喪中 メール。 喪中メールを友達に送るのはアリなの?文例も知りたい!!

喪中はがきが届いた!返信をメールで返事するときのマナーと文例

喪中 メール

喪中はがきが10月・11月・12月の届きますが、届いたときの返事をするときにメールを使って返信をしても良いのでしょうか?年賀状での年始の挨拶は、年賀はがきを使うことが少なくなり、メールやLINE、SNSなどで挨拶することが多くなりました。 喪中はがきが届いたときに、喪中見舞いや寒中見舞いを出すよりも、メールやLINE、SNSを使って、お悔やみを伝えるときのマナーについてまとめました。 それを前提として、メールやLINE、SNSなどのツールを使って返信するときは、相手によって対応を変えるようにします。 先輩や上司、年配者から届いた喪中はがきの返事は、喪中はがきを使って返信を行ない、親しい友人・友達またはあまり交友関係の少ない後輩のときには、メールやLINE、SNSなどを使ってお悔やみを伝えても違和感はありません。 メールなどは手軽に伝えられるので、喪中はがきが到着してすぐお悔やみの言葉を伝えたいときは便利です。 手の空いたときに見られるメールは、電話連絡より相手に迷惑を掛けることが少ないですし、時間を取らせることもありませんが、メールを送ったあとに喪中見舞いや寒中見舞いのはがきを改めて送るのがマナーにかなっていると言えます。 喪中はがきが送られてきた相手によって返信方法を使い分けよう! ・先輩や上司、年配者から届いた喪中はがきの返信は、喪中見舞いや寒中見舞いとしてハガキで返信する。 ・親しい友人・友達またはあまり交友関係の少ない後輩から届いた喪中はがきの返信は、メールやLINE、SNSなどでお悔やみを返信する。 ・メールやLINE、SNSなどで喪中の知らせが来たときは、メールやLINE、SNSなどで返信する。 親しい友人・友達またはあまり交友関係の少ない後輩だからと言って、必ずしもメールやLINE、SNSなどで返信をするということではありません。 基本的なマナーは、喪中見舞いや寒中見舞いとしてハガキで返信するのがマナーですが、取り急ぎ、メールやLINE、SNSなどでお悔やみを伝えることはマナー違反ではありません。 今後は、メールやLINE、SNSなどでやり取りすることが常識になってくるかも知れません。 それなのでわかりやすく簡潔に伝えることが必要になります。 伝えたいことがたくさんあって長文になると読み手が大変です。 募る想いもたくさんあると思いますが、会ってから話すようにするか、改めて落ち着いた頃に返信するようにしましょう。 メールで送るときの件名は、一目見てお悔やみメールだと分かるようなタイトルにします。 件名は「お悔やみ申し上げます(山田太郎)」といったように、自分の名前を入れて誰から来たのか、どんな内容のメールなのか分かりやすくします。 メール内容は、友人に送信するときや会社の先輩・上司、ビジネスでのお付き合いがある取引先・得意先、親戚関係への返事の内容は違ってきます。 職場の上司に送信するときに、砕けた文面は不適切です。 砕けた言い方をするのであれば、友人・友達関係にし、「略儀ながらメールでのご挨拶失礼いたします」と固い言葉は職場関係に使うようにしたりします。 送る相手との距離感によって使い分けが必要ですので、それぞれの例文を紹介しますので、ご参考ください。 友達・友人に送るときのメール例文 友達・友人に返事をするときのメールは砕けた言い回しでも大丈夫で、自分の気持ちを正直に伝えるようにします。 あまり固い文面にするとビジネスみたいに思われてしまいます。 固すぎなお悔やみの長文メールが送られてきても、言い回しが難しかったり、何言っているのか分からないといったことになり兼ねませんし、どこからかコピペしたのを使っているのではと思われるかも知れません。 簡単にお悔やみと挨拶、相手を気遣う言葉を入れれば十分です。 詳しい話は落ち着いたときに会って話せばよいことなので簡潔にまとめましょう。 喪中はがきのメール例文 件名: お悔やみ申し上げます(山田太郎) 本文: ご連絡ありがとうございます。 お父様がご逝去されたとのことで、とても寂しい日々を送っていることと思います。 心よりお父さんへのお悔やみを申し上げます。 お父さんが大好きだったあなたのことですから、無理をしていないか心配です。 落ち着いたらまたお会いしましょう。 忙しい時でしょうから返信は不要です。 職場の上司・先輩に送るときのメール例文 喪中はがきは身内に不幸がありお祝いする気になれませんので年始のご挨拶を控えさせていただきますという意味があります。 ごく個人的なことなのでビジネス上の付き合いだけですとあえて喪中はがきを送らないで、いつも通り年賀状で挨拶することが多いですが、ビジネス上の相手でも喪中はがきが送られてきたときに、メールでお悔やみを伝えるときの文例を紹介します。 喪中はがきのメール例文 【例文1】 件名: お悔やみ申し上げます(山田太郎) 本文: 佐藤課長 丁寧なご連絡をいただきありがとうございます。 このたびは、ご尊父様に不幸があったと伺いご連絡いたしました。 ご尊父様のご冥福をお祈り申し上げます。 本来でしたら弔問に伺うべきところですが、略儀ながらメールで失礼いたします。 【例文2】 件名: お悔やみ申し上げます(山田太郎) 本文: 佐藤課長 ご連絡ありがとうございました。 喪中とのことで新年のご挨拶を控えさせていただいたこと、大変失礼いたしました。 遅ればせながら岳父様のご冥福をお祈り申し上げます。 寒い季節ですのでお身体を大切にお過ごしくださいませ。 注意!もし、喪中はがきで故人の名前が記載されていないときは言及しないようにします。 なにか事情があるかもしれませんので、相手から言ってくるまでは聞かないのがマナーです。 親戚に送るときのメール例文 近くに住んでいる親戚なら、簡単なメールの内容で構いませんし、葬儀に参加できなかったときの例文を紹介します。 喪中はがきのメール例文 【近くの親戚への文面】 件名: お悔やみ申し上げます(山田太郎) 本文: ご連絡ありがとうございます。 心よりお悔やみ申し上げます。 何かお手伝いできることがあれば何なりとお申し付けください。 【葬儀に参加できなかったときの文面】 件名: お悔やみ申し上げます(山田太郎) 本文: 思いがけない訃報に驚いております。 葬儀に駆け付けることができずに大変申し訳ありません。 体を壊されないようご自愛ください。 ご冥福を心よりお祈りしております。 ご冥福をお祈りする言葉と喪中はがきが来たお礼を述べ、相手の気持ちに寄り添った一言を添えると良いです。 「家族が欠け、大変寂しいときを過ごしていることと存じます。 出来ることがあれば遠慮なく言いつけてくださいませ。 」などと、文例を組み合わせたり、相手に合うように変えて利用してください。 はがきと違って、すぐ返事をできるツールなので、喪中はがきが来てすぐお悔やみを申し上げたいときに利用するのが良いです。 時間が開くときは、葉書で寒中見舞いや喪中見舞い、年始状を出すほうが印象がいいです。 手紙と一緒に線香や香典などをお供えしてくださいと送る人も増えています。 はがきを送るのは面倒と思われる人もいるかもしれませんが、喪中見舞いや寒中見舞いのテンプレート、文例が無料でダウンロードできますので、自分で簡単に作成することが出来ます。 郵便局でも取り扱っていますし、切手やはがきも弔事用が販売されています。 弔事と引越しや結婚、出産報告などの慶事を一緒に記載するのは良くないとされていますので、弔事は喪中見舞いを出し、慶事の報告は寒中見舞いにするのがいいです。

次の

喪中の挨拶にメールはアリなのか?返事はどうする?

喪中 メール

まず最初にお答えしますと、 会社に属している方にとって「喪中」という考えはありません。 なので、会社の社長やその家族、役員の方が亡くなったとしても、会社は通常通りに営業をします。 会社側が喪に服すということはないのです。 よって、 取引先相手に会社側から喪中はがきを送るようなこともありません。 個人的な交友関係と混同しないように注意しましょう。 ただし例外もあります。 同族経営(社員の半数以上が社長の親族)や家族経営(家族のみの会社)の場合には、喪中とすることもあります。 これは取引先と家族ぐるみの付き合いをしていることが多く、プライベートと切り離せないなどの事情があるためです。 喪中のビジネスでの新年の挨拶 次に、 皆さんが喪中になった場合の、ビジネスでの新年の挨拶について見ていきましょう。 仕事とは関係のない方が亡くなった場合、「社外」と「社内」では挨拶を変えなければいけません。 以下で順に解説していきます。 取引先など社外での新年挨拶 取引先など、社外での新年の挨拶の場合です。 この場合は、 例年通りに挨拶をするのが一般的です。 もし喪中であることを伝えてしまったとしたら、それはタブーになります。 取引先に対してプライベートな話を持ち込むということになりますので、公私混同と捉えられてもおかしくありません。 また、取引先の方があらかじめ事情を知っていた場合はどうでしょう。 その場合はお礼の言葉を述べますが、「例年通りの対応で構いません」とお願いしましょう。 社内での新年挨拶 社内での挨拶の場合は、喪中時の挨拶を述べるのが一般的です。 これは、忌引き休暇を取っているなどで、喪中のことを事前に知っている方が多いためです。 喪中であることを知られているのに、新年の挨拶をするのは不自然なのでやめた方が良いでしょう。 社内での挨拶の場合は 「おめでとうございます」を避け、「今年もよろしくお願いいたします」または「昨年はお世話になりました」と伝えれば問題ありません。 また、喪中であることをご存じでない方から「あけましておめでとう」と言われることもあります。 相手から新年の挨拶をするのはマナー違反ではないので、同じように「おめでとう」を避けた挨拶を返すようにしましょう。 ビジネス関係者との年賀状・メールについて さて次は、 ビジネス関係の方との年賀状・メールについても説明させていただきます。 ビジネス関係の方に年賀状を頂いた際、会社宛てに送られてきた場合、会社宛てでなく個人宛てに送られてきた場合によって対応に違いがあります。 以下で順に見ていきましょう。 例年通り年賀状を出す 取引先などから年賀状が届いた際、 個人宛てではないのなら、例年通り年賀状を出しましょう。 ビジネス関係の方との年賀状のやりとりは、会社同士の関係を築く重要な手段です。 もし毎年来ていた年賀状が来なかったら、相手は心配するでしょうしこれはマナー違反です。 ですので 取引先から年賀状が届いた時には、その取引先とはどのような関係か考え、ビジネス上の関係であると判断したなら年賀状を送るようにして下さい。 また、 もし取引先から喪中はがきを貰った場合は、それに合わせて年賀状を送るのは控えて下さい。 一般的に喪中はがきが送られてくることはありませんが、よっぽどの事情か、取引先が同族・家族経営の場合が考えられますので、相手に従いましょう。 寒中見舞いとして返信する 逆に、ビジネス関係の方から個人宛に年賀状やメールが届いた際はどうでしょう。 個人宛に来るということは一定の交友関係があるということなので、こういった場合には 喪中を知らせても大丈夫です。 喪中はがきを事前に送っても構いません。 また、喪中はがきは「こちらからの年賀状を控える」という挨拶状ですので、事前に送っていたとしても年賀状が届くこともあります。 しかし、その御礼に年賀状を出すことは出来ませんので、 寒中見舞いで対応するようにしましょう。 さらに喪中はがきを出さなかった場合は、寒中見舞いにお詫びの言葉を添えましょう。 寒中見舞いを出す時期は、松の内を過ぎた1月7日以降です。 また、 メールで挨拶をする場合は、1月7日を待たずともすぐに返信をして大丈夫です。 その時、喪中ですのでお祝いにつながる言葉を使わないようにしますが、喪中であることをわざわざ伝えなくても構いません。 また、SNSを活用する場合は「あけましておめでとう」などのスタンプを使うことも避けましょう。 年賀状や寒中見舞いを出す場合の例文 年賀状や寒中見舞いの例文は以下の通りです。 会社・法人には「喪中」という考えはない。 よって、会社側から喪中はがきを送ることもない。 ただし、同族経営・家族経営の場合は喪中にすることもある。 社外での新年の挨拶は例年通りで構わない。 逆に喪中であることを伝えるのはタブー。 社内での新年の挨拶は、喪中時の挨拶をする。 「あけましておめでとう」を避け、「今年もよろしくお願いします」と返す。 会社宛ての年賀状・メールの場合、例年通り年賀状を出して構わない。 ビジネスの世界では、年賀状は相手との信頼関係を築く大切な手段なので、プライベートと分けて考える。 個人宛にビジネス関係の方から年賀状が来た場合、寒中見舞いとして出す。 その時、喪中はがきを出さなかったお詫びの言葉を添える。 喪中でも、お中元・お歳暮を贈るのは問題ない。 ただし「忌中」は控え、紅白のしを避けて贈る。 ビジネス関係であっても、交友関係がある方には喪中であることを伝え、それ以外の方には通常通り対応するようにしましょう。 この記事でご紹介した細かな心遣いで、より良好な関係を築くお手伝いができたなら幸いです。 「終活ねっと」ではこの他にも、喪中についての記事を多数掲載しております。 ぜひそちらもあわせてご覧ください。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

喪中はがき返信メール例文,文例

喪中 メール

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 喪中の挨拶状に使える挨拶文の文例とは? 喪中など故人が関係する状況では、シリアスな礼儀作法が大切です。 失礼があると相手から悪い印象を受けるだけでなく、故人への不敬にもなりえますので丁寧に守りましょう。 故人の状況や葬式の形式、宗教などの関係でも送るべき挨拶文が変化します。 以下に代表的な状況をご紹介するので、あてはまる例にあわせて挨拶文を作りましょう。 個人の事情に関わる死因などは記載する必要がありません。 長期間の闘病があった場合は「かねてから療養中でした 続柄 である 故人名 が」というように記してもよいですが、その場合も 病名の記載は不要です。 交通事故や災害などで複数人が同時に亡くなることも想定されます。 また葬儀の事業者側でも家族葬への特化が多くなっています。 家族葬をした場合は「葬儀は近親者のみで執り行いました」などと明記しましょう。 キリスト教の場合 日本にもキリスト教信者を意味する「クリスチャン」が多く暮らしています。 しかし、キリスト教に喪中の概念はありません。 喪中ハガキを出してもよいですし、出さなくても失礼にはあたりません。 自身がキリスト教であるからといって、それにあわせた特別な喪中挨拶の書き方は不要です。 ただし年賀状同様、 クリスマスカードは自粛しましょう。 気になる人は、クリスマスカード交換を遠慮したいという意思表示として喪中はがきを送ることもできます。 ビジネス関係なので、家族よりも丁寧な言葉遣いで書かなければいけないと考えてしまいがちです。 しかし法人の場合は、 家族関係を示す族柄が会社内での立場に書き変わるだけで、特別な文章を求められない傾向があります。 メールで喪中を知らせる際の挨拶文の例とは? 時間の都合などで喪中はがきを買いに行く余裕がなく、メールで喪中挨拶を済ませたいと考える人もいるでしょう。 挨拶ははがきで送るのが慣習とされますが、最近では「喪中メール」と呼ばれる方法も一般的になっています。 しかし、文章への気遣いが必要であることははがきと変わりません。 次に友人と目上の方、それぞれを相手にした場合にわけて、メールでの喪中挨拶の正しい文例をご紹介します。 友人に送る場合 件名: 喪中につき新年挨拶を遠慮いたします 相手 さん、 自身の名前 です。 私のことは大丈夫なので、来年もよろしくお願いします。 返信不要です 普段から気兼ねなく付き合っている友人であれば、メールやLINEなどでフランクな文章で送ってもよいでしょう。 相手が読みやすいように シンプルにまとめることが大切です。 目上の方に送る場合 件名:年賀欠礼のご通知 相手 様 自身の氏名 です。 今年〇月に 故人 が他界いたしました。 つきましては新年の挨拶をご遠慮いたします。 来年も変わらぬご厚意をよろしくお願い申し上げます。 健やかな新年を迎えられるようお祈りいたします。 なお 返信はご無用です 会社の上司など目上の方に喪中メールを送る場合は、一定のマナーに気を遣いましょう。 メールははがきよりもカジュアルなイメージが強いですが、故人が関係する状況では礼儀が欠かせません。 メールであっても 敬語をきちんと使う配慮が大切です。 そもそも喪中の挨拶状とは何か? 喪中の基準や挨拶状の定義がよくわからない方もいるでしょう。 一般的に 近親者が亡くなってから1年間は喪に服す期間となり、年賀状を送る側としても受け取る側としても自粛するのが慣習です。 年賀状を送らないことを記載して、 年賀欠礼状といわれる挨拶状を送りましょう。 一般的に年賀欠礼状は 喪中はがきを使用します。 毎年年賀状のやり取りをしている故人と親しかった方が年賀状を作成する前に、挨拶状を送ることが重要です。 また、葬儀の際にお世話になった方や、故人の死をお伝えしたい相手に対しても挨拶状を使用できます。 郵便局が年賀状の引き受けを始めるのは毎年12月15日からであり、 松の内である1月7日までに届くようにする必要があります。 スムーズに喪中であることを伝えるためには、 12月14日までに喪中挨拶を済ませることをおすすめします。 喪中でも正月の挨拶回りはするべき?挨拶の仕方は? 喪中の際は、正月の挨拶回りは控えるのが慣習です。 家に鏡餅や門松などを飾るのも自粛すべきであり、初詣など神社へのお参りも行わずおせち料理も食べません。 これらはすべて祝いごとであり、喪中の雰囲気とあわないためです。 ただし、 お年玉の受け取りだけはマナー違反になりません。 地域や仕事などにより喪中でも挨拶回りをする必要がある場合は、相応のマナーを守りつつ進めましょう。 挨拶時の注意点について 自身が喪中なら、お祝いを連想させるワードは避けましょう。 「あけましておめでとう」などは使わないのがマナーです。 「 昨年もお世話になりました。 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます」など、フラットな挨拶に終始しましょう。 「去年」という言葉は「人がこの世を去る」と連想させる 忌み言葉であり、喪中に関係なく非礼とされます。 必ず前の年は「昨年」と表現しましょう。 職場内での挨拶について 仕事上の付き合いに喪中を問わない考え方が多く見られるため、いつも通り挨拶回りをする人もいるようです。 その場合でも自身から「あけましておめでとう」など、めでたい言葉は避けるようにしましょう。 「 昨年はお世話になり多大な感謝を申し上げます。 今年も精一杯仕事に精進しますので、よろしくお願いいたします」など普通の挨拶に終始します。 逆に喪中の職場仲間や上司に挨拶をするときも「あけましておめでとう」は禁句なので気をつけましょう。 取引先での挨拶について 多くの場合、取引先は自身の個人的な家族と関係ありません。 こちらが喪中であってもお祝いの言葉を述べましょう。 取引先を立てる意味でも「あけましておめでとう」とは伝えておくのが礼儀です。 その後に、「 本日、こちらでは仕事始めとなりました。 本年もよろしくお願い申し上げます」などと締めます。 取引先の会長が亡くなったなど、相手側が喪中の場合はお祝いの言葉は禁句です。 状況に応じて言葉を使い分けましょう。 よくある質問 Q:喪中の挨拶状を出しそこねた場合どうすればよいの? A:諸事情や忘れていたなどの理由で、喪中はがきを出せなかった場合は 寒中見舞いで対応しましょう。 寒中見舞いや暑中見舞いは喪中の相手にも出したり受け取ったりできます。 寒中見舞いは、 松の内の1月7日の翌日から、立春である2月4日ころまでに先方へ届くように送ります。 Q:喪中の挨拶状はどの範囲まで送る? A:喪中の挨拶状は、毎年年賀状を出している相手や故人との交流が深かったり、故人と共通の知り合いであったりする人には出した方がよいです。 すでに身内の不幸を知っている親族や、葬儀に参加した人には出す必要はありません。 あくまでも葬儀の参加者でなく、 親族でもないがお世話になっている相手に喪中挨拶をするのが慣例です。 Q:喪中の挨拶状は薄墨で書くべき? A:挨拶状を書くときの墨を気にする方もいるようですが、 墨の濃さに規定はありません。 薄墨はグレーに近く、色が濃いと黒墨と呼ばれます。 黒い方が喪中らしいという考えもあるなか、控えめさを出すために薄墨を選ぶ人も多くいます。 いずれにしても相手が読みやすいようにきれいな字を心がけるとよいでしょう。 ただし、高齢者などの視力が強くない人には薄墨だと読みづらい場合があるため、一定の配慮は必要です。 Q:喪中の挨拶状は縦書きと横書きはどちらが適切? A:一般的に喪中はがきは 縦書きが適切です。 横書きは、メールや手紙などのようにカジュアルな印象になります。 特に目上の方に送る場合は縦書きのほうが無難でしょう。 日本語は昔から上から下、行は右から左へ進める前提で作られてきました。 そのため、喪中挨拶などの伝統的なイメージのある場面では、 書き物は縦に示すのが原則です。 キリスト教のように、欧米文化が色濃く反映された生活をしている人は、横書きの文書で喪中挨拶を済ませる場合があります。 キリスト教では横書きでも失礼にあたりません。 Q:欠礼状を送ってきた相手にも喪中の挨拶状を送る? A:自身が喪中と伝えるのが大切なので、欠礼状を送ってきた相手にも挨拶状を送りましょう。 欠礼状は、 新年のご挨拶の遠慮を願うための文書であり、年賀状とは性質が異なります。 お互いに欠礼状を送り合うことはマナー違反にならないので、喪中はがきを控える必要がありません。 ただし、先方にも不幸があったのは事実なので、 お悔やみの言葉を添えておくことが大切です。 Q:喪中の挨拶状で近況報告をしても大丈夫? A: 近況報告は行わないのがマナーです。 喪中はがきは自身が喪中であることを示し、新年の挨拶を控えるようお願いするためのものであるため、近況報告はその定義から外れます。 引越しや結婚、誕生日などよい知らせは、身内の不幸が関わる挨拶に載せないのが礼儀です。 ただし、喪中であっても 寒中または暑中見舞いでは近況報告ができます。 まとめ 喪中の挨拶状には主に喪中はがきがあり、新年の挨拶の自粛をお願いするために送ります。 故人の状況や送る相手などにより正しい文章も変わるので、マナーに気をつけながら送りましょう。 喪中はがきを送るのが遅れて、事情を知らない相手から年賀状が届くことを避けるのが大切です。 受け入れが始まる 12月15日より前には、ひととおりの関係者に喪中はがきを送りましょう。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の