社内 ニート 過ごし 方。 「社内ニートの過ごし方」暇つぶしにやってる事まとめ

【体験記】社内ニートはつらいよ!転職して社内ニートになった経緯と暇のつぶし方

社内 ニート 過ごし 方

社内ニートは将来がピンチ!一刻も早く抜けるべし! 社内ニートとは、会社に所属しながら、十分な仕事与えられない人たちのことを指します。 やるべき仕事がないため、終日ひたすら意味のないことをして時間をつぶします。 しかし近年では、20代の若い社員にも社内ニートの人が増えているようです。 働かずに給料がもらえるため、一見気楽にみえる社内ニートですが、自身の成長やスキルアップをする機会がまったく与えられない側面もあります。 人によっては「給料がもらえるならそれでもいい」という人もいますが、「仕事をして周囲に貢献したい」と考えている人にとっては、かなり苦痛を感じる状態でしょう。 周囲からも白い目で見られ、厳しい対応をされることも多いはずです。 もし、あなたが社内ニートのような状態であれば、現状を変えるための行動をとるべきでしょう。 CHECK 消耗するだけの日々から抜け出しませんか? なら、無理に転職を勧めることはしません。 まずは無料相談から始めましょう。 社内ニートの転職事情とは?リスタートは難しくない! 定年間近で日々を過ごすだけという状況ではない限り、スキルアップやキャリアアップを見込めない社内ニートでいる場合はできるだけ早く転職をした方がいいと言えます。 特に20代や30代前半であれば、まだまだ転職市場においてはチャンスが大きく広がっています。 ただし、そこで不安になるのがスキルや経験が無い中で転職はできるのかどうか、ということですよね? これはもちろん年齢にもよりますが、20代であればほぼ問題なくチャンスは広がっています。 20代は第二新卒と呼ばれ、これまでのスキルや経験以上にポテンシャルややる気を重視される立場になります。 そのため、面接でしっかりとやる気をアピールできれば転職の可能性は高まります。 また、30代を過ぎてもスキルや経験があればそれを欲しがる会社が数多くありますし、もし経験が少なくても社内ニートをしている間にスキルを積めば、転職のチャンスは広がります。 さらに、今と同等の待遇で転職ができれば、そのまま社内ニートとしてキャリアを足踏みさせるよりも将来性が高まると言えるでしょう。 もちろん転職活動は、かなりの労力と覚悟が必要になります。 しかし、いまのあなたには手が空いている時間がたくさんあるはずです。 その時間を有効活用して、アピールできる点は何か、そもそもどのようなキャリアを積んでいきたいのか、自分と向き合う機会にするのもいいでしょう。 いざ転職するにはどうすればいい?4ステップで理想の転職を実現! いざ転職をしようと思っても、何をすればいいのかわからない、なかなか気が進まないという方も多いでしょう。 特に社内ニートというのは、ある意味で負担が少ない立場ですから、その状況に居続けたいとおもう気持ちも非常に理解ができます。 ですが、長い目で見ればその状況から抜け出せた方が、将来的に楽になるというのも、また事実と言えます。 何よりも、転職をするというのは実はあまり難しいことではありません。 辿るべきステップをしっかりと歩んでいけば、思っていた以上に簡単に実現できるものです。 ここでは、転職を実現するために必要な4つのステップをご紹介します。 まずは転職サイトや転職エージェントに登録しよう! まず初めに行うべきは、転職サイトや転職エージェントに登録することです。 特に初めて転職する場合はどのような基準で転職先を選べばいいのか、書類や面接でどのような自己PRをすればよいのか、判断がつかないものです。 また、いざ動こうと思っても人は変化を嫌うものですから、書類を作ったり応募したりするのが億劫になって、なかなか転職活動が進まないということもあります。 それを避けるためには、人を巻き込むことが効果的です。 特にエージェントに登録して会う日を決めてしまえば、「後でいいか」という思いを失くせます。 ですから、まずは登録をしてしまうことが大切です。 今後どのようなキャリアを積んでいきたいのかを考えてみよう 転職サイトやエージェントに登録して動き始めたら、改めて今後どのようなキャリアを積んでいきたいのかを考えてみましょう。 なかなか思い浮かばない場合は、「何をやりたいか」ではなく「何はやりたくないか」を考えてみるといいかもしれません。 人と話すのはできるだけ少なくしたいのか、オフィスワークが嫌、体を動かすのは嫌、ノルマに追われるのは嫌など、様々なやりたくないことが出てくるでしょう。 また、収入は得たいけどそれ以上に仕事が辛いのは嫌、逆に仕事はあまりしたくないけどそれ以上に収入が少ないのは嫌ということもあるでしょう。 それらを挙げ、優先順位を考えて将来を検討するのも一つの方法です。 そして、おおよそのキャリアプランが描けたら実際にどのような職種や企業がいいのかということに落とし込んでいくとよいでしょう。 履歴書と職務経歴書を準備して企業に応募しよう 希望する職種や企業が定まったら、応募するための履歴書や職務経歴書を準備しましょう。 特に重要なのは職務経歴書です。 履歴書は今から変えることはできませんから、どんなに力を入れて準備してもアピールするのは難しくなります。 それに対して職務経歴書は、これまでの経歴に対してより魅力的な視点からスポットを当てられますし、相手に合わせて言葉を変えることもできます。 また、企業がどのようなことを求めているのかは求人票等を見ればある程度分かります。 それに合わせて内容を変えれば、書類審査を突破する確率も高まりますよ! 職務経歴書の書き方については、「の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。 面接対策を行って内定を勝ち取ろう! 書類審査が通ったら、次はいよいよ面接です。 面接で重要なことは何よりも練習です。 面接は独特の緊張感がありますから、まずはその空気感に慣れていないと、どんなにいい経歴を持っていても内定を勝ち取るのは難しくなります。 また、社内ニートをやっていると緊張感がある状況の経験が不足しがちです。 そのため、積極的に面接の練習を重ねて緊張感がある場でもスムーズに話ができるようにしましょう。 もちろん、面接独特の緊張感までは再現できないかもしれませんが、練習を重ねれば、必ず質問に対してスムーズに回答できるようになります。 そうしてよい印象を与えて、内定を勝ち取りましょう。 転職までの間に社内ニートを脱出するための4つの対策法! 社内ニートは、仕事をせずに給料をもらえます。 しかし社内ニートのままでは、仕事にやりがいを感じることはなく、あなた自身の成長やスキルアップも期待できません。 また、転職を成功をさせるためにも、そして転職後に再度社内ニートにならないためにも、今のうちから周りから頼られる働き方を身に着けておくとよいでしょう。 そして、そのためには自分から行動を起こすのが大切です。 「誰かが助けてくれるだろう」という姿勢では、現状が変わることは決してありません。 ここからは、社内ニートから脱出するため対策を4つ紹介していきます。 少しずつでいいので、できることから取り組んでいきましょう。 社内で自分ができる仕事を積極的に探す努力をする 社内ニートの人は、自分から積極的に仕事を探そうとしない傾向があります。 仕事がない状況が当たり前になっているので、自分から仕事を探そうともしません。 まずは、「いまの自分にできる仕事はないのか?」と考え、自分から行動を起こしてみましょう。 わからなければ、上司や周囲に聞いてみてください。 コツコツとできる仕事をこなしていくことで、周囲からの信頼度が上がっていきます。 そうなれば、周囲からも「この仕事を任せてみようかな」と思われるため、仕事を任せられる機会が増えるはずです。 「こんな小さな仕事をしても意味がない」とは思わずに、あなたができることから少しずつ取り組んでいきましょう。 コミュニケーション能力を高める・言い訳をしない 社内ニートになっている人は、周囲とのコミュニケーションがうまく取れていないケースがほとんどです。 まずは、周囲とのコミュニケーションを意識しましょう。 周囲からの信頼度が足りず、仕事を任されていない可能性があります。 別に、無理に雑談するべきと言っているわけではありません。 あくまで言いたのは、「仕事上のコミュニケーションを円滑にするべき」ということです。 また、仕事に対して言い訳をしないようにしましょう。 上司からしても、常に言い訳をされてしまえば「次は別の部下に頼もう」となってしまいます。 自分がするべき仕事としっかり向き合うことで、周囲からの信頼を獲得するようにしてください。 周囲は気付いてる!仕事をしているフリはやめる もし、いまのあなたが社内ニート状態であれば、「仕事がなくても、仕事しているフリをしなければいけない」と考えていると思います。 まずは、その考えから変えていきましょう。 仕事するフリを続けていれば、あなたはずっと社内ニートのままです。 仕事しているフリに対して、周囲は気付きながらも黙認している可能性が高いでしょう。 このままでは、あなたの評価は下がる一方です。 たとえ周囲にバレていなくても、あなたが仕事しているフリをすれば「アイツは忙しそうだ」と上司は感じるため、仕事を任せられる機会は間違いなく減ります。 社内ニートから抜け出したければ、まずは仕事するフリをやめて、自分から積極的に仕事をもらうための努力をしましょう。 つねに受け身の姿勢で仕事をしている・積極性がない あなたが、社内ニートから抜け出したいと考えているのであれば、仕事に対して積極的に取り組むようにしましょう。 つねに受け身の姿勢でいれば、仕事を与えられる機会は減ってしまいます。 いま、あなたが社内ニート状態であれば、仕事に対するやりがいや目標がないはずです。 そうなれば、積極的に仕事をする意味がないため、受け身の姿勢で仕事をしてしまいます。 ですから、目標を立てて仕事をする意味を作りましょう。 目標は小さいことでかまいません。 ケアレスミスをしない• まとめ 社内ニートというのは、今だけを見れば気楽と言えるかもしれません。 仕事をする必要がないため、責任もなくストレスも少ないでしょう。 しかし、将来を見据えると、どこかのタイミングでその状況から抜け出す必要があります。 そして、それが遅くなればなるほど、状況は悪化して取り返しのつかないことになってしまいます。 そうならないためにも、自分から積極的に行動を取りましょう。 仕事するフリをせず、自分から積極的に仕事を受けるようにしましょう。 ただ、いまの職場ではどうしても社内ニートから抜け出せない場合もあるでしょう。 これを機に自分と向き合い、転職を含め「これからどう行動すべきなのか?」と考えてみませんか?.

次の

社内ニート経験者が語る「社内ニートあるある」

社内 ニート 過ごし 方

社内失業・社内ニートとは? 社内失業・社内ニートってどういう状況? 社内失業とは、 雇用契約にある会社に出勤しているにも関わらず仕事を任されず「やることがない」状態のことを指します。 「社内ニート」と呼ばれることもありますね。 出勤してもただただ終業を待つのみで、給料は発生するもののまったくやりがいを感じず、もちろん何もしていないのでキャリアアップに繋がることもありません。 忙しく仕事をしている人からすると「何もしなくても給料が貰えるなら、むしろ楽で良いのでは?」と思うかもしれませんが、 自分のことを「社内失業してしまっている」と感じる人は「向上心がある人」ですから、キャリアアップが望めないのは辛いことなのです。 窓際族との違い 今ではあまり聞くことはありませんが、似た意味の「窓際族」という言葉があります。 出世コースから降り、閑職(ヒマな仕事)について定年を待つだけの中年層を指してこう呼んでいるのですが、こちらは「将来のことを考えなくてもいい」という点で社内失業とは少し異なります。 社内失業は新入社員でもあり得るもので、まだまだ社会人として力をつけるべき段階なのに仕事がないことが問題なのです。 社内失業・社内ニートが発生する理由 ミスが多く仕事を振ってもらえない もっとも表面的な理由がこれです。 仕事の遅さ、ミスの多さなどで本人が信頼を失ってしまうと、徐々に仕事が割り振られなくなります。 入社まもない場合は仕方のないことですが、ミスを繰り返したり改善が見られなかったりすると、 トラブル処理のコストを削減するために「そもそも仕事を振らない」という選択になってしまいます。 教育できる人がいない 近年多いのが、この問題です。 労働力人口比率の低下に伴い、多くの企業が人材不足に悩まされている今、新入社員の教育にコストをかけられないことが多々あるようです。 仕事を教える人がいなければ、入社したばかりの若手は「何をしたらいいのか分からない……」という状態のまま放置されることになります。 上司に問題がある 社内失業を感じている人は、少なからず上司に「何かやることはありませんか」と聞いていることと思います。 これらのような上司に当たってしまうと、本人が努力しても望んだ仕事が回ってくることがないのです。 社内失業・社内ニートになってしまったらどうする? 社内失業になり、仕事をもらおうとしても振ってもらえない……そんな状況になったらすぐに辞めてしまいたくなりますが、ひとまずは「フリーの時間」だと考え、オフィスにいる時間の過ごし方を考えてみましょう。 Word、Excel、パワポなどオフィス系ソフトをマスターする 社内で「やることがない」状態になった場合、最も懸念されるのは成長が止まってしまうことです。 ですから、キャリアアップのためには自主的に勉強するしかなくなるのです。 思い切って読書などをしてしまうのが一番ですが、そこまでの勇気がなければWord、Excel、PowerPoint等の勉強にチャレンジしてみましょう。 オフィス系ソフトウェアのスキルは直接的に仕事に役立ちますし、何より インターネット上で十分な知識を得ることができるため「仕事をサボっている感じ」が出にくいです(実際仕事がなくて困ってるわけですが)。 資格取得の勉強をする 勉強を進め、実際に資格取得を目指してしまうのも手です。 オフィス系ソフトで言えば「」が代表的。 これは履歴書に書けるため、もし「こんな仕事をくれない会社、転職してやる!」と思ったときに役立つでしょう。 転職活動をする いちど社内失業状態になってしまうと、満足に仕事がもらえる状態になるのは難しい現状があります。 この 負のスパイラルを確実に抜け出せるのは、やはり転職です。 ヒマな時間を活用してスキルを身につけるのと同時に、転職先の候補を探してしまいましょう。 インターネット上の 転職サイト等で検索をかける際は、ブラウザ上の「シークレットモード」的な機能を使って履歴を残さないようにしましょう(サーバー上に履歴は残ってしまいますが、あまり確認されることもない)。 筆者的には仕事がもらえないのであればむしろ堂々と転職先を探しても良いと思いますけどね。 社内失業が発生するような企業は、もし本人の能力に原因があったとしても、教育制度や上司のマネジメントの不十分さが伺えてしまいます。 自主的にスキルを身につけ、十分に戦闘力が上がったら転職してしまうのが吉。 仕事ができるように教育するのは企業の役割なのですから、それができないようであれば環境を変えてしまうしかないのです。

次の

社内ニートは実は辛い?陥る原因と過ごし方・解決策を解説!

社内 ニート 過ごし 方

会社に行ってもやることがない 社内ニートを脱出したいですか? 「 転職しか手段がないのか?」そう思っている方も一度冷静になって、本記事に目を通してください。 社内ニートが転職するのは、最終手段です。 転職を決意する前に、どうやって社内ニートの現状を脱するかを考えたほうが 一番安全的な手段であり、リスクもありません。 転職するにしてもメリット・デメリットがあり、そこを把握しておかないと転職してもまた、新しい職場でも社内ニートまたは、劣悪な環境で働くことになってしま可能性があります。 今回はそんな社内ニートが転職するメリットやデメリット、また社内ニートになってしまう人の特徴や、根本的な原因を解説していきます。 記事後半では、 どうしても転職する選択した方のための、最適な転職方法も紹介するのでぜひ参考にしてみてください。 仕事量が少ない• 仕事の難易度が簡単• 仕事を貰おうとしない 基本的にはこの状態が当てはまってしまうと、どんどん仕事をしないという悪循環に陥ってしまいます。 社内ニートは仕事量も少なく、任される仕事もさほど重要でないことが多いです。 重要であれば、 もっと 社内での評価もあり、仕事もある程度は暇にならないくらい任されているはずです。 社内ニートの原因が当てはまっている状態では、実績上げたり仕事スキルを身に着けるのも難しいので、キャリアアップにも繋がりません。 ある程度、現職で働いた期間が長くなったとしても、役職にもなかなか就けず、転職しようとしても アピールできる部分がない状態になってしまいます。 警告!意識が高くても社内ニートになってしまう原因2選 ここでは「社内ニートになってしまう原因」には当てはらない、例外パターンの原因2選を紹介します。 新卒社員に多い!会社が忙しすぎるパターン• 職場の人にいじめられているパターン この2つをそれぞれ詳しく解説していきます。 ぜひ「当てはまっているかな?」と感じた方はその対処法も紹介するので、目を通していってください。 新卒社員に多い!会社が忙しすぎるパターン 会社が人手不足や忙しい場合、部下の面倒を見切れず 放置されてしまうパターンです。 右も左もわからない 新卒社員が社内ニートになってしまう人に、このパターンが多い傾向があります。 新卒社員を教育するほどの時間的に余裕がないと、会社側も新卒社員に振る仕事を簡単にせざるえません。 結果、 新卒社員は「 やりがいを感じない」「 面白くない」「 何のために会社に入ったかわからない」という心理になってしまうのです。 この場合は、どうしても新卒社員の面倒を見る上司が気を遣う余裕がないので、新卒社員から能動的に 仕事を貰いに行くのが一番の解決策になります。 上司も常に新しい仕事を新卒社員に振っていくにつれて、その人の力量を把握してくれます。 把握してくれた後は、新卒社員の力量に合った仕事を徐々に振ってくれるようになるでしょう。 職場の人にいじめられているパターン 上司から、 理不尽に嫌われているパターンです。 いわゆる窓際族に追い込まれたりされている状態です。 この場合は、上司と話し合い仲良くするのが解決策の一つですが、 このパターンに当てはまるほとんどの人は実践するのを難しいと感じているはずです。 難しいと感じた方はもう一つの選択肢を検討してみてください。 もう一つの選択肢とは、 転職活動をしてしまうという方法です。 どうしても、解決できないのであれば職場を変えてしまうのが一番手っ取り早いでしょう。 後半にはそんな社内ニート向けの転職方法も紹介するので参考にしてみてください。 社内ニートになってしまう人の特徴5選 ここでは社内ニートになってしまう人の特徴について解説します。 どんな特徴になってしまえば、社内ニートの原因を呼び起こしてしまうのか、自分に当てはまっていないか確認してみてください。 以下がその社内ニートになってしまう人の特徴です。 意見を言うところで言えない• 質問するのにためらって、していない• 過度に上司を怖がっている• 状況説明が上手でない 上に当てはまっている場合は一度、上司との関わり方を振り返って、できるだけ改善する努力をしてみましょう。 会社が年功序列で意見が言いずらい 歴史が長い企業などでは 年功序列を重んじるところがあります。 若手の意見を取り入れるよりも、経験を重要視する会社です。 この場合は、上司から気に入られるように努力していきます。 媚を売りまくるというよりは、仲良くなるイメージで大丈夫です。 自分が満足できる仕事量を振ってもらえるくらいまで、良好なコミュニケーションを取っていく努力をしていきましょう。 仕事に対してのやりがいがない 仕事に対してやりがいがない状態は 社内ニートになる通過点です。 仕事にやりがいがないと、「社内ニートになる原因」でも紹介した「仕事量が少ない」「仕事を貰おうとしない」に繋がります。 この場合に当てはまる方は、できるだけ社内ニートになる前に転職するか、しないかを考えたほうが良いでしょう。 ただ、仕事にも 得意、不得意というものがあります。 仕事への思い 仕事の相性 将来性 やりがいを感じている 悪い キャリアアップは望めない やりがいを感じない 良い キャリアアップできる この表のように、 仕事には相性があり、やりがいは感じないが今の仕事を続けたほうが将来的に良い場合もあります。 もちろん、やりがいを感じて仕事ができ、自分のスキルも活かせれば、仕事そのものに対して充実感を得ることができるでしょう。 ただ、仕事に対しやりがいを感じ、かつ自分のスキルを活かせる仕事を見るつけるのは難しいです。 それなりの キャリアも必要ですし、求めらる スキルも多くあるからです。 なので、もし新しいやりがいを求めて転職するのであれば、自己分析などを入念に行い、自分の合っているいる仕事を把握してから転職活動するようにしましょう。 転職エージェントサービスなどの面談でもいろいろアドバイスをもらえたりするので、利用してみるのもおすすめします。 >>自分に合った転職エージェントを探すのならこちら キャリアアップしようとしない キャリアアップする気がないということは、立場的に仕事を無難にこなせばいいということになります。 社内ニートも仕事を集中してすることはありません。 なぜなら、仕事も少なく全力での力で仕事を終わらせる必要がないからです。 キャリアアップしようとしない状態というのは、非常に社内ニートと似ている状態です。 最終的には、上司からも無難な仕事しか任されないようになり、社内ニートになってしまいます。 指示通りの仕事ができない 仕事で言われたこと以上のことをするのも、指示されたことができてからです。 仕事意識が高い人に多いミスなのですが、指示されたこともこなせていないのに、 その先の仕事をしようする傾向があります。 結果、任された仕事も中途半端になり、上司からの評価も下がって任される仕事が少なくなっていきます。 「仕事に対してやりがいがない」の表でもあったように、「 仕事にやりがいはあるが、キャリアアップは望めない」に当てはまります。 まず、自分がそうなっていると感じたのであれば、日頃の仕事から上司に確認を取る回数を増やしたり、落ち着いて仕事をする努力をしましょう。 もし、自分には今の仕事が相性が悪いと感じたのであれば、転職という手段も考えてください。 もちろん、転職を考えるのであれば自己分析からしっかりしましょう。 社内ニートは「転職するか・しないか」しかない 社内ニートになってしまった場合「 転職するか・しないか」の選択肢しかありません。 転職しない場合は、勤めている会社でいかに仕事を貰うように努力して、仕事のない状態を打破するしかないのです。 もう一つは、新天地でもっと自分のスキルを使ってもらう選択肢です。 基本的に中途採用は即戦力として採用されるパターンがほとんどなので、うまく転職すればそれだけで社内ニートの毎日から脱出できます。 どちらもメリット、デメリットがあり次の章で詳しく解説していきます。 転職するメリットとデメリットを知って、選択肢を間違わないようにしましょう。 社内ニートが転職したときのメリット・デメリット 主にここでは転職したときのメリット・デメリットを紹介します。 社内ニートが転職したときにどのようなメリットがあり、どのようなデメリットがあるのか知っていきましょう。 転職するデメリット 転職する際の一番大きなデメリットととしては転職したとしても、自分がまたやりがいであったり、理想としていた働き方を実現できない可能性があるということです。 【転職失敗談】 SE 26歳 男性 前職では社内ニート状態で、会社にいても暇な状態が続くだけでした。 1日に任される仕事量は朝出社して昼前までに終わるくらいです。 昼までに終わる仕事をダラダラ行い長引かしたり、それでも退勤時間まで時間が余ってしまうので上司の目を盗みネットサーフィンをする日々でした。 さすがにこの状態を続けても将来性がないと感じ、思い切って転職を決意しました。 しかし、急いで転職したせいもあるのですが転職先では超が付くほどのブラック企業でした。 サービス残業が当たり前ですし、一日の仕事量もかなり多かったです。 結局、2回目の転職することを決めました。 2回目の転職は、前の転職の失敗を教訓にして、転職エージェントなどを複数登録し選択肢を増やす工夫をしました。 応募する企業の質を選んだ結果、採用選考で落とされてしまう企業も多かったですが、今では無事に転職ができ心地よい疲労感がある職場で働けています。 初めのころは、給与も社内ニートの頃よりは少なかったのですが、今では実績も評価され、社内ニート時代の給与も超えました。 一回目の転職は遠回りでしたが、めげずに2回目の転職活動をしてよかったです。 この方のように安直に転職をしてしまい、劣悪な労働条件のもと働かなければいけなくなった方もいます。 転職をしたからと言って、 絶対に今の状況より改善されるというわけではありません。 中には、普通に働いてみたけど、社内ニートの方が全然良かったという声もありました。 上の画像はGoogleサジェストキーワードと言われ、検索されている回数が多いキーワードをgoogleが選定して表示しているものです。 検索窓に「社内ニート」と打ち込んだのですが、サジェストキーワード欄に「社内ニート なりたい」というキーワードが出てきているのがわかると思います。 丁度、赤枠で囲っている部分です。 ここからわかることは、今現在にも社内ニートになりたいと思っている方も多く存在するということです。 いかに、 いま働いている人たちが自分とマッチした仕事と出会うのが難しいかということがわかります。 安易に現状が嫌で転職しても、自分が納得できる仕事に就くのは難しいということなのです。 転職したときのメリット 社内ニートが転職したときのメリットは、 今の仕事に対する 不満の全てを解決できる可能性を秘めているということです。 また、給与アップなどの労働条件も良くなる付加価値もついてくる可能性もあります。 「転職したときのデメリット」では自分に合った職場を探すのが難しいと散々解説しました。 ですが、自分に合った職場に転職できさえすれば、 今までとは一味も二味も違う仕事へのやりがいであったり、楽しさを感じれます。 先ほどの口コミでも、1回目の転職先では失敗しましたが、2回目の転職で見事やりがいのある仕事を見つけ、社内ニートの頃よりも労働条件も良くなっています。 このように、転職には失敗するリスクもありますが、反対にちゃんとした転職活動を行えば、自分にマッチした仕事に転職できるということです。 今日から試そう!社内ニートから脱出する過ごし方 ここでは社内ニートが職場でどういう日々を送っていけば、現状から脱出できるかの具体的な過ごし方を紹介します。 実際に、社内ニートの方に試してもらい、改善できたことは確認済みです。 一つずつ具体的に解説していきますので、ぜひ自分が今どの状態にいるのか比較しながら取り入れていってください。 1日の過ごし方の全体像は以下になります。 上司とのコミュニケーションを図る• 仕事を普段より早く終わらせていく• 徐々に仕事量を増やしていく• 社内ニートから脱出 or できない コツとしてはすべてを一気に試さず、一つずつ無理なく着実にこなすようにしてください。 いきなり、全部を試そうとすると、モチベーションも続かなくなるからです。 最初は「少し物足りない」くらいから始めていくと良いでしょう。 それでは詳しく解説していきます。 【1ステップ】上司とのコミュニケーションを図る まずは、仕事を振ってもらえない上司とコミュニケーションを図ります。 挨拶するのも苦手な状態でしたら、挨拶を普通にできるように心がけていくなどで構いません。 段々と仲良くなっていくイメージで行っていきましょう。 上司とコミュニケーションが取れるということは、仕事でも連携が取れるということになってくるので仕事を振ってもらいやすくなります。 また、媚を売るわけではないのですが、 上司と仲良くしておくと評価も上がりやすくなるので、キャリアアップにも繋がりやすくなります。 【2ステップ】仕事を普段より早く終わらしていく 仕事を普段よりだんだんと早く終わらしていきます。 いきなり早く終わらせてしまうと上司から「 今まではサボっていた」と思われてしまうので、さりげなく早く終わらせていきましょう。 普段より2割増しで早くしていくなど、だんだんと仕事が慣れてきたように上司に錯覚させていきます。 くれぐれも早く終わりすぎて、今までサボっていたという印象は残さないように気を付けてください。 【3ステップ】徐々に仕事量を増やしていく 仕事をだんだんと早く終わらせていくと、当然ですが時間が余ります。 そんな時に上司の仕事を手伝ったり、他に何か仕事がないか聞きに行きましょう。 その時に、上司とのコミュニケーションが活きてきます。 上司とコミュニケーションが取れているのであれば、 上司も喜びながらあなたに仕事をくれるでしょう。 【4ステップ】社内ニートから脱出 この作業を2か月くらい続けていくと、 社内ニートをしていたころの仕事量よりもはるかに増えているでしょう。 もし、あなたが2か月も努力して現状が変わらないのであれば、社内ニートのもう一つの選択肢である転職を考えなければいけません。 または、1~4もステップもすべてこなせなかった場合もです。 ステップ1から4を試そうと歩み寄ろうとしたのにかかわらず、それを上司ないし会社の人は拒んできたというのであれば、改善の余地がありません。 転職して新しい環境に身を置くのが良いでしょう。 次の章では実際に社内ニートであれば、どういった転職方法がおすすめなのかについて紹介します。 また、転職するかしないかで迷っている方にもおすすめな方法なので、ぜひ目を通していってください。 社内ニートにおすすめ転職方法 社内ニートが実際の転職活動で困ってしまうのは、 転職理由や 自己PRなどの部分です。 どうしても、社内ニートの場合、 普通の会社員よりもアピールポイントを探すのに苦労してしまいます。 一番、簡単な方法としては「 転職エージェントのアドバイザーに頼り切ってしまうという方法」です。 転職エージェントのアドバイザーはいわば、転職のプロです。 面談などをもとに、あなたの自己PRポイントであったり、退職理由などを上手に伝える方法を提案してくれます。 また、 転職エージェントは転職するかしないかを迷っている方にもいろいろと相談に乗ってくれるので、ぜひ利用してもらいたいです。 利用するのも無料なので、ぜひ使い倒してください。 次の章では、そんな社内ニートでも転職を成功させる、または転職するかしないかの正しい選択を手伝ってくれる、おすすめ転職エージェントを紹介します。 【社内ニート向け】おすすめ転職エージェント5選 リクルートエージェント【膨大なデータをもとにアドバイス】 株式会社リクルートキャリアが提供してくれるサービスの一つです。 リクルートの他サービス「リクナビNEXT(求人サイト)」は自分でたくさんの仕事を探さないといけない手間があります。 しかし、リクルートエージェントは、膨大なリクルートの求人の中からエージェントがあなたに合った求人を見つけてくれます。 「 転職支援実績No. 1」というのもエージェントたちの「 サポートの質の高さ」と「 紹介できる求人の多さ」の裏付けでしょう。 圧倒的な求人の多さが売りなので、他のエージェントや転職サイトの求人数が少ない時の補助的な役割で登録する方も多いようです。 転職活動を始めるならまず登録することをおすすめします。 doda【アドバイザーの質をこだわるなら】 求人数も多く、特に以下の 通信、営業、企画系の3つがdodaの転職先では人気です。 もちろん、大手ということもあり、 上3つの職種以外にも多くの求人があります。 エージェントのサポートの質には定評があるものの、あくまでどこかの業界に特化した転職サービスではないので、 専門性の高い職業ではエージェントの知識不足があるという不満点を持つ利用者もいます。 担当してもらうアドバイザーには知識不足という当たりはずれはあるものの、優れたサポートには定評があるので「転職は初めてでどのように対策すればいいのかわからない」と思っている方は、丁寧にサポートしてくれるdodaはおすすめです。 ウズキャリ【既卒の方におすすめ】 転職をする方には ブラック企業に就職してしまうのは避けたいと思っているのが普通でしょう。 初めての正社員や、前職がブラック企業で退職された方は転職活動をするうえでは 大部分を占める不安要素です。 ウズキャリではそんな ブラック企業の求人を徹底的に排除しているのが特徴なサービスです。 紹介する求人には、離職率や労働時間、雇用形態などの基準を設けているだけでなく、ウズキャリ経由で入社した方からのフィードバックによってブラック企業をできるだけ紹介しない点も好感をもてます。 どの会社がブラックかそうでないか判断するのがめんどくさいと思っている方は、 徹底的にホワイト、働きやすい職場を紹介してくれるウズキャリがおすすめです。 最後に、、、正しい転職活動にしよう 社内ニートについて詳しく紹介させていただきました。 どういった選択肢をとれば、自分は良いのかと少しでもヒントを見つけれたら幸いです。 下の表は、先ほど紹介した転職エージェントをまとめた表になります。 サービス名 特徴 支援実績から的確なサポート受けるのであれば アドバイザーが平均的に優秀、支援実績も多数あり 20代の信頼度No. 1 満足度の高い手厚いサポートに定評あり 既卒でブラック企業に当たりたくない方におすすめ 注意点としては、 できるだけ転職エージェントを利用する時は 複数登録するようにしましょう。 転職エージェントのアドバイザーも結局は人です。 あなたに合う合わないというものがあります。 一つの転職エージェントサービスのアドバイザーと合わなかったからと言って、 他のエージェントの利用を辞めるのはすごくもったいないことです。 むしろ、自分に合うアドバイザーが見つかるまで登録して利用することをおすすめします。 複数登録して、しっかりと自分に合った転職エージェントを選んでください。 転職エージェントを詳しくまとめたページはこちらです。

次の