おすすめ メーラー。 Windows10のメールソフト、おすすめ4選!大事なのは安定性

2018年の無料メールソフト比較~おすすめメーラーはこれだ~[Mac編]|トイロハ

おすすめ メーラー

こんにちは、「」編集部のダイゴです。 無料で作れて便利なフリーメールアドレスですが、「有料のメールとは何が違うの?」「フリーメールって結局何を作れば良いの?」などなど便利だからこそ迷ってしまうことがありますよね! メールアドレスは一度作ったら長く使う物ですし、作り替えるのも手間ですから、しっかりと調べて納得できるところでフリーメールアドレスを作りたいという人は多いと思います。 そこで今回の記事では、 人気のフリーメールアドレス15個を徹底比較した上で「フリーメールアドレスと有料アドレスの違い」や「おすすめのフリーメールアドレスTOP5! 」などについて紹介していきます。 フリーメールに関して迷っていることがあるようでしたら必ず参考になります。 少しでも目を通していただければ幸いです。 そもそもフリーメールアドレスとは?有料や使い捨てとの違いを解説! フリーメール アドレス 有料メール アドレス 使い捨てメール アドレス 利用料 無料 有料 無料 信頼性 利用期間 サービス終了まで 利用料を払っている間 1日〜1週間 フリーメールとは、字面の通り無料で使う事ができるメールアドレスのことです。 代表的なサービスとしてgmailやYahooメールなどが挙げられます。 同じくメールアドレスとして、有料メールアドレスや使い捨てメールアドレスがありますが、それぞれ表で示した様な違いがあります。 主な違いは信頼性で、有料メールはわざわざお金を払って契約して使っているため信頼性が高いです。 一方で、使い捨てアドレスは誰でも無料で簡単に作れる上に足が付かないので信頼性が低いです。 フリーメールアドレスは有料アドレスと使い捨てアドレスの良いとこ取りをしたようなアドレスで、ある程度の信頼性がある上に無料で長く使うことができます。 各ポイントごとにパートを区切って解説していくので是非参考にしてくださいね! ポイント1:容量の大きさ フリーメールアドレスの選び方1つ目のポイントは、メールボックスの容量です。 メール1通の容量は平均的に10kB程度です。 ファイルが添付されている場合は10MB〜25MBになることが多いです。 そのため、添付ファイル付きのメールが多い人は100通以上保存すると、ボックスの容量を1GB消費することになります。 メールが100通しか保存できないと考えると、ボックスの容量が1GBでは少し心もとないですよね? 最近では、フリーメールアドレスでもメールボックス容量が10GB以上のものが増えてきているので、 容量が10GB以上あるものを選ぶことをおすすめします。 ポイント2:ドメイン名 フリーメールアドレスの選び方2つ目のポイントは、ドメイン名です。 ドメイン名とは、メールアドレスの@以降の文字列のことです。 人にアドレスを伝えることを考えると、ドメイン名はなるべく短くてわかりやすい方が良いです。 例えば、Gmailの場合「@ジーメール」と言えば誰にでも伝わるのでとても便利ですよね・・・? 逆にoutlookなどは、「 アウトルック」といっても、ドメイン名が複数あるので伝わりません。 そのため、 なるべく短くてわかりやすいドメイン名フリーメールアドレスを選ぶと便利に使うことができます。 ポイント3:アプリの有無 フリーメールアドレスの選び方3つ目は、アプリの有無です。 フリーメールアドレスの中には、専用アプリがリリースされているアドレスが存在します。 専用アプリがあれば、メールボックスの管理がとても快適に行えるので便利です。 さらに、 専用アプリがある=企業が力を入れて運営しているフリーメールアドレスであると判断できます。 そのため、専用アプリがあるフリーメールアドレスはサービス終了となる可能性が低いアドレスであると考えられます。 フリーメールアドレスの一番のリスクは「サービス終了」なので、そのリスクを最低限に抑えることはとても大切です。 無料で作れるおすすめフリーメールアドレス15社一覧を比較! 容量 ドメイン スマホアプリ gmail 15GB gmail. com 有り Yahooメール 10GB yahoo. jp 有り AOLメール 無制限 aol. jp 無し iCloudメール 5GB icloud. com 無し Outlookメール (旧hotmail) 無制限 hotmail. com live. jp outlook. biglobe. jp 無し exciteメール 1GB excite. jp 無し YandexMail 10GB yandex. ru 有り tutanotaMail 1GB tutanota. com 有り ZohoMail 5GB zoho. com 有り vivaldiMail 5GB vivaldi. net 無し mail. com 2GB mail. com 有り protonMail 500MB protonmail. com 有り CookMail 無し cook. li 無制限 disrootMail 1GB disroot. org 無し 比較的日本人の利用者が多いフリーメールアドレス15種類を表で比較してみました…! 多くの人が気にする「容量」「ドメイン名」「アプリの有無」の3つのポイントで比較しています。 こうして比較してみると、各メールサービスの特徴がよくわかりますね!フリーメールの中で特にgmailが人気の理由も良く分かります。 今回の15社比較を参考に、容量やドメイン名から自分に合ったフリーメールサービスを選んで活用してみてくださいね…! 次のパートでは、15社比較した結果を元にオススメのフリーメールアドレスTOP5を紹介していきます。 【ランキングの基準】 今回は、多くの人が気にする 「容量」「ドメイン名」「アプリの有無」の3つのポイントを基準に、おすすめのフリーメールアドレスランキングを組みました…!その他、UIの使いやすさやウイルス対策の有無なども考慮に入れて比較しているので是非参考にしてください。 1位:gmail 開発元 Google 容量 15GB ドメイン gmail. com ウイルス対策 有り スマホアプリ 有り 添付ファイル 25MB 取得難易度 取得時間 3分 広告の有無 なし 有料プランの有無 あり 備考 — GmailはGoogleが提供するフリーメールサービスです。 Androidが普及した事などから今や誰もが知っているフリーメールサービスですよね。 Gmailの特徴は完全無料のサービスで何アカウントも作れる上に、UIが非常に見易く使いやすいことです。 また、日本国内であれば「@ジーメール」と伝えるだけでドメイン名が伝わるのもとても便利ですよね。 Gmailはやも可能で、機能性も高い点がポイントです。 専用のスマホアプリもリリースされており、性能・使いやすさ・容量のどれをとってもNo1フリーメールサービスと言えます! 2位:Yahooメール(ヤフーメール) 開発元 Yahoo 容量 10GB 有料プランは無制限) ドメイン Yahoo. jp ウイルス対策 有り スマホアプリ 有り 添付ファイル 25MB 取得難易度 取得時間 3分 広告の有無 あり 有料プランの有無 あり 備考 — YahooメールはYahooが提供するフリーメールサービスです。 おそらく日本で2番目に多く作られているフリーメールアドレスだと思います。 Yahooメールの特徴は、YahooBBやYahooプレミアムに登録していればメールボックスの容量が無制限になることです…! その他に関してはGmailと比べて若干劣るので、YahooBBやYahooプレミアムに登録している人におすすめできるフリーメールサービスです。 3位:AOLメール 開発元 AOL Asia Limited 容量 無制限 ドメイン aol. jp ウイルス対策 有り スマホアプリ 無し 添付ファイル 16MB 取得難易度 取得時間 3分 広告の有無 あり 有料プランの有無 あり 備考 米国のサービス(日本語対応) Aolメールは、一昔前に日本で流行ったフリーメールサービスです。 米国の会社が運営していますが日本語にも対応しています。 Aolメールの一番の特徴は、無料アカウントでもメールボックスの容量が無制限なところです…! 添付ファイルの容量や、UIの利便性などはGmail・Yahooメールに劣ります。 そのため、無料で容量無制限のメールボックスが使いたい人におすすめのサービスです。 4位:iCloudメール 開発元 Apple 容量 5GB ドメイン icloud. com ウイルス対策 有り スマホアプリ 無し 添付ファイル 5GB 取得難易度 取得時間 7分 広告の有無 なし 有料プランの有無 あり 備考 appleIDを作成する必要あり iCloudメールはAppleのAppleIDに紐付いたメールサービスです。 AppleIDを作る必要があるので作成は面倒ですが、 icloudを活用して5GB icloud容量を有料で増やせば無制限)までのファイルをメールに添付することができるのが特徴的です。 無駄な広告も無く使いやすいメールアドレスですし信頼性も高いので、普段からapple製品を使っている人には非常におすすめのメールアドレスです。 5位:Outlookメール 開発元 Microsoft 容量 無制限 ドメイン hotmail. com live. jp outlook. com ウイルス対策 有り スマホアプリ あり 添付ファイル 20MB 取得難易度 取得時間 5分 広告の有無 あり 有料プランの有無 あり 備考 — OutlookメールはMicrosoftが提供するメールサービスで、昔はHotmailとしてサービスが提供されていました。 SrfaceやXboxなどのマイクロソフト製製品を持っている人は、Outlookメールを所有しているかと思います。 icloudメールと同様に信頼性は高い上に容量無制限で使えますが、メールボックスに広告が表示されるためランキング5位となりました。 Microsoft製品を普段から活用している人は、Outlookメールをメインアドレスにすると便利なので活用すると良いでしょう! 仕事でもプライベートでもおすすめフリーメールアドレスはgmail Gmailは仕事にもプライベートにも使えるおすすめのNo1フリーメールアドレスです…! 優れたUIに、15GBまで保存できるメールボックス・専用のスマホアプリなど「無料で使っていいの?」と思ってしまう程優れたフリーメールアドレスと言えます。 また、アカウントが何個でも作成可能なので「仕事用」「プライベート用」などと複数のアドレスを作る事ができるのも魅力ですね。 一昔前までは「仕事にフリーメールアドレスなんてあり得ない」と考えられていましたが、最近では仕事でGmailのアドレスを使う人も増えてきたので全く問題ありません。 迷わず「gmail」のアイコンをクリックしてください。 すると、gmailのログイン用ページが表示されます。 画面右上の「アカウントを作成する」ボタンをクリックしましょう。 すると、アカウント作成用の画面に遷移します。 まずは「氏名」「ユーザー名」「パスワード」を求められるので入力しましょう。 ユーザー名はそのままメールアドレスになるので、後悔の無いユーザー名にしてください。 パスワードは忘れない物を入力しましょう! 入力が終わったら、画面下部の「次へ」ボタンをクリックします。 次に、本人確認ようの電話番号とパスワードを忘れたときに連絡するためのメールアドレス・生年月日・性別の入力を求められます。 電話番号はSMSが受け取れる携帯電話の番号が好ましいです。 国際電話識別番号が既に入力されているので、最初の0を省いて「90-0000-0000」の様に入力してください。 また、再設定用のメールアドレスは今使っているメールアドレスか身内のメールアドレスなど必ずいつでもアクセスできるアドレスを入力してください。 入力が終わったら、画面下部の「次へ」ボタンをクリックします。 次に、携帯電話番号を使った本人確認のステップです。 画面下部の「配信ボタン」を押すと、電話番号を入力した携帯電話にSMSが送信されてきます。 このような感じですね!届いたSMSの「G-」以降の番号を次のステップで使用します。 今回の場合は「716382」ですね! それでは、先ほど届いたSMSに書かれている番号を入力していきます。 このように、入力欄にG-以降の番号を入力できたら画面下部の「確認」ボタンをクリックしましょう。 すると「電話番号の活用」と言うステップに入ります。 この設定はメールアドレスを作成してからいくらでも変更できますし、ほとんど使わない機能です。 画面下部の「スキップ」ボタンを押して飛ばしてしまいましょう。 最後に、プライバシーポリシーと利用規約の確認を行います。 表示される文章に目を通せたら、画面最下部の「同意」ボタンを押しましょう。 こちらもチェックしてみてくださいね。 気になる点はチェックしてみてくださいね! Q1.フリーメールって安全なの?危険性は? A.Gmailなら間違いなく安全です。 危険性はないと言い切れるでしょう。 Gmailは大手のGoogleが運営しているフリーメールです。 安心してご利用ください。 Q2.iPhoneなどスマホでも使えるフリーメールはある? A.iPhoneでもGmailが使えるのでおすすめです! Gmailのアプリでも使えますし、iPhone標準のメールアプリにGmailを入れる事も可能です。 Q3.GMOのフリーメールはどうなの? A.GMOで提供しているのはフリーメールではなく、「freeml」というメーリングリストサービスです。 freemlは無料でメーリングリストが運営できたのですが、2019年12月2日にサービス終了となってしまいました…。 Q4.マイクロソフトのフリーメールはどうなの? A.マイクロソフトが提供しているフリーメールは「Outlook」です。 記事中で解説していますので、そちらをご覧ください。 Q5.捨てアドとして使えるおすすめの使い捨てメールはある? A.Gmailを捨てアドとして使っている方も多いです。 アカウント作成が少し面倒ですが、Gmailで問題ないかと思います。 もっと楽に作りたい場合、ドメイン名が怪しくなりますが「」などもおすすめです。 Q6.フリーメールソフトでおすすめは? A.「Thunderbird」や「Becky! 」はOutlookに近い使用感なのでおすすめです。 ブラウザ上で動作するGmailは外部メールを取り込む事も可能で、メールソフトとして使う事もできます。 メールソフトとして使う場合もGmailはおすすめできます! Q7.フリーメールが使えないことってある? A.2020年現在、フリーメールが使えない事はほとんどないでしょう。 会員情報の登録などにフリーメールが使えず、キャリアメール( softbank. jpなど)が必須なサイトも多かったのですが、2017年~2018年頃からフリーメールでも大丈夫なサイトが増えてきました。 2020年1月現在、よくあるサービスでフリーメールを使えないという事はないでしょう。 まとめ 今回紹介したこと• 日本語対応で使い物になるフリーメールアドレスは7種類しかない• 比較するときは「容量」「ドメイン名」「スマホアプリの有無」をチェック• おすすめフリーメールアドレス1位は「Gmail」• おすすめフリーメールアドレス2位は「Yahooメール」• おすすめフリーメールアドレス3位は「Aolメール」 今回の記事では、そもそもフリーメールアドレスとは何なのか?やおすすめのフリーメールアドレスTOP5! について紹介してきました。 記事作成のための調査の結果、比較的日本人が良く使っているフリーメールアドレスは15種類ありました。 その中でも、ほとんどの人がGmailを活用しているのが実情です。 15種類のフリーメールアドレスを比較した結果も、 最もおすすめできるフリーメールアドレスはGmailでした。 フリーメールアドレス選びに迷ったら、とりあえずGmailを選んでおけば失敗することは無いと言えそうです!.

次の

おすすめのメーラーはどれ? あなたに向いているメーラーの選び方

おすすめ メーラー

こんにちは、「」編集部のダイゴです。 無料で作れて便利なフリーメールアドレスですが、「有料のメールとは何が違うの?」「フリーメールって結局何を作れば良いの?」などなど便利だからこそ迷ってしまうことがありますよね! メールアドレスは一度作ったら長く使う物ですし、作り替えるのも手間ですから、しっかりと調べて納得できるところでフリーメールアドレスを作りたいという人は多いと思います。 そこで今回の記事では、 人気のフリーメールアドレス15個を徹底比較した上で「フリーメールアドレスと有料アドレスの違い」や「おすすめのフリーメールアドレスTOP5! 」などについて紹介していきます。 フリーメールに関して迷っていることがあるようでしたら必ず参考になります。 少しでも目を通していただければ幸いです。 そもそもフリーメールアドレスとは?有料や使い捨てとの違いを解説! フリーメール アドレス 有料メール アドレス 使い捨てメール アドレス 利用料 無料 有料 無料 信頼性 利用期間 サービス終了まで 利用料を払っている間 1日〜1週間 フリーメールとは、字面の通り無料で使う事ができるメールアドレスのことです。 代表的なサービスとしてgmailやYahooメールなどが挙げられます。 同じくメールアドレスとして、有料メールアドレスや使い捨てメールアドレスがありますが、それぞれ表で示した様な違いがあります。 主な違いは信頼性で、有料メールはわざわざお金を払って契約して使っているため信頼性が高いです。 一方で、使い捨てアドレスは誰でも無料で簡単に作れる上に足が付かないので信頼性が低いです。 フリーメールアドレスは有料アドレスと使い捨てアドレスの良いとこ取りをしたようなアドレスで、ある程度の信頼性がある上に無料で長く使うことができます。 各ポイントごとにパートを区切って解説していくので是非参考にしてくださいね! ポイント1:容量の大きさ フリーメールアドレスの選び方1つ目のポイントは、メールボックスの容量です。 メール1通の容量は平均的に10kB程度です。 ファイルが添付されている場合は10MB〜25MBになることが多いです。 そのため、添付ファイル付きのメールが多い人は100通以上保存すると、ボックスの容量を1GB消費することになります。 メールが100通しか保存できないと考えると、ボックスの容量が1GBでは少し心もとないですよね? 最近では、フリーメールアドレスでもメールボックス容量が10GB以上のものが増えてきているので、 容量が10GB以上あるものを選ぶことをおすすめします。 ポイント2:ドメイン名 フリーメールアドレスの選び方2つ目のポイントは、ドメイン名です。 ドメイン名とは、メールアドレスの@以降の文字列のことです。 人にアドレスを伝えることを考えると、ドメイン名はなるべく短くてわかりやすい方が良いです。 例えば、Gmailの場合「@ジーメール」と言えば誰にでも伝わるのでとても便利ですよね・・・? 逆にoutlookなどは、「 アウトルック」といっても、ドメイン名が複数あるので伝わりません。 そのため、 なるべく短くてわかりやすいドメイン名フリーメールアドレスを選ぶと便利に使うことができます。 ポイント3:アプリの有無 フリーメールアドレスの選び方3つ目は、アプリの有無です。 フリーメールアドレスの中には、専用アプリがリリースされているアドレスが存在します。 専用アプリがあれば、メールボックスの管理がとても快適に行えるので便利です。 さらに、 専用アプリがある=企業が力を入れて運営しているフリーメールアドレスであると判断できます。 そのため、専用アプリがあるフリーメールアドレスはサービス終了となる可能性が低いアドレスであると考えられます。 フリーメールアドレスの一番のリスクは「サービス終了」なので、そのリスクを最低限に抑えることはとても大切です。 無料で作れるおすすめフリーメールアドレス15社一覧を比較! 容量 ドメイン スマホアプリ gmail 15GB gmail. com 有り Yahooメール 10GB yahoo. jp 有り AOLメール 無制限 aol. jp 無し iCloudメール 5GB icloud. com 無し Outlookメール (旧hotmail) 無制限 hotmail. com live. jp outlook. biglobe. jp 無し exciteメール 1GB excite. jp 無し YandexMail 10GB yandex. ru 有り tutanotaMail 1GB tutanota. com 有り ZohoMail 5GB zoho. com 有り vivaldiMail 5GB vivaldi. net 無し mail. com 2GB mail. com 有り protonMail 500MB protonmail. com 有り CookMail 無し cook. li 無制限 disrootMail 1GB disroot. org 無し 比較的日本人の利用者が多いフリーメールアドレス15種類を表で比較してみました…! 多くの人が気にする「容量」「ドメイン名」「アプリの有無」の3つのポイントで比較しています。 こうして比較してみると、各メールサービスの特徴がよくわかりますね!フリーメールの中で特にgmailが人気の理由も良く分かります。 今回の15社比較を参考に、容量やドメイン名から自分に合ったフリーメールサービスを選んで活用してみてくださいね…! 次のパートでは、15社比較した結果を元にオススメのフリーメールアドレスTOP5を紹介していきます。 【ランキングの基準】 今回は、多くの人が気にする 「容量」「ドメイン名」「アプリの有無」の3つのポイントを基準に、おすすめのフリーメールアドレスランキングを組みました…!その他、UIの使いやすさやウイルス対策の有無なども考慮に入れて比較しているので是非参考にしてください。 1位:gmail 開発元 Google 容量 15GB ドメイン gmail. com ウイルス対策 有り スマホアプリ 有り 添付ファイル 25MB 取得難易度 取得時間 3分 広告の有無 なし 有料プランの有無 あり 備考 — GmailはGoogleが提供するフリーメールサービスです。 Androidが普及した事などから今や誰もが知っているフリーメールサービスですよね。 Gmailの特徴は完全無料のサービスで何アカウントも作れる上に、UIが非常に見易く使いやすいことです。 また、日本国内であれば「@ジーメール」と伝えるだけでドメイン名が伝わるのもとても便利ですよね。 Gmailはやも可能で、機能性も高い点がポイントです。 専用のスマホアプリもリリースされており、性能・使いやすさ・容量のどれをとってもNo1フリーメールサービスと言えます! 2位:Yahooメール(ヤフーメール) 開発元 Yahoo 容量 10GB 有料プランは無制限) ドメイン Yahoo. jp ウイルス対策 有り スマホアプリ 有り 添付ファイル 25MB 取得難易度 取得時間 3分 広告の有無 あり 有料プランの有無 あり 備考 — YahooメールはYahooが提供するフリーメールサービスです。 おそらく日本で2番目に多く作られているフリーメールアドレスだと思います。 Yahooメールの特徴は、YahooBBやYahooプレミアムに登録していればメールボックスの容量が無制限になることです…! その他に関してはGmailと比べて若干劣るので、YahooBBやYahooプレミアムに登録している人におすすめできるフリーメールサービスです。 3位:AOLメール 開発元 AOL Asia Limited 容量 無制限 ドメイン aol. jp ウイルス対策 有り スマホアプリ 無し 添付ファイル 16MB 取得難易度 取得時間 3分 広告の有無 あり 有料プランの有無 あり 備考 米国のサービス(日本語対応) Aolメールは、一昔前に日本で流行ったフリーメールサービスです。 米国の会社が運営していますが日本語にも対応しています。 Aolメールの一番の特徴は、無料アカウントでもメールボックスの容量が無制限なところです…! 添付ファイルの容量や、UIの利便性などはGmail・Yahooメールに劣ります。 そのため、無料で容量無制限のメールボックスが使いたい人におすすめのサービスです。 4位:iCloudメール 開発元 Apple 容量 5GB ドメイン icloud. com ウイルス対策 有り スマホアプリ 無し 添付ファイル 5GB 取得難易度 取得時間 7分 広告の有無 なし 有料プランの有無 あり 備考 appleIDを作成する必要あり iCloudメールはAppleのAppleIDに紐付いたメールサービスです。 AppleIDを作る必要があるので作成は面倒ですが、 icloudを活用して5GB icloud容量を有料で増やせば無制限)までのファイルをメールに添付することができるのが特徴的です。 無駄な広告も無く使いやすいメールアドレスですし信頼性も高いので、普段からapple製品を使っている人には非常におすすめのメールアドレスです。 5位:Outlookメール 開発元 Microsoft 容量 無制限 ドメイン hotmail. com live. jp outlook. com ウイルス対策 有り スマホアプリ あり 添付ファイル 20MB 取得難易度 取得時間 5分 広告の有無 あり 有料プランの有無 あり 備考 — OutlookメールはMicrosoftが提供するメールサービスで、昔はHotmailとしてサービスが提供されていました。 SrfaceやXboxなどのマイクロソフト製製品を持っている人は、Outlookメールを所有しているかと思います。 icloudメールと同様に信頼性は高い上に容量無制限で使えますが、メールボックスに広告が表示されるためランキング5位となりました。 Microsoft製品を普段から活用している人は、Outlookメールをメインアドレスにすると便利なので活用すると良いでしょう! 仕事でもプライベートでもおすすめフリーメールアドレスはgmail Gmailは仕事にもプライベートにも使えるおすすめのNo1フリーメールアドレスです…! 優れたUIに、15GBまで保存できるメールボックス・専用のスマホアプリなど「無料で使っていいの?」と思ってしまう程優れたフリーメールアドレスと言えます。 また、アカウントが何個でも作成可能なので「仕事用」「プライベート用」などと複数のアドレスを作る事ができるのも魅力ですね。 一昔前までは「仕事にフリーメールアドレスなんてあり得ない」と考えられていましたが、最近では仕事でGmailのアドレスを使う人も増えてきたので全く問題ありません。 迷わず「gmail」のアイコンをクリックしてください。 すると、gmailのログイン用ページが表示されます。 画面右上の「アカウントを作成する」ボタンをクリックしましょう。 すると、アカウント作成用の画面に遷移します。 まずは「氏名」「ユーザー名」「パスワード」を求められるので入力しましょう。 ユーザー名はそのままメールアドレスになるので、後悔の無いユーザー名にしてください。 パスワードは忘れない物を入力しましょう! 入力が終わったら、画面下部の「次へ」ボタンをクリックします。 次に、本人確認ようの電話番号とパスワードを忘れたときに連絡するためのメールアドレス・生年月日・性別の入力を求められます。 電話番号はSMSが受け取れる携帯電話の番号が好ましいです。 国際電話識別番号が既に入力されているので、最初の0を省いて「90-0000-0000」の様に入力してください。 また、再設定用のメールアドレスは今使っているメールアドレスか身内のメールアドレスなど必ずいつでもアクセスできるアドレスを入力してください。 入力が終わったら、画面下部の「次へ」ボタンをクリックします。 次に、携帯電話番号を使った本人確認のステップです。 画面下部の「配信ボタン」を押すと、電話番号を入力した携帯電話にSMSが送信されてきます。 このような感じですね!届いたSMSの「G-」以降の番号を次のステップで使用します。 今回の場合は「716382」ですね! それでは、先ほど届いたSMSに書かれている番号を入力していきます。 このように、入力欄にG-以降の番号を入力できたら画面下部の「確認」ボタンをクリックしましょう。 すると「電話番号の活用」と言うステップに入ります。 この設定はメールアドレスを作成してからいくらでも変更できますし、ほとんど使わない機能です。 画面下部の「スキップ」ボタンを押して飛ばしてしまいましょう。 最後に、プライバシーポリシーと利用規約の確認を行います。 表示される文章に目を通せたら、画面最下部の「同意」ボタンを押しましょう。 こちらもチェックしてみてくださいね。 気になる点はチェックしてみてくださいね! Q1.フリーメールって安全なの?危険性は? A.Gmailなら間違いなく安全です。 危険性はないと言い切れるでしょう。 Gmailは大手のGoogleが運営しているフリーメールです。 安心してご利用ください。 Q2.iPhoneなどスマホでも使えるフリーメールはある? A.iPhoneでもGmailが使えるのでおすすめです! Gmailのアプリでも使えますし、iPhone標準のメールアプリにGmailを入れる事も可能です。 Q3.GMOのフリーメールはどうなの? A.GMOで提供しているのはフリーメールではなく、「freeml」というメーリングリストサービスです。 freemlは無料でメーリングリストが運営できたのですが、2019年12月2日にサービス終了となってしまいました…。 Q4.マイクロソフトのフリーメールはどうなの? A.マイクロソフトが提供しているフリーメールは「Outlook」です。 記事中で解説していますので、そちらをご覧ください。 Q5.捨てアドとして使えるおすすめの使い捨てメールはある? A.Gmailを捨てアドとして使っている方も多いです。 アカウント作成が少し面倒ですが、Gmailで問題ないかと思います。 もっと楽に作りたい場合、ドメイン名が怪しくなりますが「」などもおすすめです。 Q6.フリーメールソフトでおすすめは? A.「Thunderbird」や「Becky! 」はOutlookに近い使用感なのでおすすめです。 ブラウザ上で動作するGmailは外部メールを取り込む事も可能で、メールソフトとして使う事もできます。 メールソフトとして使う場合もGmailはおすすめできます! Q7.フリーメールが使えないことってある? A.2020年現在、フリーメールが使えない事はほとんどないでしょう。 会員情報の登録などにフリーメールが使えず、キャリアメール( softbank. jpなど)が必須なサイトも多かったのですが、2017年~2018年頃からフリーメールでも大丈夫なサイトが増えてきました。 2020年1月現在、よくあるサービスでフリーメールを使えないという事はないでしょう。 まとめ 今回紹介したこと• 日本語対応で使い物になるフリーメールアドレスは7種類しかない• 比較するときは「容量」「ドメイン名」「スマホアプリの有無」をチェック• おすすめフリーメールアドレス1位は「Gmail」• おすすめフリーメールアドレス2位は「Yahooメール」• おすすめフリーメールアドレス3位は「Aolメール」 今回の記事では、そもそもフリーメールアドレスとは何なのか?やおすすめのフリーメールアドレスTOP5! について紹介してきました。 記事作成のための調査の結果、比較的日本人が良く使っているフリーメールアドレスは15種類ありました。 その中でも、ほとんどの人がGmailを活用しているのが実情です。 15種類のフリーメールアドレスを比較した結果も、 最もおすすめできるフリーメールアドレスはGmailでした。 フリーメールアドレス選びに迷ったら、とりあえずGmailを選んでおけば失敗することは無いと言えそうです!.

次の

会社のメーラー、何を使ってる?

おすすめ メーラー

メーラーとは? メーラーとは、パソコンや携帯電話を用いてメールを送受信する際に使うソフトことで 「メールソフト」とも呼ばれています。 単純にメールを送ったり受け取ったりするだけでなく、 メールを保存したり、アドレスを登録する、受信したメールを転送するといった基本機能も備えており、グルーピング機能・画面のカスタマイズ機能などの機能を備えているメーラーもあります。 ビジネスシーンでおすすめのメーラーは? 「ビジネスメール実態調査2018」によると、ビジネスシーンでのメーラーシェア率はGmail(G Suiteを含む)』が38. そして、『iPhone(iPad)のメールソフト』が10. メール』が10. 使いやすさや機能性が優れているのは、先ほどご紹介した調査の結果からも読み取れるでしょう。 OutlookはWindowsを使ってる人にとっては馴染み深く、使い慣れている人も多いため、Gmailとあわせて人気が高いです。 メーラーとwebメールの違い メーラーとwebメールは、一見あまり差がないように見えますが、実は大きな違いがあります。 それぞれの特徴を紹介していきながら、違いを説明していきます。 メーラーは、パソコンや携帯電話の 端末にソフトを入れることで使用できるものです。 しかし、設定を行った端末でのみでしか利用できないため、複数の端末で使用することが出来ない上に、メーラーを設定している端末を持ち運ばなければ使うことが出来ません。 対してwebメールは、パソコンや携帯電話をインターネットに接続することにより、 ブラウザ上で使用できるものです。 インターネットが使える環境であれば、簡単にメールチェックができ、自宅以外のパソコンや携帯電話でもメールにアクセス出来ます。 一方でインターネットが使えない状況下だと、メールにアクセス出来ないのがデメリットです。 また、保存期限という点でも、サービスによっては制限されている場合があり、保存期限を過ぎると見ることが出来なくなります。 それでは実際にビジネスシーンにおけるおすすめのメーラーをいくつか紹介し来ます。 Gmail 「ビジネスメール実態調査2018」において、仕事で利用しているメールソフト第一位のGmail。 Gmailはメーラーでなく、 ブラウザ上で無料で使えるwebメールです。 パソコン・携帯電話の両方で使用することができます。 メールの基本的な機能である、メールの送受信、画像・動画・その他ファイルの添付・受信メール転送・メールの仕分け・迷惑メールフィルターを備えています。 特に、迷惑メールフィルター機能は、Webメールでありながら、その他のメーラーに比べても非常に優れています。 また、Gmailでは受信メールにラベルをつけることが出来、 メールをグループ分けして管理することができます。 GmailはWebメールではありますが、 シェア率が高く高機能なGmailをビジネスで利用するのも一つの選択肢としてありかもしれません。 なお、Gmailには 多くの機能があり、それらを使いこなすと メール業務が格段に楽になります。 特におすすめしたい機能を資料形式でご紹介していますのでぜひお役立てください。 Outlook Microsoft社が運営している有料のメールソフトであり、webブラウザ・スマホアプリの両方でメールすることができます。 メールのフォルダの管理の簡単さと、 複数のアカウントで利用できることが特徴です。 また、Outlookの仕分け機能には、メール、予定表のイベント、タスクなどの各アイテムに分類項目を割り当てることができる機能が搭載されています。 それぞれの対象にカテゴリを割り当てられるので、様々な形で分類することが可能です。 分類項目に色付けすることで、視覚的にわかりやすくすることができるのも、Outlookの仕分け機能の強みです。 他のソフトウェアやアプリケーションとの 互換性も高いため、ビジネス用途にかなり適していることも特徴の一つと言えます。 eM Client eM Clientは有料のメールソフトで、名前こそあまり有名ではないですが、とても便利なソフトです。 メールソフトは複数のアカウントを入れると重くなる場合がありますが、eM Clientは 複数のアカウントを入れても重くならりづらいというのが最大のポイントです。 メール検索をする際に、メール履歴だけでなく 添付ファイル履歴から探すことが出来るため、高速でメールを探すことが出来るのも強みです。 30日間は無料で試すことが出来るため、「有料版を買ったのに、あまり役に立たなかった」という失敗も防ぐことができます。 Thunderbird Mozilla社によって提供されているThunderbirdは、無料で利用することが出来るメールソフトで、ブラウザのFirefoxと似ているため、Firefox愛用者にとって非常に使いやすい作りになっています。 Firefoxと同じく、Thunderbirdにも 豊富なアドオン(拡張機能)が備わっており、好みに合わせてカスタマイズ出来ることが最大の特徴です。 また、利用ユーザーが多いため、Thunderbirdの情報を手に入れやすいという点もメリットです。 Sylpheed Sylpheed はシンプルで直感的なUIと軽快な動作が特徴の無料メールソフトです。 Sylpheedは複数の異なる仕様の機種やOSで同じように動作させるマルチプラットフォームのメールソフトです。 マルチプラットフォーム型のメールソフトは動作が重くなりがちですが、Sylpheedなら、スペックが低いPCでも動作が軽快で問題なく利用できます。 また、Sylpheedは1メールを1ファイルとして保存する特徴があり、障害時やウィルス感染時に被害を最小で留めることができます。 用途によっては有料のメーラーもおすすめ ビジネスでメールのやりとりをする際には、無料のメーラーよりも有料のメーラーの方が良い場合があります。 特に、膨大な量のメール扱う場合や、機密性の高い情報をメールでやりとりする場合は、より高機能なメーラーを使うことが推奨されます。 有料メーラーのメリット 有料メーラーは、「 機能面・セキュリティ面・サポートの面」などで無料のメーラーより優れています。 無料のメーラーは保存容量があまり多くないのに対し、有料のメーラーは大容量のストレージを備えています。 多数のメールの送受信を行う場合でも、ストレージ容量の関係でメールを受信出来ないといった問題を防ぐことが出来るでしょう。 また、有料メーラーは、フォルダ分けや複数アカウントの管理、仕分けルールの設定などのカスタマイズが制限なくできます。 無料メーラーでもカスタマイズはできますが、アカウント数の制限などがあり、カスタマイズの柔軟性は有料版に比べて劣ります。 セキュリティ面では、無料のメーラーもパスワード認証といった対策が行われていますが、有料のメーラーではウィルスメールやスパムメール対策が充実しており、より高度なセキュリティ対策が施されています。 また、無料のメーラーは広告が頻繁に表示されることがありますが、有料のメーラーでは広告やポップアップは一切表示されません。 広告によるストレスなく快適に作業することができます。 まとめ この記事ではビジネスにおいてよく使われるメーラー、webメールとメーラーの違い、そして有料メーラーのメリットについて説明してきました。 メーラーは種類が様々であり、より効率的に業務を進めていくために、自社に最も合ったメーラー選びをする必要があります。 有料のメーラーには無料のメーラーではカバーしきれない強みがあります。 ビジネスの規模や内容によっては、有料のメーラーを選ぶことで効率的に業務を進めることが可能になります。

次の