住まいのコンビニ。 深夜のコンビニ

IKEA原宿は超・都心型。世界初の「スウェーデンコンビニ」も!

住まいのコンビニ

「自宅の近くにコンビニがあったら……」。 そう思いながら日々生活をしている人は意外に多いのではないだろうか。 特に閑静な住宅地に限ってコンビニはないものだ。 なぜならコンビニの出店には用途地域という壁があるためだ。 これは都市計画法の一つで、土地の用途の混在を防ぐことを目的としている。 たとえば「閑静な住宅地にパチンコ屋」「大型トラックが行き交う工業地域のなかに住宅地」といったようにならないために土地の用途を12種類に分類している。 自分の土地であれば何を建ててもいい、というわけではないのだ。 閑静な住宅地のほとんどは、この「第1種低層住居専用地域」となっている。 これは一戸建てを中心とする住宅地とするもので、12種類用途地域の中でもっとも規制が厳しい地域だ。 コンビニなどの店舗や事務所の出店は原則不可。 原則というのは、銀行の支店や給食センターなど公共性の高い店舗は許可される場合があるからだ。 ところが2016年6月2日、「規制改革実施計画」が閣議決定され、住環境を害さない、公益上やむを得ないといった条件をクリアすれば、コンビニの出店が許可される見通しとなった。 この規制緩和により、私たちの暮らしはより便利になるのだろうか。 高齢者を中心に、近くに買い物をする店舗がない、という買い物弱者が全国で700万人に達している。 コンビニ出店の規制緩和はその対策となり得るのか コンビニを含む小売店には、スーパーやホームセンターなど様々な業態がある。 なぜコンビニだけが今回の規制緩和の対象になったのか。 その理由は大きく二つある。 一つは、高齢者を中心とする"買い物弱者"の存在だ。 昨今、少子高齢化による人口減などで、大型スーパーの撤退や商店街の衰退が進み、食料品などの日常の買い物が困難な状況に置かれている人々が増加している。 経済産業省の調査によると、高齢者の約17%が"買物に困難を感じている"と回答しており、その数は700万人にのぼると推計される。 また、農林水産政策研究所の調査では、自宅から生鮮食料店までの距離が500メートル以上あり、且つ自動車を持たない65歳以上と定義した"買い物弱者"が、2025年に全国で598万人にのぼり、2010年の382万人から200万人以上増えるとの推計されている。 また、その増加の大部分が都市的地域であることも報告されており、買い物弱者は、過疎化の進む地方だけでなく、居住者の高年齢化が進む都市郊外でも問題が表面化している。 買い物弱者を救うために、コンビニの出店は有効なひとつの手段となるだろう。 そこで動きもでてきた。 2016年7月5日、UR都市機構は、大手コンビニ3社との連携協定を発表した。 品ぞろえは小分けのおかずや日用品など高齢者のニーズの高いものを増やし、室内の清掃など家事代行サービスも受け付ける。 店舗によっては住民の集会所としてスペースを開放する予定だ。 URは全国で1,664団地(74万戸)を管理し、高齢者世帯が約4割を占める。 まちの"ライフライン"としての活用も そしてもう一つの理由は、コンビニ出店による経済効果だ。 魚屋や肉屋といった昔ながらの商店が少なくなっている一方で、全国のコンビニが加盟している日本フランチャイズチェーン協会の発表によると、2016年2月末現在でコンビニの店舗数は5万5,000店以上と、前年と比べて2,872店増えており、10兆円を超える市場規模となっている。 最近は肉や野菜などの生鮮食品まで品揃えを広げる店舗も増え、さらにATM設置による金融サービスの提供、宅配サービスの受付、住民票の写しや戸籍証明書の取得など、公共性の高いサービスの提供をしている店舗もある。 また、同協会は、2009年に「社会インフラとしてのコンビニエンスストア宣言」を取りまとめている。 この中では、消費者の利便性向上に加え、地域経済の活性化やまちの安全・安心、地域社会への貢献を目標に掲げている。 2011年3月の東日本大震災では、仮設店舗、移動販売車による食糧、緊急時支援物資の提供や、帰宅困難者への水道水やトイレ、休憩場所などの提供など、コンビニが"ライフライン"として活用されるなど、社会インフラとしての役割も果たしていた。 では、「第1種低層住居専用地域」への出店は誰もが望むことなのだろうか。 出店の条件は、住環境を害さない、公益上やむを得ないなど。 しかし、住環境を害さないかどうかの基準は人それぞれだ。 おもに問題となるのは騒音だろう。 これは客の車の排気音や話し声だけではない。 弁当などを配送するトラックは深夜でも行き来する。 また、エアコンの室外機の騒音も設置場所によっては近所迷惑となり得るだろう。 実際にこれらの問題で警察や裁判沙汰になっているケースもある。 また、筆者は自宅近くで出店後でも数年に渡って周辺住民が反対運動を展開しているケースを目にしている。 そこは前面道路が片側2車線の広い通りで、交通量も多い。 一見コンビニ向きの立地だ。 しかし、両隣の家は反対の大きな看板を庭に掲げ、反対していた。 現在は解決し、営業を続けているが、それでも円満なご近所づきあいは難しいだろう。 このようにコンビニの出店に対する周辺住民の理解は千差万別。 強引に出店してしまうと周辺住民から強烈に反対されてしまうこともある。 また、どの範囲の住民まで賛成してもらえればいいという基準もない。 規制は緩和されるものの、出店できるかどうかは個別対応ということになる。 これから出店を計画するオーナーは、規制緩和を頭ごなしに主張することなく、とにかく穏便に計画を進めてほしい。

次の

住まいのリフォームコンビニ(概要)/大阪府大阪市城東区

住まいのコンビニ

「自宅の近くにコンビニがあったら……」。 そう思いながら日々生活をしている人は意外に多いのではないだろうか。 特に閑静な住宅地に限ってコンビニはないものだ。 なぜならコンビニの出店には用途地域という壁があるためだ。 これは都市計画法の一つで、土地の用途の混在を防ぐことを目的としている。 たとえば「閑静な住宅地にパチンコ屋」「大型トラックが行き交う工業地域のなかに住宅地」といったようにならないために土地の用途を12種類に分類している。 自分の土地であれば何を建ててもいい、というわけではないのだ。 閑静な住宅地のほとんどは、この「第1種低層住居専用地域」となっている。 これは一戸建てを中心とする住宅地とするもので、12種類用途地域の中でもっとも規制が厳しい地域だ。 コンビニなどの店舗や事務所の出店は原則不可。 原則というのは、銀行の支店や給食センターなど公共性の高い店舗は許可される場合があるからだ。 ところが2016年6月2日、「規制改革実施計画」が閣議決定され、住環境を害さない、公益上やむを得ないといった条件をクリアすれば、コンビニの出店が許可される見通しとなった。 この規制緩和により、私たちの暮らしはより便利になるのだろうか。 高齢者を中心に、近くに買い物をする店舗がない、という買い物弱者が全国で700万人に達している。 コンビニ出店の規制緩和はその対策となり得るのか コンビニを含む小売店には、スーパーやホームセンターなど様々な業態がある。 なぜコンビニだけが今回の規制緩和の対象になったのか。 その理由は大きく二つある。 一つは、高齢者を中心とする"買い物弱者"の存在だ。 昨今、少子高齢化による人口減などで、大型スーパーの撤退や商店街の衰退が進み、食料品などの日常の買い物が困難な状況に置かれている人々が増加している。 経済産業省の調査によると、高齢者の約17%が"買物に困難を感じている"と回答しており、その数は700万人にのぼると推計される。 また、農林水産政策研究所の調査では、自宅から生鮮食料店までの距離が500メートル以上あり、且つ自動車を持たない65歳以上と定義した"買い物弱者"が、2025年に全国で598万人にのぼり、2010年の382万人から200万人以上増えるとの推計されている。 また、その増加の大部分が都市的地域であることも報告されており、買い物弱者は、過疎化の進む地方だけでなく、居住者の高年齢化が進む都市郊外でも問題が表面化している。 買い物弱者を救うために、コンビニの出店は有効なひとつの手段となるだろう。 そこで動きもでてきた。 2016年7月5日、UR都市機構は、大手コンビニ3社との連携協定を発表した。 品ぞろえは小分けのおかずや日用品など高齢者のニーズの高いものを増やし、室内の清掃など家事代行サービスも受け付ける。 店舗によっては住民の集会所としてスペースを開放する予定だ。 URは全国で1,664団地(74万戸)を管理し、高齢者世帯が約4割を占める。 まちの"ライフライン"としての活用も そしてもう一つの理由は、コンビニ出店による経済効果だ。 魚屋や肉屋といった昔ながらの商店が少なくなっている一方で、全国のコンビニが加盟している日本フランチャイズチェーン協会の発表によると、2016年2月末現在でコンビニの店舗数は5万5,000店以上と、前年と比べて2,872店増えており、10兆円を超える市場規模となっている。 最近は肉や野菜などの生鮮食品まで品揃えを広げる店舗も増え、さらにATM設置による金融サービスの提供、宅配サービスの受付、住民票の写しや戸籍証明書の取得など、公共性の高いサービスの提供をしている店舗もある。 また、同協会は、2009年に「社会インフラとしてのコンビニエンスストア宣言」を取りまとめている。 この中では、消費者の利便性向上に加え、地域経済の活性化やまちの安全・安心、地域社会への貢献を目標に掲げている。 2011年3月の東日本大震災では、仮設店舗、移動販売車による食糧、緊急時支援物資の提供や、帰宅困難者への水道水やトイレ、休憩場所などの提供など、コンビニが"ライフライン"として活用されるなど、社会インフラとしての役割も果たしていた。 では、「第1種低層住居専用地域」への出店は誰もが望むことなのだろうか。 出店の条件は、住環境を害さない、公益上やむを得ないなど。 しかし、住環境を害さないかどうかの基準は人それぞれだ。 おもに問題となるのは騒音だろう。 これは客の車の排気音や話し声だけではない。 弁当などを配送するトラックは深夜でも行き来する。 また、エアコンの室外機の騒音も設置場所によっては近所迷惑となり得るだろう。 実際にこれらの問題で警察や裁判沙汰になっているケースもある。 また、筆者は自宅近くで出店後でも数年に渡って周辺住民が反対運動を展開しているケースを目にしている。 そこは前面道路が片側2車線の広い通りで、交通量も多い。 一見コンビニ向きの立地だ。 しかし、両隣の家は反対の大きな看板を庭に掲げ、反対していた。 現在は解決し、営業を続けているが、それでも円満なご近所づきあいは難しいだろう。 このようにコンビニの出店に対する周辺住民の理解は千差万別。 強引に出店してしまうと周辺住民から強烈に反対されてしまうこともある。 また、どの範囲の住民まで賛成してもらえればいいという基準もない。 規制は緩和されるものの、出店できるかどうかは個別対応ということになる。 これから出店を計画するオーナーは、規制緩和を頭ごなしに主張することなく、とにかく穏便に計画を進めてほしい。

次の

葛飾区役所周辺でテイクアウトできるランチ可能なお店を探しているなら

住まいのコンビニ

私も同じ状況です。 家の隣にファミリーマートが出来ました。 それまで閑静な住宅街でしたが、路上での迷惑駐車など後が立たずファミリーマートお客様相談室に申し入れしましたが、彼は自分たちの土地の中以外のことに関しては基本的に無感知です。 儲かれば他のことはどーでもいいようです。 この相談室から当該店舗を統括する営業所に依頼がかかるようですが、無能なので何もしません。 何度言ってもなおりません。 私はもう諦めました。 ただ一人だけで苦情の申し入れをすると「主観的な意見」で単なるクレーマー扱いであるということが分かりましたので、周辺住民等で直談判や署名などとり客観性を持たせる必要があるかと思います。 もしくは随時警察に通報か、最寄の交番に事情を話して巡回などしてもらうことです。 私は諦めたのでもう何もしていませんが、ファミリーマートほどコンプライアンスを遵守せずモラルが欠け、周辺住民の声も聞かないようなどうしようもないコンビニは他にはないと思います。 コンビニの本社に問い合わせましたか。 目の前にあるコンビニでは 何もして貰えませんよ。 各店舗は本社の指示に従わないと営業する 事が難しくなるので、絶対に本社からの指示には従っています。 本社の方が「近隣の方が騒音で迷惑されている。 何とか対策を考え なさい」と指示されれば、嫌でも指示に従うしかありません。 貼り紙をしたのは「それでは形だけでも要望に答えようか」と言う 店舗側の逃げ行為です。 ほとんどのコンビニでは「深夜のアイドリ ング、ラジオ、カーコンポの使用はご遠慮して下さい」と看板にて 表示されています。 また店員や店長が定期的に外に出て見回ってい て、場合によっては注意もされています。 これは開店前からオープン前講習で店長に厳しく教育がされている からで、あなたの前のコンビニは、本社の指示に従っていない事に なりますから、これは本社に電話して、騒音対策をするように再度 指示を出して貰う方が確実です。 それでも駄目な時は、警察に通報して警察よりコンビニに警告して 貰うしかありません。 相手方に何かを求めるのは、時間もかかるし労力も精神的な苦労も大きく、あてになりませんので、窓と壁の防音施工をするほうが、早くて確実です。 壁にはボード張り、2重窓にしてさらに分厚い遮音効果のあるカーテンを設置します。 さらに眠るときは耳栓をすると良いでしょう。 睡眠薬を使用するのも効果的ですね。 あと、もし睡眠障害やノイローゼであることを医師の診断書などで証明できるのであれば、防音施工分の費用や治療費を店側に負担させたり、改善の努力をするよう民事訴訟を起こすことも可能かもしれません。 完全な勝訴はできなくても、裁判費用や手間を嫌った店側が店をたたんだり、和解案(金)を提示してきたりする可能性も出てきます。 またこの手の騒音はお宅だけでなくほかの世帯も迷惑しているはずですので、一人でなく団結して争う姿勢を示すことで飛躍的に効果が高まります。 まずは一度弁護士に相談してみましょう。 はっきり言って対策は無いです。 貼り紙しようが、大きな看板立てようが騒ぐ人は騒ぎますし、音楽をかけながらアイドリングを続ける人だっています。 このようなコンビニの騒音問題は、全国どこのコンビニでも起きています。 近隣への影響が無いコンビニといったら、田舎の郊外の周囲に何も無いような所に、ポツンとあるコンビニくらいです。 110番しても、この程度の問題では来てくれない場合が多いですし、仮に来てくれても注意するだけに留まります。 それに、コンビニに訪れるのは毎回同じ若者だけではないですし、同じドライバーでもないです。 苦情を直接言えば、無視されるか腹を立てて攻撃してくるかで、最終的には来店する人のモラルに委ねられるという事です。 私の家の近くにコンビニではないですが…質問者さんに似た状況のお店が有りました。 大声、カーステレオ、バイクをふかす音…すごいうるさかったです 汗 苦情がきたのか警察がパトカーでそのお店をパトロールするようになり、初めのうちはパトカーが来た時だけ居なくなる状況が続きましたが…毎回そこをパトロールするようになったのか静かになりました。 当時暴走族のたまり場?のようになってました。 今はまったくと言っていい程静かです。 こんなことで警察に…と思うかもしれませんが、質問者さんのご近所さんとかも同じく迷惑してると思うので、参考程度に。 市民の身の安全を守るのが警察の役目ですし 笑 お身体に気をつけてください。 おはようございます。 こんなページがあります。 このページを参考にすれば、他に迷惑していると思われる住人が集まり、 地域全体で、コンビニ側に改善要求をし(張り紙だけではなく店員から の注意の実施など)、警察に定期的巡回を検討してもらう、という案が 妥当だと思いますが。 それでも静かな環境になるとは思えず、自分側の対策も必要になると思 うのです。 睡眠時は耳栓や他の騒音対策(自分がリラックス出来る音楽 を流すとか。 騒音が気にならなくなり、時間管理も出来るので個人的に は耳栓よりお勧め)を実施し、賃貸事情や経済的に難しいでしょうが住 居的に実施可能な防音対策を実施し、それでも効果が不十分なら引っ越 すという手段をとるしかないと思います。 Q いきなり本題から言うと、どこにクレームをつければ一番効果的なのかが知りたいです。 やはり現場レベルであーだこーだ言ってもちょっと怖いし、相手にされなさそうな気がするので、本社とかにメールなり送ったりすればそれなりに効果あるのでしょうか?色々詳しい方教えていただきたいです。 まあ理由を説明しますと。 最近気になることがありまして、近くのあるコンビニの店員さんの勤務態度が非常に悪いんです。 あるチェーンの他のコンビニは行ったことがあるんですが、まあこの際言いますがファミリーマートの他のお店に行ったことはあるんですが、基本的に客の列が出来てると、他のレジとかを開けて直ぐ会計とかしてくれるのですが。 あのお店は、定員同士で喋ったりしていて、しゃべっているのに、そういうことをしてくれないのです。 結果的に何分も待ったりとかすることもままあります。 まあ何か棚の整理とかしているのなら全然分かるんですが、完全に手持ち無沙汰でおしゃべりしてるんです。 まあこのことをクレームしてみたいのですが、なにぶんクレームを面と向かってしにくいし、あまり効果無さそうなので、何が一番効果的なのか知りたくなった次第です。 やっぱりファミリーマートの本社とかにメールしたほうが内部から連絡いって直りやすいんでしょうか?そこら辺の事情を教えて下さると幸いです。 いきなり本題から言うと、どこにクレームをつければ一番効果的なのかが知りたいです。 やはり現場レベルであーだこーだ言ってもちょっと怖いし、相手にされなさそうな気がするので、本社とかにメールなり送ったりすればそれなりに効果あるのでしょうか?色々詳しい方教えていただきたいです。 まあ理由を説明しますと。 最近気になることがありまして、近くのあるコンビニの店員さんの勤務態度が非常に悪いんです。 あるチェーンの他のコンビニは行ったことがあるんですが、まあこの際言いますがファミリーマー... A ベストアンサー コンビニオーナーです。 接客クレームで一番効果があるのは、その場で直接、本人に対して怒ることです。 どんなスタッフでも、お客さんに直接怒られるのはショックなものです。 それでらちがあかなければ、責任者を呼ばせて下さい。 急に呼び出された責任者の怒りが、原因になったスタッフに向かうでしょう。 クレームというのは、時間が経ち、間に入る人が増えるほど、効果が薄くなっていきます。 気楽に出来る分、効果も乏しいのです。 なお、No. 3の回答は概ね正しいのですが、今やどのチェーンでも、直営店はほとんど無いというくらい少ないですし、SVのほうが立場が上というのは間違いです。 SVと加盟店とは、形式的には「営業マンと客先」の関係なんですから少なくとも対等ですし、よほどの問題店でもない限り、実際にも頭ごなしの「指導」はないです。 ベテランオーナーに軽くあしらわれる新米SVというのも、珍しくはないです。 Q お世話になります。 隣の駐車場のことで質問させてください。 バス通りに面した一軒家に住む者です。 先日隣家が取り壊され、近所のお墓の檀家さん用の駐車場になりました。 檀家さんたちが見えるのは当然土日の日中のみで、ほかの平日や夜間というのは、つねに駐車場がオープンな状態です。 管理する人も近くにおらず、「墓参用駐車場」という表記のほかは看板などがなく、最近では「誰でも停めてよい場所」のように認識されだしています。 夜昼を問わず若者がバイクで乗りつけ、音楽をかけて酒盛りのような真似をしたり、うちに排気口が向くかたちで車を長時間アイドリングしたりというのが続き、家の振動もひどく(大型車のアイドリング時は震度1くらいが続きます)平穏がなくなってしまいました。 特にトラックの方が次々にお弁当を買ってきて車内で食べ、そのままラジオをかけて眠るというのが連日で、振動が相当長時間に及んでいます。 注意をしてもまたすぐ別の人が来るので、ほとんど効果がありません。 前にあった隣家とのあいだの塀は取り壊されてしまいましたので、境界には、1メートルくらいの柵が辛うじてあるだけで駐車場の会話がこちらにすべて筒抜けです。 そこで、「騒音注意」とか「アイドリング禁止」のような看板なり表示なりを、土地所有者の方に出してほしいと思うのですけれども、こういうお願いをするのはあつかましいでしょうか。 最初は柵すら設けられる予定がなかったところを何度もお願いしてやっと叶えられたので、さらにクレームを言っていくのは非常識かも、と思い悩んでおります。 アドバイス頂戴できれば幸いです。 どうぞよろしくお願いします。 お世話になります。 隣の駐車場のことで質問させてください。 バス通りに面した一軒家に住む者です。 先日隣家が取り壊され、近所のお墓の檀家さん用の駐車場になりました。 檀家さんたちが見えるのは当然土日の日中のみで、ほかの平日や夜間というのは、つねに駐車場がオープンな状態です。 管理する人も近くにおらず、「墓参用駐車場」という表記のほかは看板などがなく、最近では「誰でも停めてよい場所」のように認識されだしています。 夜昼を問わず若者がバイクで乗りつけ、音楽をかけて酒盛りのよう... A ベストアンサー うちの近所のコンビニの駐車場にも、隣接した住宅があります。 その駐車場に看板があり、近隣住民への配慮をお願いしたいことが書いてあります。 質問者様がおっしゃるような内容の看板です。 ある洋服店の駐車場に車を入れようとしたら、係員が来て、 「そこは前進で駐車してください」と言われました。 なぜバックで駐車してはいけないのか、不思議に思って理由を聞くと、 バックで駐車すると、隣接した家に迷惑が掛かるからとのことでした。 エンジン音がうるさいし、排気ガスが家や庭の花壇にかかるので止めてほしいと言われたそうです。 あつかましくも非常識でもありません。 停める人は一時的なことですが、質問者様は毎日のことです。 お困りでしょうから、遠慮なくお願いされたら良いと思います。 Q 知人のことで相談したいことがございます。 知人は首都圏の割と大規模な公団住宅に住んでいます。 知人の住んでいる棟が駐車場のそばにあり、去年の夏頃から、10代後半から20前半ぐらいと思われる若者が、その駐車場にオートバイに乗って深夜から早朝にかけて集まり、バイクのとや話し声や騒々しく眠れないで困っていると相談を受けました。 話し声や笑い方が同じなので、いつも同じ者がやってきているらしいのです。 団地の住人ではなく、よそから集まってきているようです。 どうもその駐車場が、その連中の集合場所に都合が良いようで、去年の夏は7月のから9月の半ば頃まで、ほぼ毎晩やってきたということです。 集まって、何するともなく、雑談して、時々バイクのエンジンをふかすなどして、明け方に帰っていくらしいのですが、笑い声や話し声が相当響き、その連中がいる間は寝付かれないということです。 何か良い解決策はないでしょうか。 当然、警察に通報しては、団地の管理事務所に相談しては、自治会に相談しては、というアドバイスが返ってくるのでしょうが、どれも無駄だったということです。 まず警察ですが、住人が何度か通報して、パトカーが来て警官が注意したらしいですが、その場は大人しく帰るものの、また次の日平気な顔でやってくるらしいです。 警察に通報されても注意されるだけですむと、たかをくくっているのか、もう慣れっこになっているのかもしれません。 通報された翌日、腹いせに余計に騒ぐこともあったらしいです。 連日集まってきたのは、住人に腹いせする意味もあったのかもしれません。 通報されることも計算ずくでさわいでいるのでしょう。 住人を挑発しているのかもしれません。 管理事務所に相談しても、話は聞いてくれるものの、具体的な対策は何一つ取ってくれなかったということです。 「夜間のことなので、私の勤務時間外なので、私が出向いていって注意するわけにもいかないから、警察に電話してくれ」と、担当者から言われたらしいです。 どんな状態なのか確認しに行ったことさえないようです。 自治会に相談しても、警察さえ小ばかにしているような連中ですから、住人に注意されたぐらいで言うことを聞くとは思えません。 嫌がらせがエスカレートするか、注意したものが暴行を受けることもありえると思います。 また、団地はけっこう広いので、問題の駐車場から離れた所に住んでいる住人は、迷惑に思ってないかもしれず、団地全体の問題にはしにくいかもしれません。 そこで、あくまで法律について質問したいのですが、いわば常習犯と言える若者たちに厳しい処罰を課すことはできないのでしょうか。 例えば、免許取消処分にするとか、刑事罰を与えるとかです。 あるいは、騒音による被害を受けたとして、損害賠償を求めることはできないでしょうか。 もう一点ですが、問題があることを承知していながら、何の対策も講じてくれない公団の責任を問うことはできないでしょうか。 こちらは毎月家賃を払っているのに、こんな問題を背負わされてやり切れません。 知人は最悪の場合、引っ越すこともやむなしと考えているらしいですが、その費用を公団に請求することはできないものでしょうか。 公団は対策を講じる義務がないのでしょうか。 団地の中に行動のような道路が走っており、そこから駐車場にはいれるようになっているとのことです。 団地にある店舗を利用する客のための駐車場だということで、もちろん無断駐車禁止ですし、団地の敷地内自体が無断駐車禁止になっているとのことです。 公団なので高齢者も多く住んでいるようで、そういう方たちも困っていると推察されます。 かなり深刻な事態で、知人は困り果てているとのこと。 良いアドバイスがありましたら、よろしくお願いいたします。 知人のことで相談したいことがございます。 知人は首都圏の割と大規模な公団住宅に住んでいます。 知人の住んでいる棟が駐車場のそばにあり、去年の夏頃から、10代後半から20前半ぐらいと思われる若者が、その駐車場にオートバイに乗って深夜から早朝にかけて集まり、バイクのとや話し声や騒々しく眠れないで困っていると相談を受けました。 話し声や笑い方が同じなので、いつも同じ者がやってきているらしいのです。 団地の住人ではなく、よそから集まってきているようです。 どうもその駐車場が、その連中の集合場所... A ベストアンサー 理性のない人間に注意しても無駄ですし、 逆に悪質な報復行為をなされる等新たな火種が 生じる可能性がありますので慎重な姿勢が 大切です。 下記、今後やるべき案 1)市役所など地方自治体に出向いて、当該地域の 「迷惑防止条例」「騒音規制法」等の内容を確認、騒音公害の 申し出をする。 biglobe. そして、4で記録した「証拠映像」 &地元住民の「各自の医師の診断書」を有力証拠として 「騒音苦情告訴」ではなく「 無形の 傷害罪」として 刑事 集団告訴する。 民事上も不法行為として 集団提訴して損害賠償も全く不可能とは言い切れない と思います。 具体的「 精神的 被害者」が多ければ 多いほど 刑事の場合 検察庁は動かざるを得ないでしょう。 更には、「検察官が犯人を裁判にかけてくれない」場合 「検察審査会」に対し審査申立の方法もあります。 wikipedia. stacy. main. html また一部の「探偵所」には裏の超大物出身の方もいるとは 思いますから、交渉も含め全てやってもらう手法も案外 効果的かもしれません。 如何せん、ある程度の「勇気」と「費用」と「多くの協力」 と「時間」は不可欠だと思います。 理性のない人間に注意しても無駄ですし、 逆に悪質な報復行為をなされる等新たな火種が 生じる可能性がありますので慎重な姿勢が 大切です。 下記、今後やるべき案 1)市役所など地方自治体に出向いて、当該地域の 「迷惑防止条例」「騒音規制法」等の内容を確認、騒音公害の 申し出をする。 biglobe. A ベストアンサー goodooさんの症状は低周波公害の被害者のようにおもえます。 もうご存知かも知れませんが、低周波公害とはモーターや道路の継目などから 発生する低周波による睡眠障害やさまざまな身体的障害です。 この低周波公害の特徴は被害(と言うより低周波に対する感受性と言うべきでしょうか) の個人差が著しいことと、被害者が極めて少数派であるということです もしかして家族や近所の人に症状を訴えても 「全然気にならない」とか「あなたが神経質過ぎるんじゃないの」とか 言われていませんか。 まさにそれが低周波公害の特徴です。 低周波公害については以下のサイトの記事が簡潔にまとまっています。 yomiuri. airnet. htm そして他の公害に比べて比較的被害者が少ないと言うこともあって かなり以前から知られている現象であるにも関わらずようやく 環境省が動き出したのはごく最近のことです。 しかもやっと測定方法等 について基準を作った言う段階です。 env. php3? env. php3? いずれも低周波公害に悩んでいる人が開設したサイトです。 騒音対策や行政へ相談など何らかの参考になる情報が得られるかも知れません。 geocities. vector. htm 全国的な支援組織としては騒音被害者の会という1970年代からある 組織があります。 こちらに相談してみるのもいいかも知れません。 (参照URL) なんだか解説ばかりで全然回答になってないですが御紹介したサイトの 一部でもお役に立てれば幸いです。 家族にさえ理解されにくい現象だけに辛いものがあると思いますが goodooさんの生活環境が一刻も速く改善されることをお祈り致します。 ocn. もうご存知かも知れませんが、低周波公害とはモーターや道路の継目などから 発生する低周波による睡眠障害やさまざまな身体的障害です。 この低周波公害の特徴は被害(と言うより低周波に対する感受性と言うべきでしょうか) の個人差が著しいことと、被害者が極めて少数派であるということです もしかして家族や近所の人に症状を訴えても 「全然気にならない」とか「あなたが神経質過ぎるんじゃないの」とか 言われていませんか。 まさにそれが... Q こんばんは。 私の家の向いのご主人はトラックの運転手をされていて、大型トラックでそのまま帰ってくることがよくあります。 困っているのが、エンジンをずっとかけっぱなしなことです。 昼頃いったん戻ってきて、なかなか止める気配はなく(昼ごはんでも食べているのでしょうか)ずっとかけっぱなし。 大型なので音がやはり大きくけっこう迷惑しています。 人間だと多少は我慢できますが、本当に困っているのはうちのペットです。 すごく怖がってかわいそうなくらいず~っと震えています。 本当半端じゃないです。 エンジンがとまっても当分震えていますが、車が出かけると納まります。 このままではすごくストレスが溜まってよくないのではないかと思っているのですが、注意できません。 私の母がいつも文句を言っていますが、本人やご家族の方に直接は言いません。 母が「あのクソオヤジがまた帰って来た」とまで言うのがすごく自分では不快を感じますが、相手にいえない気持ちもわかります。 どうすればよいでしょうか。 私は高校生なので、私が言わない方がいいかと思います。 どうすればお互い気持ちよく解決できるでしょうか。 アドバイスをお願いします。 (わかりにくかったらすみません) こんばんは。 私の家の向いのご主人はトラックの運転手をされていて、大型トラックでそのまま帰ってくることがよくあります。 困っているのが、エンジンをずっとかけっぱなしなことです。 昼頃いったん戻ってきて、なかなか止める気配はなく(昼ごはんでも食べているのでしょうか)ずっとかけっぱなし。 大型なので音がやはり大きくけっこう迷惑しています。 人間だと多少は我慢できますが、本当に困っているのはうちのペットです。 すごく怖がってかわいそうなくらいず~っと震えています。 本当半端じゃないです... Q クレームって本社直行の方がいいですか? よく利用する向かいのコンビニに最近態度の悪すぎる新入り店員が居ます。 主に夜中に勤務してるんだとは思うのですがヤンキー風の学生です。 嫁同様に不快感を持ってる事が分かりました ピアスに茶髪 接客時にガムを平気でぺちゃくちゃ噛んでる お釣りの渡し方が雑 品物の入れ方がぐちゃぐちゃ ベランダから見てると・・ 客が居なくなると外に出て喫煙しまくってます。 本日ついに・・ メール便でサイズ間違えを指摘したら 「チッって舌打ちされました。 」 6通出して全部80円なのに160円でレジを間違え 自分が何舌打ちしてんじゃ!と一喝すると 「うぜぇな~」と暴言を吐かれました。 そのまま発送物を奪い返し帰りました。 こんなん本社レベルのクレームですよね?? Q 個人的な質問で申し訳ございませんが、大手コンビニでの駐車場での 出来事なのですが、納得できないことがあったので、みなさんのご意見を聞かせてください。 コンビニで合計2000円の買い物をして、ついでに、道路を挟んだお店にもちょこっと行きました。 コンビニの駐車場に戻ってきたのは丁度30分過ぎた時です。 つまり、30分お店に滞在していないのに、違法駐車をしていた・・・という事になります。 駐車場に戻ってきたら、男性2人が目の前に立ちはだかり、車のドアを両手で押さえました。 初めから大声で、「違法駐車」についてどなりつけられました。 「買い物したんですが・・・」とせめてもの言い訳で言ったら「たいした金額買ってないくせに」と攻め寄られ、謝ったのですが、看板を見ろ(3万罰金)と何度も言われ、「スミマセンでした、チョットと思って」と言い訳してしまいました。 もの凄い形相に私はびっくりして2000円分買った商品をトランクから出して、見せました。 (本社への連絡・ネットでの批判等と解釈しました) あまりにも酷いとおもい、小声で「ココ何店だよ」ってつぶやいてしまった私も悪いですが、さらに10センチまで近寄られ、顔の間近で怒鳴られました。 隣に乗車していた知人が仲裁に入り大変時間がかかりましたが解放されることができました。 駐車場で他人の大勢いる中で「犯罪者」と何度も言われて 私が女だったということ、車種等で「徹底的にいじめられた」感が強くありました。 初めて行った店で、買い物した上で30分駐車したことで、ここまでやられるとは思いませんでした。 免許証と車検証のコピーを取り返すことはできますか? 逆に怖いんです。。。 思い出して、未だに体が震えます。 どうか、回答お願いします。 個人的な質問で申し訳ございませんが、大手コンビニでの駐車場での 出来事なのですが、納得できないことがあったので、みなさんのご意見を聞かせてください。 コンビニで合計2000円の買い物をして、ついでに、道路を挟んだお店にもちょこっと行きました。 コンビニの駐車場に戻ってきたのは丁度30分過ぎた時です。 つまり、30分お店に滞在していないのに、違法駐車をしていた・・・という事になります。 駐車場に戻ってきた... 店の人なら構わないのですが、店とは関係ない赤の他人だとすると金を請求する権利はありません。 しかし、あなたの行為は犯罪ではなくても民事上の不法行為には当たりますから、それに対する損害賠償を請求する権利は店側にあります。 (もっとも、以前月極駐車場を管理する人に話を聞いてみたことがありますが、そういう看板(不法駐車したら3万円頂く)を出していたからといって実際に請求することまではあまり無いそうです。 「契約者でないのなら勝手に停めるな」と示す予防行為なのでしょう。 ) 免許証や車検証のコピーまでとることは請求に必要な行為とはいえませんから、権利の乱用だと言ってそれらを返してもらうよう求めることはできると思います。 あるいはそう言ってその場で断るべきでした。 男二人はそれが事実かどうかにかかわらず「あなたは犯罪者だ」と公然と事実を示してあなたの名誉を棄損しているのでその行為は犯罪です。 前述のとおり、あなたは犯罪者ではありませんから、刑法230条の2による公共の利害に関する場合の特例によって相手が処罰の対象にならないことはありません。 「徹底的にやってやるからな」という言動については何をやってくれるのかちょっと微妙ですが、害悪の告知とするなら脅迫になりますので、脅迫罪や脅迫を構成要件とした犯罪に当たるかもしれません。 というわけで、以上の事を理由にコンビニの本部に連絡して、どこの店舗でいつあった出来事かを特定した上で苦情と申し入れをして下さい。 (店にはもう直接連絡や申し入れはしないほうがいいです。 話は通じないでしょうから上の人に言うしかありません。 ) 苦情や申し入れの内容は ・あなたの氏名や連絡先を相手方に伝えれば免許証や車検証のコピーなど相手方には必要ないこと ・相手の言動については犯罪に当たることで不適切であること ・店での買い物以外の理由で駐車したことへの謝意 などです。 ただ、コピーなど所詮コピーですから、たとえ帰ってこなくても本部に苦情を入れてそのことを明らかにしておけば、持っている相手方も個人的に悪用なんてしようとは思わないでしょう。 本部が知っているんですから。 返してもらうといっても、その前に向こうにさらにもう1枚コピーを取られれば意味がありません。 これらに書かれている事項なんてすでに結構色々な場所に記録されたり使用されたりしているんですから、あまり気にしないことです。 警察へ行っても質問文のような状況だけではまず名誉棄損や脅迫を犯罪として立件はしないでしょう。 でも、どうしても不安なら、苦情を入れる際に相手に釘を刺す意味とあなたの自信を取り戻すためにあらかじめ警察に相談しておくのもいいですね。 相手の脅しが怖いようですが、そういう相手はいざ警察を前にすると、「徹底的にやる」発言が犯罪にあたると思われないように必死に弁解しなければなりません。 おびえるままに不当なことをされて泣き寝入りするなら相手の思うつぼです。 店の人なら構わないのですが、店とは関係ない赤の他人だとすると金を請求する権利はありません。 しかし、あなたの行為は犯罪ではなくても民事上の不法行為には当たりますから、それに対する損害賠償を請求する権利は店側にあります。 A ベストアンサー 不法改造でもしてないかぎり 警察に言ってどうこう というのは おそらく無理じゃないかと思います。 例えば仕事上クレーンを使う為にエンジンをかけておかなければ いけないという場合は仕方ないですが。 そうでなければ 切っておくことはできますので 直接苦情を入れるしかないでしょう。 ポイントとしては 早朝ということですが 7:00くらいでしょうか?一般的に寝ていると思う時間 でしたらもう少し配慮してくださいとかですね。 できることならご近所の方とも相談なされた方が いいかとも思います。 ただアイドリングより始動のエンジン音の方が 大きいのでビックリする可能性はありますが。。。 少し思うのは外のアイドリングが気になるというのは 多少過剰な反応かとも思えます。 賃貸だと無理かもしれませんが 窓のサッシを2重にするとか 厚手のカーテンにする とか して防音効果を上げることもお考えになったほうが よろしいかとも思います。 Q 自宅マンションの表裏、両方で分譲住宅の工事をしています。 その騒音たるや、筆舌に尽くしがたいほどです。 わたしは夜間仕事をしていて、日中寝ることになります。 が、工事現場の重機の音でなかなか寝ることができず、睡眠不足におちいっています。 工事は仕事ですからしかたがありません。 しかし、近隣の住民に対してあまりに配慮がかけていると思います。 工事を請け負う建設会社は紙切れ一枚で御協力のほど宜しく、と、誠意が感じられません。 工事現場の騒音に対する法的規制はないそうです。 役所は苦情は聞き入れても、ただにいちどだけ建設会社に電話をするだけです。 建設会社も法的規制がないだけに強気です。 わたしは業を煮やして建設会社に直接電話しました。 建設会社の担当者は、騒音問題や仕事終いの時間など法的規制がないから、近隣住民の話は聴き入れられない、と、けんもほろほろに一蹴されました。 法的規制がない故に、だまっているしかないのですか? 誠意ある対応を望んでいるだけなのに、何か良い対処方がありましたら教えてください。 A ベストアンサー 電気工事の仕事をしているものです 騒音への対策でのうら技的なことをこっそり教えます 現場での仕事で一番怖いのが労働基準監督署です そこで、その監督署に苦情の電話または手紙を送る そうすると、だいたいは監督署で現場を確認に来ますので そのときは是正事項はなくとも現場では労働安全に関する違法行為をまったくしていないということは皆無です必ず 大なり小なりあるものなので、現場の監督連中はびびります。 これを何回もやられると相当きついはずです 後は、消防と警察へ通報する 消防へは少しくらい大げさに土煙がすごいことになっているが心配なので確認して欲しいと通報する、警察へは隣の現場内ですごい罵声が上がっていて不安なので見に来て欲しいという感じの電話をする。 これも同じで監督はびびります、そして、何より怖いのが警察よりも消防に見に来られるのが嫌なものです 施工途中の現場内を消防に見られるのは何も違法なことをやっていなくても消防の見解しだいで施工方法を簡単に直されるので、見られたくないものです というように、少し一般の人が見ればせこいやり方かもしれませんが現場では上記の3者が来るのが本当に嫌なものです 後はその現場の設計監理者または建て主が必ずいますのでそこに電話するのもきついと思います 現場監督でも設計監理者や建て主へは絶対に頭が上がりませんので その人の耳にこういう問題が入れば後々の現場進行にも 影響が出るんではないか?と思ってしまい改善への一歩になるかもしれません 最後になりますが最近は近隣の騒音問題はかなり重要視されてきており、われわれ現場サイドの人間も本当に関心がある問題です そこの、担当者の態度は許されることではないので 少しくらいきついお灸をすえてやるというような感覚でも私はいいと思います すべての工事現場で働く人がそうではないというのもわかって欲しいと思いますので ちょっと、一般の人には知らないようなことを教えちゃいます それでは 電気工事の仕事をしているものです 騒音への対策でのうら技的なことをこっそり教えます 現場での仕事で一番怖いのが労働基準監督署です そこで、その監督署に苦情の電話または手紙を送る そうすると、だいたいは監督署で現場を確認に来ますので そのときは是正事項はなくとも現場では労働安全に関する違法行為をまったくしていないということは皆無です必ず 大なり小なりあるものなので、現場の監督連中はびびります。 これを何回もやられると相当きついはずです 後は、消防と警察へ通報する 消防へは少... Q 午後11時ににコンビニでたむろをしている集団がいたので、そこを避けて同フランチャイズの別のコンビニに行きました。 店員に聞きました。 簡潔に要旨を言いますと、 「コンビニでは屯を排除することは可能なのですか?」と伺いました。 すると「危害を与えたりしない限りはできません。 注意はできます。 」とのことでした。 私は「スーパーと違って、コンビニはそうなのですね。 」と言って会話を終えました。 質問なのですが、屯自体は法律や何かで規制や違反などではないから、別に店が迷惑だと感じなければOKということなのですね? 特に私は意見はないのですが、コンビニエンスストアは屯に関してどのようなお考えなのか、現在、店員の方であってもそうでなくてもよろしいので、お考えをお聞きしたいです。 店員の方がバイトだったのかはよくわかりません。 受け答えの様子からするとバイト店員かもしれませんが、そこはわかりません。 あと一つだけ、「なぜたむろは問題であると思うのですか?たむろの何が問題なのですか?」「なぜ気にせず店に訪れないのですか?」というテーマを議論をしたいというのが目的ではありませんので、この質問に多少違和感と疑問を持たれるかもしれませんが、できるだけ、コンビニの屯に対して、コンビニはどのように考えていらっしゃるのか、議論するつもりはないので、もう少し詳しく教えてもらえればありがたいです。 たむろといっても一応はお客様かもしれませんし、そこのところはどうなのでしょうか? ここでの屯は駐車場とその付近で集団で座り込んでいるとします。 午後11時ににコンビニでたむろをしている集団がいたので、そこを避けて同フランチャイズの別のコンビニに行きました。 店員に聞きました。 簡潔に要旨を言いますと、 「コンビニでは屯を排除することは可能なのですか?」と伺いました。 すると「危害を与えたりしない限りはできません。 注意はできます。 」とのことでした。 私は「スーパーと違って、コンビニはそうなのですね。 」と言って会話を終えました。 質問なのですが、屯自体は法律や何かで規制や違反などではないから、別に店が迷惑だと感... A ベストアンサー 要するにコンビニのオーナーが営業妨害になると認識するかどうかでしょうね。 法律的に物理的に何か危害を加えるとか損害を与えるとかではなくても、お客が精神的苦痛や嫌悪感によって来店しなくなる場合は問題かと思いますが、オーナーがそれをいいと感じるか悪いと感じるか次第かと思います。 たとえそうでなくても、毅然と言えるオーナーか黙認するオーナーかで、たむろする割合は結構違います。 私の近くにもたむろするコンビニが決まっていて、そこでは茶髪の中高生や無職の不良がたむろして、時にはタバコも吸っています。 店が迷惑と感じていなければ、たとえお客が迷惑と感じていても平気・・と思うオーナーならば、何も言わないと思います。

次の