みんなの line ストーリー。 「トイ・ストーリー」などのキャラが登場! 『LINE:ピクサー タワー 〜おかいものパズル〜』事前登録開始

「トイ・ストーリー」などのキャラが登場! 『LINE:ピクサー タワー 〜おかいものパズル〜』事前登録開始

みんなの line ストーリー

ストーリーがあると、コピーの反応が上がる! あなたも、このような話をどこかで聞いたことがあるかもしれません。 近年、セールスの分野で「ストーリー」を使った戦略が話題になることが増えました。 しかし、ストーリーを使った戦略は、決して新しいものではありません。 この手法は、「ストーリー・テリング」と呼ばれ、大昔から存在する説得術の一つです。 今回は、この「ストーリー・テリング」について、お話いたします。 ちなみに、今回お伝えすることは、ブランディング目的のストーリー・テリングではありません。 レスポンス広告における、「ストーリー・テリング」です。 ストーリーを使えば、レスポンスはあがるのか? レスポンスがあがるかどうかは、ストーリーの内容によります。 しかし、1つだけハッキリと言えることがあります。 それは、「ストーリーは読まれる」ということです。 親が読み聞かせてくれた物語、漫画や映画、本、テレビドラマなど… 私たちは子供の頃から、物語に親しんできました。 人は、ストーリーと共に生きてきたといっても、過言ではありません。 世界中、どこの国でも神話や昔話と呼ばれるストーリーが存在します。 そして、それらのストーリーは、次の世代、そのまた次の世代へと伝承され続けます。 私たち人間は、大昔から知っていたのです。 人に何かを伝える時、ストーリーが何よりも優れた手段であることを… 人は、ストーリーを好む生き物であるということを… たとえば、「桃太郎」がどういったストーリーか、あなたも知っているはずです。 不思議ですよね? 随分前に聞いた物語なのに、今でも覚えているのですから。 また、あなたは、「桃太郎」というストーリーから何を学んだでしょうか? 「仲間と力を合わせる」という、大切なことを学んだのではないでしょうか? 学生の時に必死に覚えた数学の方程式や、英単語すら思い出せないのが普通です。 しかし、あなたは、桃太郎がどういった話かを覚えています。 そして、物語から得た教訓や知恵までをも、覚えています。 素晴らしいストーリーは、人を引き込み、驚かせ、感動させます。 そして、人の心に残り続けます。 あのイエス・キリストも、お釈迦さんも、ストーリーを使って、その教えを人々に広めてきました。 難しい話も、信用しにくい話も、説教も… 興味深いストーリーとして語れば、スラスラと人の心に入り込んできます。 「ストーリーは読まれる」 この点においては、セールスコピーにおいても揺るぎない事実でしょう。 また、心理学の観点でも、ストーリーは人の潜在意識に働きかけると言われています。 人の行動や考えの約90%は、潜在意識が決定していると言われています。 つまり、ストーリーは相手の考えや行動に、大きく影響できるのです。 しかし、注意点があります。 ストーリーならば、何でも良いのか? 「ストーリー・テリング」が効果的であることは、現在、多くの人に知れ渡りました。 しかし、多くの人が「ストーリー・テリング」について、間違えた考えをお持ちです。 それは、「とにかくストーリーを書こう!」という考えです。 ストーリーだったら、なんでも良いというわけではありません。 反応を高めるストーリーには、用途によって重要なポイントがあります。 例えば、セールスコピーでストーリー・テリングを使うならば、主に以下の用途が挙げられます。 コピーの前半で、読者を引き込むためにショートストーリーを展開 2. 商品の価値が伝わるよう、開発秘話や苦労話を展開 3. 商品の価値が伝わるよう、購入者の体験談を展開 4. コピー全体を通してストーリー仕立てにし、読者の好奇心をあおりながら、コピーを最後の売り込みまで読ませる…(ストーリーを通して、商品の必要性が理解できる内容であること) 上記の「2」に関しては、事実を魅力的に伝えられればOKです。 しかし、もし、上記の「1」、「3」、「4」の用途で、ストーリーを使うならば? ターゲットが共感でき、興味を持てる話を徹底しなければなりません。 ストーリーを読んだターゲットが、 「これは、私のことじゃないか」と思える内容であること。 そうでなければ、ターゲットはストーリーを途中で読むのを止めてしまいます。 もしくは、ストーリーを最後まで読んでも、あなたの提案には興味を示さないでしょう。 ストーリーは、読まれやすいという特徴があります。 しかし、最後まで読み続けてもらえるか? ストーリーを読んで、商品を欲しいと思ってもらえるかどうかは別の話です。 ストーリーを読み続けてもらい、商品を購入してもらうには? ターゲットが共感と興味を持てるような内容にしなければなりません。 コツとしては、商品のターゲットとなる人物を主人公に、ストーリーを語ることです。 そうすれば、ストーリーを読んだ読み手は、「これは、私のことじゃないか!」と思い、 ストーリーを読み進めながら、あなたの提案に耳を傾けるようになるのです。 そして、あなたの提案がいかに優れているかを、ストーリーを通して知ることになるのです。 もちろん、ターゲット以外の人物を主人公にしても、効果的なストーリーは書けます。 今回お伝えしたテクニックは、ほんの一部にすぎません。 で「ハリウッド式」のストーリー・テリングのテクニックをご紹介いたします。 では、今回のまとめに入ります。 売れるストーリー「3つのポイント」 ・ ストーリーは読まれる ・ ただし、読み手が興味と共感を持つストーリーを書くこと ・ ストーリーの主人公は、ターゲットを設定する 推奨書籍.

次の

LINE「ストーリー」の使い方──閲覧・投稿の方法から消し方、足跡・公開範囲などの仕様面まで

みんなの line ストーリー

LINE GAMES株式会社 本社:韓国ソウル、代表取締役:金 ミンギュ、以下「LINE GAMES」)は、好評配信中のスマートフォン向けゲームアプリ「クロスクロニクル」にて、本日アップデートを行います。 新しいストーリーイベントとして「みんなのクリスマス」が開催!また新キャラクター「モモ」が登場します。 引き続き本作「クロスクロニクル」にご注目ください。 イベントをクリアして「冬祭りのケーキ」を入手、クリスマスイベントダンジョンのボスと戦いましょう。 また、ボスから入手できる「冬祭りの福袋」を集めると、報酬召喚をすることができます。 報酬召喚からはキャラクターの欠片など、貴重なアイテムが入手可能です! 【 ストーリーイベントについて 】 ストーリーを読みながらバトルを進め、獲得したアイテムを様々な報酬と交換するイベントです。 このイベントでしか手に入らない報酬をぜひGETしてください! またステージの最後には強力なボスが登場します。 ステージは「ノーマル」「ハード」「エリート」の3つの難易度に加え、「ボス」「外伝」を用意しているので、腕に自信のある狩人の皆さんにもじっくりと遊んでいただけるコンテンツとなっています。 報酬召喚からはキャラクターの欠片(マリー、イルファ、ルーシー、タマモ)の他、魔人学やスキップ券、強化石などを手に入れることができます。 開催期間:2019年1 2 月 10 日 火 メンテナンス終了後~12月 26 日 火 メンテナンスまで 詳しくはゲーム内のお知らせをご確認下さい。 (報酬受取可能日以降に開放することができます。 子供の頃、月影火山の頂上で聖なる泉を発見したモモは、泉の水を飲み、未知なる力が湧いてくるのを感じた。 それ以来、彼女はその力で村の人々を助け、幸せに暮らしていたが、月影火山の噴火によりすべてを失うことになる。 村は廃墟となり、生き残った者たちは傷一つないモモを恐れ、村を去って行った。 一人残されたモモは悲しみに暮れるが、いつかみんなが村へ戻ると信じ、今日も廃墟となった村を守っている。 イルファのクリスマスコスチューム「冬祭りの案内係イルファ」はクリスマスポイントイベントミッションの報酬として獲得することが可能です。 ルーシー、タマモのクリスマスコスチュームはショップ内より「サンタルーシーパック」「サンタタマモパック」を購入することで使用可能となります。 キャラクターは付属しませんのでご注意ください。 一部を抜粋してご紹介します。 ・出席簿(ログインボーナス)の改善。 ・新規ユーザー、復帰ユーザー向けログインボーナスの実装。 ・新規ユーザー向けに新ミッション「7日祭り」の実装。 ・召喚確率の改善。 ・連合のおすすめリストにリロード機能の実装。 他、多数の機能改善並びに不具合修正を行いました。 詳しくはゲーム内のお知らせをご確認下さい。 引き続き本作「クロスクロニクル」にご注目ください。 【クロスクロニクル とは】 クロスクロニクルは、人と魔人が絆を結び【憑依】を武器に敵と戦う【憑依一体型RPG】です。 魔人の力を借りてバトルに臨む【憑依システム】を始め、二つの世界に翻弄される主人公を中心に展開する重厚な群像劇や、フルオート搭載の快適プレイと充実した育成要素が特徴のスマートフォンゲームアプリです。 【ゲーム概要】 タイトル:クロスクロニクル ジャンル:憑依一体型RPG 対応機種:Android 4. 4, iOS 9. All Rights Reserved. LINE Gamesは「ドラゴンフライト」や「エルブリッサ」など自社開発により蓄積された開発ノウハウで「デスティニーチャイルド」などをサービスし、確かな実績を基にパブリッシャーとして日本及び韓国、台湾など、アジアを含むグローバル全域を網羅するゲーム事業の展開を目指している。 また、LINEプラットフォームとの連携により幅広いジャンルのモバイルゲームを展開するだけでなく、コンソール、PCまで、プラットフォームを越えた「面白い挑戦」を続けていく方針だ。 その後予告なしに変更されることがあります。

次の

「トイ・ストーリー」などのキャラが登場! 『LINE:ピクサー タワー 〜おかいものパズル〜』事前登録開始

みんなの line ストーリー

『DIGIMON ADVENTURE(デジモンアドベンチャー)20周年メモリアルストーリープロジェクト』として東映アニメーションとパルコが8月22日からスタートさせたクラウドファンディングは、開始2週間で目標金額の200%を突破する大注目の企画となった。 『デジモンアドベンチャー』の20周年を盛り上げるこのプロジェクトで最も気になる、目玉企画である短編アニメ集『メモリアルストーリー』ついて東映アニメーションのプロデューサー木下陽介さんに詳しくお話をうかがった。 「デジモンアドベンチャー20周年記念 プロデューサー木下陽介さんインタビュー 第2回」 HH 特典の目玉のひとつ、オリジナル短編アニメの『メモリアルストーリー』はクラウドファンディングありきの企画なんですね。 木下 そうです、クラウドファンディングありきです。 そしてどうせ作るなら映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』と連動させようという話になりました。 短編5本という形ですが、どうせやるなら、面白いものを作ろうと考えています。 HH 映画と連動ということは、単なるファンサービス的な作品ではないんですね。 木下 もちろん、より20周年を楽しんでいただくのが第一の目的です。 それでいうと5本目の作品がある意味メインにしたいなと思っています。 というのは、他の4本は基本的に僕が主導でやっているんですが、5本目は初代プロデューサーの関弘美さんに参加してもらってるんです。 こういう企画があるので一緒に考えていただけませんか? とお願いしたら快諾してもらいまして。 脚本は今回の劇場版の大和屋暁さん、絵コンテも劇場版の監督の田口智久さんに切ってもらいました。 デジモンも渡辺けんじさんにキャラを作ってもらったので、ファンの方が観たら驚くと思いますよ。 関さんは僕じゃ考えつかない、大胆な発想をするんですよ。 思わず「それ本当にいいんですか?」って聞いちゃいました。 そしたら「いいんだよ」って 笑。 やっぱりすごいです。 タイトルはなんと「パンプとゴツの渋谷系武勇伝」であのパンプモンとゴツモンが出てきます。 楽しみにしていて欲しいですね。 HH クラウドファンディングの特典のガヤとして参加するのは? 木下 この5話です。 モブのデジモンで参加してもらおうと思ってます。 あっという間に定員に達してしまいました。 本当に一瞬でした。 僕も自分で「ちょっと申し込んでみようかな」って思った瞬間にもう終わっていましたね。 HH では他の4話は『LAST EVOLUTION 絆』の脚本がまずあって、そこから考えた感じですか。 木下 そうですね。 今年の11月に渋谷PARCOに東映アニメがオープンするシアタールーム併設のショップでお買い物をしていただいた方にそこのシアターで観てもらおうという目的もあって、短編の1本目と2本目は『LAST EVOLUTION 絆』の公開時期にあわせて考えました。 劇場公開前に流す1本目は前日譚みたいなものです。 公開中になる2本目は劇場版のある場面の裏側を描いたものになります。 3本目と4本目は、誰も作らないだろうなということをやりたかったのと、劇場版は限られた時間の中で、活躍できるキャラクターも限られてしまうので、劇場版でメインでの活躍が少なかった子たちが活躍する話になってます。 具体的に言うと、丈とゴマモンで1本。 もう1本は、「ジョグレス進化」をテーマにして作りました。 基本的にはファンサービスを意識した5本になっていると思います。 HH 古くからのファンにしてみると初代プロデューサーの関さんが参加されるのは大ニュースですね。 木下 劇場版の田口監督や脚本の大和屋暁さん、渡辺けんじさん達と食事してる時に、クラウドファンディングで短編やるという話が出たら、まず大和屋さんが「何で俺に書かせないんだ、やらせてよ」って言い出して、その流れで田口監督もけんじさんも参加することになったんです。 それで、じゃあ関さんも巻き込もうという話になって。 田口監督はその時まだ本編の絵コンテで苦しんでいたんですが、終わって落ち着いてからちょっと羽根を伸ばせて楽しめるものができるならって言って、本当に2日くらいで絵コンテをあげてきましたね。 なんかノリで決まっちゃったみたいな感じもありますが、ファンサービスという意味では関さん、大和屋さん、けんじさんらオリジナル・メンバーの参加は必然でした。 関さんは劇場版本編の脚本の打ち合わせにも参加してもらってますし、20周年に関してもいろいろ協力していただいてます。 関さんはアドバイスというよりは言いたいことを言うっていう感じなんですよ 笑。 脚本の打ち合わせの前に「私まだ読んでないから後で行くね」って言われて、会議が始まると少しして来て「太一はこういう感じじゃないわね。 これは言わないわね」みたいな。 あと、「デジタルって言ってるけどアナログが大事なのよ」とすごく言われましたね。 20年前もこういう感じだったよって。 HH 凄いメンバーで作られてるんですね。 『メモリアルストーリー』は本当にファンが大喜びする物になりそうですね。 木下 それがやっぱり一番ですから。 喜んでもらえることを忘れないようにしてます。 さらに気になる劇場版『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』についてもバッチリ聞いちゃいました! 第3回に続きます!!

次の