ご 都合 の よろしい 日時。 【日程調整・打ち合わせの変更】状況別のメール例文から見る正しい書き方とマナーとは

【1日1分1フレーズ!アメリカン雑談集】「ご都合の良い日時を教えてください」

ご 都合 の よろしい 日時

都合の良い時間を伺う場合は 「Time」、曜日は「Day」を使いましょう。 「What」の代わりに「When」を使ってもOKです。 (都合の良い日時を教えてください) ・What time would best for you? (都合の良い時間を教えてください) ・What day would be best for you? 」もカジュアルで使いやすい都合の聞き方です。 」だけです。 ・Please let me know what time and day is convenient for you. (都合の良い日時を教えてください) B: How about tomorrow at 2? (明日の2時は如何でしょうか?) A: Please let me know what time is convenient for you. (ご都合の良い時間を教えてください) B: I can drop by at 5. 「英語学習はしたいんだけど、中々時間が・・・」と悩んでいる方に、ぴったりのメルマガです。

次の

「都合の良い日」に関連した英語例文の一覧と使い方

ご 都合 の よろしい 日時

Asking for someone's availability is a great way to see all your options compared to their schedule to arrange a meeting. This is a polite and professional way to arrange a meeting, that also sounds very accommodating. To "look into" something means that you will spend time to find out information. It also tells them that you need to look at two schedules, yours and theirs. So if someone is demanding a time that you are not available for, this language politely informs them that you need to consider when you are available as well. "Could you kindly tell me as soon as possible when you would be available for a meeting? " This is a great formal phrase to use every day, during business and other situations. The addition of "could you kindly" makes this a very polite and respectful sentence. "Kindly" asking someone to do something is always a wonderful way to add politeness to a sentence, especially in business. This phrase, however, does not specify directly that you are asking for a date and time for the meeting, but it is implied. Adding "as soon as possible" lets the person you are speaking to know that it is important that they get back to you quickly. Example: You: "Could you kindly tell me as soon as possible when you would be available for a meeting? " Branch Manager: "Absolutely. I will have my secretary check my schedule and contact you within the hour. " "Will you kindly give me the date and time you are available for a meeting? " This is also a great formal phrase to use, and it is similar to the last one. The biggest difference here is that you are explicitly asking for a date and time, and leaving no room for misinterpretation. Again, the addition of "will you kindly" makes this a very polite sentence appropriate for business. Example: You: "Will you kindly give me the date and time you are available for a meeting? " Business Partner: "Gladly. Give me a moment to check my schedule. I have an opening on Tuesday at 4 o'clock. Will that work for you, Sir? " "Would you possibly be able to tell me a convenient time for us to meet? " This is a slightly less formal phrase you can use to ask someone about what time would be good to meet. You could still use this in business, but this would be something you would use with a business partner or other business associate you are more familiar with. "Would you possibly" implies some degree of familiarity, and doesn't express the utmost politeness. However, it is still considered polite. If you are speaking this phrase instead of using it in an email, be sure to use a cheerful tone of voice. If used in an annoyed or upset tone, this sentence can be considered rude in some cases. Example: You: "Would you possibly be able to tell me a convenient time for us to meet? " Business Associate: "Yes, of course! Hold on one moment and I'll check my schedule. " "Could you kindly tell me as soon as possible when you would be available for a meeting? " (打ち合わせはいつが都合がいいか教えて頂けますか?) これはビジネスシーンなどで日常的によく使われる素晴らしくフォーマルな表現になります。 この"could you kindly"を付け足すことによって丁寧でしかも尊敬する表現になります。 特にビジネス上では,誰かに何かをお願いする時にこの"Kindly"を使うと素晴らしく丁寧なで尊敬する表現になります。 しかし、このフレーズは打ち合わせの日時を明確には尋ねていません。 ただ、少しほのめかしているだけです。 "as soon as possible"を付ける事によって、できるだけ迅速な回答が重要だという事を伝えることが出来ます。 【例】 You: "Could you kindly tell me as soon as possible when you would be available for a meeting? " (あなた:打ち合わせにご都合がいいはいつか教えて頂けますか? Branch Manager: "Absolutely. I will have my secretary check my schedule and contact you within the hour. " (支店長:もちろろん!秘書に確認させて正時までには知らせるよ) "Will you kindly give me the date and time you are available for a meeting? " (打ち合わせに都合がいい日時を教えて頂けますか?) これもまた、素晴らしくフォーマルに使う表現です。 そして、先の表現とよく似ています。 一番大きな違いは、 ここでは間違って誤解することなく、日時をはっきりと尋ねているところです。 この場合も先と同様に "will you kindly"を付けてビジネスにふさわしいようにてても丁寧な表現にしましょう。 【例】 You: "Will you kindly give me the date and time you are available for a meeting? " (あなた:打ち合わせに都合がいい日時を教えて頂けますか?) Business Partner: "Gladly. Give me a moment to check my schedule. I have an opening on Tuesday at 4 o'clock. Will that work for you, Sir? " (仕事のパートナー:喜んで!ちょっと予定を確認するので時間を少しください。 火曜日の4時が空いています、そちらのご都合はどうでしょうか?) "Would you possibly be able to tell me a convenient time for us to meet? " (打ち合わせに都合のいい時を教えてもらえますか?) これはそれほどフォーマルではない表現です。 会合するのにいつが都合がいいか尋ねる表現になります。 ビジネス上でも使うことは出来ますが、仕事のパートナーや仕事関係者などの親しい間柄に使う方がいいでしょう。 "Would you possibly"とはある程度の親密さを 示し、最高の丁寧さは表現されていません。 ですが、比較的丁寧だと考えられます。 このフレーズをメールなどで使用する代わりに話す場合は、声に愉快なトーンで話しましょう。 もし、怒ったような、むっとしたような声のトーンで話すと、失礼に値することがあります。 【例】 You: "Would you possibly be able to tell me a convenient time for us to meet? " (あなた:打ち合わせに都合のいい時を教えてもらえますか?) Business Associate: "Yes, of course! Hold on one moment and I'll check my schedule. " (仕事仲間:もちろん!ちょっと待って、予定を確認するから) Most business men keep a strict diary or appointment book... There are slots and times that are marked as " available"... IE free to be filled. So when we need to gather information on potential dates... We just need to ask: "what is your availability? "We really need to finalise the contract details, what is your availability for a buiness meeting? " 多くのビジネスマンは、きちんと予定を管理していて、人と会う約束があります。 " available"(空いている)と書かれている時間枠や時間があります。 ですから、会う可能性のある日の情報を集める必要がある時は、"what is your availability? (予定はどうですか)とだけ聞く必要があります。 例文 "We really need to finalise the contract details, what is your availability for a buiness meeting? " 契約の詳細を決定しなければいけません、ミーティングをしたいと思うのですが、予定はいかがですか? This question is common nowadays emailing between companies around the globe. In a formal email where the email is to a client or your superior I would say "please advise times and dates that best fit your schedule for this meeting".

次の

打ち合わせの日時を決めたいので、ご都合のよいお時間をいくつかくださいって英語でなんて言うの?

ご 都合 の よろしい 日時

製造業に従事しております。 よろしくお願いします。 客から製作を依頼された商品があり、その商品が完成したので、その旨をFAXで連絡し、引き取りに来てもらうことがあるのですが、その「引き取りに来て下さい」ということをFAX上で上手く表現する方法を教えていただけないでしょうか。 これまでは、 「ご都合の良い時に、引き取りの方、よろしくお願いします。 」 といった感じで使ってたのですが、「引き取り」という言葉はあまり良い意味で使われないことも多いので、何か別な表現がないものかと悩んでおります。 あまりかしこまった表現でなくてけっこうです。 FAXを見た相手が不快に思わない表現で何か良いものがありましたら、よろしくお願いします。 A ベストアンサー 一応その道の専門家です。 「取りに行く」は、 動詞「取る」と「行く」を助詞「に」でつないだものです。 このように動詞を連続して使用する場合、 最も正しい敬語の用法としては、後に来る動詞のみを敬語とします。 (両方とも敬語にしてしまうと『二重敬語』という誤用になります) 尊敬語か謙譲語か、については、文の主語が誰なのかによります。 (『私』なのか『あなた』なのか、どちらでもない『物』なのか) この場合は、「私が取りに行く」のですから謙譲語を使用します。 これをふまえて、「取りに行く」は「行く」の謙譲語を用い 「取りに伺う」 「取りにお伺い(を)する」 「取りに行かせていただく」等となります。 では、あなたの文の前文を最も好ましいと思われる敬語に書き換えます。 (あくまでも一例です) 言葉遣いも丁寧に、クッション言葉を入れてみました。 あいにく明日は都合が悪く、 おそれ入りますが書類を取りに行くことが出来かねます。 あいにく明日は都合が悪く、 残念ながら書類を取りにお伺い致しかねます。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。

次の