オートチャージ含む)のポイントが通常の3倍になるのです。 通常のビューカードの還元率が0. さらにこのポイント3倍適用の対象はSuicaチャージ以外にもJR東日本の複数のサービスに及びます。 乗車券、定期券、回数券、特急券の購入• JR東日本国内ツアー(一部対象外)• Suica定期券、Suicaカードの購入• モバイルSuica、Suicaアプリケーションの利用 これらのサービスをすべて、ビューカード決済でポイント還元率1. このお得さも、Suicaとビューカードを併用する大きなメリットと言えるでしょう。 加盟店で提示するだけで100円につき1ポイント貯まる ビューカードには他にも、JRE POINTをお得に貯められる特典が豊富に備わっています。 JRE POINT加盟店でカードを提示するだけで、100円(税別)1ポイントのJRE POINTが貯まります。 まず、JR東日本沿線の主要な駅ビルはほぼJRE POINT加盟店となっており、ビューカードでの決済でいつでもポイント還元率が合計1. 5%になりますよ。 WEB明細に切り替えるだけでポイントが貯まる お得なビューカードポイント特典のもう1つは、Web明細ポイントサービスです。 こちらは通常発行される紙の利用明細の郵送をストップしてWeb明細へと切り替えるだけで、明細書発行月に50ポイントずつもらえる仕組みとなっています。 したがって年間で考えると最大600ポイントものボーナスポイントが獲得できることになるのです。 紙の利用明細よりもWeb明細の方が扱いやすく、紛失や人目に触れるリスクも圧倒的に低くなるため、ポイント特典を抜きにしても切り替え自体もメリットが大きいですよね。 こうしたポイント特典を活用すれば、Suicaチャージ以外でもビューカードで効率よくJRE POINTを貯めていくことが可能となっているのです。 そんなビューカードシリーズは、他社特典を付加した提携カードも含めて実に10種類以上も用意されています。 その中でどれを選べばよいのか、困ってしまう方もいるかもしれません。 そこでここでは、Suicaチャージに利用したい方におすすめのビューカードを3つご紹介したいと思います。 おすすめビューカードその1!ビックカメラSuicaカード まず1つ目は、ビックカメラSuicaカードです。 ビックカメラSuicaカードはその名の通り、ビックカメラとの提携カードとなっています。 その最大の特徴は、普段のショッピング利用でJRE POINTとビックポイントの両方のポイントが獲得できるという点です。 それぞれのポイント還元率が0. ここにSuicaチャージ時に獲得したJRE POINT1. もちろん、ビューカード共通特典としてJRE POINT加盟店では1. ビックカメラSuicaカードは、ビューカードの中でもポイント面のお得さに特化した1枚となっているのです。 しかもこのカードはビューカードの中でも数少ない、実質年会費無料で利用可能なクレジットカードとなっています。 ビックカメラでお買い物をする機会が多い方はもちろん、ポイント還元率重視の方に幅広くおすすめできるのがこのビックカメラSuicaカードなのです。 基本のビューカード共通特典に加えて、東京駅構内のビューゴールドラウンジや国内主要空港ラウンジを無料で利用できるラウンジサービスが付帯していたり、旅行保険、ショッピング保険もより手厚くなっていたりと、ゴールドカードらしい上質かつ多彩な特典を備えています。 また、入会特典として5,000円相当のJRE POINTが貰える上、年間100万円以上の決済で次年度も5,000円相当のJRE POINTが貰えます。 通常ポイントやボーナスポイントと合わせると、年会費以上のポイントが獲得できる為、年100万円以上決済する方なら十分に相殺が可能となります。 年会費 11,000円(税込) スペック ・基本ポイント還元率0. 無料でポイントゲットも可能!JRE POINTアプリも活用すべし もう1つ、お得にJRE POINTを貯める手段としてぜひ活用してほしいのが、スマホ向けのJRE POINTアプリです。 JRE POINTアプリは、JRE POINTのポイント残高や利用履歴、期間限定ポイントの有効期限などをスマホで手軽に管理できるほか、キャンペーン情報のお知らせなども確認できる、JRE POINT会員向けの公式サービスとなっています。 そしてこのJRE POINTアプリでは、無料でポイントが獲得できるお得なミニゲームにも挑戦することができるのです。 挑戦可能なミニゲームは、以下の2つとなっています。 ゲーム 概要 ポイント福引 特定の駅にチェックインするごとに最大100ポイントが当たる福引に1回チャレンジ可能 鉄道すごろく お買物金額などに合わせて列車が進み、ゴール駅に到着するとポイントがもらえるすごろく アプリ自体も無料で利用することができ、お得かつ効率的にJRE POINTを貯めていくためには欠かせないサービスです。 JRE POINT会員に登録する際には、忘れずにダウンロードすることをおすすめします。

次の

一番お得なスイカカードの作り方、駅で無記名Suicaを作ってはいけない

スイカ ポイント 登録 方法

この政府主導の動きに応じるようにやなど各社が大きなキャンペーンを実施して自社のシェアを広げようと頑張っていますね。 キャッシュレス決済はたくさん種類がありますが、その本命はJR東日本の「 Suica(スイカ)」と「PayPay」でしょう。 SuicaはJR東日本利用者を中心にすでに圧倒的に多くの利用者や加盟店がいることが最大のメリットになります。 また、PayPayなどのQR決済やクレジットカードと比較してかなりスピーディーなのもポイントが高いです。 端末にタッチするだけで決済できますからね。 最近ではJR東日本の範囲を超えて全国各地の鉄道やバスでも利用できますから利用者がどんどん増えているのです。 そんなSuicaですが、 キャッシュレス・消費者還元事業でポイントを得るためには登録が必要なんですよ。 登録しなければもらえるはずの5%が無駄になってしまうのです・・・ 今回はSuicaでキャッシュレスの還元を受けるためにはあらかじめ登録が必要な件についてみていきます。 「JRE POINT」のサイトでSuicaを登録するだけです。 逆に言えば 登録しないともらえないのです。 すでにSuicaを持っている方はJRE POINTのサイトでメールアドレス(Suica識別ID とパスワードを紐付けるだけですからそれほど難しくありません。 登録作業をしていないとポイント還元の対象となりませんので忘れないように登録しておく必要があります。 SuicaでもらえるポイントはJRE POINT Suicaで貯まるポイントは「JRE POINT」です。 ポイントの還元は通常、(キャッシュレス還元事業分を除く)以下の通り貯まります。 スマホなどに入れるモバイルSuicaとカードタイプでは付与ポイントが違うんですよ。 ただし、これはSuicaが使える すべてのお店ではなく以下のマークが記載された店舗のみとなります。 出典:JRE POINT WEBページ エキナカのNewDaysやキオスクなどはもちろん、飲食店でも対象となっている店舗もありますから嬉しい限りですね。 キャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗ならさらに・・・ キャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗(中小企業が条件)ならばさらに国からの還元がありますのでさらにポイントが増えます。 JREカード(クレジットカード)で払うよりもSuicaで払ったほうがお得なんですね。 これが登録をしていないとみすみす逃してしまうことに・・・ 必ず登録しておきましょうね。 JRE POINTは何に使えるのか せっかく貯めたポイントでも使いみちがなければなんの意味もありません。 それでは貯まった「JRE POINT」は何に使えるのでしょうか? 「JRE POINT」のサイトで提示されている使い方は以下です。 >> 個人的には今回の キャッシュレス決済を巡っての争いは「Suica(スイカ)」と「PayPay」が本命だと考えています。 現在はかなり過当競争ですが、徐々に淘汰されていくでしょう。 その点を考えても「Suica(スイカ)」と「PayPay」は作っておいても良いと思いますね。 また、お店はせめてこの2つの決済はできるようにしておいてほしいところ・・・ これから始めるならPayPayとSuicaがおすすめ まだ、キャッシュレス決済をなにも使ってない方は、10月からのキャッシュレス・消費者還元事業に向けてとりあえずPayPayとSuicaだけでも用意しておきましょう。 PayPay 大規模なキャンペーンを繰り返し実施しているソフトバンク・ヤフー系列のPayPayはまずオススメです。 すでに利用者も1000万人を突破し、利用できる店舗もどんどん増えています。 こういう類のサービスははじめにシェアをとってしまったところが圧倒的に有利です。 その点PayPayはかなり今後も有利でしょう。 PayPayをこれから始める方はこちらからダウンロードをどうぞ Suica キャッシュレス決済の弱点であるというのが心配の方はチャージ式のSuicaがおすすめです。 Suicaは多くの駅でも利用できますから使える範囲はかなり広いです。 また、タッチだけで決済ができますので他よりも会計は格段に早いです。 ただし、チャージ式ですからちょっと面倒な部分もありますけどね お店が今からキャッシュレスを導入するならPayPayかAirペイがおすすめ まだ、キャッシュレス決済なにも導入していないお店の方はとりあえずPayPayかAirペイ(Suicaが使える)がおすすめですね。 PayPay PayPayは初期導入費無料、決済手数料無料、入金手数料無料です。 更に提携銀行利用の場合には売上が翌日入金となります。 ユーザー側から見てもアプリの使い勝手がかなり良いのがありがたいところ。 Airペイ テレビCMでおなじみのリクルートの「Airペイ」はクレジットカードから電子マネー、QR決済まで幅広く対応できるのが魅力ですね。 特に今回ご紹介したSuica(スイカ)が使えるのが嬉しいですね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 フェイスブックページ、ツイッターはじめました。 「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです•

次の