アブラナ の 花 の つくり。 アブラナの花のつくり-中学

タンポポの花のつくり【7年生・理科】

アブラナ の 花 の つくり

観察3:花の一生(種子植物アブラナ)/1年理科『生物』/takaの授業記録2013 このページは、 Mr. Taka > です 第3時 観察3:花の一生(種子植物アブラナ) 2013 4 19(金)、22(月)、23(火)、24(水) 普通教室(理科室が空いていないため) 昨年度の実践『 』 はじめに 昨年と同じナズナを使う予定でしたが、今年は花期を終えていました。 たくさん生えていた空き地が除草されていたことも痛手でした。 生徒198人分を揃えられる材料を探していたこところ、山崎川のアブラナが目に入りました。 アブラナは教科書でよくみる材料なので、挑戦することにしました。 さて、この授業のテーマ「花の一生」は昨年の『 』とほぼ同じなので、このページは「アブラナを指導する手順」「生徒の学習プリント」を中心に掲載します。 アブラナ ・アブラナ科アブラナ属の 二年生植物の総称(花は黄色) ・別名として、 菜の花(食用)、 菜種(菜種油の原料) ・植物油の原料はセイヨウアブラナ、野菜は在来種のアブラナ ・「なばなの里」三重県桑名市長島町 上:アブラナの花(めしべ1、おしべ6、花弁4、がく4) 上:私が準備したアブラナを選ぶ生徒達(2013年4月22日、普通教室)(掲載許可取得中) 1 種子植物の花の一生 詳細は別ページ『』をご覧ください。 上:種子植物の花のつくり、花が成長したものの板書(クリックすると拡大) 2 アブラナの花を指導する手順 花は、特別なはたらきを持った葉として考えることができます。 茎の先端の葉はめしべ、次の葉はおしべ、さらに、花弁、がく、苞、総苞、・・・と順に名付けられているわけです。 したがって、花は中心から調べることになります。 4つなので簡単なように思いますが、実際に区別するためには注意が必要です。 下の写真を見てください。 ただし、私の授業は区別せず、「がく」として指導しました。 上:アブラナのつぼみと花(クリックすると) 上の「つぼみ」に着目すると、 黄緑色のものに覆われていることがわかると思います。 それは「4枚のがく片」です。 アブラナが開花するとき、まず「4枚のがく片」が開きます。 色は「 黄緑色から 黄色へ」変化し、形は細長くなります。 花弁は、がく片が開いた後に開くわけです。 これを指導するために、まず「つぼみ」があることを確認させ、次に「がく」が開いたものを確認させます。 下の板書では、はじめに「つぼみ」を書き、次に「がく」4本を書きました。 上:アブラナの花の模式図 上2枚:ルーペを使って、アブラナの花を調べる生徒 上:アブラナの花のつくりが分かるように、丁寧に添付しようとする様子 アブラナの花は、そのつくりを調べるだけなら何とかなりますが、「めしべの子房が発達するようす」を観察させるためには、次のような注意点が必要です。 (1)花弁はすぐに散ったりしぼんだりすること、(2)子房は濃い緑ですぐに伸びること、です。 簡単に観察できるように思いますが、実際のアブラナで確かめたり理解したりすることは難しいものです。 先生は簡単にわかるふりをすることが大切です。 上:Aさんがまとめたアブラナの花の一生 上:B君がまとめた花の一生 B君のまとめはとくに優れています。 花の中央にあるめしべが発達する様子がよくわかるからです。 右端には「子房(果実)」から取り出した「種子」を添付しています。 上:果実の中に種子を書いた板書 上:果実の中にある種子(未成熟) 3 実習風景など 上:(掲載許可取得中). 4 生徒の学習プリント 上:Cさんの学習プリント 上:D君の学習プリント 上:E君の学習プリント 上:F君の学習プリント 上:Gさんの学習プリント 上:Hさんの学習プリント 授業を終えて アブラナは有名な材料ですが、子房の成長の観察には不向きでした。 子房が子房(めしべの一部)らしくないからです。 もちろん、アブラナはいろいろな種類があるので、私が山崎川で採取したものは難しい、ということです。 授業を計画されている先生には、やカラスノエンドウをお勧めします。 花のつくりに囚われることなく、発達する子房に集中できるので指導しやすい、と思います。 今回は私の指導に良くついてきてくれた、と生徒に感謝しています。 関連ページ ・ 1年(2012年) ・ () ・ () 実践ビジュアル教科書『』 第1章 生命とは何か 観察の基礎 p. 20 第5章 花と植物 花が種子になるまで p. 96〜p.

次の

アブラナの花のつくり-中学

アブラナ の 花 の つくり

観察3:花の一生(種子植物アブラナ)/1年理科『生物』/takaの授業記録2013 このページは、 Mr. Taka > です 第3時 観察3:花の一生(種子植物アブラナ) 2013 4 19(金)、22(月)、23(火)、24(水) 普通教室(理科室が空いていないため) 昨年度の実践『 』 はじめに 昨年と同じナズナを使う予定でしたが、今年は花期を終えていました。 たくさん生えていた空き地が除草されていたことも痛手でした。 生徒198人分を揃えられる材料を探していたこところ、山崎川のアブラナが目に入りました。 アブラナは教科書でよくみる材料なので、挑戦することにしました。 さて、この授業のテーマ「花の一生」は昨年の『 』とほぼ同じなので、このページは「アブラナを指導する手順」「生徒の学習プリント」を中心に掲載します。 アブラナ ・アブラナ科アブラナ属の 二年生植物の総称(花は黄色) ・別名として、 菜の花(食用)、 菜種(菜種油の原料) ・植物油の原料はセイヨウアブラナ、野菜は在来種のアブラナ ・「なばなの里」三重県桑名市長島町 上:アブラナの花(めしべ1、おしべ6、花弁4、がく4) 上:私が準備したアブラナを選ぶ生徒達(2013年4月22日、普通教室)(掲載許可取得中) 1 種子植物の花の一生 詳細は別ページ『』をご覧ください。 上:種子植物の花のつくり、花が成長したものの板書(クリックすると拡大) 2 アブラナの花を指導する手順 花は、特別なはたらきを持った葉として考えることができます。 茎の先端の葉はめしべ、次の葉はおしべ、さらに、花弁、がく、苞、総苞、・・・と順に名付けられているわけです。 したがって、花は中心から調べることになります。 4つなので簡単なように思いますが、実際に区別するためには注意が必要です。 下の写真を見てください。 ただし、私の授業は区別せず、「がく」として指導しました。 上:アブラナのつぼみと花(クリックすると) 上の「つぼみ」に着目すると、 黄緑色のものに覆われていることがわかると思います。 それは「4枚のがく片」です。 アブラナが開花するとき、まず「4枚のがく片」が開きます。 色は「 黄緑色から 黄色へ」変化し、形は細長くなります。 花弁は、がく片が開いた後に開くわけです。 これを指導するために、まず「つぼみ」があることを確認させ、次に「がく」が開いたものを確認させます。 下の板書では、はじめに「つぼみ」を書き、次に「がく」4本を書きました。 上:アブラナの花の模式図 上2枚:ルーペを使って、アブラナの花を調べる生徒 上:アブラナの花のつくりが分かるように、丁寧に添付しようとする様子 アブラナの花は、そのつくりを調べるだけなら何とかなりますが、「めしべの子房が発達するようす」を観察させるためには、次のような注意点が必要です。 (1)花弁はすぐに散ったりしぼんだりすること、(2)子房は濃い緑ですぐに伸びること、です。 簡単に観察できるように思いますが、実際のアブラナで確かめたり理解したりすることは難しいものです。 先生は簡単にわかるふりをすることが大切です。 上:Aさんがまとめたアブラナの花の一生 上:B君がまとめた花の一生 B君のまとめはとくに優れています。 花の中央にあるめしべが発達する様子がよくわかるからです。 右端には「子房(果実)」から取り出した「種子」を添付しています。 上:果実の中に種子を書いた板書 上:果実の中にある種子(未成熟) 3 実習風景など 上:(掲載許可取得中). 4 生徒の学習プリント 上:Cさんの学習プリント 上:D君の学習プリント 上:E君の学習プリント 上:F君の学習プリント 上:Gさんの学習プリント 上:Hさんの学習プリント 授業を終えて アブラナは有名な材料ですが、子房の成長の観察には不向きでした。 子房が子房(めしべの一部)らしくないからです。 もちろん、アブラナはいろいろな種類があるので、私が山崎川で採取したものは難しい、ということです。 授業を計画されている先生には、やカラスノエンドウをお勧めします。 花のつくりに囚われることなく、発達する子房に集中できるので指導しやすい、と思います。 今回は私の指導に良くついてきてくれた、と生徒に感謝しています。 関連ページ ・ 1年(2012年) ・ () ・ () 実践ビジュアル教科書『』 第1章 生命とは何か 観察の基礎 p. 20 第5章 花と植物 花が種子になるまで p. 96〜p.

次の

【完全図解】アブラナの花(菜の花)のつくりの4つの特徴

アブラナ の 花 の つくり

種子植物 花を咲かせ、種子でなかまをふやす植物を 種子植物という。 種子植物はさらに被子植物と裸子植物にわけられる。 被子植物・・・花びらのある花を咲かせる。 サクラ、タンポポ、アジサイ、アブラナ、エンドウなど 裸子植物・・・花びらのない花を咲かせる。 マツ、スギ、イチョウ、ソテツなど 被子植物 サクラ、タンポポ、アジサイ、アブラナ、エンドウなどの被子植物は 内側から めしべ、おしべ、花弁、がくがある。 めしべは 柱頭、花柱、子房からなり、子房の中には胚珠がある。 胚珠は将来種子になる。 おしべは やくとそれを支える花糸からなり、やくの内部では花粉が作られる。 子房 柱頭 めしべ やく おしべ 花弁 がく 胚珠 花弁・・・はなびら 柱頭・・・めしべの先端部分。 ここに花粉がつくことを受粉という。 子房・・・めしべの根本のふくらんだ部分。 このなかに胚珠がある。 胚珠・・・子房の中にある、受粉の後、種子になる。 やく・・・おしべの先端部分。 中に花粉の入った袋。 被子植物の特徴 胚珠が子房に包まれていて、花に花弁があること。 被子植物の花は花弁が1枚1枚離れている 離弁花と花弁のくっついている 合弁花がある。 離弁花・・・アブラナ、サクラ、エンドウなど 合弁花・・・タンポポ、ツツジ、アサガオなど 花のはたらき 花は子孫を残すための 生殖器官である。 花のはたらき なかまをふやすために種子を作る 受粉と受精 受粉・・・おしべの先端のやくから出た花粉がめしべの柱頭につくこと。 受粉後、花粉から花粉管が胚珠に向かってのび、胚珠で受精がおこなわれる。 受精の後、 子房は成長して果実になり、 胚珠は種子になる。 裸子植物 マツ、スギ、イチョウ、ソテツなどは裸子植物である。 裸子植物の花には花弁やがくがないが、胚珠や花粉のうがあり受粉によって種子を作る。 裸子植物の花には子房がなく胚珠がむき出しになっているのが特徴である。 雌花 雄花 2年前の雌花 まつかさ 雌花 雌花のりん片 胚珠 拡大 マツの雄花 雄花のりん片 花粉のう 拡大 マツは雄花、雌花ともにりん片が多数集まったつくりをしている。 雄花のりん片の花粉のうで作られるマツの花粉は空気袋がついていて風の力で遠くまで移動できる。 マツの雌花は受粉から1年以上かかってまつかさになって胚珠は種子になる。 裸子植物の花は1つの花におしべとめしべがあるのではなく、雄花、雌花にわかれている。 雌花には子房がなく 胚珠がむき出しになっている。 雄花には花粉のうがあり、その中に花粉がある。 補足説明 単性花と両性花 1つの花におしべかめしべのどちらか一方だけしかない花を 単性花、1つの花におしべとめしべの両方あるものを 両性花という。 裸子植物は単性花で、被子植物の多くは両性花だが、キュウリやカボチャ、ホウレンソウなど単性花のものもある。 単性花ではおしべだけのものが雄花、めしべだけあるものが雌花である。 単性花をつける植物のうち、雌花と雄花が同じ個体にできるものを 雌雄同株、 雄花と雌花が別々の個体 雄株、雌株 にできるものを 雌雄異株という。 マツ、スギ、カボチャ、キュウリなどは雌雄同株、イチョウ、ソテツ、ホウレンソウなどは雌雄異株である。 虫媒花と風媒花 おもに昆虫が受粉のなかだちをする花を 虫媒花という。 虫媒花は色鮮やかな花弁や、蜜、においなどで昆虫をひきつけ、昆虫が蜜を吸ったりしたときにおしべの花粉が昆虫の 体について別の花のめしべに運ばれて受粉が行われる。 花粉が風によって運ばれて受粉する花を 風媒花という。 花は地味で目立たず、花粉の量が多くて軽い。 裸子植物のほとんど、被子植物ではイネなどが風媒花である。 花粉のうとやく 花粉がつくられる組織を被子植物では やく、裸子植物では 花粉のうという。 被子植物のやくの中には花粉のうがあり、その中で花粉ができる。 基本事項の確認 答表示 花を咲かせ、 種子でなかまをふやす植物を種子植物という。 種子植物のうち胚珠が 子房に包まれているのが被子植物、胚珠がむき出しなのが裸子植物である。 被子植物の花のつくりは外側から、がく、 花弁、おしべ、めしべである。 被子植物には花弁が1枚1枚離れてい 離弁花と花弁のくっついている 合弁花がある。 被子植物のおしべはやくとそれを支える 花糸からなる。 めしべは柱頭、 花柱、子房からなり、子房の中に胚珠がある。 おしべのやくでつくられた 花粉がめしべの柱頭につくのが受粉である。 受粉の後、胚珠で受精が行われるとやがて 子房が果実に、 胚珠が種子になる。 裸子植物では 花粉のうで花粉がつくられる。 裸子植物の花は1つの花におしべ、めしべがあるのではなく 雄花と雌花にわかれている。 マツの花粉は空気袋がついていて 風の力で遠くまで移動できる。 マツの 雌花は1年以上かかってまつかさになる。

次の