女性放送事故。 女子アナ 放送事故ハプニング集

ミヤネ屋で危険な放送事故発生。女性リポーターが殴られる寸前、一般人乱入ハプニングが物議。画像あり

女性放送事故

(C)まいじつ 一気に気温が高まり、列島各地で夏の足音が近づいた6月15日、お茶の間に衝撃が走った。 『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、本物の放送事故が起きたのだ。 問題のシーンが訪れたのは、大阪のスタジオと東京・新宿を中継で結んだときだった。 放送前日、東京都では新たに47人の新型コロナウイルス感染が確認されるなど、一度は落ち着いたかに見えた感染が再び増加傾向に。 特に、歌舞伎町ではホストクラブによる集団感染が見られていたため、番組は現地にリポーターを派遣して状況を伝えていた。 リポーターは歌舞伎町の入口付近にあるスクランブル交差点に立ち、現地の状況や周辺店舗にインタビューした話をリポート。 男は手を伸ばしてリポーターをたたこうとしたが、華麗にかわしたため暴力シーンが映る最悪の事態は回避。 身の危険を感じたのか、その後のリポーターは立ち位置を変えながら話を続けていくも、画面外では引き続き男の奇声が上がっていた。 中継打ち切り、スタジオも重苦しい空気に 異常を感じた宮根誠司は「大丈夫?」と声を掛けたが、リポーターは困惑しながらも「日曜日はですね、人手が…」とリポートを続行。 しかし、男は相変わらず「日曜日!? 」などと叫び続け、ここで映像は打ち切られる形でスタジオに戻ってしまった。 宮根は「え?何? 文句言われたの…?」と戦慄した表情になり、スタジオにも深刻そうな重苦しい空気が。 スタジオのアナウンサーからは「また(中継を)できそうになったらつなぎますね」との説明があったものの、その後に中継が再開されることなく放送が終了した。 昼下がりに起きた衝撃の光景に、スタジオのみならず視聴者も恐怖を抱いたよう。 ネット上には、 《大通り信号無視して、渡った先の人を殴るとか無茶苦茶過ぎるだろ》 《殴られてる? 女子アナは大丈夫なんだろうか?》 《こんな危険人物野放しにしておいてほしくない》 《何より怖いのがこのひとガッチガチの赤信号を華麗に渡ってきてる…》 《傷害未遂やろこんなん》 《放送事故じゃなくて放送事件》 などの声が上がり、大きな話題となった。 新宿に潜んでいる危険は、感染リスクだけではなさそうだ。

次の

【ミヤネ屋の放送事故】その後は?女性リポーターを襲った男

女性放送事故

平成がもうすぐ終わりますね。 平成を振り返る時、やはりTV番組は外せないかと思います。 その中でも、思い出してみてください。 「最悪」と、ついつぶやきたくなるような放送事故、忘れられないほどの衝撃的な放送事故があったのではないでしょうか。 そこで今回は、平成史上最悪だと思うTVの放送事故について、10代~40代の男女を対象にアンケート調査を行い、結果をもとにランキング化してみました。 3つ以内でお選びください。 0% 1位:菊間千乃アナウンサー転落事故(生放送中、避難器具の体験リポートを行っていた菊間アナがマンション5階から落下し大ケガを負った) 37. 0% 3位:生放送中、女尻相撲に参加させられたアナウンサーが頭から水田に落ち全身麻痺 34. 0% 4位:セシウムさん事件(東海テレビ「ぴーかんテレビ」で「怪しいお米 セシウムさん」などの不適切内容が放送された事故) 21. 0% 5位:平野レミがNHKで「チン汁」連呼 視聴者「放送事故」と称賛、話題のツイート1位 9. 0% 6位:くまモンが番組で座ろうとした共演者の椅子を引いて腰を強打させ、熱いそばもかかった 8. 0% 6位:ヒルナンデス!で、街頭生中継に男が乱入し男は「どうもどうも」と言いながら、サバンナ高橋に抱きついた 8. 0% 8位:アニメSchool Daysの最終回が予告なく打ち切りになった 7. 0% 8位:苗山事件(NHKで放送中電話でインタビューしていた苗山さんの音声が途中で途切れ、復活したときには別人のような声になっていた) 7. 0% 8位:24時間テレビで登山に挑戦する少女を中継中、母親の話を遮るように画面が切り替わった 7. 福岡の大濠公園で生中継中に、水死体が映ってしまう、というあり得ないことが起こりました。 スタッフがすぐにスタジオに戻したため、長時間放送されることは防げたようですが、もちろん気づいた視聴者もいて、話題は広まったようです。 しかし、その証拠映像がない、という現状があり、またウィキペディアにも記載はされていません。 ネットで動画をアップする方がいても、いち早く消すよう訴えているから、など、さまざまな理由が推測されていますが、真実は不明のままです。 その生放送が行われた番組は、今でも人気の「めざましテレビ」です。 当時放送されていたコーナーの「それいけ!キクマ」の中で、ビルから降りるための避難器具の紹介を、ご自身の体験リポートで伝えるという内容が放送されていました。 実際に器具を装着し、降りるために手を離して落下した際、ロープが外れてしまい、5階から下のマットに叩きつけられ、肺に挫傷を負うなど全治3か月の重傷という事故となってしまいました。 下にマットがある状態でその重傷。 事故の激しさが想像できますよね。 2008年、高千穂町の尻相撲大会の生中継中、柳田アナウンサーが土俵にあげられ、お尻とお尻をぶつけ合い、盛り上がりました。 そんな中、柳田アナウンサーが足を滑らせた瞬間、頭から落ちてそのまま動かなくなるという状況になってしまいました。 しかし、スタジオは冗談と思い、面白おかしく話をして盛り上がっていたようです。 車椅子に乗れたら万々歳」と言われたようです。 ただ、最悪というには面白いものもあるような……。 テレビ番組の制作側は、さまざまなことを想定して作られているのは当然かと思います。 最悪なことは起きてほしくない、それはもちろんですが、自分たちの想像する最悪を超える最悪が起きてしまうこともあると、制作側はもちろん、視聴者も了承した上で、「作る」と「観る」が成り立つと良いのではないでしょうか。 HORANE調べ 2019年1月 調査対象:10~40代の男女 更新日:2019年4月5日 提供元:.

次の

『ミヤネ屋』で放送事故! 女性リポーターに中年男性が絡みだし…

女性放送事故

新型コロナウイルスの感染が再び拡大しつつある新宿の繁華街から中継していた東ふきリポーターを突然のアクシデントが襲った。 スクランブル交差点を背にしながらカメラを向いている最中、東リポーターの背後には赤信号の大通りを物々しく渡り、取材陣の方へ一目散に近づいてくる男の姿が見え、すぐに一触即発の空気に。 男は東リポーターの顔付近に手を振り上げるような動きをすると、その後も何かを訴えながら執拗に取材を妨害。 カメラマンもアングルを変えて男が映らないように配慮したが、乱入行為は続き、カメラが揺れるシーンも見てとれた。 すぐに歌舞伎町からの中継映像は中断され、MCの宮根誠司もスタジオから心配そうに「大丈夫?なに?文句言われたの?」とコメントしたが、アシスタントの林マオアナウンサーも詳しい状況については分からずじまい。 スタジオに困惑した空気が流れていた。 ネットではその後のリポーターやスタッフの安否を心配する声が殺到していたが、読売テレビ総合広報部の発表によれば、不審な男はすぐに現場から立ち去り、取材陣に実害もなかったため、警察に通報することはしなかったという。 また、当時の同番組による取材も普段通りに正規の方法で行っていたとし、男が何をしたかったのかなどは分からない状況だとしている。 「映像を確認すると、男は酔っているのかと思わせるほど、若干ふらふらと歩くような様子であり、東リポーターの顔付近に振り回した手も何かを掴み取ろうとするような不審なものでした。 いずれにしても刃物や武器になるようなものではなく、東リポーターに万一の事が起こらなかったことは幸いです。 しかし、ネットでは、東リポーターに近付こうとするこの不審な男を、その場にいたはずの他のスタッフが誰もすぐに止めようとしなかった点に注目が集まり、『もう少し早く中継スタッフが助けに行かないとダメです。 ひとつ間違えたら女性リポーターは大怪我してたかもしれません』『カメラの後ろにいる人は何をやってたんだろう…?』『中継どうのこうのよりもリポーターをちゃんと守ってあげてほしい』との声が。 また、現場からすぐに去って行ったという男性には詳しく事情を聞くべきだったとの指摘も出ています」(テレビ誌ライター) 関連ニュース 「ミヤネ屋」中継で男に乱入された女性リポーター、実は全く気づかず…「ビックリ」.

次の